-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第1009号--2018.06.23-----
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第三集(7)」「〔せなうち痛み息熱く〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「白菜畑」「圃道」「〔盗まれた白菜の根へ〕」
------------------------------------------------------------

 今回は1926年10月にかけての作品三篇です。このころ賢治は胸の
病が再発して、一時家に帰っていたようです。

十いくつかのよるとひる
病んでもだえてゐた間

 その頃にようやくできた白菜の畑は、最初はこんなことを言って
いたのです。

どうもこゝへ野菜をつくっては
盗られるだらうとみんなで云った
けれども誰も盗まない

 ところが最後にはこうなります。

盗まれた白菜の根へ
一つに一つ萱穂を挿して
それが日本主義なのか

 結局、賢治の期待をよそに、見事に盗まれてしまいました。それ
も特に大きいのが二つです。こんな記録が残っています。

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 開墾地に植えた白菜(安藤の記述では「玉菜」)をぬすまれたこ
とを「中に大きいのが二つあったのでフランスの宮殿の柱にたとえ
ていましたところ、私の気持ちを知らない者が昨夜盗んで行ってし
まいましたが、その泣声が聞こえるようです」と語る。

http://why.kenji.ne.jp/review/review914.html
--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

 白菜は大根とともに日本に昔からある野菜ですが、当時はうまく
結球せず。新しい品種を模索していました。

 その研究中の白菜を、賢治は早くも取り入れていたようです。た
ぶん、特に大きく育った白菜は、近所の農民の注目の的だったので
しょう。

 今でも野菜盗人は跡を断ちませんが、当時のことですから心配し
ていた周囲の人が正しかったのです。

「白菜畑」と「〔盗まれた白菜の根へ〕」は関連作品となのですが、
新校本全集では二篇に分けて掲載されています。

 実は今回掲載の詩は1926年最後のもので、次からは1927年(昭和
2年)のものになります。

 病気に加えて、年末に東京に出ていたりするので、忙しかったと
いうことですが、この状態は賢治が本格的に倒れるまで続きます。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

「下の畑」の白菜収穫に参加させていただきました☆
http://www.hachiya-foods.co.jp/blog/?p=1057

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 今年の夏、宮沢賢治先生の自耕の地、「下の畑」に、花巻市の方
々、「下の畑保存会」の方々たちご協力のもと、花巻農業高校、花
巻東高校、そして明成高等学校(リエゾンキッチン)の皆さんたち
が白菜の種を撒きました。

 先日、僭越ながらその収穫にお邪魔した様子でございます。

 宮沢賢治先生の「春と修羅」という詩集の中に、「白菜畑」とい
う詩があります。

 「霜がはたけの砂いっぱいでエンタシスある柱の列はみな水いろ
の影をひく 十いくつかのよるとひる病んでもだえてゐた間こんな
つめたい空気のなかで 千の芝罘白菜ははじけるまでの砲弾になり
包頭連の七百は立派なパンの形になった」

 この詩が書かれたのは大正15年です。

 この芝罘(チーフー)白菜こそが、明治期に移入され、松島系品種
群の親となったもの。芝罘は山東省の地名でちなみに渡辺採種場が
発表した松島純二号は、賢治が『白菜畑』を書く2年前(1924/大
正13)に発表された品種でございます。

 まさに、宮沢賢治先生が結び付けてくれた、時空を超えたつなが
りを感じますね。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第三集(7)〕----------------------------------

「白菜畑」「圃道」「〔盗まれた白菜の根へ〕」

------------------------------------------------------------
■「白菜畑」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七四一
     白菜畑

