-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第954号--2017.06.03------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(7)」「会計課」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「休息」「測候所」
------------------------------------------------------------

 今回掲載の「休息」は1924年4月4日、「測候所」は4月6日の
日付です。この年の4日は金曜日、6日は日曜日です。

 したがって、「休息」は勤務地である花巻農学校での作、6日は
休日を利用して訪問した水沢の測候所の作品です。

 この後、4月6日の日付のある詩が3篇続きますが、それは次回
に掲載します。

 「休息」には「eccolo qua」という言葉が出てきます。調べてみ
ると、昔のこのメールマガジンの記事が出てきました。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 eccolo quaというのは、イタリア語で、「それが、ここに、ある」
というような意味だそうです。(新語彙辞典)

 モーツアルトの歌劇(ドン・ジョバンニ)にこのセリフがあると
いうことなので、賢治はきっと知っていたのでしょうね。(ここで
は「ほら、旦那さまがおいでなすったぞ」という意味)

http://why.kenji.ne.jp/review/review101.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 自分で書いたものなのに、全く覚えていませんでした。最近、こ
んなのが多いです。

 このころの詩は『春と修羅』に収録されたものと似ていて、もう
一つ意味がわからないところが多いのですが、賢治が感じた幻想の
ようなものが書かれているようです。

 最初の原稿には題名が「雲の肖像画」となっていますので、晴れ
た空に浮かぶ雲の描写から始まっているのでしょう。

 「測候所」の方は最初は「凶歳」という題で、「凶作がたうたう
来たな」と書かれています。4月の段階で「凶作」というのはずい
ぶん気が早いですが、賢治はすでにこの年の凶作を予想していたと
いえます。

 実際にこの年は旱魃により、「県下半作」だったと伝わっていま
す。

 詩の最初に「シャーマン山の右肩が/にはかに雪で被はれました」
とありますので、遅い雪が降ったのでしょう。それなら賢治は旱魃
ではなくて、冷害の方を予想していたのではないかという気がしま
す。

 旱魃は要するに日照りですので、水さえあれば稲は育ちます。現
在ではダムや灌漑設備のおかげで、ほぼ克服されています。それに
対して冷害はより広範に被害が出ますし、対応も難しいものです。

 農学校教師でありながら、こんな風に稲作の心配をする、という
心理には、すでに「農民になる」意識が芽生えていたのかもしれま
せん。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

187 水沢緯度観測所
http://blog.goo.ne.jp/suzukikeimori/e/8ce45d6eac1dffa993e19d1d73023257

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 そこで、8月26日奥州市水沢区の”水沢VERA観測所”を訪れてみ
た。この観測所の前身こそが”水沢緯度観測所”だからである。

 そして、その観測所内にある『奥州宇宙遊学館』を観覧した。こ
の建物は緯度観測所の旧本館そのものであり、1921年に建設された
ものだという。

 この館内には「宮沢賢治と緯度観測所」という展示室があり、そ
こには賢治の詩『測候所』に関して次のような内容の展示がなされ
ていた。

 賢治がこの詩を書いた当時(1924年=大正13年)、測候所といえば
岩手県内では宮古にしかなかった。しかし、その当時水沢には”水
沢緯度観測所(1899年設置の水沢臨時緯度観測所が1920年に組織編
成されたもの)”があり、実質的には測候所の役目もしていたと。

 したがって、賢治の詩『測候所』の測候所とは”水沢緯度観測所”
と考えられ、”シャーマン山”は早池峰山と考えられるとすれば、
賢治は水沢緯度観測所本館の二階から外を眺めながらこの詩を書い
たのではなかろうかと。つまり、この建物の二階から俄に雪で覆わ
れた早池峰山を眺め、町民達でいっぱいの公園を見下ろしながら詠
んだのではなかろうかと。

