-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第923号--2016.10.29------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「宮沢賢治年譜(59)1929年-1」「〔こんにゃくの〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「宮沢賢治年譜(59)1929年-1」
------------------------------------------------------------

 今回から1929年なのですが、ずっと病床にあったということで、
年譜の記事も極端に少なくなります。書簡もなく、このころの日付
の作品もほとんとありません。

 ただ、「疾中詩篇」と呼ばれる一群の詩は、たぶんこの頃、1928
年の発病から、1930年くらいまでの間に書かれたものと思われます。

 その中に、「一九二九年二月」という作品があります。その他に
もいくつか、作品を掲載しておきます。一般的にはそれほど有名で
はありませんが、賢治の口語詩はこのあたりで最後になります。こ
の後は文語詩と、「雨ニモマケズ」の世界があるだけです。

 さて、今回の年譜では「黄瀛の訪問」が目を引きます。黄瀛は中
国人ということになっていますが、母は日本人なので、今なら日本
人になっていたはずの人です。あの頃は世界的に父系尊重でしたの
で、父の国籍になりましたが、「陸軍士官学校卒業旅行中」での訪
問ですので、士官学校の制服を着ていたのでしょう。

 先日、花巻のイーハトーブ館で、黄瀛の展示をやっていました。
黄瀛は賢治の十歳年下ですが、長生きをして2005年まで生きていま
した。イーハトーブ館にも来たことがあると思います。

 それから、「遠野物語」で有名な佐々木喜善との交流ということ
もありました。喜善は逆に賢治より十歳年長で、賢治とほぼ同じ頃
に亡くなっています。

 黄瀛や喜善を相手に、賢治が病床でする話は主に宗教についてだ
ったということです。賢治の晩年はますます信仰が篤くなっていく
ようです。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

佐々木喜善と宮沢賢治
http://www.dekunobou.com/kiken-opera/kiken-opera-sasaki.htm

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 『新・宮澤賢治語彙辞典』(東京書籍)の【佐々木喜善】(ささき
きぜん)の項の中に「・・彼は花巻でのエスペラント講習会の会場
の相談がきっかけで賢治を幾度も訪問しており(賢治は会場を世話
した)、宗教や霊界の話題に熱中し、・・」とあり、また賢治の父
・政次郎のいとこで歌人でもある関徳弥(せきとくや)氏によると

 「喜善氏が来花すると必ず宮沢さんを訪ねた。そして喜善氏の信
仰する大本教が宮沢さんに依つて時に痛烈に批判されても、喜善氏
は宮沢さんにはかなはない、といつて頭をかいてゐるのであった。
豪いですね、あの人は。豪いですね、全く豪いですね、と、鋭く言
はれながらも喜善氏は嬉しがつてゐた。時には、おかげ話はいゝで
すよ、と言つて相好をくづしてゐた」(『岩手日報』昭和八年十月
二十七日、「早池峰山と喜善氏」)というのである。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

詩人黄瀛と中日文学交流
http://www.infochina.jp/jp/index.php?m=content&c=index&a=show&catid=6&id=9906

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 黄瀛(こう・えい/ファン・イン、1906−2005)は中国人の父と
日本人の母の間に生まれた。両親とも教育者という血筋を受け、黄
瀛自身も教育者として後半生は全うした。98歳の生涯は波乱に満
ち、生涯の半ばが戦争の期間に含まれる。中国と日本の混血児とし
て苦しみをかかえつつ中国への愛国を通した信念は胸を打つものが
ある。

 父は10歳までに亡くし、妹とともに幼少年期は日本で育つ。1
5歳から20歳代後半まで、日本詩壇に彗星のごとく登場した。月
刊『日本詩人』2月号(1925年)新詩人号の1位に推され、華やか
なデビューを果たしたのは19歳のとき。1920−1930年代は『銅鑼』
『詩と詩論』『詩神』『詩人時代』などに相次いで寄稿し続けてい
る。語韻上の音感、新鮮な言葉遣いと異国趣味をもって日本近代詩
に新風を吹き込んで、口語詩の可能性を切り開いたとみなされたの
である。詩集を2冊上梓している。第1詩集『景星』(1930年)、
第2詩集『瑞枝』(1934年)であり、日中間の戦争がなければ詩人
の道は豊かに花開いたことであろう。