霜がはたけの砂いっぱいで
エンタシスある柱の列は
みな水いろの影をひく
十いくつかのよるとひる
病んでもだえてゐた間
こんなにつめたい空気のなかで
千の芝罘白菜は
はぢけるまでの砲弾になり
砲頭連の七百は
立派なパンの形になった
こゝは船場を渡った人が
みんな通って行くところだし
川に沿ってどっちへも抜けられ
崖の方へも出られるので
どうもこゝへ野菜をつくっては
盗られるだらうとみんなで云った
けれども誰も盗まない
季節にはひとりでかういふに熟して
朝はまっ白な霜をかぶってゐるし
早池峰薬師ももう雪でまっしろ
川は爆発するやうな
不定な湯気をときどきあげ
燃えたり消えたりしつづけながら
どんどん針をながしてゐる
病んでゐても
あるひは死んでしまっても
残りのみんなに対しては
やっぱり川はつづけて流れるし
なんといふいゝことだらう
あゝひっそりとしたこのはたけ
けれどもわたくしが
レアカーをひいて
この砂つちにはいってから
まだひとつの音もきいてゐないのは
それとも聞こえないのだらうか、
巨きな湯気のかたまりが
いま日の面を通るので
柱列の青い影も消え
砂もくらくはなったけれども

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七四一
     白菜畑

霜がはたけの砂いっぱいで
エンタシスある柱の列は
みな水いろの影をひく
十いくつかのよるとひる
病んでもだえてゐた間
こんなにつめたい空気のなかで
千の芝罘白菜は
はぢけるまでの砲弾になり
砲頭連の七百は
立派なパンの形になった
早池峰ももう雪でまっしろ
川はつやつやひかりながら
不定な湯気をあげてゐる
燃えたり消えたりしつづけながら
かすかに鳴ってながれてゐる
病んでゐても
あるひは死んでしまっても
川はだまって流れてゐることは
なんといふいゝことだらう
けれどもわたくしが
レアカーをひいて
この砂つちにはいってから
まだひとつの音もきいてゐないのは
ほんたうに音がないのだらうか
それとも聞こえないのだらうか、
日の面を湯気のかたまりが通ってゐるので
砂はまたぼんやりくらくなってきた

------------------------------------------------------------
(下書稿1「詩ノート1頁)
------------------------------------------------------------

七四五
     ◎
                  一九二七、一一、一五

霜と聖さで畑の砂はいっぱいだ
  影を落す影を落す
  エンタシスある氷の柱
そしてその向ふの滑らかな水は
おれの病気の間の幾つもの夜と昼を
よくもあんなに光ってながれつゞけてゐたものだ
   砂つちと光の雨
けれどもおれはまだこの畑地に到着してから
一つの音をも聞いてゐない

------------------------------------------------------------
■「圃道」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿推敲後)
------------------------------------------------------------

七四二
     圃道
                   一九二六、一〇、一〇、

水霜が
みちの草穂にいっぱいで
車輪もきれいに洗はれた

ざんざんざんざん木も藪も鳴ってゐるのは
その重いつめたい雫が
いま落ちてゐる最中なのだ

霧が巨きなこゞりになって
太陽面を流れてゐる
さっき川から炎のやうにあがってゐた
あのすさまじい湯気のあとだ

気管がひどくぜいぜい云ふ
かういふぜいぜい鳴る胸へ
焼酎をすこし呑みたいと思ひ
ふかした芋をたべたいと思ひ
町に心を残しながら
野菜を売った年老りたちが
みなこの坂を帰ったのだ

------------------------------------------------------------
(定稿推敲前)
------------------------------------------------------------

七四二
     圃道
                   一九二六、一〇、一〇、

水霜が
みちの草穂にいっぱいで
車輪もきれいに洗はれた

さっき川から焔のやうにあがってゐた
湯気が巨きなこゞりになって
太陽面を流れてゐる

ざんざんざんざん木も藪も鳴ってゐるのは
その重いつめたい雫が
いま落ちてゐる最中なのだ

気管がひどくぜいぜい云ふ
かういふぜいぜい鳴る胸へ
焼酎をすこし呑みたいと思ひ
ふかした芋をたべたいと思ひ
町に心を残しながら
野菜を売った年老りたちが
みなこの坂を帰ったのだ

------------------------------------------------------------
(下書稿)
------------------------------------------------------------