 そして、館長さんや総括部長さんからは次のようなことなどを伺
うことができた。

 実は、岩手県で遅い時期に雪が降るのは宮古などの沿岸側である
から、因みに岩手で一番遅い時期に降った雪の記録は宮古に降った
5月の雪であり、

    シャーマン山の右肩が
    にはかに雪で被はれました

に関しては不自然ではない。早池峰山の右肩(沿岸側、つまり東側)
の方が雪で覆われるということの方が自然である。

というお話も聞けた。

 なるほど、と私は思った次第である。

 あとは、出来ればこのよう降雪が実際起こるのを目の当たりにし
たいことである。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------


-〔春と修羅第二集(007)〕----------------------------------

「休息」「測候所」

------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------
二九
     休息
                      一九二四、四、四、

中空なかぞらは晴れてうららかなのに
西の雪の上ばかり
ぼんやり白く淀むのは
水晶球のくもりのやう
  ……さむくねむたいひるのやすみ……
そこには暗い乱積雲が
古い洞窟人類の
方向のない Libido の像を
肖顔のやうにいくつか掲げ
そのこっちではひばりの群が
いちめん漂ひ鳴いてゐる
  ……さむくてねむたい光のなかで
    古い戯曲の女主人公ヒロイン
    ひとりさびしくまことをちかふ……
氷と藍との東橄欖山地から
つめたい風が吹いてきて
つぎからつぎと水路をわたり
またあかしやの棘ある枝や
すがれの禾草を鳴らしたり
三本立ったよもぎの茎で
ふしぎな曲線カーヴを描いたりする
    (eccolo qua!)
風を無数の光の点が浮き沈み
乱積雲の群像は
いまゆるやかに北へながれる

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------
二九
     休息
                      一九二四、四、四、

中空なかぞらは晴れてうららかなのに
西の雪の上ばかり
ぼんやり白く淀むのは
水晶球のくもりのやう
  ……さむくねむたいひるのやすみ……
そこには暗い乱積雲が
古い洞窟人類の
方向のない Libido の像を
肖顔のやうにいくつか掲げ
そのこっちではひばりの群が
そらいちめんにないてゐる
  ……さむくてねむたい光のなかで
    古い戯曲の女主人公ヒロイン
    ひとりまことをちかふのだ……
氷と藍との東橄欖山地から
つめたい風が吹いてきて
つぎからつぎと水路をわたり
またあかしやの棘ある枝や
すがれの禾草を鳴らしたり
三本立ったよもぎの茎で
ふしぎな曲線カーヴを描いたりする
    (eccolo qua!)
風を無数の光の点が浮き沈み
乱積雲の群像は
いまゆるやかに北へながれる

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------
二九
     休息
                      一九二四、四、四、

中空なかぞらは晴れてうららかなのに
西の雪の上ばかり
ぼんやり白く淀んでゐる
そこには暗い乱積雲が
古い洞窟人類の
方向のない Libido の像を
肖顔のやうにいくつか掲げ
そのこっちではひばりの群が
風いちめんにないてゐる
  ……さむくてねむたい耳もとで
    古い小説ノベル女主人公ヒロイン
    誰かまことをちかってゐる……
氷と藍との東橄欖山地から
つめたい風が吹いてきて
つぎからつぎと水路をわたり
またあかしやの棘ある枝や
すがれの禾草を鳴らしたり
三本立ったよもぎの茎で
ふしぎな曲線カーヴを描いたりする
    (eccolo qua!)
風を無数の光の点が浮き沈み
乱積雲の群像は
いまゆるやかに北へながれる

------------------------------------------------------------
(下書稿2)
------------------------------------------------------------
二九
     休息
                      一九二四、四、四、

中空なかぞらは晴れてうららかなのに
西の雪の上ばかり
ぼんやり白く淀んでゐる
そこに(約三字不明)人の

(この間数行分不明)

氷と藍との東橄欖山地から
つめたい風が吹いてきて
つぎからつぎとまことをちかひ
またあかしやの棘ある枝や
すがれの禾草を鳴らしたり
三本立ったよもぎの茎に
ふしぎなおどりをさせたりする
    (Eccolo Qua!)
風を無数の光の点が浮き沈み
乱積雲の肖像は
いまゆるやかに北へながれる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------
二九
     休息
                      一九二四、四、四、

