-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第924号--2016.11.05------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「宮沢賢治年譜(60)1929年-2」「開墾地」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「宮沢賢治年譜(60)1929年-2」
------------------------------------------------------------

 1929年分は今回で早くもおしまいです。基本的に病臥していた賢
治ですが、ようやく少しよくなって、文語詩の取組も始まったよう
です。

 そんな中、この年の秋、「東北砕石工場主鈴木東藏、はじめて賢
治を訪問する」という事件がありました。

 後に賢治最後の仕事となる、東北砕石工場との縁が生れました。

 東北砕石工場の工場は現在も保存されていて、当時の様子をうか
がうことができます。

 山から石灰岩を切り出してきて、ローラーなどで細かい粉末にす
るというのが工場の仕事でした。

 元が石灰岩なので、粉末にするとカルシウム肥料になるわけです。

 日本、特に東北の土壌は酸性が強く、以前から賢治はカルシウム
肥料の効果に注目してきました。

 教師時代の「修学旅行復命書」にはここ書かれていました。

「北海道石灰会社石灰岩抹を販るあり。これ酸性土壌地改良唯一の
物なり。米国之を用ふる既に年あり。内地未だ之を製せず。早くか
の北上山地の一角を砕き来りて我が荒涼たる洪積不良土に施与し草
地に自らなるクローバーとチモシイとの波をつくり耕地に油々漸々
たる禾穀を成ぜん。」

 まさにその「北上山地の一角を砕き」たる会社の社主が向こうか
らやって来たのです。賢治は大変喜んだでしょうし、鈴木東藏の方
も、もしかしたら救いの神になるのでは、との期待もあったことで
しょう。

 実際の活動開始は後日になりますが、生涯の最後の仕事となった
のも無理からぬところです。

 一旦は危篤状態になりながらも、小康を得て、ある程度の経済活
動ができるようになったのも、やはり長期の療養生活を支えること
ができた、宮沢家の経済力のたまものです。

 後年の読者の目から見れば、痛々しい話の連続になりますが、が
まんして見守っていきたいと、あとしばらく「年譜」は続きます。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

東北砕石工場
http://www.gijyutu.com/ooki/tanken/tanken2005/saiseki/saiseki.htm

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

旧 東北砕石工場
(石と賢治のミュージアム)
国登録有形文化財
岩手県東磐井郡東山町松川字滝ノ沢

 鈴木東蔵(1891〜1961)は、妻の叔父・鈴木貞三郎(1
882〜1940)、その弟で小岩井農場に勤める鈴木(川村)貞
助(1887〜1944)の協力により、大正13年、東北砕石工
場を設立しました。(鈴木東蔵と鈴木貞三郎の共同出資)地元の石
灰資源と、大船渡線の開通で製品の鉄道輸送が可能になることが、
事業をおこす大きな契機となりました。

 当時、小岩井農場では、土壌改良のために農地に石灰を散布して
おり、年間かなりの量の石灰を八戸などから買い入れていました。
(石灰石は主にアルカリ質の炭酸カルシウムでできている。酸性土
壌の中和剤として、その粉末(石灰肥料)をまくことで、作物の生
育に、より適した環境をつくりだす。)

 その後、花巻の肥料店「渡嘉(わたか)商店」を通して、宮澤賢
治の存在を知った鈴木東蔵は、宮澤賢治に工場への協力を求めたの
でした。

「東北砕石工場」の歴史

1924(大正13)年 東北砕石工場 設立

1930(昭和5)年 宮澤賢治が石灰石粉を「肥料用炭酸石灰
(タンカル)」と命名する。

1931(昭和6)年2月 宮澤賢治が技師として就任 その販路
拡大に努める。

1937(昭和12)年 東北砕石株式会社に社名変更、法人組織
となる。

1940(昭和15)年11月 東北タンカル興業株式会社となる。

1956(昭和31)年1月 東亜産業株式会社東北支店となる。
その後も、永年親しまれてきた「タンカル」の名称から「東北タン
カル工場」の呼称を通している。

1971(昭和46)年 販売協同組合をつくる。

1975(昭和50)年 協業組合をつくり、生産の一部を残し、
主力を組合工場へ移す。

1978(昭和53)年 操業を停止。

1994(平成6)年10月 工場建物の保存を願って東山町に寄
贈される。

1996(平成8)年7月 国土庁と岩手県の補助を受け、地域個
性形成事業として工場周辺の整備開始。

1996(平成8)年12月 産業分野の近代化過程を物語る近代
化遺産として、文化庁登録有形文化財に登録される。砕石産業関係
建造物では第1号。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

