-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第953号--2017.05.27------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第二集(6)」「〔りんごのみきのはいのひかり〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「塩水撰・浸種」「痘瘡」「早春独白」
------------------------------------------------------------

 今回掲載分は1924年3月30日の日付を持つ三篇です。3月末で
学校はたぶん休みでしょうが、賢治は農学校に出勤していたようで
す。

 当時の花巻農学校は現在の花巻市文化会館やぎんどろ公園のある
あたりにあったそうです。

 「塩水撰・浸種」は種籾を選別して、籾播きの準備をしていると
ころです。塩水に漬けるのは籾を比重で選別するわけですが、当時
はまだ十分に普及している技術ではなかったそうです。

 現在では見ることはできませんが、当時はまだ「湿田」があり、
これに「ヒドロ」とルビを付けています。下書きでは「卑泥」とい
う書き方もありますが、一年中水に漬かった状態の田です。

 今、花巻あたりの田圃は、客土を入れて嵩上げをし、区画整理と
排水事業も行った上に、水路を引いた近代的なものに生まれ変わっ
ているので、当時の様子を想像するのはちょっと難しいです。

 「痘瘡」は「奇怪な紅教」が流行する、という民間宗教のことを
書いていますが、この季節、痘瘡よけの呪いのような祭礼があった
のでしょう。

 この詩では、下書きで「いかんのです」と批判的に書いています
が、晩年にはこの祭礼への深い共感を込めた詩を書いているのはご
存じのとおりです。

 「早春独白」は珍しく女性が電車に乗ってきた情景を詩にしてい
ます。決して女性に無関心というわけではなかったのですね。

 「電車」が登場しますが、ここには簡易な電気軌道が通っていま
した。ナローゲージで、電車自身も非常に幅が狭く、今も花巻駅の
裏手の公園に保存されています。

 この鉄道は、元は馬車鉄道でした。地域に発電所を作ったときに
電車化されています。

 発電というのは結構面倒なもので、電気を作ったからには何かで
消費していかねばなりません。

 家庭の電化やモーターを使う工場などが十分でない時代、電車で
電気を消費するというのはあちこちでよくとられた手段です。

 またそれにともない、遊園地などを作って電車の需要を生み出す
という試みもあり、今に残る花巻温泉もそうして開発された温泉遊
園地でした。

 そして電車が走り出せば、人がそれに乗って移動し、産業や流通
が活発になっていきます。この詩はそうした時代の産物です。

 しかし、3月末を「早春」というのは、さすがに東北地方だな、
というところです。南国だとちょうど桜の季節で、もう早春ではあ
りませんから。


--〔BookMark〕----------------------------------------------

地蔵堂
http://kenji-hanamaki.com/spot/05_bunkakaikan.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 賢治さんの「春と修羅」にも登場します。

 花巻市文化会館から歩いて10分ぐらいのところ、マックスバリュ
ー花巻店の向かいにあるのが地蔵堂。賢治さんの詩集「春と修羅」
では「地蔵堂の五本の巨杉が/まばゆい春の空気の海に……」とい
うフレーズで登場しています。ここには詩にうたわれた巨杉が今
も残っています(2本になってしまいました)。写真は「巨杉」の
石碑です。

住所 花巻市滝ノ沢桜華山延命寺境内
花巻駅から徒歩35分程・車で10分程(タクシー約1,240円)
花巻南ICから車で3分程

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

花巻電鉄
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E5%B7%BB%E9%9B%BB%E9%89%84

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 花巻電鉄(はなまきでんてつ)は、かつて岩手県花巻市の国鉄東
北本線花巻駅を中心に、花巻温泉郷へ向かう鉄道線、花巻南温泉郷
へ向かう軌道線、路線バスを運営していた会社である。

■運行概要
1934年12月当時

□鉄道線

運行本数:花巻 - 花巻温泉間13往復
所要時間:全区間22分

□軌道線

運行本数:花巻 - 西鉛温泉間6往復半(他、朝の大沢温泉 - 花巻
間と夜の西鉛温泉 - 大沢温泉間に上り各1本)
所要時間:全区間1時間34分 - 1時間36分

