目次へ  縦書き

バキチの仕事

「あゝさうですか、バキチをご存じなんですか。」

「知ってますとも、知ってますよ。」

「バキチをご存じなんですか。
 小学校でご一諸ですか、中学校でご一諸ですか。いゝやあいつは 中学校なんど入りやしない。やっぱり小学校ですか。」「兵隊で一 諸です。」

「あゝ兵隊で、さうですか、あいつも一等卒でさね、どうやってるか ご存じですか。」「さあ知りません。隊で分れたきりですから。」

「あゝ、さうですか、そいぢゃ私の方がやっぱり詳しく知ってます。 この間まで馬喰をやってましたがね。今ごろは何をしてゐるか全く 困ったもんですよ。」

「どうして馬喰をやめたでせう。」

「だめでさあ、わっしもずゐぶん目をかけました。でもどうしても だめなんです。あいつは隊をさがってからもとの大工にならないで 巡査を志願したのです。」「そして巡査をやったんですか。」

「それぁやりました。けれども間もなくやめたんです。」

「どうしてやめたんだらうなあ、何でも隊に来る前は、大工でとに かく暮してゐたと云ふんですが。」

「それゃうそでさあ大工もほんのちょっとです。土方をやめてなっ たんです。その土方も又ちょっとです。それから前は知りません。 土方ばかりぢゃありません、飴屋もやったて云ひますよ。」

「巡査をどうしてやめたんです。」「あんな巡査ぢゃだめでさあ、 あのお神明さんの池ね、あそこに鯉が居るでせう、県の規則で誰に もとらせないんです。ところが、やっぱり夜のうちに、こっそり行 くものがあるんです。それぁきっとよく捕れるんでせう。バキチは それをきいたのです。毎晩お神明さんの、杉のうしろにかくれてゐ て、来るやつを見てゐたさうです、そしていよいよ網を入れて鯉が 十疋もとれたとき、誰だっこらって出るんでせう、魚も網も置いた まゝ一目散に逃げるでせうバキチは笑ってそいつを持って警察の小 使室へ帰るんです。」「変だねえ、なるほどねえ、」「何でも五回 か六回かそんなことがあったさうです。そしたらある日署長のとこ へ差出人の名の書いてない変な手紙が行ったんです。署長が見たら 今のことでせう、けれども署長は笑ってました。なぜって巡査なん てものは実際月給も僅かですしね、くらしに困るものなんです。」 「なるほどねえ、そりゃさうだねえ。」

「ところがねえ、次が大へんなんですよ、耕牧舎の飼牛がね、結核 にかかってゐたんですがある日たうたう死んだんです。ところが病 気のけだものは死んだら棄てなくちゃいけないでせう。けれども何 せ売れば二三百にはなるんです。誰だって惜しいとは思ひます。耕 牧舎でもこっそりそれを売ってゐるらしいといふんです。行って見 て来いってふわけでバキチが剣をがちゃつかせ、耕牧舎へやって来 たでせう。耕牧舎でもじっさい困ってしまったのです。バキチが入 って行きましたらいきなり一疋の牛を叩いてあばれさせました。牛 もびっくりしましたね、いきなり外に飛び出してバキチに突いてか かったんです。

 バキチはすっかりまごついて一目散に警察へ遁げて帰ったんです。 そして署長のところへ行って耕牧舎では牛の皮だけはいで肉と骨は たしかに土に埋めてゐましたって報告したんです。ところがそれが 知れたでせう。

 町のものもみんな笑ひました。署長もすっかり怒ってしまひある 朝役所へ出るとすぐいきなりバキチを呼び出して斯う申し渡したと 云ひます。バキチ、きさまもだめなやつだ、よくよくだめなやつな んだ。もう少し見所があると思ったのに牛につっかゝれた位で職務 も忘れて遁げるなんてもう今日限り免官だ。すぐ服をぬげ。と来た でせう。バキチの方でももう大抵巡査があきてゐたんです。へえ、 さうですか、やめませう。永々お世話になりましたって斯う云ふん です。そしてすぐ服をぬいだはいゝんですが実はみぢめなもんでし た。着物もシャツとずぼんだけ、もちろん財布もありません、小使 室から出されては寝む家さへないんです。その昼間のうちはシャツ とヅボン下だけで頭をかゝへて一日小使室に居ましたが夜になって からたうたう警部補にたゝき出されてしまひました。バキチはすっ かり悄気切ってぶらぶら町を歩きまはってたうたう夜中の十二時に タスケの厩にもぐり込んだって云ふんです。

 馬もびっくりしましたぁね、(おいどいつだい、何の用だい。) おどおどしながらはね起きて身構へをして斯うバキチに訊いたって んです。

(誰でもないよ、バキチだよ、もと巡査だよ、知らんかい。)バキ チが横木の下の所で腹這ひのまゝ云ひました。(さあ、知らないよ、 バキチだなんて。おれは一向知らないよ。)と馬が云ひました。」 「馬がさう云ったんですか。」「馬がさう云ったさうですよ。わっ しゃ馬から聞きやした。(おい、情けないこと云ふぢゃないか、お いらはひどく餓えてんだ。ちっとオートでも振る舞へよ。)ところ がタスケの馬も馬でさあ、面白がってオペラのやうにふしをつけて (なかなかやれないわたしのオート。)だなんてやったもんです。 バキチもそこはのんきです。やっぱりふしをつけながら、(お呉れ よ、お呉れよ、お前のオートわたしにお呉れよ。)とうなってゐま した。そこへ丁度わたしが通りかゝりました。おい、おい、バキチ、 あんまりみっともないざまはよせよ。一体馬を盗もうってのか。  それとも宿がなくなって今夜一晩とめてもらひたいと云ふのか。 バキチが頭を掻きやした。いやどっちもだ、けれども馬を盗むより とまるよりまづ第一に、おれは何かが食ひたいんだ。 〔以下原稿空白〕