 詩作と並行して日本の文芸各誌に中国新文学の現状と動向を紹介
し、代表的な詩人として郭沫若、馮乃超、王独清、朱自清などの漢
詩を翻訳して紹介するなど中日詩壇の架け橋の役割を果たして功績
も見逃せない。

 この時期、宮沢賢治と交流をしている。1929年、黄瀛が岩手県花
巻を訪れる機会があり、わざわざ病床の賢治を見舞ったのである。
まだ無名であった賢治を訪ねたのは賢治の詩にひかれていたからで
あり、詩人としての黄瀛の面目躍如かもしれない。賢治の詩の印象
について「彼の詩は美しい。詩を読めば彼のだとすぐにわかる」。
こう言っていた。黄瀛は生前の賢治に会った唯一の中国文人という
事実を得ているのは確かである。

 黄瀛は26歳のころ帰国し、1978年1月に四川外国語学院日本語学
部に就任、1981年3月に教授。高等教育の復興を目指したケ小平の
指示による文革後、最初の日本文学を専攻できる大学院であった。
当時は、日本文学を講義できる中国人の黄瀛は希少な存在。日本語
学部生と院生をかけもち、日本近代文学史、日本近代詩史、日本文
学作品鑑賞などの講義を担当し、卒論の指導に当たった。

 日本語教育レベルの向上を図って、黄瀛は自ら若手教師向けの特
別講座を設け、若手教師の育成に力を傾けた。日本の原版図書がな
かなか見られない1980年代に自分の研究室を図書室と日本語サロン
にして、日本の昔の友人から寄贈された本を教師にも学生にも公開
していた。また、日本における詩壇活躍時代の知名度が半世紀も過
ぎても残り、明晰な教え子が日本各地の大学に留学・研修できるよ
う推薦を重ねた。留学の夢を果たした教え子たちは20余人で、いま
重慶と成都をはじめ、おもに中国西南部の大学で日本語教育の柱と
なっている。

 晩年の黄瀛は中国日本文学研究会顧問と重慶市翻訳学会顧問を務
め、宮沢賢治、川端康成、横光利一、三島由紀夫、大江健三郎、梶
井基次郎などの作品を高く評価し、日本文学の紹介と翻訳を呼びか
けた。黄瀛の影響を受け、日本文学の翻訳と研究を志した研究者が
多く育成されたいた。

 半世紀もの中断がありながら黄瀛は交流した日本文学者との友情
を信じた。中日関係の激しい起伏にめげず、魯迅ら帰国留学生とも
交流を重ねて友好の必要性と民間交流の重要性を訴え、両国の相互
理解を唱えた。文明の衝突が多発している今日、重大なヒントを与
えているものと思われる。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

--〔1929年-1〕----------------------------------------------
33歳(昭和四年)
------------------------------------------------------------
1月
------------------------------------------------------------

20日、本日付発行の「東北文化研究」1巻5号に掲載された佐々
木喜善「ザシキワラシの話」の中で、賢治の「ざしき童子のはなし」
の一部を引用紹介する。

------------------------------------------------------------
2月
------------------------------------------------------------

8日、宮沢家うらの映画館花陽館で火事。花陽館は焼けたが他に被
害はなかった。

詩「〔一九二九年二月〕」

------------------------------------------------------------
春(時期不詳)
------------------------------------------------------------

 「銅鑼」の同人で、陸軍士官学校卒業旅行中の黄瀛の訪問を受け
る。

「人力車にのって小一時間の後、大きな金物屋が彼の家であった。
お父様がこられてこの珍しい軍服を迎えて驚いたような表情をされ
た。店にある大きな電線圏が私の目に今も思い出す。私は5分間だ
けという条件つきで宮沢君と面会した。

 その時既に宮沢君は何度かの病気で、危篤から少しよくなった時
だということをきき乍……私はすぐ帰ろうと思ったら、弟さんが
出てきて、本人が是非とおせというからと云うので、宮沢君の病室
へはいった。私達は二人の想像している個々の二人を先ず話したよ
うだ。5分間がすぐたつのを気にして私が立とうとしたら、彼は何
度も引き止めて私達は結局半時間も話したようだ。それも詩の話よ
りも宗教の話が多かった。

