目次へ  縦書き

ビヂテリアン大祭

 私は昨年九月四日、ニュウファウンドランド島の小さな山村、ヒ ルテイで行はれた、ビヂテリアン大祭に、日本の信者一同を代表し て列席して参りました。

 全体、私たちビヂテリアンといふのは、ご存知の方も多いでせう が、実は動物質のものを食べないといふ考のものの団結でありまし て、日本では菜食主義者と訳しますが主義者といふよりは、も少し 意味の強いことが多いのであります。菜食信者と訳したら、或は少 し強すぎるかも知れませんが、主義者といふよりは、よく実際に適 ってゐると思ひます。もっともその中にもいろいろ派がありますが、 まあその精神について大きくわけますと、同情派と豫防派との二つ になります。

 この名前は横からひやかしにつけたのですが、大へんうまく要領 を云ひあらはしてゐますから、かまはず私どもも使ふのです。

 同情派と云ひますのは、私たちもその方でありますが、恰度仏教 の中でのやうに、あらゆる動物はみな生命を惜むこと、我々と少し も変りはない、それを一人が生きるために、ほかの動物の命を奪っ て食べるそれも一日に一つどころではなく百や千のこともある、こ れを何とも思はないでゐるのは全く我々の考が足らないので、よく よく喰べられる方になって考へて見ると、とてもかあいさうでそん なことはできないとかう云ふ思想のであります。ところが豫防派の 方は少しちがふのでありまして、これは実は病気豫防のために、な るべく動物質をたべないといふのであります。則ち肉類や乳汁を、 あんまりたくさんたべると、リウマチスや痛風や、悪性の腫脹や、 いろいろいけない結果が起るから、その病気のいやなもの、又その 病気の傾向のあるものは、この団結の中に入るのであります。それ ですからこの派の人たちはバターやチーズも豆からこしらへたり、 又菜食病院といふものを建てたり、いろいろなことをしてゐます。

 以上は、まあ、ビヂテリアンをその精神から大きく二つにわけた のでありますが、又一方これをその実行の方法から分類しますと、 三つになります。第一に、動物質のものは全く喰べてはいけないと、 則ち獣や魚やすべて肉類はもちろん、ミルクや、またそれからこし らえたチーズやバター、お菓子の中でも鶏卵の入ったカステーラな ど、一切いけないといふ考の人たち、日本ならばまあ、一寸鰹のだ しの入ったものもいけないといふ考のであります。この方法は同情 派にも豫防派にもありますけれども大部分は豫防派の人たちがやり ます。第二のは、チーズやバターやミルク、それから卵などならば、 まあものの命をとるといふわけではないから、さし支へない、また 大してからだに毒になるまいといふので、割合穏健な考であります。 第三は私たちもこの中でありますが、いくら物の命をとらない、自 分ばかりさっぱりしてゐると云ったところで、実際にほかの動物が 辛くては、何にもならない、結局はほかの動物がかあいさうだから たべないのだ、小さな小さなことまで、一一吟味して大へんな手数 をしたり、ほかの人にまで迷惑をかけたり、そんなにまでしなくて もいゝ、もしたくさんのいのちの為に、どうしても一つのいのちが 入用なときは、仕方ないから泣きながらでも食べていゝ、そのかは りもしその一人が自分になった場合でも敢て避けないとかう云ふの です。けれどもそんな非常の場合は、実に実に少いから、ふだんは もちろん、なるべく植物をとり、動物を殺さないやうにしなければ ならない、くれぐれも自分一人気持ちをさっぱりすることにばかり かゝはって、大切の精神を忘れてはいけないと斯う云ふのでありま す。

 そこで、大体ビヂテリアンといふものの性質はおわかりでせうか ら、これから昨年のその大祭のときのもやうをお話いたします。

 私がニュウファウンドランドの、トリニテイの港に着きましたの は、恰度大祭の前々日でありました。事によると、間に合はないと 思ったのが、うまい工合に参りましたので、大へんよろこびました。 トルコからの六人の人たちと、船の中で知り合ひになりました。そ の団長は、地学博士でした。大祭に参加后、すぐ六人ともカナダの 北境を探険するといふ話でした。私たちは、船を下りると、すぐ旅 装を調へて、ヒルテイの村に出発したのであります。実は私は日本 から出ました際には、ニュウファウンドランドへさへ着いたら、誰 の眼もみなそのヒルテイといふ村の方へ向いてるだらう、世界中か ら集った旅人が、ぞろぞろそっちへ行くのだらうから、もうすぐ路 なんかわかるだらうと思って居りました。ところが、船の中でこそ、 遇然トルコ人六人とも知り合ひになったやうなもの、実際トリニテ イの町に下りて見ると、どこにもそんなビラが張ってあるでもなし、 ヒルテイといふ名を云ふ人も一人だってあるでなし、実は私も少し 意外に感じたので〔以下原稿数枚なし〕



は町をはなれて、海岸の白い崖の上の小さなみちを行きました、そ らが曇って居りましたので大西洋がうすくさびたブリキのやうに見 え、秋風は白いなみがしらを起し、小さな漁船はたくさんならんで、 その中を行くのでした。落葉松の下枝は、もう褐色に変ってゐたの です。

 トルコ人たちは、みちに出てゐる岩にかなづちをあてたり、がや がや話し合ったりして行きました。私はそのあとからひとり空虚の トランクを持って歩きました。一時間半ばかり行ったとき、私たち は海に沿った一つの峠の頂上に来ました。

「もうヒルテイの村が見える筈です。」団長の地学博士が私の前に 来て、地図を見ながら英語で云ひました。私たちは向ふを注意して ながめました。ひのきの一杯にしげってゐる谷の底に、五つ六つ、 白い壁が見えその谷には海が峡湾のやうな風にまっ蒼に入り込んで ゐました。

「あれがヒルテイの村でせうか。」私は団長にたづねました。団長 は、しきりに地図と眼の前の地形とくらべてゐましたが、しばらく たって眼鏡をちょっと直しながら、 「さうです。あれがヒルテイの村です。私たちの教会は、多分あの 右から三番目に見える平屋根の家でせう。旗か何か立ってゐるやう です。あすこにデビスさんが、住んでゐられるんですね。」デビス といふのは、ご存知の方もありませうが、私たちの派のまあ長老で す、ビヂテリアン月報の主筆で、今度の大祭では祭司長になった人 であります。そこで、私たちは、俄かに元気がついて、まるで一息 にその峠をかけ下りました。トルコ人たちは脚が長いし、背嚢を背 負って、まるで磁石に引かれた砂鉄とい〔以下原稿数枚なし〕



