-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第1008号--2018.06.16-----
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第三集(6)」「隼人」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「〔霧がひどくて手が凍えるな〕」「秋」「煙」
------------------------------------------------------------

 今回は1926年9月の残り二篇と10月のもの一篇です。

「〔霧がひどくて手が凍えるな〕」は唐突に雉子が出てくる不思議
詩ですが、本当に雉子の鳴き声がしたのでしょうか。

 霧がひどくて、野原も畑も湿っぽくなっています。 

「秋」は鍋倉上組合の集会に集まってくる年寄りたちを風景です。
こうして年代的に詩を見ていると、冒頭の「江釣子森の脚から半里」
という詩句を見て、ひさしぶりだな、と感じるものがあります。

 賢治の詩にはときどきこうした口調のよい、印象的な詩句が含ま
れていて、全編を支配している感じのものがあります。

 賢治自身は自重していて、なるべく使わないようにしていたと思
いますが、それでもときどきこうした詩句が生まれるのは詩人なら
ではでしょう。

 鍋倉上(または上鍋倉)は賢治の伝記には必ず出てくる、高瀬露
という女の人が勤めていた小学校があり、賢治はよくそこを訪れて
いたのではないか?という説もあって、下で紹介しています。

 高瀬露が宮沢賢治を好きだったことは間違いないですが、賢治の
側も憎からず思っていたということのようです。普通ならここで結
婚して、幸せな人生…といきそうなものですが、そうはならなかっ
たのは賢治の「渋柿」のせいでしょうね。

「煙」では北上河畔の煉瓦工場が出てきます。過去に何度も生徒を
連れて標本を探したり、水遊びをした場所であり、「一度破産した」
工場がまた煙をあげています。

 このころの賢治は、まず畑と格闘し、農民の冷たい視線と戦い、
羅須地人協会の活動により仲間をあつめていましたが、同時に農学
校時代を懐かしく思い出す場面もあったようです。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

39 (17) 江釣子森山〕
https://blog.goo.ne.jp/suzukikeimori/e/26d4a8f5ba18486783ef10ab59ba830f

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 今回は「経埋ムベキ山」江釣子森山について報告する

 ”江釣子”とあるが北上市のあの江釣子にあるのではなく、花巻
市の郊外にある山である。ただし、地元の人に聞いてもあまり知ら
れていないと思うから、場所を知りたいのならば却って近くにある
『観音山の円万寺はどこですか』と訪ねた方が早いかも知れない。

《1 花巻南IC付近からの江釣子森山と草井山》(平成20年4月26日
撮影)

 写真の左が江釣子森山、右が草井山である。いわゆる「雨ニモマ
ケズ手帳」には最初草井山も書かれていたが、後で消されている。

 (略)

そして、やっとのことで
《40 江釣子森山の頂上》(平成20年4月26日撮影)
到着。実は、頂上への道はあまり良くなく、藪をかき分けながら登
らなければならないところが多かったからである。賢治は何故こん
な山を「経埋ムベキ山」に選んだのだろうか、恐ろしい人だと思っ
たくらいだ。

 さてこの頂上だが、そには神社も石塔もなかった。あったのは小
さい
《41 標識》(平成20年4月26日撮影)

とこの、国土地理院の地図には書かれたいないが

《42 三角点?》(平成20年4月26日撮影)

と思われる標識だけがあった。

 (略)

 満足して麓に下りたならば、途中で出会った道路工事の人夫から
『熊に遭わなかったか、最初に遭ったときはびっくりしたよ』と言
われた。私は熊などいるわけないと暢気に登っていたので、知らぬ
が仏であった。

 ところで、実は「経埋ムベキ山」の山の中には賢治の作品に登場
しないものが案外多い(32座中11座が登場していないと思う)。例え
ば、花巻市内の山で云えば胡四王山、観音山がそうであり堂ヶ沢山
もそうである。

