目次へ  縦書き

イーハトーボ農学校の春

 太陽たいやうマヂックのうたはもうあをぞらいっぱい、ひっきりなしにごう ごうごうごうってゐます。

※譜面
   コロナはしちじふまんにひゃく
※譜面

 わたしたちはいろの実習服じつしふふくて、くづれかかった練瓦れんぐわ肥溜こえだめ のとこへあつまりました。

 冬中ふゆぢふいつもくちびるあをざめて、がたがたふるえてゐた阿部あべ時夫ときをなど が、今日けふはまるでいきいきしたかほいろになってにかにかにかにかわら ってゐます。ほんたうに阿部あべ時夫ときをなら、ふゆあひだからだがわるかったの ではなくて、シャツを一まいしかもってゐなかったのです。それにせ いがたかいので、教室きやうしつでもいちばんとをいこわれたのすきまから かぜのひうひうはいって北東きたひがしすみだったのです。

 けれども今日けふは、こんなにそらがまっさをで、てゐるとまるでわ くわくするやう、かれくさもくわばやしのいろのあしもまばゆいくら ゐです。おまけに堆肥たいひ小屋ごやうらふたきれのくも立派りつぱに光ってゐます し、それにちかくのそらではひばりがまるで砂糖水さとうみづのやうにふるえて、 すきとほった空気くうきいっぱいやってゐるのです。もうだれだって胸中むねぢうか らもくもくいてくるうれしさにわらさないでゐられるでせうか。 さうでなければ無理むりくちよこおほきくしたり、わざとひたひをしかめた りしてそれをごまかしてゐるのです。

 (コロナは六十三万二百
※譜面
※譜面
 あゝきれいだ、まるでまっ花火はなびのやうだよ。)

 それはリシウムの紅焔こうえんでせう。ほんたうに光炎くわうえん菩薩ぼさつ太陽たいやうマヂック のうたはそらにも地面ちめんにもちからいっぱい、日光につくわうちいさなちいさなすみれだいだいあかなみといっしょに一生いつしやうけんめいってゐます。カイロ男爵だんしやく だってはや上等じやうとうきぬのフロックをあかるいとこへびだすがいい でせう。

 やなぎなかでもかばでも、またかれくさの地下茎ちかけいでも、月光げつくわうい ろのあま樹液じゆえきがちらちらゆれだし、はや萓草くわんざうやつめくさのにはも う黄金きんいろのちいさな澱粉でんぷんつぶがつうつういたりしづんだりしてゐます。

※譜面
 コロナは三十七万十九
※譜面
※譜面

 くづれかかった練瓦れんぐわ肥溜こへだめなかにはビールのやうにあはがもりあが ってゐます。さあ順番じゆんばんをけまう。そこらいっぱいこんなに ひどくあかるくて、ラヂウムよりももっとはげしく、そしてやさしい ひかりなみが一しょうけんめいしょうけんめいふるえてゐるのに、いったいどんな ものがきたなくてどんなものがわるいのでせうか。もうどんどんあは があふれしてもいゝのです。あをぞらいっぱいってゐるあのりん とした太陽たいやうマヂックのうたをおきなさい。

 (コロナは六十七万四千
※譜面
※譜面

 さあ、ではみんなでこいつを下台しただいむぎばたけまでってかう、 こっちのがけはあんまりきうですからやっぱり女学校ぢよがくこううらをまはってやなぎのあるとこのさかをおりてきませう。大丈夫だいじやうぶ二十ぶんかかりませ ん。なるべくせいのたやうなひとと、二人ふたりひとつづつかついで下さ い。さうです、まちうらとほってくのです。阿部あべくんはいっしょに くひとがない、それはぼくといっしょにかう。あゝってゐる、 ってゐる、そこらいちめんってゐる太陽たいやうマヂックのうたをごらん なさい。

