目次へ  縦書き

タネリはたしかにいちにち噛んでいたやうだった

 ホロタイタネリは、小屋こや出口でぐちで、でまかせのうたをうたひながら、なにこまかくむしったものを、ばたばたばたばた、ぼうたたいてりました。

やまのうへから、あを藤蔓ふぢつるとってきた
  …西風にしかぜゴスケに北風きたかぜカスケ…
 がけのうへから、あか藤蔓ふぢつるとってきた
  …西風にしかぜゴスケに北風きたかぜカスケ…
 もりのなかから、しろ藤蔓ふぢつるとってきた
  …西風にしかぜゴスケに北風きたかぜカスケ…
 ほらのなかから、くろ藤蔓ふぢつるとってきた
  …西風にしかぜゴスケに北風きたかぜカスケ…
 やまのうへから、…」タネリがたたいてゐるものは、冬中ふゆぢゆうかかってこほらして、こまかくいた藤蔓ふぢつるでした。

やまのうへから、あをいけむりがふきだした
  …西風にしかぜゴスケに北風きたかぜカスケ…
 がけのうへから、あかいけむりがふきだした
  …西風にしかぜゴスケに北風きたかぜカスケ…
 もりのなかから、しろいけむりがふきだした
  …西風にしかぜゴスケに北風きたかぜカスケ…
 ほらのなかから、くろいけむりがふきだした
  …西風にしかぜゴスケに北風きたかぜカスケ…

 ところがタネリは、もうやめてしまひました。むかふのはらやおかが、あんまり立派りつぱあかるくて、それにかげらふが、「さあかう、さあかう。」といふやうに、そこらいちめん、ゆらゆらのぼってゐるのです。

 タネリはたうたう、たたいたつる一束ひとたばもって、くちでもにちゃにちゃみながら、そっちのはうびだしました。

もりへは、はいってくんでないぞ。ながねの下で、白樺しらかばかはいでよ。」うちのなかから、ホロタイタネリのおつかさんが云ひました。

 タネリは、そのときはもう、子鹿こじかのやうにはしりはじめてゐましたので、返事ヘンするもありませんでした。

 れたくさは、いろにあかるくひろがって、どこもかしこも、ごろごろころがってみたいくらゐ、そのはてでは、あをぞらが、つめたくつるつるひかってゐます。タネリは、まるで、はやってそのあをぞらをすこし喰べるのだといふふうにはしりました。

 タネリの小屋こやが、うさぎぐらゐにえるころ、タネリはやっとはしるのをやめて、ふざけたやうに、くちおほきくあきながら、あたまをがたがたふりました。それからおもしたやうに、あの藤蔓ふぢつるを、また五六ぺんにちゃにちゃみました。そのあしもとに、去年きよねんれたかやが、三ぼんたをれて、しろくひかってりました。タネリは、もがもがつぶやきました。

「こいつらが
 ざわざわざわざわったのは、
 ちゃうど昨日きのふのことだった。
 なにして昨日きのふのことだった。?
 ゆき勘定かんぢやうしなければ、
 ちゃうど昨日きのふのことだった。」ほんたうに、そのゆきは、まだあちこちのわづかなくぼみや、むかふのおか四本しほんかしはしたで、まだらになってのこってゐます。タネリは、おほきくいきをつきながら、まばゆいあたまのうへをました。そこには、ちいさなすきとほる渦巻うづまきのやうなものが、ついついと、のぼったりおりたりしてゐるのでした。タネリは、またくちのなかで、きうくつさうにひました。

ゆきのかはりに、これからあめが降るもんだから、
 さうら、あんなに、あめたまごができてゐる。」

 そのなめらかなあをぞらには、まだなにか、ちらちらちらちら、あみになったりもんになったり、ゆれてるものがありました。タネリは、やわらかにんだ藤蔓ふぢつるを、いきなりぷっといてしまって、こんどはちからいっぱいさけびました。

「ほう、太陽てんたうの、きものをそらでんでるぞ
 いや、太陽てんたうの、きものをんでゐるだけでない。
 そんなら西にしのゴスケかぜだか?
 いいや、西風にしかぜゴスケでない
 そんならホースケ、すがるだか?
 うんにゃ、ホースケ、すがるでない
 そんなら、トースケ、ひばりだか?
 うんにゃ、トースケ、ひばりでない。」タネリは、わからなくなってしまひました。そこで仕方しかたなく、くびをまげたまま、また藤蔓ふぢつるを一つまみとって、にちゃにちゃみはじめながら、かれくさをあるいて行きました。むかふにはさっきの、四ほんかしはってゐてつめたいかぜふききますと、去年きよねんあかれたは、一度いちどにざらざらりました。タネリはおもはず、やっとやはらかになりかけた藤蔓ふぢつるを、そこらへふっといてしまって、その西風にしかぜのゴスケといっしょに、おほきなこゑひました。