 それに引き替え、この江釣子森山ときたらすこぶる登場回数が多
い。例えば以下の通りである。

   『セレナーデ 戀』
   江釣子森の右肩に

   『講後』
   江釣子森は黒くして脚下にあり

   『郊外』 
   江釣子森の松むらばかり

    『秋』
   江釣子森の脚から半里

   『甲助 今朝まだくらぁに』 
     ……江釣子森が
       ぼうぼうと湯気をあげて
       氷醋酸の塊りのやう……

   『そゝり立つ江釣子森の岩頸と

   『會合』
       ……江釣子森が
         氷醋酸の塊りのやうだ……

<『宮澤賢治全集 三』(筑摩書房)より>      

 というわけで、江釣子森山(379m)はこれだけ詠まれているから、
里山らしさも神社も石塔もそして(地図上では)三角点もない山だが、
花巻の郊外の山でもあることだし「経埋ムベキ山」に選ばれている
ことは納得できる。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

詩<秋>に「上鍋倉」が出てくる意味
https://blog.goo.ne.jp/suzukishuhoku/e/91e95db9a6320127cd50a55bc86eb319

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 さて前回、賢治の詩<秋>の中に「上鍋倉」が登場していることに
私はあることを直感したのだったと最後に述べたが、結論から先に
言えば、直感どおり「上鍋倉」とは当時高瀬露が勤めていた「寶閑
小学校」があった辺りであった。ということがこの度新たに確認で
きた。

(略)

 東西に横長の鍋倉村は、左(西)は山側だから高く右(東)に行くに
つれて低くなっていっている。まさに「上、中、下」に分けて呼ば
れるような地形だ。そして、この『高庄商店』の直ぐ近くにかつて
小学校があり、まさにその学校こそが当時高瀬露が勤務していた寶
閑小学校であった。私の予想どおりであった。

 同時に私はもう一つ思い出したことがある。折しもこの9月23日
頃ならば、詩のタイトルがまさにそうであるように季節は「秋」で
あるが、その「秋」に関連する次の証言をだ。

 「露さんは、「賢治先生をはじめて訪ねたのは、大正十五年の秋
頃で昭和二年の夏まで色々お教えをいただきました。その後は、先
生のお仕事の妨げになっては、と遠慮するようにしました。」と彼
女自身から聞きました。露さんは賢治の名を出すときは必ず先生と
敬称を付け、敬愛の心が顔に表われているのが感じられた」

<『七尾論叢11号』所収「「宮澤賢治伝」の再検証(二)(上田哲著)」
10pより>

 という、下根子桜を訪ねていた期間を直接高瀬露から聞いたとい
う菊池映一氏の証言だ。ちょうどこの年のこの秋頃から賢治と露は
付き合い始めていたという証言だ。しかもそういえば、賢治が講演
のために行った学校といえば、実際に取り上げられている学校はな
ぜか殆ど寶閑小学校ばかりなはずだ。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第三集(6)〕----------------------------------

「〔霧がひどくて手が凍えるな〕」「秋」「煙」

------------------------------------------------------------
■「〔霧がひどくて手が凍えるな〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七三九
     〔霧がひどくて手が凍えるな〕
                    一九二六、九、一三、

霧がひどくて手が凍えるな
 ……馬もしきりにももをぶるっとさせてゐる……
縄をなげてくれ縄を
 ……すすきの穂も水霜でぐっしょり……
雉子が啼いているぞ 雉子が
おまへの家のなかではないか
 ……誰も居なくなった家のなかを
   大股にあるきながら
   雉子があゝ鳴いてゐるのだらうか……

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七三九
                    一九二六、九、一三、

霧がひどくて手が凍えるな
 ……馬もぶるっとももをさせる……
縄をなげてくれ縄を
 ……すすきの穂も水霜でぐっしょり
   あゝはやく日が照るといゝ……
雉子が啼いているぞ 雉子が
おまへの家のなからしい
 ……誰も居なくなった家のなかを
   餌を漁って大股にあるきながら
   雉子が叫んでゐるのだらうか……