さうにあたりの風物をながめながら、三人や五人ずつ、ステッキを ひいてゐるのでした。婦人たちも大分ありました。又支那人かと思 はれる顔の黄いろな人とも会ひました。私はぢっとその顔を見まし た。向ふでも立ちどまってしまひました。けれどもその日はたうた う話しかけるでもなく、別れてしまひましたが、その人がやはりビ ヂテリアンで、大祭に来たものなことは疑もありませんでした。私 たちは教会に来ました。教会は粗末な漆喰造りで、ところどころ裂 罅割れてゐました。多分はデビスさんの自分の家だったのでせうが、 ずゐぶん大きいことは大きかったのです。旗や電燈が、ひのきの枝 ややどり木などと、上手に取り合せられて装飾され、まだ七八人の 人が、せっせと明後日の仕度をして居りました。

 私たちは教会の玄関に立って、ベルを押しました。

 すぐ赭ら顔の白髪の元気のよささうなおぢいさんが、かなづちを 持ってよこの室から顔〔以下原稿数枚なし〕



が、桃いろの紙に刷られた小さなパンフレットを、十枚ばかり持っ て入って来ました。

「お早うございます。なあに却って御愛嬌ですよ。」

「お早うございます。どうか一枚拝見。」

 私はパンフレットを手にとりました。それは今ももってゐますが 斯う書いてあったのです。

 「◎偏狭非文明的なるビヂテリアンを排す。
 マルサスの人口論は、今日定性的には誰も疑ふものがない。その 要領は人類の居住すべき世界の土地は一定である、又その食料品は 等差級数的に増加するだけである、然るに人口は等比級数的に多く なる。則ち人類の食料はだんだん不足になる。人類の食料と云へば 蓋し動物植物鉱物の三種を出でない。そのうち鉱物では水と食塩と だけである。残りは植物と動物とが約半々を占める。ところが茲に ごく偏狭な陰気な考の人間の一群があって、動物は可哀さうだから たべてはならんといひ、世界中に之を強ひやうとする。これがビヂ テリアンである。この主張は、実に、人類の食物の半分を奪はうと 企てるものである。換言すれば、この主張者たちは、世界人類の半 分、則ち十億人を饑餓によって殺さうと計画するものではないか。 今日いずれの国の法律を以てしても、殺人罪は一番重く罰せられる。 間接ではあるけれども、ビヂテリアンたちも又この罪を免れない。 近き将来、各国から委員が集って充分商議の上厳重に処罰されるの はわかり切ったことである。又この事実は、ビヂテリアンたちの主 張が、畢竟自家撞着に終ることを示す。則ちビヂテリアンは動物を 愛するが故に動物を食べないのであらう。何が故にその為に食物を 得ないで死亡する、十億の人類を見殺しにするのであるか。人類も 又動物ではないか。」

「こいつは面白い。実に名論だ。文章も実に珍無類だ。実に面白い。」 トルコの地学博士はその肥った顔を、まるで張り裂けるやうにして 笑ひました。みんなも笑ひました。とにかくみんな寝巻をぬいで、 下に降りて、口を漱いだり顔を洗ったりしました。

 それから私たちは、簡単に朝飯を済まして、式が九時から始まる のでしたから、しばらくバルコンでやすんで待ってゐました。

 不意に教会の近くから、のろしが一発昇りました。そらがまっ青 に晴れて、一枚の瑠璃のやうに見えました。その冴みきったよく磨 かれた青ぞらで、まっ白なけむりがパッとたち、それから黄いろな 長いけむりがうねうね下って来ました。それはたしかに、日本でや る下り竜の仕掛け花火です。そこで私ははっと気がつきました。こ ののろしは陳氏があげてゐるのだ、陳氏が支那式黄竜の仕掛け花火 をやったのだと気がつきましたので、大悦びでみんなにも説明しま した。

 その時又、今朝のすてきなラッパの声が遠くから響いて参りまし た。

「来た来た。さあどんな顔ぶれだか、一つ見てやらうぢゃないか。」 地学博士を先登に、私たちは、どやどや、玄関へ降りて行きました。 たちまち一台の大きな赤い自働車がやって来ました。それには白い 字でシカゴ畜産組合と書いてありました。六人の、髪をまるで逆立 てた人たちが、シャツだけになって、顔をまっ赤にして、何か叫び ながら鼠色や茶いろのビラを撒いて行きました。その鼠いろのを私 は一枚手にとりました。それには赤い字で斯う書いてありました。

 「◎偏狭非学術的なるビヂテリアンを排せ。
 ビヂテリアンの主張は全然誤謬である。今この陰気な非学術的思 想を動物心理学的に批判して見やう。
 ビヂテリアンたちは動物が可哀さうだから食べないといふ。動物 が可哀さうだといふことがどうしてわかるか。たゞこっちが可哀さ うだと思ふだけである。全体豚などが死といふやうな高等な観念を 持ってゐるものではない。あれはたゞ腹が空った、かぶらの茎、噛 みつく、うまい、厭きた、ねむり、起きる、鼻がつまる、ぐうと鳴 らす、腹がへった、麦糠、たべる、うまい、つかれたねむる、とい ふ工合に一つづつの小さな現在が続いて居るだけである。殺す前に キーキー叫ぶのは、それは引っぱられたり、たゝかれたりするから だ、その証拠には、殺すつもりでなしに、何か鶏卵の三十も少し遠 くの方でご馳走をするつもりで、豚の足に縄をつけて、ひっぱって 見るがいゝやっぱり豚はキーキー云ふ。こんな訳だから、ほんたう に豚を可哀さうと思ふなら、さうっと怒らせないやうに、うまいも のをたべさせて置いて、にはかに熱湯にでもたゝき込んでしまふが いゝ、豚は大悦びだ、くるっと毛まで剥けてしまふ。われわれの組 合では、この方法によって、沢山の豚を悦ばせてゐる。ビヂテリア ンたちは、それを知らない。自分が死ぬのがいやだから、ほかの動 物もみんなさうだらうと思ふのだ。あんまり子供らしい考である。」

 私は無理に笑はうと思ひましたが何だか笑へませんでした。地学 博士も黄いろなパンフレットを読んでしまって少し変な顔をしてゐ ました。私たちは目を見合せました。それからだまってお互のパン フレットをとりかへました。黄色なパンフレットには斯う書いてあ ったのです。

 「◎偏狭非学術的なビヂテリアンを排せ。
 ビヂテリアンの主張は全然誤謬である。今これを生物分類学的に 簡単に批判して見やう。
ビヂテリアンたちは、動物が可哀さうだといふ、一体どこ迄が動物 でどこからが植物であるか、牛やアミーバーは動物だからかあいさ う、バクテリヤは植物だから大丈夫といふのであるか。バクテリヤ を植物だ、アミーバーを動物だとするのは、たゞ研究の便宜上、勝 手に名をつけたものである。動物には意識があって食ふのは気の毒 だが、植物にはないから差し支へないといふのか。なるほど植物に は意識がないやうにも見える。けれどもないかどうかわからない、 あるやうだと思って見ると又実にあるやうである。元来生物界は、 一つの連続である、動物に考があれば、植物にもきっとそれがある。 ビヂテリアン諸君、植物をたべることもやめ給へ。諸君は餓死する。 又世界中にもそれを宣伝したまへ。二十億人がみんな死ぬ。大へん さっぱりして諸君の御希望に叶ふだらう。そして、そのあとで動物 や植物が、お互同志食ったり食はれたりしてゐたら、丁度いゝでは ないか。」

