-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第959号--2017.07.08------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(12)」「訓導」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「北上山地の春」「〔向ふも春のお勧めなので〕」
------------------------------------------------------------

 今回は1924年4月20日の日付を持つ最後の一篇「北上山地の春」
と、27日の詩です。

 「北上山地の春」の方は、初期の下書き稿の題に「浮世絵」とあ
るように、一つの風景を浮世絵風よ表現しようとしたというところ
のようです。一〜三まで分かれているのは大判浮世絵によくある、
三枚続きの趣向でしょうか。

 このときの場所(外山高原)には、宮内省下総御料牧場外山支場
というのがあって、そこで種馬検査があり、農家が各自自分の馬を
連れて行く、という情景です。

 種馬というと今の感覚では種牡馬のことのようですが、このとき
は在来種の牝馬を検査して、合格すると種付けの権利が得られる、
というような検査だったようです。

 賢治は馬も好きだったようで、

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 息熱いアングロアラヴ
 光って華奢なサラーブレッド

 ふさふさ白い尾をひらめかす重輓馬
 あるひは巨きなとかげのやうに
 日を航海するハックニー

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 という描写は各品種の細かい特徴までよく把握されています。

 アングロアラヴというのはサラブレッドとアラブ種の混血です。
ハックニーは大きな馬で、輓馬として使われました。

 こうした馬産の背景には軍馬の改良、増産という使命がありまし
た。日露戦争以後、小さな日本の馬に、外国産の品種を導入して、
改良を進めていったのです。岩手県はその中でも中心的な役割を期
待され、多くの馬を産出していきました。

 そうした中、有名な郷土行事である「チャグチャグ馬コ」も盛ん
になり、賢治も高等農林時代にこの風景を読んだ短歌を残していま
す。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

「ちゃんがちゃがうまこ」 四首

     ※

537  夜明げには
   まだ間あるのに
   下のはし
   ちゃんがちゃがうまこ見さ出はたひと。

     ※

538  ほんのぴゃこ
   夜明げがゞった雲のいろ
   ちゃんがちゃがうまこ 橋渡て来る。

     ※

539  いしょけめに
   ちゃがちゃがうまこはせでげば
   夜明げの為が
   泣くだぁぃよな気もす。

     ※

540  下のはし
   ちゃがちゃがうまこ見さ出はた
   みんなのながさ
   おどともまざり。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 私も一度見に行きましたが、今は軍馬の時代ではありませんので、
ここに出てくる馬たちは一般に食用の品種で、とても大きな馬ばか
りでした。

 もう一篇は最初の題名が「虹を来る判事」で、相手は判事だった
り医者だったりしますが、賢治が誰かと揉め事を起こしていたよう
なことを書いています。

 伝記的にはあまり話題になりませんが、こうした小さなイザコザ
は賢治の回りに常にあったようで、いかにも生きにくい人生を送っ
ていた、ということが伝わってきます。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

馬耳東風
http://nichiju.lin.gr.jp/mag/05501/08_1.htm

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 今年の干支は午(うま),ただし丙(ひのえ)午ではない.子作
りに心配することはない,励んでもらいたい.

 ごく最近のニュースによると,奈良の箸墓古墳から国内最古の馬
具が出土したという.3世紀末から4世紀初めにかけてのもので,従
来の4世紀後半に大陸から導入されたとされる乗馬説を百年も遡る
ことになる.以前に発掘された日本最古の馬の骨もその頃のもので
あるというからこれと合致する.日本に「牛馬なし」とした魏志倭
人伝の記載は明らかに誤りだ.

 いっぽう,東大教授だった江上波夫博士の「騎馬民族国家論」は
大変面白かったが,にもかかわらず畜産としての馬文化がわが国に
それほど根付いていたとは思えない.これは不思議だ.解剖学でお
わかりのように,馬には鎖骨がない.前脚と胴体は骨で直接つなが
ってない.これが乗馬の際に乗り心地を良くする最大の理由だと思
う.多少道は悪くとも高速交通手段としての馬に勝るものはなかっ
たはずだ.どうして普及しなかったのだろう.