--〔1929年-2〕----------------------------------------------
33歳(昭和四年)
------------------------------------------------------------
5月
------------------------------------------------------------

1日、本日付発行の「詩神」5月号のアンケートに答えて、石川善
助が好きな人に「父母弟妹」とともに宮沢賢治の名をあげる

------------------------------------------------------------
7月
------------------------------------------------------------

1日、本日付発行の「詩神」7月号に草野心平が発表したエッセイ
「ささやかな弾片」中の「エポック」で、賢治と『春と修羅』に言
及。

------------------------------------------------------------
8月
------------------------------------------------------------

1日、本日付発行の「詩神」8月号に草野心平が発表したエッセイ
「君も僕も退屈しないか」で『春と修羅』に言及。

5日、堀籠文乃進は賢治快方に向かうのしらせをうけていたので、
この日見舞いに行く土沢の坊さんが来訪中で会わず、両親に挨拶す
る。土沢の坊さんは小原通勝、熱心な法華経信者。

------------------------------------------------------------
9月
------------------------------------------------------------

18日、二子郵便局勤務の斎藤貞一の見舞状に対し返答(書簡248)
やや復調し文語詩の創作をはじめたと推定。

------------------------------------------------------------
10月
------------------------------------------------------------

12日、堀籠文乃進見舞いにくる。約一時間ほど話す。堀籠日記に
は「面やつれして本当に気の毒に耐えず」とある。

24日、東磐井郡松川駅前、東北砕石工場主鈴木東藏、はじめて賢
治を訪問する。鈴木は前年花巻町上町の渡辺肥料店から石灰石粉二
車の注文を受けたが、この年は注文が得られないので同店を訪れた。
渡辺肥料店の話によると宮沢という人が石灰をすすめた年は売れ、
病気で倒れると全然注文がなくなったという。その人はもと農学校
の先生で肥料の神様といわれ、農民のために奔走したことを教えら
れ、その足で賢治を見舞ったのである。このとき石灰の効用につい
て科学的な知識を与えられ、その後「石灰石粉の効果」と題する広
告を作製した。

------------------------------------------------------------
11月
------------------------------------------------------------

3日、本日付高涯幻二(梅野建造)発行の雑誌「新興芸術」1巻2
号に「稲作挿話(未定稿)」が掲載される。前年この詩を掲載した
「聖燈」創刊号からの転載。今回の転載は梅野の独断による。

------------------------------------------------------------
12月
------------------------------------------------------------

12日、東北砕石工場主鈴木東藏より広告文(「石灰石粉の効果」
の文案)と共に、金肥連用による悪副作用の理由と酸性土壌を一般
にわからせる解説を求めてくる。それについて答える。(書簡250)
ついで広告文のまちがいを訂し、学術的な補いをする。また鈴木か
らの二通の手紙の宛名で、「賢治」を「健二」と誤記してきたこと
の訂正もする。(書簡251)

24日、土淵村,佐々木喜善へ原稿を送る。ただしこの原稿が何で
あるかはわからない。(書簡249)

29日、「佐々木喜善日記」に賢治よりの来信の記事がある。

------------------------------------------------------------
日付不明
------------------------------------------------------------

 高瀬露にあてて、信仰と世界観・結婚観に関する考え方を表現す
る手紙を書こうとする。その下書き(書簡252a,b,c)が現存。

 この年高橋元吉に『春と修羅』を追ったと推定される。
(書簡252d)

------------------------------------------------------------

2月、盛岡銀行、花巻銀行を合併
5月、小作調停法を宮城、岩手、青森三県に施行
5月、タゴール来日
8月、ドイツ飛行船ツェッペリン伯号、霞ヶ浦飛行場に着陸
9月、疑獄事件により前鉄道相小川平吉、起訴、収監
10月、ニューヨーク株式市場大暴落、世界恐慌始まる
11月、労農党結成

------------------------------------------------------------

日本プロレタリア作家同盟結成
島崎藤村「夜明け前」連載開始
小林多喜二「蟹工船」
徳永直「太陽のない街」
折口信夫、宇野円空、金田一京助ら民俗学会設立、「民俗学」創刊
ヘミングウェイ「武器よさらば」
横光利一、川端康成、堀辰雄ら「文学」創刊
西脇順三郎「超現実主義詩論」

