目次へ  縦書き

さいかち淵

      八月十三日

 さいかちぶちなら、ほんたうにおもしろい。

 しゅっこだって毎日まいにちく。しゅっこは、舜一しゆんいちなんだけれども、みんなはいつでもしゅっこといふ。さういはれても、しゅっこはすこしもおこらない。だからみんなは、いつでもしゅっこしゅっこといふ。ぼくは、しゅっことは、いちばんなかがいゝ。きょうもいっしょに、かけてった。

 ぼくらが、さいかちぶちおよいでゐると、発破はつぱをかけに、大人おとなるからおもしろい。今日けふのひるまもやってた。

 石神いしがみ庄助しやうすけがさきにって、そのあとから、練瓦場れんぐわばひとたちが三に んばかり、はだぬぎになったり、あみったりして、河原かはらのねむののとこを、こっちへるから、ぼくは、きっと発破はつぱだとおもった。しゅっこも、おほきなしろいしをもって、ふちうへのさいかちのにのぼってゐたが、それをると、すぐに、いしふちおとしてさけんだ。

「おゝ、発破はつぱだぞ。らないふりしてろ。いしとりやめて、はやくみんな、下流しもへさがれ。」そこでみんなは、なるべくそっちをないやうにしながら、いっしょに下流しもはうおよいだ。しゅっこは、うへひたひにあてて、もう一よくきわめてから、どぶんとさかさまにふちびこんだ。それからみづくぐって、一ぺんにみんなへひついた。

 ぼくらは、ふち下流しもの、になったところにった。

らないふりしてあそんでろ。みんな。」しゅっこがった。ぼくらは、砥石といしをひろったり、せきれいをったりして、発破はつぱのことなぞ、すこしもがつかないふりをしてゐた。

 むかふのふちきしでは、庄助しやうすけが、しばらくあちこちまはしてから、いきなりあぐらをかいて、砂利じやりうへすはってしまった。それからゆっくり、こしからたばこれをとって、きせるをくわいて、ぱくぱくけむりをふきだした。奇体きたいだとおもってゐたら、またはらかけから、なにした。「発破はつぱだぞ、発破はつぱだぞ。」とペきちやみんなさけんだ。しゅっこは、をふってそれをとめた。庄助しやうすけは、きせるのを、しづかにそれへうつした。うしろに一人ひとりは、すぐみづはいって、あみをかまへた。庄助しやうすけは、まるで電車でんしや運転うんてんするときのやうにちついて、ってひとあしみづにはいると、すぐそのったものを、さいかちのしたのところへげこんだ。するとまもなく、ぼぉといふやうなひどいおとがして、みづはむくっとりあがり、それからしばらく、そこらあたりがきぃんとった。練瓦場れんぐわばひとたちは、みんなみづはいった。

「さあ、ながれてるぞ。みんなとれ。」としゅっこがった。まもなく、小指こゆびぐらゐの茶いろなかじかが、よこきになってながれてたので、らうとしたら、うしろのはうで三郎さぶらうが、まるでうりをすするときのやうな声を出した。六すんぐらゐあるふなをとって、かほをまっ赤にしてよろこんでゐたのだった。「だまってろ、だまってろ。」しゅっこがった。

 そのとき、むかふのしろ河原かはらを、はだぬぎになったり、シャツだけたりした大人おとなどもらが、たくさんかけてた。そのうしろからは、ちゃうど活動写真くわつどうしやしんのやうに、一人ひとりあみシャツをひとが、はだかうまって、まっしぐらにはしってた。みんな発破はつぱおといて、たのだ。

 庄助しやうすけは、しばらくうでんで、みんなのとるのをてゐたが、「さっぱりなぃな。」とった。けれども、あんなにとれたらたくさんだ。練瓦場れんぐわばひとたちなんか、三十ぴきぐらゐもとったんだから。ぼくらも、一ぴきか二ひきならたれだってひろった。庄助しやうすけは、だまって、また上流かみあるきだした。練瓦場れんぐわばひとたちもついてった。あみシャツのひとは、うまって、またかけてったし、どもらは、ぼくらの仲間なかまにはいらうと、きしすわってってゐた。

発破はつぱかけだら、雑魚ざこかせ。」三郎さぶらうが、河原かはらすなっぱのうへで、ぴょんぴょんはねながら、たかさけんだ。

 ぼくらは、とったさかなを、いしかこんで、ちいさな生洲いけすをこしらえて、かへっても、もうげてかないやうにして、またいしりをはじめた。ほんたうにあつくなって、ねむのもぐったりえたし、そらもまるで、そこなしのふちのやうになった。

