-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第1005号--2018.05.26-----
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第三集(3)」「〔われはダルケを名乗れるものと〕」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「井戸」「風景」「〔アカシヤの木の洋燈から〕」「〔驟雨はそそ
ぎ〕」
------------------------------------------------------------

 今回は1926年7月の四篇です。ずっと農作業をしているようです
が、何だか(自分に?)怒っている様子がうかがえます。

 天候もよくなくて、「〔驟雨はそそぎ〕」の書かれた7月17日
までは雨が少なくて植付けに苦労し、18日以降はずっと雨ばかり
で、「県下旱害、水害多し」という年でした。

 17日の「驟雨」はちょうどその前触れだったようです。賢治は
この突然の降雨にあって、雨に濡れながら、何かよくない予感をも
ったように思います。

 前の三篇はいずれも小品で、原稿の推敲も少ないのですが、
「〔驟雨はそそぎ〕」だけは短い詩ながらも下書稿が1〜5とあり、
推敲過程をたどるのも大変です。

 ただ、賢治の作品一般としては珍しく、下書稿1から最終的な形
まであまり変化はしていないようです。

 裕福な家のお坊ちゃん暮らしだった時代から、独居自耕の生活に
入るというのはとても大変なことだったと思います。たぶん料理な
んかはできなかったでしょうし。

 実はお母さんが弁当を作って運んでいた、ということもあったよ
うです。

 料理だけは得意の私にいわせてもらうと、自分の食事の用意もで
きないのは一人前の人間ではないと思いますが、あのころに日本人
の男性はみんなそんな感じでした。

 案外、今でもそうなのかもしれません。

 それはさておき、賢治にとって自立生活への道は険しいものがあ
りました。無理をしないで東京へ行って、文壇などというところで
活躍しておけばよかったのに、などと今でも思います。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

“驟雨”のいろいろな読み方と例文
https://furigana.info/w/%E9%A9%9F%E9%9B%A8

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

読み方
(ふりがな) 割合

しゅうう   72.9%
ゆうだち   8.5%
しうう    5.1%
にはかあめ  2.5%
にわかあめ  1.7%
ゆふだち   1.7%
シャワー   1.7%
スコール   1.7%
しゆうう   0.8%
とおりあめ  0.8%
(他:3)    2.6%

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

イーハトーブ・ガーデン ノバラ
https://nenemu8921.exblog.jp/22813659/

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

清夫は今日も、森の中のあき地にばらの実をとりに行きました。

(略)

そこは小さな円い緑の草原で、まっ黒なかやの木や唐檜に囲まれ、
その木の脚もとには野ばらが一杯に茂って、丁度草原にへりを取っ
たやうになってゐます。

おどろいて手にもったその一つぶのばらの実を見ましたら、
それは雨の雫のやうにきれいに光ってすきとほってゐるのでした。

(略)

(童話「よく利く薬とえらい薬」)

 賢治が愛したのはノバラの花より、その香りや赤い実だった。う
つくしいもの、清らかなもの、癒しの象徴として描かれる。

 しかし、農村活動に入ると、ノバラの藪にはだいぶ悩まされた様
子が伝わってくる。実際、地中に深く根を張り、剛健なノバラは、
開墾する身には、実に厄介な植物であったろう。

口語詩 七二八〔驟雨はそそぎ〕

「春と修羅」第三集の作品である。

 驟雨にはカダチとルビがある。一般的にはしゅううと言うことが
多い。

 驟雨とはいきなり降りだして、短時間でやんでしまう激しい雨。
にわか雨。夕立のこと。

 野ばらの根を掘り起こす作業の折、にわか雨に降られたのである。

 この時期の賢治は慣れない農作業に、体力がついていかない自分
自身にいつも怒っていた。

 この作品はのちに文語詩に改稿され、印象が違った作品になるの
だが。

 私も「下ノ畑」で野菜や花を作っていたとき、ノバラを植栽した
ために他の園芸種をだいぶ犠牲にした。撤去するときも実にたいへ
んだった。

 また、ガーデンでは蟻の王国もやっかいで、蟻退治の薬剤を度々
散布しなければならなかった。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------


-〔春と修羅第三集(3)〕----------------------------------

「井戸」「風景」「〔アカシヤの木の洋燈から〕」「〔驟雨はそそ
ぎ〕」

------------------------------------------------------------
■「井戸」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿推敲後)
------------------------------------------------------------