「おい、かしは、おいらおまへとあそびにたよ。あそんでおくれ。」このときかぜってしまひましたので、かしはは、もうこそっともはなくなりました。

「まだてるのか、かしはあそびにたからきてくれ。」

 かしはが四ほんとも、やっぱりだまってゐましたので、タネリは、おこってひました。

ゆきのないとき、ねてゐると、
 西風にしかぜゴスケがゆすぶるぞ
 ホースケすがるふぞ
 トースケひばりがくそひるぞ。」それでもかしはは四ほんとも、やっぱりおとをたてませんでした。タネリは、こっそり爪立つまだてをして、その一ぽんのそばへすすんで、みみをぴったりちやいろなみきにあてがって、なかのようすをうかがひました。けれども、なかはしんとして、まだもうごきはじめるもやうがありませんでした。

たしるしだけつけてくよ。」タネリは、さびしさうにひとりでつぶやきながら、そこらのれた草穂くさぼをつかんで、あちこちに四つ、むすをこしらえて、やっと安心あんしんしたやうに、またふぢつるをすこしくちれてあるきだしました。

 おかのうしろは、ちいさな湿地しつちになってゐました。そこではまっくろなどろが、あたたかにはる湯気ゆげき、そのあちこちにはあをじろいみづばせう、ベゴしたはなが、ぼんやりならんでいてゐました。タネリはおもはず、また藤蔓ふぢつるいてしまって、いきほひよく湿地しつちのへりをひくはうへつたはりながら、そのベゴしたはなに、ひとつずつしたして挨拶あいさつしてあるきました。そらはいよいよあをくひかって、そこらはしぃんとるばかり、タネリはたうたう、たまらなくなって、「おーい、たれたかあ。」とさけびました。するとはなれつのうしろから、一ぴきのちやいろのひきがへるが、のそのそってでてきました。タネリは、ぎくっとしてちどまってしまひました。それはひきがへるの、いながらかんがへてゐることが、まるでとほくでかぜでもつぶやくやうに、タネリのみみにきこえてきたのです。

 (どうだい、おれのあたまのうへは。
  いつから、こんな、
  ぺらぺらあかになったらう。)

「火なんか燃えてない。」タネリはこわごわ云ひました。ひきがへるは、やっぱりのそのそいながら、

 (そこらはみんな、ももいろをした木耳きくらげだ。
  ぜんたい、いつから、
  こんなにぺらぺらしだしたのだらう。)といってゐます。タネリは、にはかにこわくなって、いちもくさんにしました。

 しばらくはしって、やっとがついてとまってみると、すぐまへに、四ほんくりってゐて、その一ぽんこずゑには、黄金キンいろをした、やどり木の立派りつぱなまりがついてゐました。タネリは、やどりなにはうとしましたが、あんまりはしって、むねがどかどかふいごのやうで、どうしてもものがへませんでした。はやいきをみんないてしまはうとおもって、あをぞらへたかく、ほうとさけんでも、まだなほりませんでした。藤蔓ふぢつるひとつまみんでみても、まだなほりませんでした。そこでこんどはふっとしてみましたら、やうやくさけべるやうになりました。

くり んだ、なにしてんだ、
 どもにあたまをはれてんだ。」するとうへはうで、やどりぎが、ちらっとわらったやうでした。タネリは、面白おもしろがってふしをつけてまたさけびました。

くりって くりんで
 かけすがって どもがんで
 夜鷹よだかって  かけすがんで
 たかたかくへんでった。」やどりぎが、うへでべそをかいたやうなので、タネリはたかわらひました。けれども、そのわらごゑが、つぶれたやうに丘へひびいて、それからとほくへえたとき、タネリは、しょんぼりしてしまひました。そしてさびしさうに、またふぢつるを一つまみとって、にちゃにちゃとみはじめました。

 そのときむかふのおかうへを、一ぴきおほきなしろとりが、さへぎってびたちました。はねのうらはももいろにぎらぎらひかり、まるでとりおうさまとでもいふふう、タネリのむねは、まるで、さけでいっぱいのやうになりました。タネリは、いまんだばかりの藤蔓ふぢつるいきほひよくくさいてたかさけびました。

