-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--宮沢賢治---Kenji-Review-----------------------------------
-----------------------------------第1003号--2018.05.12-----
--〔今週の内容〕--------------------------------------------

「春と修羅第三集(1)」「不軽菩薩」

-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
-〔話題〕---------------------------------------------------
「村娘」「春」「水汲み」
------------------------------------------------------------

 今回から「第三集」を掲載していきます。第三集は1926年の春に
農学校を退職してから、1928年に病気によって羅須地人協会の活動
が停止するまでの期間の詩を集めたものです。

 第二集までの詩が農学校在職中に書かれたものなので、賢治の立
場や生活はここで激変しています。

 詩風もずいぶん変った印象を受けるのですが今回掲載の1926年5
月の詩ではまだそれほどでもありません。

 4月には退職し、「自耕生活」に入っていたはずですが5月によ
うやく詩を書いていて、その5月の三篇はいずれも短いも木なので、
まとめて掲載しています。

 その中では「春」の

ぎちぎちと鳴る 汚い掌を、
おれはこれからもつことになる

 という詩句が印象的です。当然それまでは「汚い掌」ではなかっ
たでしょうし、全く違う生活に入る覚悟と恐れがうかがえるところ
です。

 また「水汲み」の詩では

   ……水を汲んで 砂へかけて……

 というリフレインが心に残ります。

 賢治自耕の畑は今は詩碑のある下根子の土地からは少し離れた、
北上川の自然堤防のようなところにありましたが、感慨施設の整
った田圃と違って、手作業で水を汲んでは畑に入れる必要があっ
たようです。

 羅須地人協会の活動はあったものの、農作業の方では苦労したよ
うですし、周囲の眼も決して暖かいものではなかったといいます。

 それでも、一応は希望にあふれた、新生活への出発です。

--〔BookMark〕----------------------------------------------

不軽ふぎょう菩薩について
http://www.jihonji.jp/oko191.html

--〔↓引用はじめ〕------------------------------------------

 本日は、不軽菩薩についてお話をさせて頂きます。

 仏の滅後の悪世に、正法を弘通する実践の在り方を示したのが、
常不軽品第二十に説かれる不軽菩薩の実践です。

 不軽菩薩は、釈尊の過去世の修行の姿で、「二十四文字の法華経」
を説き、一切衆生を礼拝し続けました。二十四文字の法華経とは、
法華経の経文上の文字が漢字で二十四文字あることから名づけられ
たもので、その内容は次の通りです。

 「我れは深く汝等を敬い、敢て軽慢せず。所以は何ん、汝等は皆
な菩薩の道を行じて、当に作仏することを得べし(私は深くあなた
たちを敬い、決して軽んじない。なぜかといえば、あなたたちは皆
菩薩の道を行じて成仏することができるからである)」

 ここには、万人の生命には仏性が内在しているゆえに、ありとあ
らゆる人の生命を敬うという法華経の思想が端的に示されています。

 この不軽菩薩は、釈尊が仏になる前に、「二十四文字の法華経」
を説きながら菩薩として修行していた時の話であります。それは、
不軽菩薩が人には誰にでも仏になれる性分が備わっていることを信
じ、常に他人を礼拝し敬っていたのであります。しかし、人々の中
には自分には仏様のような素晴らしい性分があるわけがないと思い
込み、不軽菩薩に対して石を投げたり、杖で打ったりする者があり
ました。

 それでも不軽菩薩は、人々を敬う礼拝行を繰り返したのでありま
す。結果的にはこのときに不軽菩薩を迫害した人々は一度は地獄に
堕ちたのでありますが、法華経を聞いたその縁によって成仏できた
という話であります。

 この説話からは、愚かな私たちにも仏様のような素晴らしい心が
備わっているということ。私たちは自分の考えが常に正しいと思い
込み、正しいものをなかなか正しいとみることができないというこ
と。そして他人を敬うということは自分自身をも大切に考えている
ということ。以上のことを私たちに語りかけています。

 これが、不軽菩薩の故事のあらましです。大変重要な意味を釈尊
は説かれていますが、不軽菩薩は法華経の中にあって、他の菩薩よ
りたいへん地味な存在として描かれております。