七四二
     圃道
                   一九二六、一〇、一〇、

レアカーといっしょに
いちもくさんに坂をおりれば
じつに透明な水霜が
みちの草穂にいっぱいで
向ふではまっ白に息をはく馬

さっき川から火のやうにあがってゐた
湯気がいま巨きな塊になって
日の下側を過ぎて行く

ざんざんざんざん木も藪も鳴ってゐるのは
その重いつめたい雫が
いまいっぺんに落ちるのだ

雉子が二声啼いてゐる
たしかにわたくしの家のなかだ
うちのなかをあるきながら
その雉子が啼いてゐるのだらうか

戻りにはまたこの坂を
青い白菜の弾丸を積んで 電光形にのぼるわけ
雉子が二声もいちど鳴く

------------------------------------------------------------
■「〔盗まれた白菜の根へ〕」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

七四三
     〔盗まれた白菜の根へ〕
                    一九二六、一〇、一三、
盗まれた白菜の根へ
一つに一つ萱穂を挿して
それが日本主義なのか

水いろをして
エンタシスある柱の列の
その残された推古時代の礎に
一つに一つ萱穂が立てば
盗人ぬすびとがここを通るたび
初冬の風になびき日にひかって
たしかにそれを嘲弄する
さうしてそれが日本思想
彌栄いやさか思想の勝利なのか

------------------------------------------------------------
(下書稿4)
------------------------------------------------------------

七四三
                    一九二六、一〇、一三、

白菜はみな水いろで
強いエンタシスある柱であるが
この残された推古時代の礎の
一つに一つ
おれは萱穂を飾って置かう
それが当分
自然思想の勝利といふやうに
盗人がこゝを通るたびに
初冬の風になびき日にひかって
それを嘲らうするものである
そして畑がみな萱穂に代るとしても
つめたい風がそれを吹き
川がひかってすべるかぎり
やっぱりこちらの勝利である

------------------------------------------------------------
(下書稿3)
------------------------------------------------------------

七四三
                    一九二六、一〇、一三、

白菜はみな水いろで
強いエンタシスある柱であるが
その盗まれたところでは
たゞまっしろな礎ばかり
この残された推古時代の礎の、一つに一つ、
おれは萱穂を飾って置かう
それが当分
東洋思想の勝利といふやうに
盗人がこゝを通るたびに
初冬の風になびき日にひかって
それを嘲ろうするものである
そして畑がみんな萱穂に代るとしても
つめたい風がそれを吹き
川がひかってすべるかぎり
やっぱりわれらの勝利である

------------------------------------------------------------
(下書稿2)
------------------------------------------------------------

七四三
     白菜畑
                    一九二六、一〇、一三、

ここの柱のならびから
膨らみエンタシスある水いろを
誰か二っつはずして行った
つめたい風が吹いて吹いて
わたくしの耳もとで鳴るけれども
河はつやつや光ってすべって
はやくも弱いわたくしは
風が永久の観点から
じつにほのかにわらひながら
わたくしをなぐさめてゐると考へ
ひたひに接吻して
気持ちを直せとさう云へば
きらゝかにわらってさうもすると
じぶんでじぶんを抑へやうとするけれども
そんならまっすぐに強く進めと云って
かういふふうにその人をさせた
社会の組織や人の不徳憎んでみても
結局やっぱり畑を掘ってゐるより仕方ない
そこで断じてわたしの風よ
つめたい接吻をわたしに与へ
川よかゞやくおまへの針で
おれの不快を運んで行けだ
はっは 馬鹿野郎
それでおれは
この残された推古時代の礎に
萱穂を二つ飾って置かう
それが当分
東洋思想の勝利でもある

------------------------------------------------------------
(下書稿1「断片」)
------------------------------------------------------------

七四三
     白菜畑
                    一九二六、一〇、一三、

こゝから誰か
膨らみエンタシスある緑柱を
ゆ(以下空白)

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(087)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「〔せなうち痛み息熱く〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