 私はなほさら変な気がしました。

 もう一枚茶いろのもあったのです。

「ごらんになったらとりかへませうか。」

 私は隣りの人に云ひました。「ええ、」その人はあわたゞしく茶 いろのパンフレットをよこしました。私も私のをやったのです。そ れには黒くかう書いてありました。

「◎偏狭非学術的なるビヂテリアンを排せ。
ビヂテリアンの主張は全然誤謬である、今これを比較解剖学の立場 からごく通俗的に説明しやう。
人類は動物学上混食に適するやうにできてゐる。歯の形状から見て もわかる。草食獣にある臼歯もあれば肉食類の犬歯もある。混食を してゐるのが人類には一番自然である。さう出来てるのだから仕方 ない。それをどう斯う云ふのは恩恵深き自然に対して正しく叛旗を ひるがへすものである。よしたまへ、ビヂテリアン諸君、あんまり 陰気なおまけに子供くさい考は。」

「ふん。今度のパンフレットはどれもかなりしっかりしてるね。い かにも誰もやりさうな議論だ。しかしどっかやっぱり調子が変だね。」 地学博士が少し顔色が青ざめて斯う云ひました。

「調子が変なばかりぢゃない、議論がみんな都合のいゝやうにばか り仕組んであるよ。どうせ畜産組合の宣伝書だ。」と一人のトルコ 人が云ひました。

 そのとき又向ふからラッパが鳴って来ました。ガソリンの音も聞 えます。正直を云ひますと私もこの時は少し胸がどきどきしました。 さっそく又一台の赤自動車がやって来て小さな白い紙を撒いて行っ たのです。

 そのパンフレットを私たちはせわしく読みました。それには赤い 字で斯う書いてあったのです。

「ビヂテリアン諸氏に寄す。
 諸君がどんなに頑張って、馬齢薯とキャベヂ、メリケン粉ぐらゐ を食ってゐやうと、海岸ではあんまりたくさん魚がとれて困る。折 角死んでも、それを食べて呉れる人もなし、可哀さうに、魚はみん なシャベルで釜になげ込まれ、煮えるとすくはれて、締木にかけて 圧搾される。釜に残った油の分は魚油です。今は一罐十セントです。 鰯なら一缶がまあざっと七百疋分ですねえ、締木にかけた方は魚粕 です、一キログラム六セントです、一キログラムは鰯ならまあ五百 疋ですねえ、みなさん海岸へ行ってめまひをしてはいけません。ま た農場へ行ってめまひをしてもいけません、なぜなら、その魚粕を つかふとキャベヂでも麦でもずゐぶんよく穫れます。おまけにキャ ベヂ一つこさえるには、百疋からの青虫を除らなければならないの ですぜ。それからみなさんこの町で何か煮たものをめしあがったり、 お湯をお使ひになるときに、めまひを起さないやうに願ひます。こ の町のガスはご存知の通り、石炭でなしに、魚油を乾溜してつくっ てゐるのですから。いづれ又お目にかかって詳しく申しあげませう。」

 この宣伝書を読んでしまったときは、白状しますが、私たちはし ばらくしんとしてしまったのです。どうも理論上この反対者の主張 が勝ってゐるやうに思はれたのであります。それとて、私も、又ト ルコから来たその六人の信者たちも、ビヂテリアンをやめやうとか、 全く向ふの主張に賛成だとかいふのでもなく、たゞ何となくこの大 祭のはじまりに、けちをつけられたのが不愉快だったのであります。 余興として笑ってしまふには、あんまり意地が悪かったのでありま す。

 ところが、又もやのろしが教会の方であがりました。まっ青なそ らで、白いけむりがパッと開き、それからトントンと音が聞えまし た。けむりの中から出て来たのは、今度こそ全く支那風の五色の蓮 華の花でした。なるほどやっぱり陳氏だ、お経にある青色青光、黄 色黄光、赤色赤光、白色白光をやったんだなと、私はつくづく感心 してそれを見上げました。全くその蓮華のはなびらは、ニュウファ ウンドランド島、ヒルテイ村ビヂテリアン大祭の、新鮮な朝のそら を、かすかに光って舞ひ降りて来るのでした。

 それから教会の方で、賑やかなバンドが始まりました。それが風 下でしたから、手にとるやうに聞えました。それがいかにも本式な のです。私たちは、はじめはこれはよほど費用をかけて大陸から頼 んで来たんだなと思ひましたが、あとで聞きましたら、あの有名な スナイダーが私たちの仲間だったんです。スナイダーは、自分のバ ンド(尤もその半数は、みんなビヂテリアンだったのです、)を、 そっくりつれてやはり一昨日、こゝへ着いたのださうです。とにか く、式の始まるまでは、まだ一時間もありましたけれども、斯うに ぎやかにやられては、とてもぢっとして居られません、私たちは、 大急ぎで二階に帰って、礼装をしたのです。土耳古人たちは、みん なまっ赤なターバンと帯とをかけ、殊に地学博士はあちこちからの 勲章やメタルを、その漆黒の上着にかけましたので全くまばゆい位 でした。私は三越でこさえた白い麻のフロックコートを着ましたが、 これは勿論、私の好みで作法ではありません。けれども元来きもの といふものは、東洋風に寒さをしのぐといふ考も勿論ですが、一方 また、カーライルの云ふ通り、装飾が第一なので結局その人にあっ た相当のものをきちんとつけてゐるのが一等ですから、私は一向何 とも思ひませんでした。実際きものは自分のためでなく他人の為で す。自分には自分の着てゐるものが全体見えはしませんからほかの 人がそれを見て、さっぱりした気持ちがすればいゝのであります。

 さて私たちは宿を出ました。すると式の時間を待ち兼ねたのは、 あながち私たちだけではありませんでした。教会へ行く途中、あっ ちの小路からも、こっちの広場からも、三人四人づついろいろな礼 装をした人たちに、私たちは会ひました。燕尾服もあれば厚い粗羅 紗を着た農夫もあり、綬をかけた人もあれば、スラッと瘠せた若い 軍医もありました。すべてこれらは、私たちの兄弟でありましたか ら、もう私たちは国と階級、職業とその名とをとはず、たゞ一つの 大きなビヂテリアンの同朋として、「お早う、」と挨拶し「おめで たう、」と答へたのです。そして私たちは、いつかぞろぞろ列にな ってゐました。列になって教会の門を入ったのです。一昨日別段気 にもとめなかった、小さなその門は、赤いゝろの藻類と、暗緑の栂 とで飾られて、すっかり立派に変ってゐました。門をはいると、す ぐ受付があって私たちはみんな求められて会員証を示しました。こ れはいかにも偏狭なやり方のやうにどなたもお考へでせうが、実際 今朝の反対宣伝のやうな訳で、どんなものがまぎれ込んで来て、何 をするかもわからなかったのですから、全く仕方なかったのであり ませう。