 そのころたれかが、
「あ、生洲いけす打壊ぶつこわすとこだぞ。」とさけんだ。ると、一人ひとりへんはなとがった、洋服やうふくてわらじをはいたひとが、鉄砲てつぱうでもないやりでもない、おかしなひかながいものを、せなかにしょって、にはステッキみたいな鉄槌かなづちをもって、ぼくらのさかなを、ぐちゃぐちゃきまはしてゐるのだ。みんなおこって、なにはうとしてゐるうちに、そのひとは、びちゃびちゃきしをあるいてって、それからふちのすぐ上流かみ浅瀬あさせをこっちへわたらうとした。ぼくらはみんな、さいかちのにのぼっててゐた。ところがそのひとは、すぐにかはをわたるでもなく、いかにもわらじや脚絆きやはんきたなくなったのを、そのまゝ洗ふといふふうに、もうなんべんもったりたりするもんだから、ぼくらはいよいよ、気持きもちがわるくなってきた。そこで、たうたう、しゅっこがった。

「お、おれさきさけぶから、みんなあとから、一二三でさけぶこだ。いゝか。

 あんまりかはにごすなよ、
 いつでも先生せんせふでなぃか。一、二ぃ、三。」

「あんまりかはにごすなよ、
 いつでも先生せんせふでなぃか。」そのひとは、びっくりしてこっちをたけれども、なにったのか、よくわからないといふやうすだった。そこでぼくらはまたった。

「あんまりかはにごすなよ、
 いつでも先生せんせふでなぃか。」はなとがったひとは、すぱすぱと、煙草たばこふときのやうなくちつきでった。

「このみづむのか、ここらでは。」

「あんまりかはをにごすなよ、
 いつでも先生せんせふでなぃか。」はなとがったひとは、すここまったやうにして、またった。

かはをあるいてわるいのか。」

「あんまりかはをにごすなよ、
 いつでも先生せんせふでなぃか。」そのひとは、あわてたのをごまかすやうに、わざとゆっくり、かはをわたって、それから、アルプスの探検かんけんみたいな姿勢しせいをとりながら、あを粘土ねんどあか砂利じやりがけをななめにのぼって、せなかにしょったながいものをぴかぴかさせながら、うへ豆畠まめばたけへはいってしまった。ぼくらもなんだかどくなやうな、おかしながらんとした気持きもちになった。そこで、一ずつからはねりて、河原かはらおよぎついて、さかな手拭てぬぐひにつつんだり、にもったりして、うちかへった。

      八月十四日

 しゅっこは、今日けふは、どくもみの丹礬たんばんをもってた。あのトラホームののふちをこすあをいしだ。あれを五かけ、かみつつんでってて、ぼくをさそった。巡査じゆんさおさへられるよとったら、からながれてたとへばいゝとった。けれどもどくもみは卑怯ひきやうだから、ぼくはいやだとこたへたら、しゅっこはすこかほいろをへて、卑怯ひきやうでないよ、みみずなんかで、だましてるよりいゝとって、あとはあんまり、ぼくとはくちかなかった。そのかはりしゅっこは、そこらぢゆうを、一けんごとにさそってあるいて、いゝことをしてせるからあつまれとって、ま るでちいさなこどもらまで、たくさんあつめた。

 ぼくらは、せみあめのやうにいてゐるいつもの松林まつばやしとほって、それから、まつりのときの瓦斯ガスのやうなにほひのむっとする、ねむの河原かはらいそいでけて、いつものさいかちぶちった。今日けふなら、もうほんたうに立派りつぱくもみねが、ひがしでむくむくりあがり、みみづくのあたまかたちをした鳥ヶ森てふがもりも、ぎらぎらあをひかってえた。しゅっこが、あんまりいそいでくもんだから、ちいさなどもらは、ひつくために、まるで半分はんぶんけた。みんないそいで着物きものをぬいで、ふちきしつと、しゅっこがった。

「ちゃんと一れつにならべ。いゝか。さかないてたら、およいでってとれ。とったくらゐるぞ。いいか。」ちいさなこどもらは、よろこんでかほあかくして、しあったりしながら、ぞろっとふちかこんだ。ペきちだの三四人よにんは、もうおよいで、さいかちのしたまでってってゐた。

 しゅっこが、大威張おほいばりりで、あのあをいたんぱんを、ふちなかんだ。それから、みんなしぃんとして、みづをみつめてってゐた。ぼくは、からだが上流かみはううごいてゐるやうな気持きもちになるのがいやなので、みづないで、むかふのくもみねうへとほくろとりてゐた。ところがそれからよほどたっても、さかないてなかった。しゅっこはたいへんまじめなかほで、きちんとってみづてゐた。昨日きのふ発破はつぱをかけたときなら、もう十ぴきもとってゐたんだと、ぼくはおもった。またずゐぶんしばらくみんなしぃんとしてった。けれどもやっぱり、さかなは一ぴきもいてなかった。