■沿革

 軌道線は、花巻西郊の豊沢川に沿った温泉地を結ぶ電車路線とし
てスタートした。大沢温泉以西は馬車鉄道として開通したものをの
ちに電車化したものである。

 盛岡電気工業の運営となったあと、同社社長の金田一国士が新た
なリゾートとして開発した花巻温泉との間を結ぶ鉄道線が1925年に
開通した。

■駅一覧

□軌道線

中央花巻 - 西花巻 - 西公園(旧花巻川口町) - 石神 - 中根子 -
熊野 - 新田 - 歳の神 - 一本杉 - 二ツ堰 - 神明前 - 松原 -
松倉 - 富士保前 - 志戸平温泉 - 渡り - 大沢温泉(旧湯口) -
前田学校前 - 山の神 - 高倉山温泉 - 鉛温泉 - 西鉛温泉

□鉄道線

西花巻 - 花巻(通称電鉄花巻) - 花巻グランド前 - 瀬川 -
北金矢 - 松山寺前 - 花巻温泉

■宮沢賢治の詩には花巻電鉄と思われる情景がたびたび登場する。
例を挙げると以下の通り。

『春と修羅』(第一集)
  「電車」「風の偏倚」「昴」「冬」
『春と修羅 第三集』
  「停車場にてスヰトンを喫す」
『詩ノート』
  「運転手」「藤根禁酒会へ贈る」
その他の詩
  「早春独白」「(四信五行に身をまもり)」「冗語」「電軌工
事」(「朝のうちから」先駆型)

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第二集(006)〕----------------------------------

「塩水撰・浸種」「痘瘡」「早春独白」

------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後2)
------------------------------------------------------------

一九
     塩水撰・浸種
                     一九二四、三、三〇、

塩水選が済んでもういちど水を張る
陸羽一三二号
これを最后に水を切れば
穎果の尖が赤褐色で
うるうるとして水にぬれ
一つぶづつが苔か何かの花のやう
かすかにりんごのにほひもする
笊に顔を寄せて見れば
もう水も切れ俵にうつす
日ざしのなかの一三二号
青ぞらに電線は伸び、
赤楊はあちこちガラスの巨きな籠を盛る、
山の尖りも氷の稜も
あんまり淡くけむってゐて
まるで光と香ばかりでできてるやう
湿田ヒドロの方には
朝の氷の骸晶が
まだ融けないでのこってゐても
高常水車の西側から
くるみのならんだ崖のした
地蔵堂の巨きな松まで
乾田カタタの雪はたいてい消えて
青いすずめのてっぽうも
空気といっしょにちらちら萌える
みちはやはらかな湯気をあげ
白い割木の束をつんで
次から次と町へ行く馬のあしなみはひかり
その一つの馬の列について来た黄いろな二ひきの犬は
尾をふさふさした大きなスナップ兄弟で
ここらの犬と、
はげしく走って好意を交はす
今日を彼岸の了りの日
雪消の水に種籾をひたし
玉麸を買って羹をつくる
こゝらの古い風習である

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後1)
------------------------------------------------------------

一九
     村道
                     一九二四、三、三〇、

電線は伸びてうなりもきこえず
赤楊やけやきのこまかなの梢は
すっかり玻璃の網をはった
東は山も氷の稜も
あんまり淡くけむってゐて
まるで光と香ばかりでできてるやう
湿田ヒドロの方には
朝の氷の骸晶が
まだ融けないでのこってゐても
高常水車の西側から
くるみのならんだ崖のした
地蔵堂の巨きな松まで
乾田カタタの雪はたいてい消えて
青いすずめのてっぽうも
あちこちちらちらと萌え出した
みちはやはらかな湯気をあげ
白い割木の束をつんで
次から次と町へ行く馬のあしなみはひかり
その一つの馬の列について来た黄いろな二ひきの犬は
尾をふさふさした大きなスナップ兄弟で
ここらのあかや熊犬と
はげしく走って好意を交はす