 式場は、教会の広庭に、大きな曲馬用の天幕を張って、テニスコ ートなどもそのまゝ中に取り込んでゐたやうでした。とてもその人 数の入るやうな広間は、恐らくニュウファウンドランド全島にもな かったでせう。

 もう気の早い信徒たちが二百人ぐらゐ席について待ってゐました。 笑ひ声が波のやうに聞えました。やっぱり今朝のパンフレットの話 などが多かったのでせう。

 その式場を覆ふ灰色の帆布は、黒い樅の枝で縦横に区切られ、所 々には黄や橙の石楠花の花をはさんでありました。何せさう云ふい ゝ天気で、帆布が半透明に光ってゐるのですから、実にその調和の いゝこと、もうこゝこそやがて完成さるべき、世界ビヂテリアン大 会堂の、陶製の大天井かと思はれたのであります。向ふには勿論花 で飾られた高い祭壇が設けられてゐました。そのとき、私は又、あ の狼煙の音を聞きました。はっと気がついて、私は急いでその音の 方教会の裏手へ出て行って見ました。やっぱり陳氏でした。陳氏は 小さな支那の子供の狼煙の助手も二人も連れて来てゐるのでした。 そして三人とも、今日はすっかり支那服でした。私は支那服の立派 さを、この朝ぐらゐ感じたことはありません。陳氏はすっかり黒の 支度をして、袖口と沓だけ、まばゆいくらゐまっ白に、髪は昨日の 通りでしたが、支那の勲章を一つつけてゐました。

 それから助手の子供らは、まるで絵にある唐児です。あたまをま ん中だけ残して、くりくり剃って、恭しく両手を拱いて、陳氏のう しろに立ってゐました。陳氏は私の行ったのを見ると本当に嬉しか ったと見えて、いきなり手を出して、
「おめでたう。お早う。いゝお天気です。天の幸、君にあらんこと を。」とつゞけざまにべらべら挨拶しました。「お早う。」私たち は手を握りました。二人の子供の助手も、両手を拱いたまゝ私に一 揖しました。私も全く嬉しかったんです。ニュウファウンドランド 島の青ぞらの下で、この叮重な東洋風の礼を受けたのです。

 陳氏は云ひました。

「さあ、もう一発やりますよ。あとは式がすんでからです。今度の は、私の郷国の名前では、柳雲飛鳥といひます。柳はサリックス、 バビロニカ、です。飛鳥はスワロワです。日本でも、柳と燕を云ひます か。」

「云ひます。そしてよく覚えませんが、たしか私の方にも、その狼 煙はあった筈ですよ。いや花火だったかな。それとも柳にけまりだ ったかな。」

「日本の花火の名所は、東京両国橋ですね。」

「えゝそのほか岩国とか石の巻とか、あちこちにもあります。」

「なるほど。さあ、支度。」陳氏は二人の子供に向きました。一人 の子は恭しくバスケットから、狼煙玉を持ち出しました。陳氏はそ れを受けとってよく調べてから、
「よろしい。口火。」と云ひました。も一人の子は、もう手に口火 を持って待ってゐました。陳氏はそれを受けとりました。はじめの 子は、シュッとマッチをすりました。陳氏はそれに口火をあてて、 急いでのろし筒に投げ込みました。しばらくたって、「ドーン」け むりと一諸に、さっきの玉は、汽車ぐらゐの速さで青ぞらにのぼっ て行きました。二人の子供も、恭しく腕を拱いて、それを見上げて ゐました。たちまち空で白いけむりが起り、ポンポンと音が下って 来それから青い柳のけむりが垂れ、その間を燕の形の黒いものが、 ぐるぐる縫って進みました。

「さあ式場へ参りませう。お前たち此処で番をしておいで。」陳氏 は英語で云って、それから私らは、その二人の子供らの敬礼をうし ろに式場の天幕へ帰りました。

 もう式の始まるに、六分しかありませんでした。天幕の入口で、 私たちはプログラムを受け取りました。それには表に

   ビヂテリアン大祭次第

  挙祭挨拶
  論難反駁
  祭歌合唱
  祈祷
  閉式挨拶
  会食
  会員紹介
  余興    以上 と刷ってあり私たちがそれを受け取った時 丁度九時五分前でした。

 式場の中はぎっしりでした。それに人数もよく調べてあったと見 えて、空いた椅子とてもあんまりなく、勿論腰かけないで立ってゐ る人などは一人もありませんでした。みんなで五百人はあったでせ う。その中には婦人たちも三分の一はあったでせう。いろいろな服 装や色彩が、処々に配置された橙や青の盛花と入りまじり、秋の空 気はすきとほって水のやう、信者たちも又さっきとは打って変って、 しいんとして式の始まるのを待ってゐました。

 アーチになった祭壇のすぐ下には、スナイダアを楽長とするオー ケストラバンドが、半円陣を採り、その左には唱歌隊の席がありま した。唱歌隊の中にはカナダのグロッコも居たさうですが、どの人 かわかりませんでした。

 ところが祭壇の下オーケストラバンドの右側に、「異教徒席」 「異派席」といふ二つの陶製の標札が出て、どちらにも二十人ばか りの礼装をした人たちが座って居りました。中には今朝の自働車で 見たやうな人も大分ありました。

 私もそこで陳氏と並んで一番うしろに席をとりました。陳氏はし きりに向ふの異教徒席や異派席とプログラムとを比較しながらよほ ど気にかゝる模様でした。たうたう、そっと私にさゝやきました。

「このプログラムの論難といふのは向ふのあの連中がやるのですね。」

「きっとさうでせうね。」

「どうです、異派席の連中は、私たちの仲間にくらべては少し風采 でも何でも見劣りするやうですね。」

 私も笑ひました。

「どうもさうのやうですよ。」

 陳氏が又云ひました。

「けれども又異教席のやつらと、異派席の連中とくらべて見たんぢ ゃ又ずっと違ってますね。異教席のやつらときたら、実際どうも醜 悪ですね。」

「全くです。」私はたうたう吹き出しました。実際異教席の連中と きたらどれもみんな醜悪だったのです。

 俄かに澄み切った電鈴の音が式場一杯鳴りわたりました。

 拍手が嵐のやうに起りました。

 白髯赭顔のデビス長老が、質素な黒のガウンを着て、祭壇に立っ たのです。そして何か云はうとしたやうでしたが、あんまり嬉しか ったと見えて、もうなんにも云へず、たゞおろおろと泣いてしまひ ました。信者たちはまるで熱狂して、歓呼拍手しました。デビス長 老は、手を大きく振って又何か云はうとしましたが、今度も声が咽 喉につまって、まるで変な音になってしまひ、たうたう又泣いてし まったのです。