「さっぱりさかなうかばなぃよ。」三らふさけんだ。しゅっこはびくっとしたけれども、また一しんにみづてゐた。

さかなさっぱりうかばなぃよ。」ペきちが、またむかふのしたった。するともうどもらは、がやがやして、みんなみづんでしまった。

 しゅっこは、しばらくきまりわるさうに、しゃがんでみづてゐたけれど、たうたうって、
おにっこしないか。」とった。「する、する。」みんなはさけんで、じゃんけんをするために、みづなかからした。およいでゐたものは、いそいでせいのつところまでってした。しゅっこが、ぼくにもはいらないかとったから、もちろんぼくは、はじめからおこってゐたのでもないし、すぐした。しゅっこは、はじめに、昨日きのふあのへんはなとがったひとのぼってったがけしたの、あをいぬるぬるした粘土ねんどのところをっこにきめた。そこにりついてゐれば、おにおさへることができない。それから、はさみしの一人ひとりまけかちで、じゃんけんをした。ところが、悦治えつじはひとりはさみをしたので、みんなにうんとはやされたほかにおにになった。悦治えつじは、くちびるむらさきいろにして、河原かはらはしって、喜作きさくおさへたもんだから、おには二になった。それからぼくらは、すなっぱのうへふちを、あっちへったり、こっちへたり、おさへたりおさへられたり、なんべんもおにっこをした。

 しまひにたうたう、しゅっこ一人ひとりおにになった。しゅっこはまもなく吉郎きちらうをつかまへた。ぼくらはみんな、さいかちのしたてそれをてゐた。するとしゅっこが、吉郎きちらうおまい上流かみからってい、へ、へ、とひながら、じぶんはだまってっててゐた。吉郎きちらうは、くちをあいてをひろげて、上流かみから粘土ねんどうへってた。みんなはふち仕度したくをした。ぼくはやなぎにのぼった。そのとき吉郎きちらうが、たぶんあの上流かみ粘土ねんどが、あしについてたためだったらう、みんなのまへですべってころんでしまった。みんなは、わあわあさけんで、吉郎きちらうをはねこえたり、みづはいったりして、上流かみあを粘土ねんどあがってしまった。

「しゅっこ、。」三郎さぶらうって、くちおほきくあいて、をひろげて、しゅっこをばかにした。するとしゅっこは、さっきからよっぽどおこってゐたとえて、「やうし、てろ。」とひながら、本気ほんきになって、ざぶんとみづんで、一しやうけんめい、そっちのはうおよいでった。どもらは、すっかりこわがってしまった。だい一、その粘土ねんどのところはせまくて、みんながはいれなかったし、それにたいへんつるつるすべる傾斜けいしやになってゐたものだから、したはうの四五にんなどはうへひとにつかまるやうにして、やっとかはへすべりちるのをふせいでゐた。三郎さぶらうだけが、いちばんうへいて、さあ、みんな、とかなんとか相談さうだんらしいことをはじめた。みんなもそこで、あたまをあつめていてゐる。しゅっこは、ぼちゃぼちゃ、もうちかくまでってゐた。みんなは、ひそひそはなしてゐる。するとしゅっこは、いきなり両手りやうてで、みんなへみづをかけした。みんながばたばたふせいでゐたら、だんだん粘土ねんどがすべってて、なんだかすかうししたへずれたやうになった。しゅっこはよろこんで、いよいよみづをはねとばした。するとみんなは、ぼちゃんぼちゃんと一みづにすべってちた。しゅっこは、それをかたっぱしからつかまへた。三郎さぶらうひとり、うへをまはっておよいでげたら、しゅっこはすぐにいて、おさへたほかに、うでをつかんで、四五へんぐるぐるっぱりまはした。三らうは、みづんだとえて、きりをふいて、ごほごほむせて、くやうにしながら、
「おいらもうやめた。こんなおにっこもうしない。」とった。どもらはみんな砂利じやりあがってしまった。三郎さぶらうもあがった。しゅっこは、そっと、あのあをいしげたところをのぞきながら、さいかちのしたってゐた。

 ところが、そのときはもう、そらがいっぱいのくろくもで、やなぎへんしろっぽくなり、せみががあがあいてゐて、そこらはなんともはれない、おそろしい景色けしきにかはってゐた。

 そのうちに、いきなりはやしうへのあたりで、かみなりした。とおもふと、まるでやまつなみのやうなおとがして、一ぺんに夕立ゆふだちがやってた。かぜまでひゅうひゅうきだした。ふちみづには、おほきなぶちぶちがたくさんできて、みづだかいしだかわからなくなってしまった。河原かはらにあがったどもらは、着物きものをかかへて、みんなねむのしたげこんだ。ぼくもからおりて、しゅっこといっしょに、むかふの河原かはらおよぎだした。そのとき、あのねむのはうかどこか、はげしいあめのなかから、
あめはざあざあ ざっこざっこ、
 かぜはしゅうしゅう しゅっこしゅっこ。」といふやうにさけんだものがあった。しゅっこは、およぎながら、まるであわてて、なにかにあしをひっぱられるやうにしてげた。ぼくもじっさいこわかった。やうやく、みんなのゐるねむのはやしについたとき、しゅっこはがたがたふるえながら、
「いまさけんだのはおまへらだか。」ときいた。

「そでない、そでない。」みんなは一しょにさけんだ。ペきちがまた一人ひとりて、「そでない。」とった。しゅっこは、気味きみわるさうにかはのはうをた。けれどもぼくは、みんながさけんだのだとおもふ。