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

七三九
     朝
                    一九二六、九、一三、

霧がひどくて手が凍えるな、
がつがつトマトを食ふのをやめろ

馬がびくっと
ももうしろへ引きつけるのは
木のゆれるのとおんなじさ

縄をなげてくれ縄を

雲がどんどん砕ける時分
赤いすすきをいっぱい刈って
みんなでならんで帰って来やう

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

七三九
     朝
                    一九二六、九、一三、

霧が深くて手が凍えるな、

馬がびくっと
ももうしろへ引きつけるのは
木のゆれるのとおんなじさ

縄をなげてくれ縄を

雲がどんどん刻ける時分
みんなで萱をいっぱい刈って
祭みたいに帰って来やう

------------------------------------------------------------
■「秋」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七四〇
     秋
                    一九二六、九、二三、

江釣子森の脚から半里
荒んで甘い乱積雲の風の底
稔った稲や赤い萱穂の波のなか
そこに鍋倉上組合の
けらを装った年よりたちが
けさあつまって待ってゐる

恐れた歳のとりいれ近く
わたりの鳥はつぎつぎ渡り
野ばらの藪のガラスの実から
風が刻んだりんだうの花
  ……里道は白く一すじわたる……
やがて幾重の林のはてに
赤い鳥居やスバルの塚や
おのおのの田の熟した稲に
異なる百の因子を数へ
われわれは今日一日をめぐる

青じろいそばの花から
蜂が終りの蜜を運べば
まるめろの香とめぐるい風に
江釣子森の脚から半里
雨つぶ落ちる萱野の岸で
上鍋倉組合の年よりたちが
けさ集まって待ってゐる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七四〇
     秋
                    一九二六、九、二三、

江釣子森の脚から一里
荒んで甘い乱積雲の風の底
稔った稲や赤い萱穂の波のなか
そこに果敢な鍋倉衆(数文字不明)ゐる
押し歩いたりわらったりして待ってゐる

恐れた歳のとりいれ近く
わたりの鳥はつぎつぎ渡り
野ばらの藪のガラスの実から
風が刻んだりんだうの花
幾重の楢の林のはてで
赤い鳥居やスバルの塚や
そのおのおのの田の熟した稲に
異なる百の因子を数へ
われわれは今日一日をめぐる

青じろいそばの花から
蜂が終りの蜜を運べば
まるめろの香とめぐるい風に
江釣子森の脚から一里
雨つぶ落ちる萱野の岸で
強く果敢な鍋倉衆が
けさわたくしを待ってゐる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

七四〇
     秋
                    一九二六、九、二三、

江釣子森の脚から一里
荒んで甘い乱積雲の風の底
稔った稲や赤い萱穂の波のなか
そこにたくさん百姓たちが待ってゐる
押し歩いたりわらったりして待ってゐる

恐れた歳のとりいれ近く
わたりの鳥はつぎつぎ渡り
野ばらの藪のガラスの実から
風が刻んだりんだうの花
今日わたくしはあすこで みづばせうの根を贈られる

青じろいそばの花から
蜂が終りの蜜を運べば
まるめろの香とめぐるい風に
江釣子森の脚から一里
雨つぶ落ちる萱野のなかで
けさひとびとは集まってゐる

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

七四〇
     秋
                    一九二六、九、二三、

江釣子森の脚から一里
荒んで甘い乱積雲の風の底
(一字不明)の林や赤い萱穂の波のなか
そこにたくさん百姓たちが待ってゐる
押し歩いたりわらったりして待ってゐる

恐れた歳のとりいれ近く
わたりの鳥はつぎつぎ渡り
野ばらの藪のガラスの実から
風の刻んだりんだうの花
今日わたくしはあすこで みづばせうの根を贈られる

青じろいそばの花から
蜂が終りの蜜を運べば
まるめろの香とめぐるい風に
江釣子森の脚から一里
雨つぶ落ちる萱野のなかで
百姓たちがけさわたくしを待ってゐる

------------------------------------------------------------
■「煙」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