 みんなは又熱狂的に拍手しました。長老はやっと気を取り直した らしく、大きく手を三度ふって、何か叫びかけましたけれども、今 度だってやっぱりその通り、崩れるやうに泣いてしまったのです。 祭司次長、ウィリアム タッピングといふ人で、爪哇の宣教師なさ うですが、せいの高い立派なぢいさんでした、が見兼ねて出て行っ て、祭司長にならんで立ちました。式場はしいんと静まりました。

「諸君、祭司長は、只今既に、無言を以て百千万言を披瀝した。是 れ、げにも尊き祭始の宣言である。然しながら、未だ祭司長の云は ざる処もある。これ実に祭司長が述べんと欲するものの中の糟粕で ある。これをしも、祭司次長が諸君に告げんと欲して、敢て咎めら るべきでない。諸君、吾人は内外多数の迫害に耐えて、今日迄ビヂ テリアン同情派の主張を維持して来た。然もこれ未だ社会的に無力 なる、各個人個人に於てである。然るに今日は既にビヂテリアン同 情派の堅き結束を見、その光輝ある八面体の結晶とも云ふべきビヂ テリアン大祭を、この清澄なるニュウファウンドランド島、九月の 気圏の底に於て析出した。殊にこの大祭に於て、多少の愉快なる刺 戟を吾人が所有するといふことは、最天意のある所である。多少の 愉快なる刺戟とは何であるか、これプログラム中にある異教及異派 の諸氏の論難である。是等諸氏はみな信者諸氏と同じく、各自の主 義主張の為に、世界各地より集り来った真理の友である。恐らく諸 氏の論難は、最痛烈辛辣なものであらう。その癒々鋭利なるほど、 癒々公明に我等は之に答へんと欲する。これ大祭開式の辞、最后糟 粕の部分である。祭司次長ウィリアムタッピング祭司長ヘンリーデ ビスに代って之を述べる。」

 拍手は天幕もひるがへるばかり、この間デビスはたゞよろよろと 感激して頭をふるばかりでありました。

 その拍手の中でデビス長老は祭司次長に連れられて壇を下り透明 な電鈴が式場一杯に鳴りました。祭司次長が又祭壇に上って壇の隅 の椅子にかけ、それから一寸立って異教徒席の方を軽くさし招きま した。

 異教徒席の中からせいの高い肥ったフロックの人が出て卓子の前 に立ち一寸会釈してそれからきぱきぱした口調で斯う述べました。

「私はビヂテリアン諸氏の主張に対して二個条の疑問がある。

 第一植物性食品の消化率が動物性食品に比して著しく小さいこと。 尤も動物性食品には含水炭素が殆んどないからこれは当然植物から 採らなければならない。然しながらもし蛋白質と脂肪とについて考 へるならば何といっても植物性のものは消化が悪い。単に分析表を 見て牛肉と落花生と営養価が同じだと云って牛肉の代りにそっくり 豆を喰べるといふわけにはいかない。人によっては植物蛋白を殆ん ど消化しないぢゃないかと思はれることもあるのだ。ビヂテリアン 諸氏は之等のことは充分ご承知であらうが尚之を以て多くの病弱者 や老衰者並に嬰児にまで及ぼさうとするのはどう云ふものであらう か。

 第二は植物性食品はどう考へても動物性食品より美味しくない。 これは何としても否定することができない。元来食事はたゞ営養を とる為のものでなく又一種の享楽である。享楽と云ふよりは欠くべ からざる精神爽快剤レフレツシユメントである。労働に疲れ種々の患難に包まれて意気 銷沈した時には或は小さな歌謡を口吟む、談笑する音楽を聴く観劇 や小遠足にも出ることが大へん効果あるやうに食事も又一の心身回 復剤である。この快楽を菜食ならば著しく減ずると思ふ。殊に愉快 に食べたものならば実際消化もいゝのだ。これをビヂテリアン諸氏 はどうお考であるか伺ひたい。」

 大へん温和しい論旨でしたので私たちは実際本気に拍手しました。 すると私たちの席から三人ばかり祭司次長の方へ手をあげて立った 人がありましたが祭司次長は一番前の老人を招きました。その人は 白髯でやはり牧師らしい黒い服装をしてゐましたが壇に昇って重い 調子で答へたのでした。

「只今の御質疑に答へたいと存じます。

 植物性の脂肪や蛋白質の消化があまりよくないことは明かであり ます。さればといって甚不良なのではなく、たゞ動物質の食品に比 して幾分劣るといふのであります。全然植物性蛋白や脂肪を消化し ないといふ人はまあありますまい、あるとすればその人は又動物性 の蛋白や脂肪も消化しないのです。さてどう云ふわけで植物性のも のが消化がよくないかと云へば蛋白質の方はどうもやっぱりその蛋 白質分子の構造によるやうでありますが脂肪の消化率の少いのはそ れが多く繊維素の細胞壁に包まれてゐる関係のやうであります。ど ちらも次第に菜食になれて参りますと消化もだんだん良くなるので あります。色々実験の成績もございますから后でご覧を願ひます。 又病弱者老衰者嬰児等の中には全く菜食ではいけない人もありませ う、私どもの派ではそれらに対してまで菜食を強ひやうと致すので はありません。たゞなるべく動物互に相喰むのは決して当然のこと でない何とかしてさうでなくしたいといふ位の意味であります。尤 も老人病弱者にても若し肉食を嫌ふものがあれば之に適するやうな 消化のいゝ食品をつくる事に就ては私共只今充分努力を致して居る のであります。仮令ば蛋白質をば少しく分解して割合簡単な形の消 化し易いものを作る等であります。

 第二に食事は一つの享楽である菜食によってその多分は奪はれる とこれはやはり肉食者よりのお考であります。なるほど普通混食を してゐるときは野菜は肉類より美味しくないのですが、けれどもも し肉類を食べるときその動物の苦痛を考へるならば到底美味しくは なくなるのであります。従って無理に食べても消化も悪いのであり ます。勿論菜食を一年以上もしますなれば仲々肉類は不愉快な臭や 何かありまして好ましくないのであります。元来食物の味といふも のはこれは他の感覚と同じく対象よりはその感官自身の精粗による ものでありまして、精粗といふよりは善悪によるものでありまして、 よい感官はよいものを感じ悪い感官はいゝものも悪く感ずるのであ ります。同じ水を呑んでも徳のある人とない人とでは大へんにちが って感じます。パンと塩と水とをたべてゐる修道院の聖者たちには パンの中の糊精や蛋白質酵素単糖類脂肪などみな微妙な味覚となっ て感ぜられるのであります。もしパンがライ麦のならばライ麦のい ゝ所を感じて喜びます。これらは感官が静寂になってゐるからです。 水を呑んでも石灰の多い水、炭酸の入った水、冷たい水、又川の柔 らかな水みなしづかにそれを享楽することができるのであります。 これらは感官が澄んで静まってゐるからです。ところが感官が荒さ んで来るとどこ迄でも限りなく粗く悪くなって行きます。まあ大低 パンの本統の味などはわからなくなって非常に多くの調味料を用ひ たりします。則ち享楽は必らず肉食にばかりあるのではない。寧ろ 清らかな透明な限りのない愉快と安静とが菜食にあるといふことを 申しあげるのであります。」