     〔せなうち痛み息熱く〕

せなうち痛み息熱く
待合室をわが得るや
白き羽せし淫れめの
おごりてまなこうちつむり
かなためぐれるベンチには
かって獅子とも虎とも呼ばれ
いま歯を謝せし村長の
頬明き孫の学生がくしょう
侍童のさまに従へて
手袋の手をかさねつゝ
いとつゝましく汽車待てる
外の面俥の往来して
雪もさびしくよごれたる
二月の末のくれちかみ
十貫二十五銭にて
いかんぞ工場立たんなど
そのかみのシャツそのかみの
外套を着て物思ふは
こゝろ形をおしなべて
今日落魄のはてなれや
とは云へなんぞ人人の
なかより来り炉に立てば
遠き海見るさまなして
とみやさしくうるめるや
ロイドめがねにはし折りて
丈なすせなの荷をおろし
しばしさびしくつぶやける
その人なにの商人ぞ
はた軍服に剣欠きて
みふゆはややにうら寒き
黄なるりんごの一籠と
布のかばんをたづさえし
この人なにの司ぞや
見よかのしきたわれめの
いまはかなげにめひらける
その瞳くらくよどみつゝ
かすかに肩のもだゆるは
あはれたまゆらひらめきて
朽ちなんいのちかしこにも
われとひとしくうちなやみ
さびしく汽車を待つなるを

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

身うち怪しく熱りつゝ
待合室に入り来れば
隅にはセキセイインコの色の
衣をなせし淫れめの
おごりてまなこうちつむり
かなた東のソーファには
かって獅子とも虎とも呼ばれ
いま歯ぞ抜けし村長の
頬明き孫の中学生を
侍童のさまに従へて
手袋の手をうちかさね
いとつゝましく汽車待てり
さあれ女に見まほしき
その子の額髪あらく
逆立てるこそおかしけれ
この時雲はちゞれてひかり
外の面俥の往来して
雪もさびしくよごれたる
二月の末のくれちかし
営利卑賤の徒にまじり
十貫二十五銭にて
いかんぞ工場立たんなど
よごれしカフスぐたぐたの
外套を着て物思ふ
わが姿こそあはれなれ
とは云へなんぞ人人の
雪の中より入り来れば
暖炉の赤き火に寄れば
遠き海見るまなこして
ひとみやさしくうるめるや
見よ軍服に剣つけし
その人何の司ぞや
あるひはまひるやゝ赤き
ロイド眼鏡の一双や
はじめおごれる淫れめの
あまりににぶく
はかなきさまにめひらきて
亜鉛のごときまなこして
あまりににぶく火を見るは
何の病かなせるらん

------------------------------------------------------------
(下書稿1「王冠印手帳31頁以下)
------------------------------------------------------------

隅にはセキセイインコ色の白き女
おごりてまなこつぶりてあれば
蓋をしめたる緑タイルの前あたりには
かっては獅子とも虎とも呼ばれ
いま歯抜けたる老村長
桜いろなるその孫と
手袋の手をうちかさね
いとつゝましく汽車を待つ
さあれ
面映ゆるその孫の
髪毛やゝに獅子のたてがみのごとく
逆立てるこそおかしけれ
この時雲はちゞれてひかり
床はけしくもよごれたる
二月の末の午后にありしか
あゝ今日は
一貫二十五銭にては
引き合はずなど
ぐたぐたの外套を着て考ふることは
心よりも物よりも
わがおちぶれしかぎりならずや
遠き海見るまなこして
ストウヴの火にあたる若者
なにとて人人
雪の中より入り来れば
暖炉の赤き火によりて
遠き海見る瞳をなすや
見よ黒服に黒のひも
ふちどる人は剣を吊せり
(以下略)

--〔後記〕--------------------------------------------------

 「〔盗まれた白菜の根へ〕」では下書稿をたどると、「日本主義」
「東洋思想」「自然思想」「弥栄思想」といろんな言葉がでてきま
す。いずれも出処は同じだと思いますが、いずれ詳しく調べてみた
いものです。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--1009号---------- e-mail why@kenji.ne.jp-------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/