------------------------------------------------------------

政次郎 55歳 4月、旧花巻町合併の功労者として町長より表彰
を受ける。7月、小作調停委員に選任される。
イチ 52歳 
シゲ 28歳 5月4日、二女セイ子出生
清六 25歳
主計 26歳
クニ 22歳 2月15日、長女フヂ出生

------------------------------------------------------------
[250](1929年12月) 鈴木東蔵あて 封書(封筒ナシ)

拝復 貴書簡拝誦御照会の件左に申上候

一、金肥連用して次第に効を減ずる場合は

 a、当初土壌にその成分欠乏せるも連用によりて次第に貯留する
に起因するもの特に燐酸肥料及石灰加里肥料

 b、肥料の悪副作用によりて年々の肥効を結果に於て減ずるもの
特に智利硝石、酸性肥料、に候

二、広告分文に於る酸性の説明

  土壌の酸性とは土壌中の石灰や加里が不釣合に少ないことを云ふ

次に御広告文中気付きたる点を申上れば

 第五項鉱毒の件は適切には無之蓋ろ一、草地に施用して良質多量の
草を得作業時間の短縮と耕地土性の改良とを期せられよ、二、赤渋地
に燐酸を用ふる際は必ず加用して燐酸の固定を防がれたし、三、砂地
に於ても燐酸の流亡を防ぐために同上、四、いづれの肥料と混合する
も差支なきを以て特に少量の肥料を一様に散布する際など甚便利なり
 等々御添加可然と存候。

次に消石灰との得失は一に粉末の微と価格の廉によりて定まり候間そ
の点充分御研究被遊度候。左図御参考迄

消石灰 土中にて 一反溶解后 炭酸石灰となる

最微粒 最速効

石灰岩末 一部は不溶 一部は仝前

粒小なる程 速効

粒子の状態(顕鏡御研究有効と存候)

(ぎざぎざの粒子の図)

速効
表面積大なる程速効 再び砕きて砕け易し

(丸い粒子の図)

遅効
溶け難し

病中乱筆御免被成下候

鈴木東蔵様

                     宮沢賢治

------------------------------------------------------------
[251](1929年12月) 鈴木東蔵あて 封書(封筒ナシ)

拝復 御照会の広告文案中石灰の間接肥効に関する件左の如くに御
座候

「一、土壌に石灰を施用すれば腐植質の分解を旺盛ならしめ従て腐
植質中の窒素は加給態となり石灰は恰も間接の窒素肥料の如く作用
す。(諸教科書諸実験随所にあり)

二、仝、石灰は土壌中の不加給態なる燐酸鉄及燐酸礬土に作用して
之を漸効ある燐酸二石灰乃至燐酸三石灰に変ず(大工原土壌学其他
に明文あり)

仝、石灰は腐植質を分解して腐植質中の燐酸(フィチン態、レシチ
ン態等)を植物に供給す 故に間接の燐酸肥料と称せられる(小生
盛岡にて分析実験せり)

 元来燐酸は一反歩の土壌には三百貫平均を保有し、年二貫を消費
するもよく百数十年肥効を示し得べき筈なるもその然らざるは之等
が多く不加給態なるによる

三、仝、石灰は土壌中の多くの場合不加給なる珪酸加里を炭酸加里
に変じ植物に給与す

仝 腐植質中の加里燐酸に準ず

故に間接の加里肥料と称せられる。

四、次に前文の広告文中炭酸石灰三十貫を使用しての所に過燐酸五
六貫と加へ置く方或は穏当ならん」

序ながら小生の名前は宮沢賢治に有之候 以上後返事迄

敬具


------------------------------------------------------------
[252a] (日付不明 小笠原露あて) 下書(旧【不5】)

お手紙拝見いたしました。

法華をご信仰なさうですがいまの時勢ではまことにできがたいこと
だと存じます。どうかおしまひまで通して進まれるやうに祈りあげ
ます。そのうち私もすっかり治って物もはきはき云へるやうになり
ましたらお目にかゝります。

根子では私は農業わづかばかりの技術や芸術で村が明るくなるかど
うかやって見て半途で自分が倒れた訳ですがこんどは場所と方法を
全く変へてもう一度やってみたいと思って居ります。けれども左の
肺にはさっぱり息が入りませんしいつまでもうちの世話にばかりな
っても居られませんからまことに困って居ります。

