-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
----------------------------------第45号---1999.12.25-------
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

   「1926年12月12日 宮沢政次郎あて書簡」
   「エスペラント詩稿」
   「国際共通語の思想」

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--〔話題〕--------------------------------------------------

 エスペラントというのは、人工的に、「国際共通語」としてつく
られた言語です。

 民族、国境を越えた国際理解の美しい理想とともに、ある程度普
及した、唯一の人工言語でもあります。

 実は私も少年時代、「エスペラント4週間」という本を買って、
ちょっとかじったことがあるのですが、英語の勉強も全然しないの
に、身につくはずもありませんでした。

 校本全集には、「エスペラント詩稿」として収録されていますが、
実際はメモというか、試作の域を出ていません。詳しいひとによる
と、文法的にも、怪しいところがあるそうです。

 今回は〔作品〕らんで、賢治のエスペラント詩稿をすべて紹介し
ます。校本全集の校異らんには、詩稿のもとになった短歌、もしく
は訳が載っていますが、逐語的なものではないので、インターネッ
ト上で「エスペラント辞書」を見つけて、語註をつけてみました。

 各作品ごとに、
------------------------------------------------------------
エスペラント詩稿
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
語註
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
元の短歌、または訳詩
------------------------------------------------------------
という順になっています。語註は完全なものとはいえませんので、
参考程度、ということでお願いします。

 「エスペラント辞書」は、

http://www2.saganet.ne.jp/vastalto/esperanto.html

にある、「pejv040.lzh」を利用しました。

 賢治はエスペラントとの出会いを次のような書簡に残しています。

------------------------------------------------------------
221
1926年12月12日 宮沢政次郎あて書簡

 今日は午後からタイピスト学校で友達になったシーナといふ印度
人の紹介で東京国際倶楽部の集会に出て見ました。あらゆる人種や
その混血児が集まって話したり音楽をやったり汎太平洋会のフォー
ド氏が幻燈で講演したり実にわだかまりない愉快な会でした。殊に
私は少し倶楽部の性質を見くびってこちらで買った木綿の仕事着を
着て行ったのでしたが行って見ると室もみな上等の敷物がありみん
な礼装をしてゐましたので初めは少々面くらひましたが退くにも退
かれず仕方なく臆面もなくやってゐました。そのうちフィンランド
公使が日本語で講演しました。それが尽く物質文明を排して新しい
農民の文化を建てるといふ風の話で耳の痛くないのは私一人、講演
が済んでしまふと公使はひとりあきらめたやうに椅子に掛けてしま
ひみんなはしばらく水をさされたといふ風でしたが、この人は名高
い博言博士で十箇国の言語を自由に話す人なので私は実に天の助け
を得たつもり、早速出掛けて行って農村の問題特にも方言を如何に
するかの問題を尋ねましたら、向かふも椅子から立っていろいろ話
して呉れました。やっぱり著述はエスペラントによるのが一番だと
も云ひました。私はこの日本語をわかる外人に本を贈りもう一度公
使館に訪ねて行かうと思ひます。どうか土蔵から童話と詩の本を四
冊ずつ小包でお送りを願ひます。
(以下略)

(校本全集13 書簡より)
------------------------------------------------------------

 エスペラントの夢は今でも十分魅力的ですが、現在では、その夢
は形を変えて、インターネットという形で実現しつつあると思って
います。

 船(後には飛行機)で、人が国際的に動くしか、国際交流という
ものが存在しなかった時代には、エスペラントのような、国際語の
必要性は本当にあったと思います。

 ただ、その時代が戦争と革命の騒乱の中で過ぎてしまい、時代は
全く新しい様相を示しています。

 現在、インターネットの世界では、英語が共通語の地位を得てい
ます。英語自身、ずいぶんシンプルになってきています。最終的に
は、ネット上の英語は、民族語としての姿を失い、「英語のエスペ
ラント化」が実現していくのだと考えています。

--〔作品〕--------------------------------------------------

  エスペラント詩稿

------------------------------------------------------------

Printempo.

Mi pos^tos mia c^evalon
prenonte
neg^oradiata yuna herbon.

(校本全集6 エスペラント詩稿より)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
printemp/o:{B}春]
mi:{B}[代]私]
pos^t/o:{B}郵便]
mi/a:私の]
c^eval/o:{B}【動】馬]
pren/i:{B}[他]手に取る]
-ont-:{B}[接尾辞](能動・将然)]
neg^/o:{B}【気】雪]
herb/o:{B}草]
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

293

雪山の反射のなかに
嫩草を
しごききたりて馬に喰ましむ。

(校本全集1 歌稿Bより)
------------------------------------------------------------

Mateno.

Arg^enta matenonuboj
kovras
maldefinita torfkampon.

