-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第956号--2017.06.17------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(9)」「職員室」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「嬰児」「休息」
------------------------------------------------------------

 今回は1924年4月10日の日付を持つ2篇です。二つの共通して、
「白金」が出てくるのが興味深いところです。

 「嬰児」の方には「海綿白金」が出てきます。あまり聞き慣れな
い言葉ですが、白金を実際に扱うときにはごく普通に出てくるよう
です。

 白金を加工して、海綿状にするのだそうですが、そのまま、また
はさらに粉末にして触媒に使います。

 そのためか「海綿白金」か出てくる下書稿一の最初の題名は「触
媒」だったのですが、「海綿白金」が消されると「嬰児」に題名が
変更されています。

 しかしその後も嬰児の描写はありません。描かれている情景が嬰
児から見たものである、ということなのでしょう。

 「休息」の方には「白金の百合」が出てきます。こちらは普通に
白金製の百合なのでしょう。それが賢治にとって「眠る」イメージ
だったようです。

 この詩には下書稿が一枚あるだけで、推敲はなし、「銅鑼」に掲
載されたものと本文は全く同じです。

 「銅鑼」には二回目の発表で、1925年9月の「−命令−」「未来
圏からの影」に続いて、10月に「休息」「丘陵地」が掲載されてい
ます。

 改めて「生前発表詩篇」の目次をながめていると、賢治は発表先
に合わせて詩を選んでいたのだと感じます。

 「銅鑼」に発表した詩には一定の傾向があって、土着的ではない
詩を選んでいるようです。案外空気を読む人だったのですね。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

白金(PLATINUM)とは?
http://www.smmetal.co.kr/viewproduct_3_j.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 周期律表第8族に属する白金族元素の一つで、プラチナとも言う。
1748年に発行されたD.A.デ・ウロアの著書《南アメリカ西海岸探
険記》に記載されており、初めは南アメリカからヨーロッパに伝わ
った。

 しかしこの時は銀と混同して、銀を意味するエスパニア語である
plataからplatinaだと呼んだ。また銀と似ている金属だと南アメリ
カでplatina del pinotoと呼ばれ、platinumと命名された。稀有元
素に属して、クラーク数0.0000005(第74位)である。

 遊離状態または他の同族元素との合金として産出され、ロシアの
ウラル地方・南ア・コロンビア・カナダなどが本場だ。純度は75〜
85%で、不純物は他の白金族元素だ。

 韓国では主に赤銅を電気製錬する時の副産物として得る。

 銀白色の貴金属で銀より堅く、展性・延性がある。冷間加工もで
きるが、普通は800~1,000℃に加熱して加工する。少量のイリジウ
ムを加えれば硬度は明らかに増加するが展性は落ちる。膨脹率はガ
ラスと殆ど同じで、ガラス器具の接合に便利だ。空気や水分などに
は非常に安定し、高温で加熱しても変わらず、酸・アルカリに強く
て耐蝕性が大きい。

 ただ王水には徐々にとけ、苛性アルカリと一緒に高温で加熱すれ
ば侵食される。フルオール・塩素・硫黄・セレンなどと加熱すれば
応じる。

 また、高温では炭素を吸収して冷却すればこれを放出するが、こ
の時白金の表面が柔らかくなるので、石炭・コークスまたは炭素が
多い還元火花などで加熱することは避けた方が良い。

 砒素・アンチモン・ビスマス・柱石・鉛などとは融点が白金より
ずっと低い合金を作る。

 微細な粉末にした白金はその嵩の100倍以上の水素を吸収し、赤
熱した白金は水素を吸収して透過させる。また酸素・ヘリウムなど
も吸収するが、吸収された水素や酸素は活性化するので酸化・還元
の触媒として重要だ。

 よく砂礫中に粒子または砂の形で産出されるので、これを選鉱し
て白金鋼にする。これは王水にとかしてクロロ白金酸を作り、塩化
アンモニウムを加えて沈澱させて他の金属と分離する。

 このようにして得たクロロ白金酸アンモニウム(NH4)2PtCl6を700
〜800℃で加熱すれば海面模様になった黒色の白金海綿を得る。
(NH4)2PtCl6 → Pt+2NH4Cl+2Cl2が白金海綿を融解または鍛造し
て白金塊を得るが、普通石灰るつぼの中で酸水素火花などの直接加
熱によって融解する。

 粉末または白金海綿として触媒・度量衡原器・白金抵抗温度計・
実験用るつぼ・熱電気双・電気接点材料・発火栓・電極・化学装置
・ダイ・ノズル・歯科材料・装飾用などに使用される。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(009)〕----------------------------------

「嬰児」「休息」

------------------------------------------------------------
■「嬰児」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

五二
     嬰児
                    一九二四、四、一〇、

なにいろをしてゐるともわからない
ひろぉいそらのひととこで
へりのまばゆい黒雲が
つぎからつぎと爆発される
     (そらたんぽぽだ
      しっかりともて)
それはひとつづついぶった太陽の射面を過ぎて
いっぺんごとにおまへを青くかなしませる
  ……そんなら雲がわるいといって
    雲なら風に消されたり
    そのときどきにひかったり
    たゞそのことが雲のこころといふものなのだ……
そしてひとでもおんなじこと
鳥は矢羽のかたちになって
いくつも杉の梢に落ちる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