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

一九
     村道
                     一九二四、三、三〇、

電線は伸びてオルゴールもきこえず
赤楊の梢の玻璃ガラスの網や
山の尖りも氷の稜も
あんまり淡くけむってゐて
まるで光と香ばかりでできてるやう
湿田ヒドロの面は
まだ氷晶をたもってゐるが
乾田カタタの雪はたいてい融けて
青いすずめのてっぽうも
あちこちちらちらと萌え出した
みちはやはらかな湯気をあげ
次から次と町へ行く馬のあしなみはひかり
その一つの馬の列について来た黄いろな二ひきの犬は
尾をふさふさした大きなスナップ兄弟で
ここらの犬とはげしく走って好意を交はす
ひばりはうろこ雲に飛び
また日の面のうす雲や
麸を買って羹をつくり
雪消の水に種籾をつける
今日は彼岸の終りである

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

一九
     村道
                     一九二四、三、三〇、

電線は伸びてオルゴールもきこえず
赤楊の梢の玻璃ガラスの網や
山の尖りも氷の稜も
あんまり淡くけむってゐて
まるで光と香とだけでできてるやう
湿田ヒドロの面は
まだ氷晶をたもってゐるが
乾田カタタの雪はたいてい融けて
青いすずめのてっぽうもあちこちに萌え出した
みちはやはらかな湯気をあげ
次から次と町へ行く馬の足なみはひかり
その一つの馬の列について来た黄いろな二ひきの犬は
尾をふさふさした大きなスナップ兄弟で
ここらの犬とはげしく走って好意を交はす
ひばりはうろこ雲に飛び
また日の面のうす霧や
麸を買って羹をつくり
雪消の水に種籾をつける
今日は彼岸の終りである
何が出るともわからない
巨きな作のトランプ札の
まづ一枚が
今日はおだやかにめくられる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

一九
     村道
                     一九二四、三、三〇、

電線は伸びてオルゴールもきこえず
赤楊の(数文字不明)梵(二字不明)にされる(三字不明)のイー
ハトーヴの朝である
山の尖った氷の稜は
あんまり淡くけむってゐ(数文字不明)り
(二字不明)で記憶(以下不明)
卑泥の面はまだ氷晶とまぢってゐるが
乾田カタタの雪はもうたいてい融けて
緑金いろの禾草もあちこち萌え出した
みちはやはらかな湯気をあげ
次から次と町へ行く馬の足なみはひかり
その一つの馬の列について来た黄いろな二ひきの犬は
スナップのやうに尾をふさふさした巨きなドッグ兄弟で
ここらの犬と烈しく走って相図を交はす
ひばりはうろこ雲に飛び
また灰光のくるみの森や
雪とたばことの滝しい季節はもう過ぎた

------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------
二一
     痘瘡
                     一九二四、三、三〇、

日脚の急に伸びるころ
かきねのひばの冴えるころは
こゝらの乳いろの春のなかに
奇怪な紅教が流行する

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

えゝ
どうもこの
日脚の急に伸びるころ
かきねのひばの冴えだすころは
こゝらの乳いろの春のなかに
極めて愚俗な紅教が
流行しだして困るのです

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------
二一
                     一九二四、三、三〇、

どうもこの
日脚のしだいに伸びるころ
かきねのひばの冴えるころは
こゝらのおぼろな春のなかに
紅教が流行しだしていかんのです

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------
二一
     痘瘡
                     一九二四、三、三〇、

どうもこの
光波のすこしく伸びるころ
かきねのひばの冴えるころは
こゝらのおぼろな春のなかに
紅教が流行しだしていかんのです

------------------------------------------------------------
(「貌」第三号(1924年9月15日)発表形)
------------------------------------------------------------

     痘瘡(幻聴)