(校本全集6 エスペラント詩稿より)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
maten/o:{B}朝]
arg^ent/a:銀の,銀色の]
kovr/i:{B}[他]おおう,おおいかくす]
defi/int/o:挑戦者]
torf/o:{O}【鉱】泥炭]
kamp/o:{B}野原]
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

340

しろがねの夜あけの雲は
なみよりも
なほたよりなき野を被ひけり。

(校本全集1 歌稿Bより)
------------------------------------------------------------

Vespero.

Stratusoj dependig^as sur la montoj,
Millioj flustras en kastorueno.

(校本全集6 エスペラント詩稿より)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
vesper/o:{B}夕方]
strat/o:{B}街路]
de/pend/i:{B}[他]依存する,従属する]
sur:{B}[前](〜の)上に]
mont/o:{B}山]
mili/o:{O}【植】キビ]
flustr/i:{B}[自]ささやく]
en:{B}[前]〜の中で]
kastel/o:{B}城]
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

211

山山に
雲きれかゝり
くらがりの
城あとに栗さんざめきたり。

(校本全集1 歌稿Bより)
------------------------------------------------------------

Log^adejo.

La suda vilag^o novludoforma,
Diras ke nevolas log^onte min.
...Ah, arg^entaj monadoj,
Kaj pluvo de helbet-glanoj,...
Kia brileco de aero!
Mi intensas ekkuri.

(校本全集6 エスペラント詩稿より)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
log^/i:{B}[他]住む]
la:{B}[定冠詞]]
sud/a:南の]
vilag^/o:{B}村]
dir/i:{B}[他]言う,告げる]
ke:{B}[接]〜ということ]
vol/i:{B}[自](〜する)意志がある]
log^/ant/a:住んでいる]
mi:{B}[代]私]
kaj:{B}[接]そして]
pluv/o:{B}雨]
de:{B}[前]〜の,〜から,〜によって]
herb/o:{B}草]
glan/o:{O}【植】どんぐり]
kia:{B}[形]どのような]
bril/et/o:きらめき]
de:{B}[前]〜の,〜から,〜によって]
aer/o:{B}空気,大気,空]
intenc/i:{B}[他]意図する,企てる]
ek/kur/i:[自]駆け出す]
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

378
    住居
          一九二五、九、一〇、

その南の三日月形の村は
わたくしなんぞ
置いてやりたくないといふ
   ……銀のモナドと草の実の雨……
まばゆさよ
わたくしは走らう

(校本全集6 エスペラント詩稿校異より)
------------------------------------------------------------

Senrikolta Jaro.

Sinjoro,la altplatajo estas pro malluma,
Kaj du glaciejoj ekaperis tie.
(Fine venis la malbona jaro.)
C^iaj cidroj s^ang^ig^is en algegoj,
Birdoj poste birdoj falis kiel s^tonetoj.
(Tio estas la Gogh en H^ino.)
Nun tondras en la sesa cielo.
Kamparanoj jam kunvenis sur la flava monteto.
(Estu pleta mia vagonaro.)
Jes,certe,Sinjoro.

(校本全集6 エスペラント詩稿より)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
sen:{B}[前](〜)なしで]
rikolt/i:{B}[他]収穫する]
jar/a:年間の,年次の]
sinjor/o:{B}紳士]
alt/a:{B}高い]
plat/a:{B}平たい]
est/i:{B}[自](〜)である]
pro:{B}[前](〜の)ために(原因)]
mal/lum/o:暗闇]
du:{B}[数詞]二]
glaci/ej/o:【地】氷河]
ek/aper/i:[自]出現する]
tie:{B}[副]そこで]
fin/e:ついに,最後に]
ven/i:{B}[自]来る]
mal/bon/a:悪い,悪意の]
c^ia:{B}[形]すべての]
s^ang^/ig^/i:[自]変わる,変化する]
alg/o:{B}【植】藻類]
bird/o:{B}鳥]
post/e:あとで]
fal/i:{B}[自]落ちる,倒れる]
kiel:{B}[接](〜)のように]
s^ton/o:{B}石]
tio:{B}[代]それ]
nun:{B}[副]今]
tondr/o:{B}雷]
ses/a:第六の]
kamp/ar/an/o:農民,いなかの人]
jam:{B}[副]既に,もはや]
kun/ven/o:会合,集会]
flav/a:{B}黄色の]
vagon/o:{B}【鉄】車両]
jes:{B}[副]はい]
cert/e:確かに]
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

     凶歳

紳士よ、高原はとても暗くて
二つの凍地が現はれました。
  (たうたう凶年が来たな)
杉の木がみんな大きな海藻に変ってしまひ、
鳥はもう幾群も小石の様に落ちました。
  (それは支那のゴッホだ)
いま雷が第六圏で鳴って居ります。
百姓たちがもう黄色な丘に集りました。
  (私たちの列車を用意しよう)
そうです、たしかに、紳士よ。

(校本全集6 エスペラント詩稿校異より)
------------------------------------------------------------

Projekt kaj Malesteco.