「おまえはときといふとりかい。」

 とりは、あたりまえさといふやうに、ゆっくりおかむかふへんで、まもなくえなくなりました。タネリは、まっしぐらにおかをかけのぼって、えなくなったとりひかけました。おか頂上てうじやうますと、とりは、したちいさな谷間たにまの、れたあしのなかへ、いまむところです。タネリは、北風きたかぜカスケよりはやく、おかりて、そのいろなあしむらのまわりを、ぐるぐるまわりながらさけびました。

「おゝい、とき
 おいらはひとりなんだから、
 おまへはおいらとあそんでおくれ、
 おいらはひとりなんだから。」とりは、ついておいでといふやうに、あしのなかからびだして、みなみあをいそらのいたに、られたのやうにかけあがりました。タネリは、あを影法師かげぼうしといっしょに、ふらふらそれをひました。かたくりのはなは、そのあしもとで、たびたびゆらゆらえましたし、そらはぐらぐらゆれました。とりにわかにほねをすぼめて、いしころみたいに、枯草かれくさなかちては、またまっすぐにびあがります。タネリも、つまづいてたをれてはまたきあがってひかけました。とりははるかの西にしれて、あをじろくひかりながらんできます。タネリは、ひとつのおかをかけあがって、ころぶやうにまたかけりました。そこは、ゆるやかな野原のはらになってゐて、むかふは、ひどくくらおほきな木立こだちでした。とりは、まっすぐにそのもりなかみました。タネリは、むねおさへて、ちどまってしまひました。むかふの木立こだちが、あんまりくらくて、それになにかわからないのです。ひばよりもくらく、かやよりももっと陰気いんき で、なかには、どんなものがかくれてゐるかれませんでした。それに、なにかきたいな怒鳴どなりやさけびが、なかからきこえてるのです。タネリは、いつでもげられるやうに、半分はんぶんうしろをいて、片足かたあししながら、こわごわそっちへさけんでました。

ときとき、おいらとあそんでおくれ。」

「えい、うるさい、すきなくらゐそこらであそんでけ。」たしかにさっきのとりでないちがったものが、そんな工合ぐあひにへんじしたのでした。

ときとき、だからてきておくれ。」

「えい、うるさいったら。ひとりでそこらであそんでけ。」

ときとき、おいらはもうくよ。」

くのかい。さよなら、えい、畜生ちくしやう、その骨汁ほねじるは、空虚からだったのか。」

 タネリは、ほんたうにさびしくなって、またふぢつるひとつまみ、みながら、もいちどもりましたら、いつのにかもりまへに、かほおほきな犬神いぬがみみたいなものが、かたぽうをふところにれて、山梨やまなしのやうなあかをきょろきょろさせながら、じっとってゐるのでした。タネリは、まるでちいさくなって、一目いちもくさんにげだしました。そしていなづまのやうにつゞけざまにとかを四つえました。そこに四ほんくりって、その一ぽんこずゑには、立派りつぱなやどりぎのまりがついてゐました。それはさっきのやどりぎでした。いかにもタネリをばかにしたやうに、うへできらきらひかってゐます。タネリは工合ぐあひのわるいのをごまかして、「くりきろ。」とひながら、うちのはうへあるきだしました。はもう、よっぽど西にしにかたよって、おかには陰影かげもできました。かたくりのはなはゆらゆらとえ、そのうへには、いろいろなくろいもやうが、つぎからつぎと、てきてはえ、でてきてはえしてゐます。タネリはひくよみみました。

太陽てんたうは、
 おか髪毛かみけむかふのはうへ、
 かくれてってまたのぼる。
 そしてかくれてまたのぼる。」タネリは、つかれって、まっすぐにじぶんのうちへもどってました。

白樺しらかばかわがしてたか。」タネリがうちにいたとき、タネリのおつかさんが、小屋こやまへで、こならのきながらひました。

「うんにゃ。」タネリは、くびをちぢめてこたへました。

藤蔓ふぢつるみんなじってたか。」

「うんにゃ、どこかへくしてしまったよ。」タネリがぼんやりこたへました。

仕事しごと藤蔓ふぢつるみに行って、くしてくるものあるんだか。今年ことしはおいら、おまへのきものは、ひとつもんでやらないぞ。」おつかさんがすこおこってひました。

「うん。けれどもおいら、一日いちにちんでゐたやうだったよ。」

 タネリが、ぼんやりまたひました。

「さうか。そんだらいい。」おつかさんは、タネリの顔付 かほつきをて、安心あんしんしたやうに、またこ ならのきはじめました。