 以前にも本欄で触れた記憶があるが,わが国在来の馬は小さかっ
た.特に軍馬としては外国馬に太刀打ちできないことに愕然とした
明治政府は,猛然と馬改良に乗り出した.

 特に馬産地であった岩手県には,藪川村に宮内省下総御料牧場外
山支場,滝沢村に種馬育成所,厨川村に種馬所,相去村に軍馬補充
部六原支部,さらに盛岡に騎兵第三旅団や高等農林学校と,こと馬
に関するあらゆる機関を次々に設置している.

 そしてあっという間に在来の南部馬を駆逐してしまった.岩手県
だけではない.政府に馬政局を設置し,国内あちこちに種馬所を設
け,百数十万頭もの国内馬を高々40年あまりで改良し尽くした実績
は,善悪は別として世界の畜産史上に前例がない.

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(021)〕----------------------------------

「北上山地の春」「〔向ふも春のお勧めなので〕」

------------------------------------------------------------
■「北上山地の春」「春」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------
七五
     北上山地の春
                    一九二四、四、二〇、

    (1)

雪沓とジュートの脚絆
白樺は焔をあげて
熱く酸っぱい樹液を噴けば
こどもはとんびの歌をうたって
狸の毛皮を収穫する
打製石斧のかたちした
柱の列は煤でひかり
高くけはしい屋根裏には
いま朝餐の青いけむりがいっぱいで
大伽藍カセードラルのドーム(穹隆)のやうに
一本の光の棒が射してゐる
そのなまめいた光象の底
つめたい春のうまやでは
かれ草や雪の反照
明るい丘の風を恋ひ
馬が蹄をごとごと鳴らす

    (2)

浅黄と紺の羅紗を着て
やなぎは蜜の花を噴き
鳥はながれる丘丘を
馬はあやしく急いでゐる
 息熱いアングロアラヴ
 光って華奢なサラーブレッド
風の透明な楔形文字は
ごつごつ暗いくるみの枝に来て鳴らし
またいぬがやや笹をゆすれば
 ふさふさ白い尾をひらめかす重輓馬
 あるひは巨きなとかげのやうに
 日を航海するハックニー
馬はつぎつぎあらはれて
泥炭岩の稜を噛む
おぼろな雪融の流れをのぼり
孔雀の石のそらの下
にぎやかな光の市場
種馬検査所へつれられて行く

    (3)

かぐはしい南の風は
かげらふと青い雲滃を載せて
なだらのくさをすべって行けば
かたくりの花もその葉の班も燃える
黒い厩肥の籠をになって
黄や橙のかつぎによそひ
いちれつみんなはのぼってくる

みんなはかぐはしい丘のいたゞき近く
黄金のゴールを梢につけた
大きな栗の陰影に来て
その消え残りの銀の雪から
燃える頬やうなじをひやす

しかもわたくしは
このかゞやかな石竹いろの時候を
第何ばん目の辛酸の春に数へたらいゝか

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------
七五
     北上山地の春
                    一九二四、四、二〇、


雪沓とジュートの脚絆
逞しい白樺の薪が
二本なかばかすんだ火で
大きな蕎麦の団子をやけば
こどもは首をうるうる振って
狸の毛皮を収穫する
打製石斧のかたちした
柱の列は煤でひかり
高くけはしい屋根裏には
青いけむりがいっぱいで
カセードラルのドーム(穹隆)のやうに
いま一本の光が射してゐる
土間をへだてた厩には
つめたくあまずっぱいまぐさのうほり
馬の瞳はつぶらにうるみ
かれ草や雪の反照
やなぎは蜜の花を噴き
鳥はながれるおもての丘を
なつかしさうにながめてゐる