...Knaboj ordeme vestig^e,
Kaj rigardas arogante...
La suno jam eniris en stratokurasoj,
Blanke ekbrikig^as la riveroglacio.
...Lau mia arko,
Frostas vidovojo...

(校本全集6 エスペラント詩稿より)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
projekt/o:{B}企画]
mal/est/i:[自]欠けている]
knab/o:{B}少年,男の子]
vest/o:{B}服]
reg/ad/o:統治,支配]
arogant/a:{O}横柄な,尊大な]
sun/o:{B}太陽]
en/ir/i:[自][他]入る]
blank/a:{B}白い]
ek/bril/o:きらめき,ひらめき]
river/o:{B}川]
glaci/o:{B}氷]
lau^:{B}[前]〜に沿って]
ark/o:{B}弓形]
frost/i:[自]凍っている]
vid/o:見ること,ながめ]
voj/o:{B}道]
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

   企てと無

  ……身なり正しいこどもたちが
    ごう慢にながめている……
太陽は入道雲の中にかくれ
川の氷は白く光りはじめた
  ……ぼくの弓により
    視線は凍っている……

(校本全集6 エスペラント詩稿校異より)
------------------------------------------------------------

〔La koloroj, kiu ekvanas en mia dormeto,〕

La koloroj, kiu ekvenas en mia dormeto,
estas ofte soleca
kiel la maro.

(校本全集6 エスペラント詩稿より)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
kolor/o:{B}色]
kiu:{B}[代]だれ,どれ,どちら]
ek-:{B}[接頭辞](開始を示す)]
ven/i:{B}[自]来る]
dorm/et/i:[自]うとうとする,まどろむ]
oft/e:{B}たびたび]
sol/ec/o:孤独]
kiel:{B}[接](〜)のように]
mar/o:{B}海]
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

339

まどろみに
ふっと入りくる丘のいろ
海のごとくにさびしくもあり。

(校本全集1 歌稿Bより)
------------------------------------------------------------

〔Mi estas staranta nudapiede,〕

Mi estas staranta nudapiede,
En oktobra tomato farmo
Kio nuboj falig^anta.

(校本全集6 エスペラント詩稿より)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
star/ant/a:立っている,停止している]
nud/a:{B}裸の]
pied/o:{B}【解】足]
en:{B}[前]〜の中で]
oktobr/o:{B}10月]
tomat/o:{B}【植】トマト]
farm/o:小作(契約)]
kio:{B}[代]何]
nub/o:{B}【気】雲]
fal/ig/i:[他]落とす,倒す]
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

404

はだしにて
雲落ちきたる十月の
トマトばたけに立ちてありけり

(校本全集1 歌稿Bより)
------------------------------------------------------------
--〔書評〕--------------------------------------------------
「国際共通語の思想」ザメンホフ著 新泉社刊
------------------------------------------------------------

 エスペラントの創始者、ザメンホフの文や演説を集めた本です。

 ザメンホフはポーランドの眼科医だった人です。以下にその略歴
を引用します。

------------------------------------------------------------

1859年ロシア領ポーランドの都市ビアリストクで生まれる。
1873年一家でワルシャワに移住。
1885年眼科医を開業。(25歳)
1887年エスペラントの「第一書」を発行。(27歳)
1889年エスペラント雑誌「エスペランチスト」発行(29歳)
1895年エスペランチスト休刊のち廃刊(35歳)
1900年パリ万国博。エスペラント運動の中心がフランスへ移る。
1903年「基本範文集」刊行(43歳)
1905年第1回世界エスペラント大会開催。(以後毎年開催)
1906年東京で日本エスペラント大会開催。
1914年第1次世界大戦勃発。第10回大会への参加断念。
1917年逝去。57歳。第1次世界大戦終結。