七一八
     井戸
                      一九二六、七、八、

こゝから草削ホウをかついで行って
玉菜畑へ飛び込めば
宗教ではない体育でもない
何か仕事の推進力と風や陽ざしの混合物
熱く酸っぱい亜片のために
二時間半がたちまち過ぎる
そいつが醒めて
まはりが白い光の網で消されると
ぼくはこゝまで戻って来て
水をごくごく呑むのである

------------------------------------------------------------
(下書稿推敲前)
------------------------------------------------------------

七一八
     圃道
                      一九二六、七、八、

とにかくこゝから草削ホウをかついで
玉菜畑へ飛び込めば
麻薬が熱く酸っぱくて
二時間半はたちまち過ぎる
そいつが醒めて
そこらが白い光の網で消されたら
もいちどこゝへやって来て
水をごくごく呑んでやる

------------------------------------------------------------
■「風景」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿)
------------------------------------------------------------

七二六
     風景
                     一九二六、七、一四、

松森蒼穹そらに後光を出せば
片頬黒い県会議員が
ひとりゆっくりあるいてくる
 
羊歯やこならの丘いちめんに
ことしも燃えるアイリスの花

------------------------------------------------------------

※下書稿への手入れはない。

------------------------------------------------------------
■「〔アカシヤの木の洋燈から〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七二七
     〔アカシヤの木の洋燈ラムプから〕
                     一九二六、七、一四、

アカシヤの木の洋燈ラムプから
風と睡さに
朝露も月見草の花も萎れるころ
鬼げし風のきもの着て
稲沼ライスマーシュのくろにあそぶ子

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七二七
                     一九二六、七、一四、

アカシヤの木の洋燈ラムプから
風と睡さに
朝露も月見草の花も萎れ
いましづかに湯気をあげる
 ……あゝ いくたびか青く暗み
   またひるがへる諧謔の傷痕きづ……
鬼げし風のきもの着て
<稲沼ライスマーシュのくろにあそぶ子

------------------------------------------------------------
■「〔驟雨はそそぎ〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿5推敲後)
------------------------------------------------------------

七二八
     〔驟雨カダチはそそぎ〕
                     一九二六、七、一五、

驟雨カダチはそそぎ
土のけむりはいっさんにあがる
  あゝもうもうと立つ湯気のなかに
  わたくしはひとり仕事を忿る
    ……枯れた羊歯の葉
      野ばらの根
      壊れて散ったその塔を
      いまいそがしくめぐる蟻……
杉は驟雨のながれを懸け
またほの白いしぶきをあげる

------------------------------------------------------------
(下書稿5推敲前)
------------------------------------------------------------

七二八
                     一九二六、七、一五、

驟雨カダチはそそぎ
開墾おこした今日の幾坪は
いっさんに土のけむりをあげる
  あゝもうもうと立つ湯気のなかに
  わたくしはひとり労働を忿いか
    ……枯れた羊歯の葉、野ばらの根
      壊れて散ったその塔を
      いまいそがしくめぐる蟻……
杉は驟雨のながれを懸け
またほの白いしぶきをあげる

------------------------------------------------------------
(下書稿4推敲後)
------------------------------------------------------------

驟雨カダチはそゝぎ
開墾おこした今日の七坪は
いっさんに土のけむりと湯気をあげる
ぬれて
ぼうとして
 あゝもうもうと立つ湯気のなかに
 わたくしはひとり労働を忿る
 ……枯れた羊歯の葉、
   のばらの根
   こわれて散ったその塔を
   いまいそがしくめぐる蟻……
杉はカダチの流れを懸け
またほの白いしぶきを噴く

------------------------------------------------------------
(下書稿4推敲前)
------------------------------------------------------------

驟雨カダチはそゝぎ
耕起した藪は
いっさんに土のけむりや湯気をあげる
ぬれて
ぼうとして
ぎしぎし歯噛みしながら
なにを憎めばいゝか考へてゐる
 ……枯れた羊歯の葉
   菊芋の茎
   こはれて散った塔のまはりを
   いまいそがしく往来する蟻……
杉にそゝいで
カダチは白いしぶきをあげる