かぐはしい南の風が
かげらふと青い雲滃を載せて
しづかに丘をすべってくれば
かたくりの花もその葉の班も燃えて
女たちは黄や橙のかつぎによそひ
黒い厩肥の籠をになって
山のはたけにいちれつのぼる



みんなは丘のいたゞき近く
黄金のゴールを梢につけた
大きな栗の陰影に来て
その消え残りの銀の雪から
燃える頬やうなじをひやす

------------------------------------------------------------
(下書稿2)
------------------------------------------------------------

白樺や楢の群落
笹といぬがやのかゞやく中を
おぼろな雪融の流れを遡り
灰いろをした泥灰岩の稜を噛む
トロッターやアングロアラヴ
またまっしろな重輓馬まで
にぎやかな光の市場
その上流の種馬検査所につれて行く

みんなは丘のいたゞき近く
黄金のゴールを梢につけた
大きな栗の陰影に来て
その消え残りの銀の雪から
燃える頬やうなじをひやす

裸木の蒼い条影かげ
いそがしい四十雀のむれや
水ばせうの青じろい花
ぬるんだ湯気の泥の上には
ひきがへるがつるんだまゝで這ひ
そのせなかには虹ももくもく湧いてゐる
風は青ぞらでなり
自然にカンデラーブルになった白樺もある

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------
七五
     北上山地の春
      一、            一九二四、四、二〇、

      二、

風の透明な楔形文字が
暗いくるみの枝に来て鳴らし
またいろいろの鳥も来て軋ってゐますと
わかものたちは華奢に息熱い純血種サラーブレッド
トロッターやアングロアラヴ
またまっ白な重輓馬に
水いろや紺の羅紗を着せて
やなぎは蜜の花を噴き
笹やいぬがやのかゞやく中を
おぼろな雪融の流れを遡り
にぎやかな光の市場
その上流の種馬検査所に連れて行く

      四、

いそがしい四十雀のむれや
また裸木の条影置くなかに
水ばせうの青じろい花
湯気立つ水のたまりには
ひきがへるの卵の紐もぬるみ
向ふは古いスコットランド風の
円い塔ある事務所と厩舎
四角に積まれた厩肥の上で
ホークも白くひらめけば
風は青ぞらでなり
自然にカンデラーブルになった白樺もあって
その梢で二人のこどもが山刀を鳴らして
巨きな枝を落さうとする
こどもらは黄の芝原に円陣をつくり
まっ青な太陽のなかに三本足の烏を見れば
何か毛糸で編みながら
ステップ住民の春のまなざしをして
赤いかつぎの少女も座る

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------
七五
     浮世絵
      一、            一九二四、四、二〇、

かれ草もかげらふもぐらぐらに燃え
雲滃がつぎつぎ青く稜を織るなかを
女たちは黄や橙のかつぎによそひ
しめって黒い厩肥をになって
たのしくめぐるくいちれつ丘をのぼります

かたくりの花もその葉の班もゆらゆら
いま女たちは黄金のゴールを梢につけた
年経た栗のそのコバルトの陰影にあつまり
消え残りの錫木春信の銀の雪から
燃える頬やうなじをひやしてゐます

      二、

風の透明な楔形文字は
暗く巨きなくるみの枝に来て鳴らし
また鳥も来て軋ってゐますと
わかものたちは華奢に息熱い純血種サラーブレッド
水いろや紺の羅紗を着せて
やなぎは蜜の花を噴き
笹やいぬがやのかゞやく中を
泥灰岩の稜を噛むおぼろな雪融の流れを遡り
にぎやかな光の市場
その上流の種馬検査所に連れて行きます

      三、

いそがしい四十雀のむれや
また裸木の蒼い条影
水ばせうの青じろい花
ぬるんだ湯気の泥の上には
ひきがへるがつるんだまゝで這ひ
風は青ぞらでなり
自然にカンデラーブルになった白樺があって
その梢には二人のこどもが山刀を鳴らして
巨きな枝を切らうとします
小さなこどもらは黄の芝原に円陣をつくり
日のなかに烏を見やうとすれば
ステップ住民の春のまなざしをして
赤いかつぎの少女も枯草に座ってゐます

