-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第958号--2017.07.03------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(11)」「烏百態」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「有明」「〔東の雲ははやくも蜜のいろに燃え〕」
------------------------------------------------------------

 今回は前回掲載した詩の翌日、1924年4月20日の日付をもつ二編
です。同じ日付の詩はもう一つありますが、次回にまわします。

 前回は盛岡から夜どおし歩いて外山高原に行ったときの作品です
から、今回の詩はその翌日、それも「有明」という題でもわかるよ
うに払暁の時刻に作られた詩です。

 その有明に、外山高原から遠く盛岡の街が見えたようです。「ゆ
ふべからもう五里もあるいてゐる」のですが、案外大きく見えたと
いうことです。

 「〔東の雲ははやくも蜜のいろに燃え〕」は元の題名が「普香天
子」となっていました。

 最初の行に「お月さま」とあるように、この「普香天子」はお月
さまの別名かと思いましたが、下に引用した解説によると、普香天
子=明星天子ということです。

 ひょっとすると賢治が書き間違えたのたもしれません。でも、他
の作品では「月天子」と書いているものもなり、何か意味があるの
かもしれません。

 月が語る物語というと、アンデルセンの「絵のない絵本」が思い
出されます。賢治はアンデルセンはよく読んでいて、「絵のない絵
本」から「白鳥の歌」という短歌の連作も作っています。

 この詩を読むと、やはりアンデルセンの月だなあ、という感想が
湧いてくるのです。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

三光天子
http://tidouji.la.coocan.jp/yougo/5/510b.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 「三光天子」とは、日天(太陽)・月天(月)・明星天(星)の
三つをいいます。天とは「神」を意味します。

 法華経では、日天・月天・明星天の三天を仏法守護の神として説
き、日蓮大聖人はそれを御本仏の一念に具そなわる妙用として説か
れています。

 三天について、法華経『序品』には、

 「爾その時に釈提桓因、其その眷属二万の天子と倶ともなり。復
た、名月天子、普香天子、宝光天子、四大天王有り。其の眷属万の
天子と倶なり」(新編法華経 57頁)

とあり、これを『法華文句』には、

 「名月は是これ宝吉祥にして月天子、大勢至の応作なり。普香は
是れ明星天子にして虚空蔵の応作なり。宝光は是れ宝意にして日天
子観世音の応作なり」

と、名月天子・普香天子・宝光天子がそれぞれ月天子・明星天子・
日天子であり、欲界の天として法華の会座に名を連ねていると釈し
ています。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(011)〕----------------------------------

「有明」「〔東の雲ははやくも蜜のいろに燃え〕」

------------------------------------------------------------
■「有明」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿3推敲前)
※この下書き稿に対する推敲は不完全のまま終っているため、第一
形態を本文とする
------------------------------------------------------------

七三
     有明
                     一九二四、四、二〇、

あけがたになり
風のモナドがひしめき
東もけむりだしたので
月は崇巌なパンの木の実にかはり
その香気もまたよく凍らされて
はなやかに錫いろのそらにかゝれば
白い横雲の上には
ほろびた古い山彙の像が
ねづみいろしてねむたくうかび
ふたたび老いた北上川は
それみづからの青くかすんだ野原のなかで
支流を納めてわづかにひかり
そこにゆふべの盛岡が
アークライトの点綴や
また町なみの氷燈の列
ふく郁としてねむってゐる
滅びる最后の極楽鳥が
尾羽をひろげて息づくやうに
かうかうとしてねむってゐる
それこそここらの林や森や
野原の草をつぎつぎに食べ
代りに砂糖や米綿を出した
やさしい化性の鳥ではあるが
   しかも変らぬ一つの愛を
   わたしはそこに誓はうとする
やぶうぐいすがしきりに鳴き
のこりの雪があえかにひかる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七三
     有明
                     一九二四、四、二〇、

あけがたになり
風のモナドがひしめき
東もけむりだしたので
月は崇巌なパンの木の実にかはり
その香気もまたよく凍らされて
はなやかに錫いろのそらにかゝれば
白い横雲の上には
ほろびた古い山彙の像が
ねづみいろしてあやしくうかび
ふたたび老いた北上川は
それみづからの青くかすんだ野原の上で
二たび三たびわづかにひかる
そこに大きな盛岡が
アークライトの点綴や
また町なみの氷燈の列
この早春のあけがたを
こゝろせわしく横たはる
森と家とのモザイクを載せて
ふく郁としてねむってゐる
滅びる最后の極楽鳥が
尾羽をひろげてもだえるやうに
耿々としてねむってゐる
(あゝしかもわたくしは
 あなたを愛します)
残りの雪も(以下不明)