五二
     嬰児
                    一九二四、四、一〇、

なにいろをしてゐるともわからない
ひろぉいそらのひととこで
へりのまばゆい黒雲が
つぎからつぎと爆発される
     (そらたんぽぽだ
      しっかりともて)
それはひとつづついぶった太陽の射面を過ぎて
いっぺんごとにおまへを青くかなしませる
  ……そんなら雲がわるいといって
    雲なら風に消されたり
    そのときどきにひかったり
    たゞそのことが雲のこころといふものなのだ……
そしてひとでもおんなじこと
鳥は矢羽のかたちになって
いくつも杉の梢に落ちる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

五二
     嬰児
                    一九二四、四、一〇、

なにいろをしてゐるともわからない
ひろぉいそらのひととこで
へりのまばゆい黒雲が
つぎからつぎと爆発される
     (そらたんぽぽだ
      しっかりともて)
それはひとつづついぶった太陽の射面を過ぎて
いっぺんごとにおまへを青くかなしませる
  ……そんなら雲がわるいといって
    雲なら風に消されたり
    そのときどきにひかったり
    たゞそのことが雲のこころといふものだから……
そしてひとでもおんなじこと
鳥は矢羽のかたちになって
いくつも杉の梢に落ちる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

五二
     嬰児
                    一九二四、四、一〇、

なにいろをしてゐるともわからない
ひろぉいそらのひととこで
へりのまばゆい黒雲が
つぎからつぎと爆発される
     (そらたんぽぽだ
      しっかりともて)
それはひとつづそらの鏡の射面を過ぎて
いっぺんごとにおまへを青くかなしませる
それはひとつづゝヘリオスコープの照面を過ぎて
いっぺんごとにおまへを青くかなしませる
   (雲なら済むも済まないも風に消されたり
    みんなこっちのかんがへだ)
鳥は緑褐に膨らんだ
うしろの杉の梢に落ちる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

五二
     触媒
                    一九二四、四、一〇、

なにいろをしてゐるともわからない
ひろぉいそらのひととこで
まばゆいくろと白の雲が
つぎからつぎと爆発される
   (あすこに海綿白金プラチナムスポンヂがある)
それはひとつづゝヘリオスコープの照面を過ぎて
いっぺんごとにおまへを青くかなしませる
   (雲なら済むも済まないも風に消されたり
    みんなこっちのかんがへだ)
風は緑褐に膨らんだ
おそろしい杉の梢を鳴らす

------------------------------------------------------------
■「休息」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿)
------------------------------------------------------------

五三
     休息
                     一九二四、四、一〇、

風はうしろの巨きな杉や
わたくしの黄いろな仕事着のえりを
つぎつき狼の牙にして過ぎるけれども
わたくしは白金の百合のやうに
 ……三本鍬の刃もふるへろ……
ほのかにねむることができる

------------------------------------------------------------
「銅鑼」第五号発表形(1924年10月27日)
------------------------------------------------------------

     休息

風はうしろの巨きな杉や
わたくしの黄いろな仕事着のえりを
つぎつぎ狼の牙にして過ぎるけれども
わたくしは白金の百合のやうに
 ……三本鍬の刃もふるへろ……
ほのかにねむることができる

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(036)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「職員室」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     職員室

歪むガラスのかなたにて
藤をまとへるさいかちや
西は雪ぐも亘せるに
一ひらひかる天の青

ひるげはせわしく事終へて
なにかそぐはぬひとびとの
暖炉を囲みあるものは
その石墨をこそげたり

業を了へたるわかものの、
官にあるは卑しくて、
一たび村に帰りしは
その音づれも聞えざり

たまさかゆれしひばの間を
茶羅紗の肩をくすぼらし
校長門を出で行けば、
いよよにゆがむガラスなり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

     職員室

西は雪ぐも亘せるに
一きれひかる天の白
冬のさいかちふぢもつれ
つめたき玻璃もゆがみたり

ひるげせわしく終へたれば
ひとびとのなにかそぐはで
石墨の暖炉にきたる


たまさかゆれしひばの間を
茶羅紗の肩をくすぼらし
校長門を出で行けば、
いよよにゆがむガラス窓なり

------------------------------------------------------------
(下書稿1「冬のスケッチ」第31葉 推敲後)
------------------------------------------------------------

     職員室

西は雪ぐも亘せるに
一きれひかる天の白
冬のさいかちふぢもつれ
つめたき玻璃も歪みたり

ひるげせわしく終へたれば
ひとびとの何かそぐはずて
石墨塗れる炉にきれる
西は雪くも、天の白

たまさかゆれしひばの間を
茶羅紗の肩をくすぼらし
校長門を出で行けば
いよよゆがめるこのガラス窓

------------------------------------------------------------
(下書稿1「冬のスケッチ」第31葉 推敲前)
------------------------------------------------------------

     ※

西は黒くもそらの脚
つめたき天の白びかり
からまるはさいかちのふぢ
埃はかゝるガラス窓

つめたくひるげを終へ
ひとびとのこゝそぐはず
西の黒くも、しろびかり
暖炉は石墨の粉まぶれ

たまゆらにひのきゆらげば
校長の広き肩はゞ
茶羅紗をくすぼらし門を出づ
埃はかゝるガラス窓。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 隔週の抗ガン剤治療で、今週は抗ガン剤投与があって、体調がよ
くない週になります。来週はそんなことはないので、妻が出かける
こともあり、一人で温泉に行く予定です。

 「ほたるの湯」というところで、ホタルが名物なんですが、来週
だともう遅いのかもしれません。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--956号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/