 たとえば、苦しみの衆生を救うために三十三の姿を示現する観音
菩薩、溢れるばかりの智慧を有する文殊師利菩薩、悪魔・魔民をこ
らしめ修行者を守護する普賢菩薩など、高貴な菩薩が次々登場する
法華経の中で不軽菩薩のイメージは決して華麗なものとは言えませ
ん。

 もろもろの神通力を所持しないばかりか、かえって人間的な苦悩
を感じさせる菩薩、それが不軽菩薩です。

 むしろ、今流の言葉でいえばマイナーな菩薩です。

 そのためか、鎌倉時代にあっても、観音や文殊などの諸菩薩がも
てはやされる中で、不軽は顧みられることの少なかった菩薩と言え
ます。

--〔↑引用おわり〕------------------------------------------

-〔春と修羅第三集(1)〕----------------------------------

「村娘」「春」「水汲み」

------------------------------------------------------------
■「村娘」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七〇六
     村娘
                     一九二六、五、二、

畑を過ぎる鳥の影
青々ひかる山の稜

雪菜の薹を手にくだき
ひばりと川を聴きながら
うつつにひととものがたる

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七〇六
     村娘
                     一九二六、五、二、

畑を過ぎる鳥の影
青々ひかる山の稜
雪菜の薹を手にくだき
ひばりと川を聴きながら
うつつにひととものがたる

------------------------------------------------------------
(下書稿1)
------------------------------------------------------------

七〇六
     (数文字不明)
                     一九二六、五、二、

(一行不明)
畑を過ぎる鳥の影
青(七字不明)
(一行不明)
雪(一字不明)の(一字不明)を手にくだき
耳には鳥と川を聴き
(一行アキ)
うつつにひとと物(一、二字不明)る

------------------------------------------------------------
■「春」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七〇九
     春
                     一九二六、五、二、

陽が照って鳥が啼き
あちこちの楢の林も、
けむるとき
ぎちぎちと鳴る 汚い掌を、
おれはこれからもつことになる

------------------------------------------------------------
(下書稿3(中断稿))
------------------------------------------------------------

野はらも山も日が照って
楢の林が藤いろをしてはるかに霞み
鳥も啼いたり飛んだりするとき
おれは壊れた椅子のやうに
ぎちぎちと鳴る汚い掌を

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七〇九
     春
                     一九二六、五、二、

陽が照って鳥が啼き
あちこちの楢の林もけむるとき
おれは
ひらかうとすると壊れた玩具の弾条ぜんまいのやうに
ぎちぎちと鳴る 汚い掌を
これから一生もつことになるのか

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲後)
------------------------------------------------------------

七〇九
     春
                     一九二六、五、二、

陽が照って
鳥が啼き
あちこちの、楢の木ばやしもけむるとき、
おれは、
ひらかうとすると
こはれたぜんまいのやうにぎちぎちと鳴るてのひら
これから一生、もつことになるのか

------------------------------------------------------------
(下書稿1推敲前)
------------------------------------------------------------

七〇九
     春
                     一九二六、五、二、

陽が照って
鳥が啼き
あちこちの、楢の木ばやしもけむるとき、
おれは、
ひらかうとすると
こはれたぜんまいのやうにぎちぎちと鳴るてのひら
これからおれはもつことになるのか

------------------------------------------------------------
■「水汲み」
------------------------------------------------------------
(本文=定稿)
------------------------------------------------------------

七一一
     水汲み
                     一九二六、五、一五、

ぎっしり生えたち萱の芽だ
紅くひかって
仲間同志に影をおとし
上をあるけば距離のしれない敷物のやうに
うるうるひろがるち萱の芽だ
   ……水を汲んで砂へかけて……
つめたい風の海蛇が
もう幾脈も幾脈も
野ばらの藪をすり抜けて
川をななめに遡って行く
   ……水を汲んで砂へかけて……
向ふ岸には
蒼い衣のヨハネが下りて
すぎなの胞子たねをあつめてゐる
   ……水を汲んで砂へかけて……
岸までくれば
またあたらしいサーペント
   ……水を汲んで水を汲んで……
遠くの雲が幾ローフかの
麺麭にかはって売られるころだ