どうもこの
光波の少しく伸びるころ
ひのきの青くかはるころは
ここらのおぼろな春のなかに
紅教が流行だしていかんのです

------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------
二五
     早春独白
                     一九二四、三、三〇、

黒髪もぬれ荷縄もぬれて
やうやくあなたが車室に来れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはぼんやり湯気に曇ります
   ……青じろい磐のあかりと
     暗んで過ぎるひばのむら……
身丈にちかい木炭すみすごを
地蔵菩薩のがんかなにかのやうに負ひ
山の襞もけぶってならび
堰堤ダムもごうごう激してゐた
あの山岨のみぞれのみちを
あなたがひとり走ってきて
この町行きの貨物列車にすがったとき
その木炭すみすごの萱の根は
秋のしぐれのなかのやう
もいちど紅く燃えたのでした
   ……雨はすきとほってまっすぐに降り
     雪はしづかに舞ひおりる
     あやしい春のみぞれです……
みぞれにぬれてつつましやかにあなたが立てば
ひるの電燈は雪ぞらに燃え
ぼんやり曇る窓のこっちで
あなたは赤い捺染ネルの一きれを
エヂプト風にかつぎにします
   ……氷期の巨きな吹雪のすゑ
     ときどき町の瓦斯燈を侵して
     その住民を沈静にした……
わたくしの黒いしゃっぽから
つめたくあかるい雫が降り
どんよりよどんだ雪ぐもの下に
黄いろなあかりを点じながら
電車はいっさんにはしります

------------------------------------------------------------
(定稿書きかけ中断稿)
------------------------------------------------------------
二五
     早春独白

黒髪もぬれ荷縄もぬれて
やうやくあなたが車室に来れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはぼんやり湯気に曇ります

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------
二五
     早春独白
                     一九二四、三、三〇、

黒髪もぬれ荷縄ニナハもぬれて
やうやくあなたが車室に来れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはぼんやり湯気に曇ります
   ……青じろい磐のあかりと
     暗んで過ぎるひばのむら……
身丈にちかい木炭すみすごを
地蔵菩薩のがんかなにかのやうに負ひ
山の襞もけぶってならび
堰堤ダムもごうごう激してゐた
あの岩岨のみぞれのみちを
あなたがひとり走ってきて
この町行きの貨物列車にすがったときに
   ……雨はすきとほってまっすぐに降り
     雪はしづかに舞ひおりる
     あやしい春のみぞれです……
みぞれにぬれてつゝましやかにあなたが立てば
ひるの電燈は雪ぞらに燃え
ぼんやり曇る窓のこっちで
あなたは赤い捺染なっせんネルの一きれを
エヂプト風にかつぎにします
   ……氷期の巨きな吹雪のすゑ
     ときどき町の瓦斯燈を侵して
     その住民を沈静にした……
わたくしの黒いしゃっぽから
つめたくあかるい雫が降り
どんよりよどんだ雪ぐもの下に
黄いろなあかりを点じながら
電車はいっさんにはしります

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------
二五
     早春独白
                     一九二四、三、三〇、

黒髪もぬれ荷縄ニナハもぬれて
やうやくあなたが車室に来れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはぼんやり湯気に曇ります
   ……青じろい磐のあかりと
     暗んで過ぎるひばのむら……
百枚ちかい木炭すみすごを
あなたが高くせなに負ひ
山の襞もけぶってならび
堰堤ダムもごうごう激してゐた
あの岩岨のみぞれのみちを
辛くもひとり走ってきて
この町行きの貨物列車にすがったときに
   ……雨はすきとほってまっすぐに降り
     雪はしづかに舞ひおりる
     あやしい春のみぞれです……
みぞれにぬれてつゝましやかにあなたが立てば
ひるの電燈は雪ぞらに燃え
ぼんやり曇る窓のこっちで
あなたは赤い捺染なっせんネルの一きれを
エヂプト風にかつぎにします
   ……氷期の巨きな吹雪のすゑ
     ときどき町の瓦斯燈を侵して
     その住民を沈静にした……
わたくしの黒いしゃっぽから
つめたくあかるい雫が降り
どんよりよどんだ雪ぐもの下に
黄いろなあかりを点じながら
電車はいっさんにはしります