------------------------------------------------------------

 全くの独力で、20歳代でエスペラントを考案した、天才的な人
物だったようです。以後、新しい「国際語」は提案されず、今に至
っています。

 熱烈な「人類愛」の提唱者でもあり、民族や言語の壁を越えた、
同胞愛でつつまれた世界の融和を説いた人物でもあります。

 私などの少年時代は、案外、このような言説がもともに受け取ら
れていた時代だったようです。

 今読むと、19世紀的な、進歩主義だったのだと思います。それ
はこんなところです。

------------------------------------------------------------
(略)
 けれども、私たちの多くが自然に反感を覚えるような人種がただ
一つだけあるようです。黒人のことです。しかし、よく考えてみれ
ばすぐに分かることですが、そういう反感は皮膚の色とはべつのと
ころに原因があります。私たち白人が面と向き合う黒人たちは、つ
い以前までは未開人で、その後は奴隷の境遇にありました。彼らの
大部分は、いまでもまだ長い間の未開・奴隷時代の特徴や痕跡をと
どめています。それが、久しく文明の恩恵に浴している自由人の私
たちには、本能的反発を引き起こすのです。黒人に対する白人の感
情は、人種的反感のようにも見えますが、じつは先祖代々の貴族が
粗野な田舎者に抱く感情と同じです。無知と粗暴な態度ががまんで
きないのです。しかし、こういう未開・奴隷時代の名残はそのうち
なくなり、黒人たちが高度の文化水準に達し、偉大な人物を輩出す
る日が来ます。そのあかつきには、私たちがいまもっている無意識
の軽蔑や反感が尊敬に代わり、黒い皮膚や厚い唇を嫌がることも、
きっとなくなることでしょう。(以下略)

(「国際共通語の思想」民族と国際語(1911年)より)
------------------------------------------------------------

 ここでは、明らかに、「未開」時代よりも「奴隷」時代の方が進
歩したのだ、と述べられています。今から考えると、とんでもない
ですが、こういう思想は有名なシュバイツァー博士などにも共通し
ていて、19世紀〜20世紀前半では、普通の考え方だったようで
す。

 これのどこが「人類愛」なんだ!責任者出て来い!と思いません
か?

 この本から、エスペラントの文法について、以下に引用します。

------------------------------------------------------------
【単語】
名詞 ---o amo 愛
形容詞 ---a ama 愛の
副詞 ---e ame 愛して
動詞
 不定法 ---i ami 愛する
 現在形 ---as Mi amas s^in 私は彼女を愛する
 過去形 ---is S^i amis min 彼女は私を愛した
 未来形 ---os Mi amos s^in 私は彼女を愛するであろう
 仮定形 ---us Se s^i amus min もし、彼女が私を愛して…
 命令形 ---u Amu min! 私を愛してください

複数形 ---oj
目的格 ---on(ojn)

------------------------------------------------------------
【代名詞】
       単数      複数
第一人称   mi ni
第二人称 vi vi
第三人称
 男性 li ili
 女性 s^i ili
 中性 g^i ili
 再帰 si
 総称 oni

目的格 --n
所有格 --a(aj)

------------------------------------------------------------
【文】

疑問文 C^u vi amas s^in?
     君は彼女を愛しているか。

否定文 Mi ne estas studento.
     私は学生ではありません。

無主語文 Ne gravas.
     大したことではない。

命令文 Ni iru!
     行こう!

感嘆文 Kiel bela vi estas!
     あなたは何と美しい!

------------------------------------------------------------

 エスペラントでは、固有名詞もエスペラント風に云いかえるのが
特徴です。いらぬお世話のように思いますが、賢治はこれを自分の
作品に取り入れています。「モーリオ」とか「センダード」とかい
う言葉がそうです。

 文法から云いますと、「イーハトーブ」よりも「イーハトーヴォ」
の方がエスペラントらしいようです。(エスペラントの名詞は-oで
終わりますので。)

--〔後記〕--------------------------------------------------

 図書館にエスペラントの辞書がなかったので、後回しにしてきた
のですが、インターネットで偶然、辞書をみつけました。エスペラ
ント協会などのサイトも探したのに、見つからなかったのですが、
個人のサイトにありました。

 しかもそのサイトは、「買ってはいけない」に関係したリンクか
ら、リンクされていたのを、思いがけず見つけたのです。

 ますますジャングルの様相を呈しているインターネットの世界で
すが、まさに「犬も歩けば棒」にあたりますね。

 今年はこれで最終の配信になります。次の土曜日は2000年1
月1日になりますが、「まぐまぐ」はお休みのため、配信できませ
んので、次回は1月8日からのスタートにします。

 みなさん、よいお年をお迎えください。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--45号----------- e-mail why@kenji.ne.jp -----------
--発行--渡辺--宏------- URL http://www.kenji.ne.jp/why/
------------------------------------------------------------
 購読者数804名です。ご購読ありがとうございます。
 (まぐまぐ746名+Macky!58名)
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、

why@kenji.ne.jp

私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は

http://www.kenji.ne.jp/why/index.html です。

バックナンバーもすべて、このページで読めます。

【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。

このメールマガジンの登録や解除は
http://www.kenji.ne.jp/why/index.html#M へ。

【Macky!】
アットニフティのメールマガジンサービスMacky!でも配信し
ています。

購読設定は
http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/mem/mail_start?1937
購読解除は
http://macky.nifty.ne.jp/servlet/FreeMailServlet/mem/mail_stop?1937
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/