私は一人一人について特別な愛といふやうなものは持ちませんし持
ちたくもありません。さういふ愛を持つものは結局じぶんの子ども
だけが大切といふあたり前のことになりますから。

  尚全快の上。

------------------------------------------------------------
[252b] (日付不明 小笠原露あて) 下書

お手紙拝見いたしました。

南部様と仰るのはどの南部様か紹介下寸た先がどなたか判りません
がご事情を伺ったところで何とも私には決し兼ねます。全部をご両
親にお話なすって進退をお決めになるのが一番と存じますがいかゞ
でせうか。

 私のことを誰かゞ云ふと仰いますが私はいろいろの事情から殊に
一方に凝り過ぎたためこき十年恋愛らしい

------------------------------------------------------------
[252c] (日付不明 小笠原露あて) 下書(旧【不2、不4、不6】)

重ねてのお手紙拝見いたしました。独身主義をおやめになったとの
お詞は勿論のことです。主義などといふから悪いですな。あの時と
ても協会の犠牲になっていろいろ話の違ふとこへ出かけなければな
らんといふ時でしたからそれよりは独身でも明るくといふ次第で事
実非常に特別な条件(私の場合は環境即ち肺病、中風、質屋など、
及び弱さ、)がなければとてもいけないやうです。一つ充分にご選
択になって、それから前の婚約のお方に完全な諒解をお求めになっ
てご結婚なさいまし。どんなう事があっても信仰は断じてお棄てに
ならぬやうに。いまに(数字分空白)科学がわれわれの信仰に届い
て来ます。もひとつはより低い段階の信仰に陥らないことです。い
ま欧羅巴が印度仕込みのそれで苦しんでゐるやうです。さて音楽の
すきなものがそれのできる人と詩をつくるものがそれを好む人と遊
んでゐたいことは万々なのですがあなたにしろわたくしにしろいま
はそんなことをしてゐられません。あゝいふ手紙は(よくお読みな
さい)私の勝手でだけ書いたものではありません。前の手紙はあな
たが外にお出でになるとき悪口のあった私との潔白をお示しになれ
る為に書いたもので、あとのは正直に申しあげれば(この手紙を破
ってください)あなたがまだどこかに私みたいなやくざな者をあて
にして前途を誤ると思ったからです。あなたが根子へ二度目におい
でになったとき私が「もし私が今の条件で一身を投げ出してゐるの
でなかったらあなたと結婚したかも知れないけれども、」と申しあ
げたのが重々私の無考でした。あれはあなたが続けて三日手紙を
(清澄な内容ながら)およこしになったので、これはこのまゝでは
だんだん間違ひになるからいまのうちにはっきり申し上げで置かう
と思ってしかも私の女々しい遠慮からあゝいふ修飾したことを云っ
てしまったのです。その前后に申しあげた話をお考へください。今
度あの手紙を差しあげた一番の理由はあなたが夏から三べんも写真
をおよこしになったことです。あゝいふことは絶対なすってはいけ
ません。もっとついでですからどんどん申しあげませう。あなたは
私を遠くからひどく買ひ被っておいでに

-〔文語詩稿未定稿(004)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
(本文)
------------------------------------------------------------

     開墾地
(断片一)

焦ぎ木のむらはなほあれば
山の畑の雪消えて(以下なし)

(断片二)

青年団が総出にて
しだれ桜を截りしなり

------------------------------------------------------------
(下書稿)
------------------------------------------------------------

青年団が総出にて
しだれ桜を截りしなり



  開墾地

焦ぎ木の
  むらはなほあれば

山の畑の雪消えて

------------------------------------------------------------
※右の形が断片であるのは明らかだが1・2行と3行、4・5・7
行がどう結びつくのか、どう前後を決めるべきかは、決定できない。

一応前後をあけて二字下げで書いてある「開墾地」を題と考え、4
5(まとめて一行)7行を「断片一」,1 2行を「断片二」とし
て本文に掲げた。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 3日の祝日に三重県名張市の「赤目四十八滝」に行きました。ま
だ紅葉には早かったですが、すでに寒いくらいでした。

 子供の頃に行っただけなので、数十年ぶりでしたが、私の記憶と
は違ってかなり高低差があり、階段の連続でした。子供のころはこ
んな階段なんか気にしなかったのでしょうが、風邪気味だったこと
もあり、簡単にダウンしてしまいました。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--924号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/