※譜面
※譜面
  コロナは八十三万五百
※譜面
※譜面

 まぶしいやまゆき反射はんしやです。わたくしがはたらきながら、またおも いものをはこびながら、みずをすくふこともかんがへることのできな いときは、そこからしろびかりがこほりのやうにわたくしの咽喉のどせて きて、こくっとわたくしの咽喉のどらし、すっかりなほしてしまふ のです。それにいまならぼくたちのひざはまるで上等じやうとうのばねのやうで す。去年きよねんあきのやうにあんなつめたいかぜのなかなら仕事しごともずゐぶん ひどかったのですけれども、いまならあんまりらくでたゞすこかた重苦おもくる しいのをこらえるだけです。それだってかへってむねがあつくなっていゝ 気持きもちなくらゐです。

 (コロナは六十三万十五
※譜面
※譜面

 おゝこまどり、いていてく、音譜おんぷのやうにんでき ます。あか上着うはぎでどこまで今日けふはかけてくの。いゝねえ、ほんた うに、

  かへれ、こまどり、アカシヤづくり。
  あか上着うはぎやまをえて
※譜面
※譜面
 コロナは三十七万二千
※譜面

 そこのかどから赤髪あかげ子供こどもがひとり、こっちをのぞいてわらってゐ ます。おい、大将たいしやう証書しやうしよはちゃんとしまったかい。筆記帳ひつきちやうにはくみ名前なまい楷書かいしよいてしまったの。

 さあ、はるだ、うたったりはしったり、とびあがったりするがいい。 風野かぜの又三郎またさぶらうだって、もうガラスのマントをひらひらさせ大よろこび でかみをぱちゃぱちゃやりながらはらをんであるきながらはる た、はるたをうたってゐるよ。ほんたうにもう、はしったりうたっ たり、びあがったりするがいい。ぼくたちはいまいそがしいんだ よ。

 (コロナは八万三千十九
※譜面
※譜面

 砂土すなつちがやはらかないゝにほひいきをはいてゐます。いままでやすんで ゐたむしどもが、ぼんやりといまをさまし、しづかにいきをするらし いのです。むぎはつやつやひかってゐます。ゆきしたからうまくとけてあをむぎです。はやはしってかう、かけさへしたらすぐにむぎむのだ。

 (コロナは八万三千十九)

 わたくしたちが柄杓ひしやくこえむぎにかければ、みづはどうしてそんなに まだちかられないうちに水銀すゐぎんのやうにあをひかり、たまになってむぎうへびだすのでせう、また砂土すなつちがどうしてあんなにのどのかわいた どものみづむやうにこえむのでせう。もうほんたうにさ うでなければならないから それがたゞひとつのみちだからひとり でどんどんさうなるのです。

  (コロナは十万八千二百
※譜面
※譜面

 こんどはかへりはわたくしたちはちかみちをしてあのきうさかをのぼり ませう。あすこのさかならすぎ昆布こんぶかびらうどのやうです。阿部あべ くん、だまってそらをながらあるいてゐて一体いつたいなにてゐるの。さ うさう、あをぞらのあんなたかいとこ、巻雲けんうんさへうかびさうにえるとこ を、三羽さんばたかかなにかのとりが、それともつるかスワンでせうか、ま たのやりのやうにはねをのばしてしろひかってとんできます。

 (コロナは三十七万二百
※譜面
※譜面

 おや、このせきの去年きよねんのちいさな丸太まるたはしは、雪代水ゆきしろみづながれたな、 からだだけならすぐべるんだが肥桶こえをけをどうしやうな。阿部あべくん、ま づえてください。うまい、すこしぐちゃっとこけにはいったけれ ども、まあいゝねえ、それではぼくはいまこっちでをけをつるすから、 そっちでとってたまへ。そら、おもい、ぼくは起重機きぢうき一種いつしゆだよ。 おもい、ほう、てんびんぼうがひとりでに、磁石じしやくのやうにきみ いて行った。太陽たいやうマヂックなんだほんたうに。うまい。

※譜面
※譜面

 やなぎでもかばでも、燐光りんくわう樹液じゆえきがいっぱいみやくをうってい ます。