老人は会釈して壇を下り拍手は天幕も ひるがへるやうでした。 祭司次長は立って異教席の方を見ました。異教席から瘠せた顔色の 悪いドイツ刈りの男が立ちました。祭司次長は軽く会釈しました。 その人も答礼して壇に上ったのです。その人は大へん皮肉な目付き をして式場全体をきろきろ見下してから云ひました。

「今朝私どもがみなさんにさしあげて置いた五六枚のパンフレット はどなたも大低お読み下すった事と思ふ。私はたしかに評判の通り シカゴ畜産組合の理事で又屠畜会社の技師です。ところが正直のと ころシカゴ畜産組合がこのビヂテリアン大祭を決して苦にするわけ はない。何となれば只今前論者の云はれたやうなトラピスト風の人 間といふものは今日全人類の一万分一もあるもんぢゃない。やっぱ りあたり前の人間には肉類は食料として滋養も多く美味である。ビ ヂテリアン諸氏が折角菜食を実行し又宣伝するのを見た処で感服は しても容易に真似はしない。則ち肉類の需要が減ずるものでもなし 又私たちの組合がこわれたり会社が破産したりするものではない。 だから一向反対宣伝も要らなければこの軽業テントの中に入って異 教席といふこの光栄ある場所に私が数時間窮屈をする必要もない。 然しながら実は私は六月からこちらへ避暑に来て居りました。そし てこの大祭にぶっつかったのですから職業柄私の方ではほんの余興 のつもりでしたが少し邪魔を入れて見やうかと本社へ云ってやりま したら社長や何かみな大へん面白がって賛成して運動費などもよこ し慰労旁々技師も五人寄越しました。そこで私たちは大急ぎで銘々 一つずつパンフレットも作り自働車などまで雇ってそれを撒きちら しましたが実は、なあに、一向あなた方が菜っ葉や何かばかりお上 がりにならうと痛くもかゆくもないのです。然しまあやりかけた事 ですからこれからも一度あのパンフレットを銘々一人ずつご説明し て苦しいご返答を伺はうと思ひます。実は私の方でもあの通り速記 者もたのんであります、ご答弁は私の方の機関雑誌畜産之友に載せ ますからご承知を願ひます。で私のおたづね致したいことはパンフ レットにもありました通り動物がかあいさうだからたべないとあな た方は仰っしゃるが動物といふものは一種の器械です。消化吸収呼 吸排泄循環生殖と斯う云ふことをやる器械です。死ぬのが恐いとか 明日病気になって困るとか誰それと絶交しやうとかそんな面倒なこ とを考へては居りません。動物の神経だなんといふものはたゞ本能 と衝動のためにあるです。神経なんといふのはほんの少ししか働き ません。その証拠にはご覧なさい鶏では強制肥育といふことをやる、 鶏の咽喉にゴム管をあてゝ食物をぐんぐん押し込んでやる。ふだん の五倍も十倍も押し込む、それでちゃんと肥るのです、面白い位肥 るのです。又犬の胃液の分泌や何かの工合を見るには犬の胸を切っ て胃の后部を露出して幽門の所を腸と離してゴム管に結ぶそしてて 食物をやる、どうです犬は食べると思ひますか食べないと思ひます か。あっ、どうかしましたか。」

 実際どうかしたのでした。あんまり話がひどかった為に婦人の中 で四五人卒倒者があり他の婦人たちも大低歯を食ひしばって泣いた り耳をふさいで縮まったりしてゐたのです。式場は俄に大騒ぎにな りシカゴの畜産技師も祭壇の上で困って立ってゐました。正気を失 った人たちはみんなの手で私たちのそばを通って外に担ぎ出され職 業の医者な人たちは十二三人も立って出て行きました。しばらくた って式場はしいんとなりました。婦人たちはみんなひどく激昂して ゐましたが何分相手が異教の論難者でしたので卑怯に思はれない為 に誰も異議を述べませんでした。シカゴの技師ははんけちで叮寧に 口を拭ってから又云ひました。

「なるほど実にビヂテリアン諸氏の動物に対する同情は大きなもの であります。も少し言辞に気をつけて申し上げます。えゝ、犬はそ れを食べます。ぐんぐん喰べます。お判りですか。又家畜を去勢し ます。則ち生殖に対する焦燥や何かの為に費される勢力エネルギー を保存するやうにします。さあ、家畜は肥りますよ、全く動物 は一つの器械でその脚を疾くするには走らせる、肥らせるには食べ させる、卵をとるにはつるませる、乳汁をとるには子を近くに置い て子に呑ませないやうにする、どうでも勝手次第なもんです。決し て心配はありません。まだまだ述べたいのですが又卒倒されると困 りますからこゝまでに致して置きます。」

 その人は壇を下りました。拍手と一処に六七人の人が私どもの方 から立ちましたが祭司次長が割合前の方のモオニングの若い人をさ しまねきました。その人は落ち着いた風で少し微笑ひながら演説し ました。

「只今のご質問はいかにもご尤であります。多少御実験などもお話 になりましたが実は遺憾乍らそれはみな実験になって居りません。

 動物は衝動と本能ばかりだと仰っしゃいましたがまあさうして置 きます。その本能や衝動が生きたいといふことで一杯です。それを 殺すのはいけないとこれだけでお答には充分であります。然しなが ら更に詳しいことは動物心理学の沢山の実験がこれを提供致すだら うと思ひます。又実は動物は本能と衝動ばかりではないのでありま す。今朝のパンフレットで見ましても生物は一つの大きな連続であ ると申されました。人間の心もちがだんだん人間に近いものから遠 いものに行はれて居ります。人間の苦しいことは感覚のあるものは やっぱりみんな苦しい人間の悲しいことは強い弱いの区別はあって もやっぱりどの動物も悲しいのです。仲々あのパンフレットにある 豚のやうに愉快には行かないのであります。飼犬が主人の少年の病 死の時その墓を離れず食物もとらずたうたう餓死した有名な例、鹿 や猿の子が殺されたときそれを慕って親もわざと殺されることなど 誰でも知ってゐます。馬が何年もその主人を覚えてゐて偶に会った とき涙を流したりするのです。前論者の、ビヂテリアンは人間の感 情を以て強て動物を律しやうとするといふのに対して、私は実に反 対者たちは動物が人間と少しばかり形が違ってゐるのに眼を欺むか れてその本心から起って来る哀憐の感情をなくしてゐるとご忠告申 し上げたいのであります。誰だって自分の都合のいゝやうに物事を 考へたいものではありますがどこ迄もそれで通るものではありませ ん。元来私どもの感情はさう無茶苦茶に間違ってゐるものではない のでありましてどうしても本心から起って来る心持は全く客観的に 見てその通りなのであります。動物は全く可哀さうなもんです。人 もほんたうに哀れなものです。私は全論士にも少し深く上調子でな しに世界をごらんになることを望みます。」