中空なかぞらは晴れてうららかなのに
西の雪の上ばかり
ぼんやり白く淀んでゐる
巨大な洞窟人類の
方向のない Libido をかかげ
ひばりはあちこち啼いてゐる

氷と藍との東橄欖山地から
つめたい風が吹いてきて
ねむたいわたしの耳もとに
つぎからつぎとまことをちかひ
またあかしやの棘ある枝や
すがれの禾草を鳴らしたり
三本立ったよもぎの茎に
ふしぎなおどりをさせたりする
    (エッコロ クアア)
数知らぬひかりの点がうき沈み
乱積雲の肖像はいまゆるやかに北へながれる

    (eccolo qua!)

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------
二九
     雲の肖像画
                      一九二四、四、四、

中空なかぞら青くうららかなのに
西の雪の上ばかり
ぼんやり白く淀んでゐる
そこにいくつもの雲の肖像
  ……それはみな(一字不明)に
    巨大な洪積人類の
    方向のない Libido である
ひばりはあちこち啼いてゐる

氷と藍との東橄欖山地から
つめたい風が吹いてきて
    (おまへはわたしを犯してもいい)
つぎからつぎとまことをちかひ
またあかしやの棘ある枝を鳴らしたり
すがれの禾草を顫はせる
  ……そこに三本よもぎの茎が
    素撲な木音のおどりをつくる……
    (エッコロ クアア)
風を無数のガラスの渦が浮き沈み
雲の肖像画はゆるやかに北へながれる

    (eccolo qua!)

------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2)
------------------------------------------------------------
三五
     測候所
                     一九二四、四、六、

シャーマン山の右肩が
にはかに雪で被はれました
うしろの方の高原も
おかしな雲がいっぱいで
なんだか非常に荒れて居ります
  ……凶作がたうたう来たな……
杉の木がみんな茶色にかはってしまひ
わたりの鳥はもう幾むれも落ちました
  ……炭酸表をもってこい……
いま雷が第六圏で鳴って居ります
公園はいま
町民たちでいっぱいです

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------
三五
     測候所幻聴
                     一九二四、四、六、

シャーマン山の右肩が
氷でもって被はれました
うしろの方の高原も
おかしな雲がいっぱいで
なんだか非常に荒れて居ります
  ……次の氷期がたうたう来たな……
杉の木がひどい茶色にかはってしまひ
  ……炭酸表をもってこい……
いま雷が第六圏で鳴って居ります
市民たちは
みんな向ふの黄いろな丘にあつまりました

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------
三五
     凶歳
                     一九二四、四、六、

早池峰と栗駒山と北上川(以下約七字不明)
(約九字不明)通ってゐます
    (凶作がたうたう来たな)
杉の木がみんな黒布にかはってしまひ
わたりの鳥はもう幾むれも落ちました
そいつは(数文字不明)だ
いま雷が第六天で鳴って居ります
百姓たちは
うしろの丘にのぼってゐました
    (数文字不明)はやく(以下不明)
    (三月までの海温表をもってこい)

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(034)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     会計課

九時六分のかけ時計
その青じろき盤面ダイアル
にはかに雪の反射来て
パンのかけらは床に落ち
インクの雫かはきたり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

九時六分のかけ時計
その青じろき盤面ダイアル
にはかに雪の反射来て
ペンのかけらは床に落ち
インクの雫かはきたり

------------------------------------------------------------
(下書稿1「冬のスケッチ」第6、7葉)
------------------------------------------------------------

  ※ 寂静印

ぱんのかけらこぼれ
いんくの雫かわきたり。

  ※

九時六分のかけ時計
その青じろき盤面ダイアル
にはかにも
天の栄光そゝぎきたれり。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 もう6月です。まもなく梅雨の季節ですね。

 今年になってから、病気のこともあって中国には行っていないの
ですが、先日いつも行っていた大連で日本人が一人拘束されました。
中国国内もいよいよ危うい情勢になってきたようで、タイミング的
にはよかったかと思っています。

 結局、中国人が一番元気で、活気のあった時期につきあっていた
ことになりそうです。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--954号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/