------------------------------------------------------------
■「〔向ふも春のお勧めなので〕」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

七八
     〔向ふも春のお勧めなので〕
                    一九二四、四、二七、

向ふも春のお勧めなので
すっきり青くやってくる
町ぜんたいにかけわたす
大きな虹をうしろにしょって
急いでゐるのもむじゃきだし
鷺のかたちにちぢれた雲の
そのまっ下をやってくるのもかあいさう
  (Bonan Tagon, Sinjoro!)
  (Bonan Tagon, Sinjoro!)
桜の花が日に照ると
どこか蛙の卵のやうだ

------------------------------------------------------------
(下書稿4)
------------------------------------------------------------

七八
                    一九二四、四、二七、

向ふも春のお勧めなので
すっきり青くやってくる
町ぜんたいにかけわたす
大きな虹をうしろにしょって
急いでくるのもむじゃきだし
鷺のかたちにちぢれた雲の
そのまっ下をやってくるのもかあいさう
詐欺一件の書類かなにか
黒い鞄へぎっしり詰めて
一向専念あるいてくる
  (Bonan Tagon, Sinjoro!)
  (Bonan Tagon, Sinjoro!)

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

七八
     春
                    一九二四、四、二七、

向ふも春のお勧めなので
すっきり青くやってくる
町ぜんたいにかけわたす
大きな虹をうしろにしょって
急いでゐるのもむじゃきだし
鷺のかたちにちゞれた雲の
そのまっ下をやってくるのもかあいさう
詐欺一件の書類かなにか
てかてか黒い鞄へつめて
陰った東の丘陵地帯に
ちょっと疑惑の眼をなげて
辨護士いまや過ぎすぎる
  (Bonan Tagon, Sinjoro!)
  (Bonan Tagon, Sinjoro!)
桜の花が日に照ると
どこか蛙の卵のやうだ

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

七八
     知人
                    一九二四、四、二七、

町ぜんたいにかけわたす
大きな虹をうしろにしょって
急いでゐるのもむじゃきだし
鷺のかたちにちゞれた雲の
そのまっ下をやってくるのもかあいさう
  (いやぁ お早うございます)
  (いやぁ お早うございます)
桜の花が日に照ると
どこか蛙の卵のやうだ

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七八
     虹を来る医者
                    一九二四、四、二七、

町ぜんたいにかけわたす
大きな虹をうしろにしょって
急いでゐるのもむじゃきだし
鷺のかたちにちゞれた雲の
そのまっ下をやってくるのもかあいさう
  (Bonan Tagon Sinjoro!)
いやあ、桜の花が日に照ると
蛙の卵のやうで
はっはっは
役場の角を黄金の眼をした大きな青い犬もくる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七八
     虹を来る判事
                    一九二四、四、二七、

例のお医者がやってくる
向ふも春のお勧めなので
すっきり青く急いでくる
天気もいゝし今日は和睦をしてやらう
町ぜんたいにかけわたす
大きな虹をうしろにしょって
急いでゐるのも気さくだし
鷺のかたちにちゞれた雲の
そのまっ下をやってくるのも可哀さう
(三行不明)
(約五字不明)を膨らませ
ひどく急いでやってくる……
さても来た来た
  (Bonan Tagon Sinjoro!)
いや、桜の花が日光にすかし出されるのは
どこか蛙の卵のやうで
あんまりよくはありませんな
役場の角を黄金の眼をした大きな青い犬もくる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