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七三
     有明
                     一九二四、四、二〇、

あけがたになり
風のモナドがひしめき
東もけむりだしたので
月は崇巌なパンの木の実にかはり
その香気もまたよく凍らされて
はなやかに錫いろのそらにかゝれば
白い横雲の上には
ほろびた古い山彙の像が
ねづみいろしてあやしくうかび
青くかすんだ野原には
アークライトのまたたきや
またまちなみの氷燈の列
そこには商工立国者
有吉知事も横たはり
大臣級の古学士
蔦校長もねむってゐる
   ……滅する最后の爬虫の種族……
やぶうぐひすがしきりになき
残りの雪があえかにひかる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

七三
     有明
                     一九二四、四、二〇、

あけがたになり、
風のモナドがひしめき
木立もけぶりだしたので
月は崇巌なパンの木の実にかはり、
その香気もまたよく凍らされて、
はなやかに錫いろのそらにかかれば
白い横雲の上には
第三紀の末にほろびた
巨きなシュワリック山彙の像が
ねづみいろしてねむたくうかび
ゆふべから五里もはなれて来た盛岡の町は
ひどく巨きく拡大されて
まちなみの灯やアーク燈
みなあはあはとまたゝいてゐる
ゆふべからもう五里もあるいてゐるのに
街はあんまり足もとで
それにあんまり大きいやうだ
あゝかんばしく息づいて
この早春のあけがたをしづかにあすこでねむるひと
   ……滅びる古い爬虫のねがひ……
こゝでは朝の寒さのなかで
やぶうぐひすがしきりに啼き
残りの雪があえかにひかる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

七三
     有明
                     一九二四、四、二〇、

あけがたになり、
風のモナドがひしめき
低原のはらもけむりだしたので
月は崇巌なパンの木の実にかはり、
その香気もまたよく凍らされて、
はなやかに錫いろのそらにかかる
白い横雲の上には
第三紀からの
巨大なシュワリック山彙もうかぶ
   ……凝灰岩のねむさとやはらかさ
     滅びる(約四字不明)古い爬虫のねがひ……
うぐいすはしきりになき
ぼんやり青い地面の中で
盛岡の灯があはくまたたく
  そらがしろくなりかけてから
  じつに何びきもの
  山鳥のプロペラアが走った

------------------------------------------------------------
■「〔東の雲ははやくも蜜のいろに燃え〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七四
     〔東の雲ははやくも蜜のいろに燃え〕
                     一九二四、四、二〇、

東の雲ははやくも蜜のいろに燃え
丘はかれ草もまだらの雪も
あえかにうかびはじめまして
おぼろにつめたいあなたのよるは
もうこの山地のどの谷からも去らうとします
ひとばんわたくしがふりかへりふりかへり来れば
巻雲のなかやあるひはけぶる青ぞらを
しづかにわたってゐらせられ
また四更ともおぼしいころは
やゝにみだれた中ぞらの
二つの雲の炭素棒のあひだに
古びた黄金の弧光のやうに
ふしぎな座を示されました
まことにあなたを仰ぐひとりひとりに
全くことなったかんがへをあたへ
まことにあなたのまどかな御座は
つめたい火口の数を示し
あなたの御座の運行は
公式にしたがってたがはぬを知って
しかもあなたが一つのかんばしい意志であり
われらに答へまたはたらきかける、
巨きなあやしい生物であること
そのことはいまわたくしの胸を
あやしくあらたに湧きたゝせます
あゝあかつき近くの雲が凍れば凍るほど
そこらが明るくなればなるほど
あらたにあなたがお吐きになる
エステルの香は雲にみちます
おゝ天子
あなたはいまにはかにくらくなられます

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七四
                     一九二四、四、二〇、