拍手が強く起りました。 拍手の中から髪を長くしたせいの低い男がいきなり異教席を立って 壇に登りました。

「私はやはりシカゴ畜産組合の技師です。諸君、今朝のマルサス人 口論を基とした議論は読んで下すったでせう。どうですそれにちが ひありますまい。地球上の人類の食物の半分は動物で半分は植物で す。そのうち動物を喰べないぢゃ食物が半分になる。たゞさえ食物 が足りなくて戦争だのいろいろ騒動が起ってるのに更にそれを半分 に縮減しやうといふのはどんなほかに立派な理くつがあっても正気 の沙汰と思はれない。人間の半分十億人が食物がなくて死んでしま ふ、死ぬ前にはいろいろ大騒ぎが起るその時ビヂテリアンたちはど うします。自分たちの起した戦争の中へはいってわれらの敵国を打 ち亡ぼせと云って鉄砲や剣を持って突貫しますか。それともあゝこ んな筈ぢゃなかった神よと云ってみんな一諸にナイヤガラかどこか へ飛び込みますか。そんなことをしたって追ひ付きません。いや、 それよりもこんなことになるのはどこの国の政治家でもすぐわかる、 これはいかんと云ふわけでお気の毒ながら諸君をみんな終身徴役に しちまひます。まさか死刑にはなりますまいが終身徴役だってそん ないゝもんぢゃありませんよ。どうです。今のうち懺悔してやめて しまっては。」

拍手も笑声も起りました。私たちの方から若い脊広 の青年が立って行きました。

「あの人は私は知ってますよ。ニュウヨウクで二三遍話したんです。 大学生です。」

 その青年は少し激昂した風で演説し始めました。

「ご質問に対してできる丈簡単にお答へしやうと思ひます。

 人類の食料は動物と植物と約半々だ。そのうち動物を食べないぢ ゃ食料が半分に減る。いかにもご尤なお考ではありますが大分乱暴 な処もある様であります。動物と植物と半々だ、これがまづいけま せん。半々といふのは何が半々ですか。多分は目方でお測りになる おつもりか知れませんが目方で比較なさるのは大へんご損です。食 物の中で消化される分の熱量ででもご比較になったら割合正確だら うと存じます。さう云ふにしますと一般に動物質の方が消化率も大 きいのでありますからよほどお得になります。お得にはなりますが とてもとても半々なんといふわけには参りますまい。こんな珍らし い議論の必要が従来あんまりありませんでしたので恐らくこの計算 はまだ誰も致しますまいが計算法だけ申し上げて置きませう。どう ぞシカゴ畜産組合の事務所でゆっくり御計算を願ひます。即ち世界 中の小麦と大麦米や燕麦蕪菁や甘藍あらゆる食品の産額を発見して 先ず第一にその中から各々家畜の喰べる分をさし引きます。その際 あんまりびっくりなさいませんやうに。次にその残りの各々から蛋 白質脂肪含水炭素の可消化量を計算してそれから各の発する熱量を 計算して合計します。四千三百兆大カロリーとか何とか大体出て参 りませう。今度は牛羊、豚、馬、鶏鯨といふ工合に今の通りやりま す。合計二千三百兆大カロリーとか何とか出て来ませう。両方合せ てそれをざっと二十億で割って三百六十五で割って営養研究所の方 にでも見てお貰いなさい。計算がちがってゐるかどうか多分ご返事 なさるでせう。

 さて、ところが只今までの議論は一向私には何でもないのであり まして第一のご質問の答辯の要点はこの次です。則ち論難者は、そ のうち動物を食べないぢゃ食料が半分に減ずるといふこいつです。 冗談ぢゃありませんぜ。一体その動物は何を食って生きてゐますか。 空気や岩石や水を食べてゐるのぢゃないのです。牛や馬や羊は燕麦 や牧草をたべる。その為に作った南瓜や蕪菁もたべる。ごらんなさ い。人間が自分のたべる穀物や野菜の代りに家畜の喰べるものを作 ってゐるのです。牛一頭を養うには八エーカーの牧草地が要ります。 そこに一番計算の早い小麦を作って見ませうか。十人の人の一年の 食糧が毎年とれます。牛ならどうです。一年の間に肥る分左様百六 十キログラムの牛肉で十人の人が一年生きてゐられますか。一人一 日五十グラムですよ。親指三本の大さですよ。腹が空りはしません か。

 よくおわかりにならないやうですがもっと手短かに云ひますとも し人間が自然と相談して牛肉や豚肉の代りに何か損にならないもの をよこして呉れと云へば今よりもっとたくさんの人間が生きて行か れる位多くの喰べものを向ふではよこすと斯う云ふことです。但し これは海産物と廃物によって養う分の家畜は論外であります。然し ながらそれを計算に入れても又大丈夫です。家畜だってみんな喰べ るものばかりでなく羊のやうに毛を貰うもの馬や牛のやうに労働を して貰うものいろいろあります。

 次に食料が半分になっちゃ人間も半分になる、いかにも面白いで すが仲々その食料が半分にならない。減る処か事によると少し増え るかも知れません。ですから大丈夫戦争も起らなければ無期徒刑を ご心配して下さらなくても大丈夫です。却って菜食はみんなの心を 平和にし互に正しく愛し合ふことができるのです。多くの宗教で肉 食を禁ずることが大切の儀式にはつきものになってゐるのでもわか りませう。戦争どこぢゃない菜食はあなた方にも永遠の平和を齎し てせっかく避暑に来てゐながら自働車まで雇って変な宣伝をやった り大祭へ踏み込んで来ていやな事を云って婦人たちを卒倒させたり しなくてもいゝやうになります。又我々だって無期徒刑ぢゃない、 人類の仲間からと哺乳動物組合、鳥類連盟、魚類事務所などからま で勲章や感謝状を沢山贈られる訳です。どうです。おわかりになっ たらあなたもビヂテリアンにおなりなさい。」

 すると前の論士が立ちあがりました。大へん悔悟したやうな顔は してゐましたが何だかどこか噴き出したいのを堪えてゐたやうにも 見えました。しょんぼり壇に登って来て
「悔悟します。今日から私もビヂテリアンになります。」と云って 今の青年の手をとったのでした。みんなは実にひどく拍手しました。 二人は連れ立って私たちの方へ下り技師もその空いた席へ腰かけて 肩ですうすう息をしてゐました。ところが勿論この事の為に異教席 の憤懣はひどいものでした。一人のやっぱり技師らしい男がずゐぶ ん粗暴な態度で壇に昇りました。