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

カダチはそゝぎ
開墾した藪は
土のけむりや湯気をあげる
 ……それにやくざな土のにほひだ……
ぬれてぼうとして
ぎしぎしおこる
おかしなことだ
杉にそゝいでは
カダチは白いしぶきをあげる
 ……枯れた羊歯の葉
   菊芋の茎
   壊れて散った塔のまはりを
   いまいそがしく往来する蟻……
杉には白いしぶきをあげる
あゝ愛情の図式を洗へ

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

雨はうつゝにそゝぎ
開墾した藪は
土のけむりと湯気とをあげて
 ……森の向ふの白びかり……
ぬれてぼうとして
ひとりぎしぎし歯噛みする
いったいこれがおれなのか
 ……枯れた羊歯の葉
   菊芋の茎
   壊れて散った塔のまはりを
   いまいそがしく往来する蟻……
杉には白いしぶきをあげる
この七月のひなかの雨
熱く切ないわたしから
あゝ愛情の図式を洗へ

------------------------------------------------------------
(下書稿2)
------------------------------------------------------------

七二八
     圃場
                     一九二六、七、一五、

開墾した土のなかにたち
うつつに雨を浴びながら
ひとりぎしぎし歯噛みする
いったいこれがおれなのか
   枯れた羊歯の葉
   芋の茎
   壊れて散ったその塔を
   いまいそがしく往来する蟻
杉には白いしぶきをあげる
この七月のひなかの雨よ
熱く切ないわたしから
あゝ 愛情の図式を洗へ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

七二八
     圃場
                     一九二六、七、一五、

黒く燃されて
開墾おこした土のなかに立ち
うつつに雨を浴びながら
ひとりぎしぎし歯噛みする
いったいこれがおれなのか
   枯れた羊歯の葉
   菊芋の茎
   壊れて散った塔のまはりを
   いまいそがしく往来する蟻
杉には白いしぶきをあげる
この七月のひなかの雨よ
熱く切ないわたしから
あゝ愛情の図式を洗へ

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

七二八
     圃場
                     一九二六、七、一五、

黒く燃されて
開墾おこした土のなかに立ち
うつつに雨を浴びてゐる
いったいこれがおれなのか
   枯れた羊歯の葉
   菊芋の青い茎
   壊れて散った塔のまはりを
   いまいそがしく往来する蟻
夏立の雨よ
まっすぐに降りそゝいで
おれの熱い髪毛を洗へ

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(085)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「〔われはダルケを名乗れるものと〕」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

    〔われはダルケを名乗れるものと〕

われはダルケを名乗れるものと
つめたく最后のわかれを交はし
閲覧室の三階より
白き砂をはるかにたどるこゝちにて
その地下室に下り来り
かたみに湯と水とを呑めり
そのとき瓦斯のマントルはやぶれ
焔は葱の華なせば
網膜半ば奪はれて
その洞黒く錯乱せりし
 
かくぞわれらはその文に
ダルケと名乗る哲人と
永久とはのわかれをなせるなり

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

われはダルケを名乗れるものと
つめたく最后のわかれを交はし
白き砂をはるかにはるかにたどれるなり
そはすなはち
図書館の三階より地下室に下り
湯と水とを呑めるといふことなり
そのとき瓦斯のマントルはやぶれ
焔は葱の華なせば
網膜半ば奪はれて
洞穴寒く黒く錯乱せりし
げにや最后のわかれをかはし
白き砂をはるかにはるかにたどれるなり

------------------------------------------------------------
(下書稿1「東京」ノート49〜50頁)
------------------------------------------------------------

われはダルゲを名乗れるものと
つめたく最后のわかれを交はし
白き砂をはるかにはるかにたどれるなり
その三階より灰いろなせる地下室に来て
われはしばらく湯と水とを呑めり
   (白き砂をはるかにはるかにたどれるなり)
そのとき瓦斯のマントルはやぶれ居て
焔は葱の華をなせるに
見つや網膜の半ば奪ひとられて
その床は黒く錯乱せりき
   (白き砂をはるかにはるかにたどれるなり)

--〔後記〕--------------------------------------------------

 5月末日が誕生日なので、もうすぐ67歳になります。ちょうど
運転免許更新の年で、普通に更新できるのもこれが最後になります。
5年後に生きているかどうかは微妙なんですが。

 私のクルマも今年で10年目。走行距離も短くてまだまだ元気な
ので、たぶん次に買い換えることはもうないと考えています。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--1005号---------- e-mail why@kenji.ne.jp-------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/