お月さま
東の雲ははやくも蜜のいろに燃え
丘はかれ草もまだらの雪も
すっかり明るくなりましたが
おぼろにつめたいあなたのよるは
もうこの山地のどの谷からも去らうとします
ひとばんわたくしがふりかへりふりかへり来れば
巻雲やあるひはけぶる青ぞらを
しづかにわたってゐらせられ
また黎明のはじまりには
二つの雲の炭素棒のあひだに
黄いろの古風な弧光のやうに
熟しておかゝりあそばした
むかしの普香天子さま
あなたの近くの雲が凍れば凍るほど
そこらが明るくなればなるほど
あなたがそらにお吐きになる
エステルの香は雲にみちます
おつきさま
あなたはいまにはかにくらくなられます

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

七四
     普香天子(infantism)
                     一九二四、四、二〇、

お月さま
東の雲ははやくもいま蜂蜜のいろに燃え
丘はかれ草もまだらの雪も
すっかり明るくなりましたが
おぼろにつめたいあなたのよるは
もうこの山地のどの谷からも去らうとします

ひとばんわたくしがふりかへりふりかへり来れば
巻雲のなかやあるひわずかにかすむ青ぞらを
しづかにわたってゐらせられ
また黎明のはじめには
二つの雲の炭素棒のあひだに
黄いろの古風な弧光のやうに
熟しておかかりあそばした
むかしの普香天子さま

あなたの近くの雲が凍れば凍るほど
そこらが明るくなればなるほど
あなたがそらにお吐きになる
エステルの香は雲にみちます

おつきさま
あなたはいまにはかにくらくなられます

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

七四
     普香天子
                     一九二四、四、二〇、

お月さま
東の雲はもう石竹のいろに燃え
丘はかれ草も銀の雪も
すっかり明るくなりましたが
おぼろにつめたいあなたのよるは
もうこの山地のどの谷からも去らうとします
ひとばんわたくしがふりかへりふりかへり来れば
巻雲のなかやあるひわずかにかすむ青ぞらに
しづかにかかってゐらせられ
また黎明のはじまりには
二つの雲の炭素棒のあひだに
黄いろの古風な弧光のやうに
熟しておかかりあそばした
むかしの普香天子さま
あなたの近くの雲が凍れば凍るほど
そこらが明るくなればなるほど
あなたがそらにお吐きになる
エステルの香は雲にみちます
おつきさま
あなたはいまにはかにくらくなられます

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(038)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「烏百態」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

     烏百態

雪のたんぼのあぜみちを
ぞろぞろあるく烏なり

雪のたんぼに身を折りて
二声鳴けるからすなり

雪のたんぼに首を垂れ
雪をついばむ烏なり

雪のたんぼに首をあげ
あたり見まはす烏なり

雪のたんぼの雪の上
よちよちあるくからすなり

雪のたんぼを行きつくし
雪をついばむからすなり

たんぼの雪の高みにて
口をひらきしからすなり

たんぼの雪にくちばしを
じつとうづめしからすなり

雪のたんぼのかれ畦に
ぴよんと飛びたるからすなり

雪のたんぼをかぢとりて
ゆるやかに飛ぶからすなり

雪のたんぼをつぎつぎに
西へ飛び立つ烏なり

雪のたんぼに残されて
脚をひらきしからすなり

西にとび行くからすらは
あたかもごまのごとくなり

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

雪のたんぼのあぜみちを
ぞろぞろあるく烏なり

雪のたんぼに身を折りて
二声鳴けるからすなり

雪のたんぼに首を垂れ
雪をついばむ烏なり

雪のたんぼに首をあげ
あたり見まはす烏なり

雪のたんぼの雪の上
よちよちあるくからすなり

雪のたんぼを行きつくし
雪をついばむからすなり

たんぼの雪の高みにて
口をひらきしからすなり

たんぼの雪にくちばしを
じつとうづめしからすなり

雪のたんぼのかれ畦に
ぴよんと飛びたるからすなり

雪のたんぼをかぢとりて
ゆるやかに飛ぶからすなり

雪のたんぼのからすをば
すべてちらばし喪へり

雪のたんぼに残されて
脚をひらきしからすなり

一つのこれるそのからす
おなじく飛びてなくなれり

--〔後記〕--------------------------------------------------

 二週間に一度だった抗ガン剤投与も今週は休みになり、初めて三
週間の間隔になりました。治療の効果はさておき、少し間隔か開く
と快適です。

 土曜日は孫の幼稚園で夏祭だとか。もう7月ですから、そんな季
節です。今年は病院通いばかりで季節感がなくなってしまいました。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--958号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/