七八
     虹を来る判事
                    一九二四、四、二七、

例の判事が急いでくる
すっきり青くあるいてくる
向ふも登庁時間なわけだ
今日は春だし一つ和睦をしてやらう
町ぜんたいにかけわたす大きな虹をうしろにしょって
急いでくるのも感服だ
鷺のかたちにちゞれた雲の
そのまっ下をやってくるのは気の毒だ
Guten Tagと投げるかな
だまっておじぎと出やうかな
年も向ふは十から上だ
地位のことは知らないが
鮭の骨だけ盛ったのは
何といってもこっちがわるい
どうしてためだめ、もう身がまへをしてやがる
かあいさうに
毎日詐欺をしらべては
鰻で勢をもりかへすんだ
さても来た来た
いや、桜の花が日光にすかし出されるのは
どこか蛙の卵のやうで
あんまりよくはありませんな
役場の角を黄金の眼をした大きな青い犬もくる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

七八
     虹を来る判事
                    一九二四、四、二七、

例の判事がやってくる
すっきり青くやってくる
今日は春だし一つ和睦をしてやるか
大きな虹をうしろにしょって
急いでくるのも感服だ
鷺のかたちにちゞれた雲の
そのまっ下をあるいてくるのは気の毒だ
一つ挨拶してやらう
あ よせよせ
もうおれを見て
片眼をぱっとつぶってやがる
かあいさうに
毎日詐欺をしらべたあとで
鰻を一つ食ふんだらう
来た来た
いや、桜の花が日光にすかし出されるのは
どこか蛙の卵のやうで
あんまりよくはありませんな
役場の角を黄金の眼をした大きな青い犬もくる

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(039)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「訓導」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     訓導

早くもひとり雪をけり
はるかの吹雪をはせ行くは
木鼠捕りの悦治なり

三人ひとしくはせたちて
多吉ぞわらひ軋るとき
寅は溜りに倒れゐし

赤き毛布にくるまりて
風くるごとに足小刻むは
十にたらざる児らなれや

吹雪たればあとなる児
急ぎて前にすがりつゝ
一列遠くうすれ行く

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

     訓導

早くもひとり雪をけり
はるかの吹雪をはせ行くは
木鼠捕りの悦治なり

三人ひとしくはせたちて
多吉ぞわらひ軋るとき
寅は溜りに倒れゐし

赤き毛布にくるまりて
風くるごとに足小刻むは
十にたらざる児らなれや

やがて一列野のきわみ
吹雪たりてあとなる児
急ぎて前に追ひすがる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

     訓導

露岩まくろきみねみねに
あえかの雪もかゞやけば
教師溜りの戸をひらき
児らを家路に許したり

早くも一人風を截り
はるかの吹雪を過ぎ行くは
木鼠捕りの悦治なり
多吉ぞわらひ軋れるとき
虎は吹雪に倒れゐし
多吉は遁れ虎もまた
雪をけたてゝ走り去る

赤き毛布にくるまりて
風来るごとに足小刻むは
十に足らざる児らなれや

ふゞき来ればあとなる子
急ぎて前に追ひすがる
まもなく児らの黒き影
一つら遠くすぎ行けば
教師溜りの戸をとざし
今日の日記をぞなし初めぬ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

サーペンティンのみねみねに
あえかの雪もかゞやけば
教師溜りの戸をひらき
児らに帰れと命じたり

   悦治のごときは
   早くも一人風を截り
   はるかに吹雪を過ぎ行けり

   赤き毛布にくるまりて
   風来るごとに小刻める足

   ふゞき来ればあとなるものの
   いそぎて前に追ひつけり

松みな雪に枝を垂れ
赤き柏の枯葉は鳴れり

   一人ぞ笑ひ軋るとき
   一人は吹雪に倒れたり

雪にあやしき介殼の
その皺ありて飴いろの
西日かすかに照したり

--〔後記〕--------------------------------------------------

 土曜日は義母の三回忌をやるのでしっかりしていないといけない
のですが、まだちょっと苦しいというところです。

 でも、抗ガン剤は結構効いているようなので、この生活にも慣れ
ていかないといけませんね。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--959号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/