 私は宮沢君をうす暗い病室でにらめ乍ら、その実はわからない大
宗教の話をきいた。とつとつと放す口吻は少し私には恐ろしかった。」

 黄瀛は父政次郎から二冊の宗教に関するパンフレットをもらい、
賢治の回復を念じながらも、妙にくらい気持ちを感じたという。

------------------------------------------------------------
4月
------------------------------------------------------------

4月初め、花巻町は花巻川口町の合併が行われ、花巻町となった。

27日、花巻町、花巻川口町合併後の選挙が投票、即日開票された。

 政次郎は次点二位で落選した。当選者との差はわずか4票である。
この落選以後政次郎は町議選に出ず、専ら民政につくした。

28日、詩「夜」

------------------------------------------------------------

2月、盛岡銀行、花巻銀行を合併
5月、小作調停法を宮城、岩手、青森三県に施行
5月、タゴール来日
8月、ドイツ飛行船ツェッペリン伯号、霞ヶ浦飛行場に着陸
9月、疑獄事件により前鉄道相小川平吉、起訴、収監
10月、ニューヨーク株式市場大暴落、世界恐慌始まる
11月、労農党結成

------------------------------------------------------------

日本プロレタリア作家同盟結成
島崎藤村「夜明け前」連載開始
小林多喜二「蟹工船」
徳永直「太陽のない街」
折口信夫、宇野円空、金田一京助ら民俗学会設立、「民俗学」創刊
ヘミングウェイ「武器よさらば」
横光利一、川端康成、堀辰雄ら「文学」創刊
西脇順三郎「超現実主義詩論」

------------------------------------------------------------

政次郎 55歳 4月、旧花巻町合併の功労者として町長より表彰
を受ける。7月、小作調停委員に選任される。
イチ 52歳 
シゲ 28歳 5月4日、二女セイ子出生
清六 25歳
主計 26歳
クニ 22歳 2月15日、長女フヂ出生

------------------------------------------------------------

     病床

たけにぐさに
風が吹いてゐるといふことである

たけにぐさの群落にも
風が吹いてゐるといふことである

------------------------------------------------------------

     眼にて云ふ

だめでせう
とまりませんな
がぶがぶ湧いてゐるですからな
ゆふべからねむらず血も出つづけなもんですから
そこらは青くしんしんとして
どうも間もなく死にさうです
けれどもなんといゝ風でせう
もう清明が近いので
あんなに青ぞらがもりあがって湧くやうに
きれいな風が来るですな
もみぢの嫩芽と毛のやうな花に
秋草のやうな波をたて
焼痕のある藺草のむしろも青いです
あなたは医学会のお帰りか何かは知りませんが
黒いフロックコートを召して
こんなに本気でいろいろ手あてもしていたゞけば
これで死んでもまづは文句もありません
血がでてゐるにかゝはらず
こんなにのんきで苦しくないのは
魂魄なかばからだをはなれたのですかな
たゞどうも血のために
それを云へないがひどいです
あなたの方からみたらずゐぶんさんたんたるけしきでせうが
わたくしから見えるのは
やっぱりきれいな青ぞらと
すきとほった風ばかりです。