七四一
     煙
                    一九二六、一〇、九、

川上の
煉瓦工場の煙突から
けむりが雲につゞいてゐる
あの脚もとにひろがった
青じろい頁岩の盤で
尖って長いくるみの化石をさがしたり
古いけものの足痕を
うすら濁ってつぶやく水のなかからとったり
二夏のあひだ
実習のすんだ毎日の午后を
生徒らとたのしくあそんで過ごしたのに
いま山山は四方にくらく
一べんすっかり破産した
煉瓦工湯の煙突からは
何をたいてゐるのか
黒いけむりがどんどんたって
そらいっぱいの雲にもまぎれ
白金いろの天末も
だんだん狭くちゞまって行く

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

七四一
     煙
                    一九二六、一〇、九、

川上の
煉瓦工場の煙突から
けむりが雲につゞいてゐる
あの脚もとにひろがった
青じろい頁岩の盤で
尖って長いくるみの化石をさがしたり
古いけものの足痕を
うすら濁ってつぶやく水のなかからとったり
二夏のあひだ
生徒らとたのしくあそんで過ごしたのに
いま山山は四方にくらく
みんなはどこかのまがりくねった樹に集って
くろいりんごを落してゐれば
煉瓦工湯の煙突からは
何をたいてゐるのか
黒いけむりがどんどんたって
そらいっぱいの雲にもまぎれ
白金いろの天末も
だんだん狭くちゞまって行く

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(086)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「隼人」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

     隼人

あかりつぎつぎ飛び行けば
赭ら顔黒装束のその若者
こゝろもそらに席に帰れり

街覆ふ膠朧光や
夜の穹窿を見入りつゝ
若者なみだうちながしたり

大森をすぎてその若者ひそやかに
写真をいだし見まもりにけり

   げに一夜
   写真をながめ泪ながし
   駅々の灯を迎へ送りぬ

山山に白雲かゝり夜はあけて
若者やゝに面をあげ
田原の坂の地形を説けり

   赭ら顔黒装束のその隼人
   歯磨などをかけそむる

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

     隼人

笛うち鳴りて汽車はゆれ
あかりつぎつぎ飛び行けば
赭ら顔黒装束のその若者
こゝろもそらに席に帰れり

街覆ふ膠質の
光や土に張り亘す
夜の大ぞらをを見入りつゝ
若者なみだうちながしたり

品川をすぎてその若者ひそやかに
写真をいだし見まもりにけり

げに一夜
写真をながめ泪ながし
駅々の灯を迎へ送りぬ

山山に白雲かゝり夜は明けて
汽車天竜をすぐるころ
若者やゝに面をあげ
あたりはじめてうちまもり
隣れる老いし商人の
こと問ふままに息まきて
田原の坂の地形を説けり

赭ら顔黒装束のその隼人
歯磨などをかけそめにけり

------------------------------------------------------------
(先駆形短歌「802〜804」)
------------------------------------------------------------

夜はあけて山々に白雲かゝり
さつま隼人

     ※

802  赭ら顔、黒装束のそのわかものいそぎて席に帰り来しかな。

     ※

803  コロイドの光の上に張り亘る夜の穹窿をあかず見入るも。

     ※

804  品川をすぎてその若ものひそやかに写真などをとりいだしたるかも。、

--〔後記〕--------------------------------------------------

 このところ体調がよくなくて、妻に甘えることが多くなりました。
結婚して40数年、お互いできるだけ自分のことは自分でするよう
頑張ってきましたが、最後にきて申し訳ないことです。

 羅須地人協会時代の賢治に、家事全般をこなす技術があれば、と
改めて思います。今でも、男の子に家事の能力がないことが多いの
は何とかしないといけません。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--1008号---------- e-mail why@kenji.ne.jp-------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/