------------------------------------------------------------
(「岩手詩集」第一輯(1932年4月15日)発表形)
------------------------------------------------------------

     早春独白

黒髪もぬれ荷縄になはもぬれて
やうやくあなたが車室に来れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはわんやり湯気に曇ります
 ……青じろい磐のあかりと
   暗んで過ぎるひばのむら……
根もとの紅い萱でつくつた木炭すみすごを
もう百枚もせなに負ひ
山の襞もけぶつて並び
堰堤だむもごうごう激してゐる
岩岨道のみぞれのなかを
凍えて赤い両手を頬で暖めながら
この町行きの貨物列車にかけて来て
あなたはわづかに乗つたのでした
 ……雨はすきとほつてまつすぐに降り
   雪はしづかに舞ひおりる
   あやしい春のみぞれです……
みぞれにぬれてつつましやかにあなたが立てば
ひるの電燈は雪ぞらに燃え
ぼんやり曇る窓のこつちで
あなたは赤い捺染なつせんネルの一きれを
エヂプト風にかつぎにします
 ……氷期ひやうきの巨きな吹雪のすゑ
   ときどき町の瓦斯燈を侵して
   その住民を沈静にした……
わたくしの黒いしやつぽから
つめたくあかるい雫が降り
どんよりよどんだ雪ぐもの下に
黄いろなあかりを点じながら
電車はいつさんにはしります

------------------------------------------------------------
(下書稿1)
------------------------------------------------------------
二五
     早春独白
                     一九二四、三、三〇、

頭帛かつぎもぬれて急いであなたが電車に乗れば
ひるの電燈は雪ぞらにつき
窓のガラスはぼんやり湯気に曇ります
   ……青じろい磐のあかりと
     暗んで過ぎるひばのむら……
根もとの紅い萱でつくった木炭すみすごを
もう百枚もせなに負ひ
山の襞もけぶってならび
川もごうごう激してゐる
この山峡のみぞれのなかを
カデえて赤い両手を頬で暖めながら
この町行きの貨物列車にかけて来て
あなたはわづかに乗ったのでした
   ……雨はすきとほってまっすぐに降り
     雪はしづかに舞ひおりる
     アヤしい春のみぞれです……
みぞれにぬれてつゝましやかにあなたが立てば
ひるの電燈は雪ぞらに燃え
ぼんやり曇る窓のこっちで
あなたは赤い捺染ネルの一きれを
エヂプト風にかつぎかへます
   ……氷期の巨きな吹雪の末は
     ときどき町の瓦斯燈を侵して
     その住民を沈静にした……
わたくしの黒いしゃっぽから
つめたくあかるい雫が降り
どんよりよどんだ雪ぐもの下に
黄いろなあかりを点じながら
電車はいっさんにはしります

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(033)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

     〔りんごのみきのはいのひかり〕

りんごのみきのはいのひかり
腐植のしめりのつちに立てり

根ぎはの朽ちの褐なれば
どう枯病をうたがへり

天のつかれの一方に
その 朱金をくすぼらす

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

りんごのみきのはいのひかり
腐植のしめりのつちに立てり

根ぎはの朽ちの褐なれば
どう枯病をうたがへり

天のつかれの一方に
苹果は黄金をくすぼらす

--〔後記〕--------------------------------------------------

 もうすぐ私の誕生日ということもあり、妻と二人で市内の温泉に
行ってきました。

 何度も温泉に入るのはなかなか気分のよいものです。花巻のよう
に「湯治」ができる温泉があれば湯治もよいな、と思いました。定
期的な抗ガン剤治療が終ったら、花巻に長居して湯治をしてみたい
ものです。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--953号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/