------------------------------------------------------------

     〔今宵南の風吹けば〕

今宵南の風吹けば
みぞれとなりて窓うてる
その黒暗のかなたより
あやしき鐘の音すなり

雪をのせたる屋根屋根や
黒き林のかなたより
かつては聞かぬその鐘の
いとあざけくもひゞきくる

そはかの松の並木なる
円通寺より鳴るらんか
はた飯豊の丘かげの
東光寺よりひゞけるや

とむらふごとくあるときは
醒ますがごとくその鐘の
汗となやみに硬ばりし
わがうつそみをうち過ぐる

------------------------------------------------------------

     S博士に

博士よきみの声顫ひ
暗きに面をそむくるは
熱とあえぎに耐えずして
今宵わが身の果てんとか
 
あゝ勇猛と精進の
ねがひはつねにありしかど
あしたあしたを望みつゝ
早くいのちは過ぎにけり
 
しかればきみが求むらん
奇蹟はわれが分ならず
たゞ知りたまへちゝはゝに
そむけるはかくさびしく死する

------------------------------------------------------------

     〔風がおもてで呼んでゐる〕

風がおもてで呼んでゐる
「さあ起きて
赤いシャッツと
いつものぼろぼろの外套を着て
早くおもてへ出て来るんだ」と
風が交々叫んでゐる
「おれたちはみな
おまへの出るのを迎へるために
おまへのすきなみぞれの粒を
横ぞっぽうに飛ばしてゐる
おまへも早く飛びだして来て
あすこの稜ある巌の上
葉のない黒い林のなかで
うつくしいソプラノをもった
おれたちのなかのひとりと
約束通り結婚しろ」と
繰り返し繰り返し
風がおもてで呼んでゐる

------------------------------------------------------------

     〔一九二九年二月〕

われやがて死なん
  今日又は明日
あたらしくまたわれとは何かを考へる
われとは畢竟法則の外の何でもない
  からだは骨や血や肉や
  それらは結局さまざまの分子で
  幾十種かの原子の結合
  原子は結局真空の一体
  外界もまたしかり
われがわが身と外界とをしかく感じ
これらの物質諸種に働く
その法則をわれと云ふ
われ死して真空に帰するや
ふたゝびわれと感ずるや
ともにそこにあるは一の法則のみ
その本源の法の名を妙法蓮華経と名づくといへり
そのこと人に菩提の心あるを以て菩薩を信ず
菩薩を信ずる事を以て仏を信ず
諸仏無数億而も仏もまた法なり
諸仏の本源の法これ妙法蓮華経なり
  帰命妙法蓮華経
  生もこれ妙法の生
  死もこれ妙法の死
  今身より仏身に至るまでよく持ち奉る

------------------------------------------------------------

     夜

これで二時間
咽喉からの血はとまらない
おもてはもう人もあるかず
樹などしづかに息してめぐむ春の夜
こゝこそ春の道場で
菩薩は億の身をも棄て
諸仏はこゝに涅槃し住し給ふ故
こんやもうこゝで誰にも見られず
ひとり死んでもいゝのだと
いくたびさうも考をきめ
自分で自分に教へながら
またなまぬるく
あたらしい血が湧くたび
なほほのじろくわたくしはおびえる

-〔文語詩稿未定稿(003)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     〔こんにゃくの〕

こんにゃくの
す枯れの茎をとらんとて
水こぼこぼと鳴る
ひぐれまぢかの笹はらを
兄弟二人わけ行きにけり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

こんにゃくの
す枯れの茎をとらんとて
水こぼこぼと鳴る
ひぐれまぢかの笹やぶを
兄弟二人わけ行けり

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

こんにゃくのす枯れの茎をとらんとて
水こぼこぼと鳴る
ひぐれまぢかの笹やぶを、
兄弟二人わけ行けり。

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前=「冬のスケッチ第24葉冒頭部分)
------------------------------------------------------------

水こぼこぼと鳴る
ひぐれまぢかの笹やぶを、
しみじみひとりわけ行けり。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 1929年というと、世界恐慌で有名な年なんですね。世界大戦の後、
平和が続くという幻想も、まもなく打ち破られていきます。

 いつも9月の定期大会で、花巻農高のリンゴを買います。昨年は
ダメでしたが、今年はなかなかおいしかったです。

 11月になると「フジ」と「こうこう」(黄色いリンコ)のセッ
トを販売するそうです。花巻農高に電話すると送ってもらえるとい
うことですので、電話番号を紹介しておきます。(もらったチラシ
より)

岩手県立花巻農業高等学校
TEL 0198-26-3131
FAX 0198-26-3236

「花農りんご」(フジ こうこう)
10kg3,500円、5kg2,000円(送料別)

 ネット販売はしていないようです。調べていたら、この29日(土)
は「花農祭」で、一般の人も参加できるようでした。「花農祭行っ
たらりんごもらた」という話もあります。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--92号---------- e-mail why@kenji.ne.jp--------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/