------------------------------------------------------------
(下書稿4推敲後)
------------------------------------------------------------

七一一
     水汲み
                     一九二六、五、一五、

ぎっしり生えたち萱の芽だ
紅くひかって
仲間同志に影をおとし
上をあるけば距離のしれない敷物のやうに
うるうるひろがるち萱の芽だ
   ……水を汲んで砂へかけて……
つめたい風の海蛇が
もう幾脉も幾脉も
野ばらの藪をすり抜けて
川をななめに遡って行く
   ……水を汲んで 砂へかけて……
向ふ岸には
蒼い衣のヨハネが下りて
すぎなの胞子たねをあつめてゐる
   ……水を汲んで 砂へかけて……
岸まで来れば
またあたらしいサーペント
   ……水を汲んで 水を汲んで……
遠くの雲が幾ローフかの
麺麭にかはって売られるころだ

------------------------------------------------------------
(下書稿4推敲前)
------------------------------------------------------------

七一一
     水汲み
                     一九二六、五、一五、

ぎっしり生えたち萱の芽だ
赤くひかって
仲間同志に影をおとして
上をあるけば距離のしれない敷物のやうに
うるうるひろがるち萱の芽だ
   ……水を汲んで砂へかけて……
つめたい風の海蛇が
もう幾脉も幾脉も
野ばらの藪をすり抜けて
川をななめに遡って行く
   ……水を汲んで 砂へかけて……
向ふ岸には
蒼い衣のヨハネが下りて
すぎなの胞子たねをあつめてゐる
   ……水を汲んで 砂へかけて……
岸まで来れば
またあたらしいサーペント
   ……水を汲んで 水を汲んで……
遠くの雲が幾ローフかの
麺麭にかはって売られるころだ

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

七一一
     水汲み
                     一九二六、五、一五、

レーキを投げてねころぶと
ぎっしり生えた萱の芽だ
赤くひかって、
仲間同志に影をおとして
距離のしれない敷物のやうにいちめんひろがる萱の芽だ
   ……水を汲んで砂へかけて……
上をあるけば去年のかれはもがさがさ云ふ
起きれば川がぎらぎらひかる
つめたい風の海蛇が
もう幾脉も幾脉も
野ばらの藪をすり抜けて
川をななめに遡って行く
向ふ岸には
蒼い衣のヨハネが下りて
すぎなの胞子たねをあつめてゐる
   ……水を汲んで砂へかけて……
岸まで来ればまたあたらしいサーペント
   ……水を汲んで水を汲んで……

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

七一一
     小憩
                     一九二六、五、一五、

レーキを投げてねころべば
赤い萱芽が頭を刺すし
起きれば川がぎらぎらひかる
つめたい風の海蛇が
もう幾脉も幾脉も
野ばらの藪をすり抜けて
川をななめに遡ってゐるし
向ふ岸には
蒼い衣のヨハネが下りて
すぎなの胞子たねを喰べてゐる
あゝあ
またあたらしいサーペントだ

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

七一一
     (二字不明)
                     一九二六、五、一五、

レーキを投げてねころべば
紅い萱草がせなかを刺すし
起きれば川がぎらぎらひかる
つめたい風の海蛇が
もう幾脉も幾脉も
野ばらの藪をすり抜けて
川をななめに遡ってゐる
向ふ岸には
蒼い衣のヨハネが下りて
すぎなの胞子をたべてゐる
あああ
またあたらしいサーペント

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

七一一
     (二字不明)
                     一九二六、五、一五、

レーキを投げてねころべば
紅い萱草が(数文字不明)く
起きれば川がぎらぎらひかる
つめたい風の海蛇が
もう幾脉も幾脉も
野ばらの藪をすり抜けて
川をななめに遡って行けば
向ふ岸には
蒼い衣のヨハネが下りて
すぎなの胞子をたべてゐる
あああ
またあたらしいサーペント

------------------------------------------------------------
(下書稿1)
------------------------------------------------------------

七一一
     (二字不明)
                     一九二六、五、一五、

岸まで来たら
紅い萱草にからだを投げろ
そらは(数文字不明)
風がいく脉もいく脉も
すきとほった海蛇になって遡り
向ふ岸には
(数文字不明)ヨハネが下りて
すぎなの胞子をたべてゐる

またあたらしいサーペント
(数文字不明)か(数文字不明)

------------------------------------------------------------
-〔文語詩稿未定稿(083)〕----------------------------------
------------------------------------------------------------
■「不軽菩薩」
------------------------------------------------------------
(本文=下書稿3推敲後)
------------------------------------------------------------

     不軽菩薩

あらめの衣身にまとひ
城より城をへめぐりつ
上慢四衆の人ごとに
菩薩は礼をなしたまふ

 (われは不軽ぞかれは慢
  こは無明なりしかもあれ
  いましも展く法性と
  菩薩は礼をなし給ふ)

われ汝等を尊敬す
敢て軽賤なさざるは
汝等作仏せん故と
菩薩は礼をなし給ふ

この無智の比丘いづちより
来りてわれを軽しむや

もとよりわれは作仏せん
凡愚の輩をおしなべて
われに授記する非礼さよ
あるは怒りてむちうちぬ

------------------------------------------------------------
(下書稿3推敲前)
------------------------------------------------------------

     不軽菩薩

あらめの衣身にまとひ
城より城をへめぐりつ
上慢四衆の人ごとに
菩薩は礼をなしたまふ

 (われは不軽ぞかれは慢
  こは無明なりしかもあれ
  いましも展く法性と
  菩薩は礼をなし給ふ)

われ汝等を尊敬す
敢て軽賤なさざるは
汝等作仏せん故と
菩薩は礼をなし給ふ

この無智の比丘いづちより
来りてわれを軽しむや

もとよりわれは作仏せん
凡愚の輩をおしなべて
われに授記する非礼さよ
あるは怒りてむちうちぬ

 (こゝにわれなくかれもなし
  たゞ一乗の法界ぞ
  法界をこそ拝すれと
  菩薩は礼をなし給ふ)

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲後)
------------------------------------------------------------

かれは上慢われは信
これぞ無明をさながらに
さながら転ず法性と
菩薩は礼をなしたまふ

------------------------------------------------------------
(下書稿2推敲前)
------------------------------------------------------------

かれは上慢われは信
これ(二字不明)の無明なり
すなはちこれを帰命すと
菩薩は礼をなしたまふ

------------------------------------------------------------
(下書稿1A「雨ニモマケズ手帳」121〜134頁)
------------------------------------------------------------

あるひは瓦石さてはまた
刀杖もって追れども
見よその四衆に具はれる
仏性なべて拝をなす

------------------------------------------------------------
(下書稿1B「雨ニモマケズ手帳」121〜134頁)
------------------------------------------------------------

     不軽菩薩

菩薩四の衆を礼すれば
衆はいかりて罵るや
この無智の比丘いづちより
来りてわれを例するや

我にもあらず衆ならず
法界にこそ立ちまして
たゞ法界ぞ法界を
礼すと拝をなし給ふ

------------------------------------------------------------

※上記(1Aと1B)は手帳では一連の詩句となっているが、「不
軽菩薩」の文字だけが頁いっぱいに記してある。あるいは題名かと
して、題名以前をA、以降をBとした。

--〔後記〕--------------------------------------------------

 連休も終り、普段の生活が戻ってきたころですね。

 私の方は体調は相変わらず芳しくありませんが、来週には下の孫
娘が三歳の誕生日を迎えるので、それが楽しみといったところです。

------------------------------------------------------------
-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/
--通巻--1003号---------- e-mail why@kenji.ne.jp-------------
--発行--渡辺--宏------- URL http://why.kenji.ne.jp/
------------------------------------------------------------
 購読者数970名です。ご購読ありがとうございます。
------------------------------------------------------------
私あてのメールのあて先は、
why@kenji.ne.jp
私のホームページ(宮沢賢治童話館、全詩篇など)は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
バックナンバーもすべて、このページで読めます。
【まぐまぐ】
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん「まぐまぐ」を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ )
マガジンIDは10987です。
このメールマガジンの登録や解除は
http://why.kenji.ne.jp/ です。
=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=-=/=--=/=-=/=-=/