「諸君、私の疑問に答へたまへ。

 動物と植物との間には確たる境堺がない。パンフレットにも書い て置いた通りそれは人類の勝手に設けた分類に過ぎない。動物がか あいさうならいつの間にか植物もかあいさうになる筈だ。動物の中 の原生動物と植物の中の細菌類とは殆んど相密接せるものである。 又動物の中にだってヒドラや珊瑚類のやうに植物に似たやつもあれ ば植物の中にだって食虫植物もある、睡眠を摂る植物もある、睡る 植物などは毎晩邪魔して睡らせないと枯れてしまふ、食虫植物には 小鳥を捕るのもあり人間を殺すやつさへあるぞ。殊にバクテリヤな どは先頃まで度々分類学者が動物の中へ入れたんだ。今はまあ植物 の中へ入れてあるがそれはほんのはづみなのだ。そんな曖昧な動物 かも知れないものは勿論仁慈に富めるビヂテリアン諸氏は食べたり 殺したりしないだらう。ところがどうだ諸君諸君が一寸菜っ葉へ酢 をかけてたべる、そのとき諸君の胃袋に入って死んでしまふバクテ リアの数は百億や二百億ぢゃ利けゃしない。諸君が一寸葡萄をたべ るその一房にいくらの細菌や酵母がついてゐるか、もっと早いとこ 諸君が町の空気を吸ふ一回に多いときなら一万ぐらゐの細菌が殺さ れる。そんな工合で毎日生きてゐながら私はビヂテリアンですから 牛肉はたべません、なんて、牛肉はいくら喰べたって一つの命の百 分の一にもならないのだ、偽善と云はうか無智と云はうかとても話 にならない。本たうに動物が可あいさうなら植物を喰べたり殺した りするのも廃し給へ。動物と植物とを殺すのをやめるためにまず水 と食塩だけ呑み給へ。水はごくいゝ湧水にかぎる、それも新鮮な処 にかぎる、すこし置いたんぢゃもうバクテリアが入るからね、空気 は高山や森のだけ吸ひ給へ、町のはだめだ。さあ諸君みんなどこか しんとした山の中へ行っていゝ空気といゝ水と岩塩でもたべながら このビヂテリアン大祭をやるやうにし給へ。こゝの空気は吸っちゃ いけないよ。吸っちゃいけないよ。」

拍手は起り、笑声も起りまし たが多くの人はだまって考へてゐました。その男はもう大得意でチ ラッとさっき懺悔してビヂテリアンになった友人の方を見て自分の 席へ帰りました。すると私の愕いたことはこの時まで腕を拱いてぢ っと座っていた陳氏がいきなり立って行ったことでした。支那服で 祭壇に立ってはじめて私の顔を見て一寸かすかに会釈しました。そ れから落ち着いて流暢な英語で反駁演説をはじめたのです。

「只今のご論旨は大へん面白いので私も早速空気を吸ふのをやめた いと思ひましたがその前に一寸一言ご返事をしたいと存じます。ど うぞその間空気を吸ふことをお許し下さい。

 さて只今のご論旨ではビヂテリアンたるものすべからく無菌の水 と岩石ぐらゐを喰べて海抜二千尺以上ぐらゐの高い処に生活すべし といふのでありましたが、なるほど私共の中には一酸化炭素と水と から砂糖を合成する事をしきりに研究してゐる人もあります。けれ ども茲ではまづ生物連続が面白かったやうですからそれを色々応用 して見ます。則ち人類から他の哺乳類鳥類爬虫類魚類それから節足 動物とか軟体動物とか乃至原生動物それから一転して植物、の細菌 類 それから多細胞の羊歯類顕花植物と斯う連続してゐるからもし 動物がかあいさうなら生物みんな可哀さうになれ、顕花植物なども 食べても切ってもいかんといふのですが、連続をしてゐるものはま だいろいろあります。仮令ば人間の一生は連続してゐる、嬰児期幼 児期少年少女期青年処女期壮年期老年期とまあ斯うでせう、処が実 はこれは便宜上勝手に分類したので実は連続してゐるはっきりした 堺はない、ですから、若し四十になる人が代議士に出るならば必ず 生れたばかりの嬰児も代議士を志願してフロックコートを着て政見 を発表したり燕尾服を着て交際したりしなければいけない、又小学 校の一年生にエービースィーを教えるなら大学校でもなぜ文学より 見たる理論化学とか、相対性学説の難点とかそんなことばかりやっ てエービースィーを教へないか、と斯う云ふことになります。或は 他の例を以てするならば元来変態心理と正常な心理とは連続的であ りますから人類は須く瘋癲病院を解放するか或はみんな瘋癲病院に 入らなければいけないと斯うなるのであります。この変てこな議論 が一見菜食にだけ適用するやうに思はれるのはそれは思ふ人がまだ この問題を真剣に考へ真実に実行しなかった証拠であります。斯ん なことはよくあるのです。

 いくら連続してゐてもその両端では大分ちがってゐます。太陽ス ペクトルの七色をごらんなさい。これなどは両端に赤と菫とがあり まん中に黄があります。ちがってゐますからどうも仕方ないのです。 植物に対してだってそれをあはれみいたましく思ふことは勿論です。 印度の聖者たちは実際故なく草を伐り花をふむことも戒めました。 然しながらこれは牛を殺すのと大へんな距離がある。それは常識で わかります。人間から身体の構造が遠ざかるに従ってだんだん意識 が薄くなるかどうかそれは少しもわかりませんがとにかくわれわれ は植物を食べるときそんなにひどく煩悶しません。そこはそれ相応 にうまくできてゐるのであります。バクテリヤの事が大へんやかま しいやうでしたが一体バクテリヤがそこにあるのを殺すといふやう なことは馬を殺すといふやうなのと非常なちがひです。バクテリヤ は次から次と分裂し死滅しまるで速かに速かに変化してるのです。 それを殺すと云った処で馬を殺すといふやうのとは大分ちがひます。 又バクテリヤの意識だってよくはわかりませんがとにかく私共が生 れつきバクテリヤについては殺すとかかあいさうだとかあんまりひ どく考へない。それでいゝのです。又仕方ないのです。但しこれも 人類の文化が進み人類の感情が進んだときどう変るかそれはわかり ません。印度の聖者たちは濾さない水は呑みません。普通の布の水 濾しでは原生動物は通りますまいがバクテリヤは通りませう。まあ これらについてはいくら理論上何と云はれても私たちにさう思へな いとお答へ致すより仕方ありません。やがて理論的にも又その通り 証明されるにちがひありません。私の国の孟子メンシアスと云 ふ人は徳の高い人は家畜の殺される処又料理される処を見ないと云 ひました。ごく穏健な考であります。自然はそんなおとしあなみた いなことはしませんから。私共は私共に具はった感官の状態私共を めぐった条件に於て菜食をしたいと斯う云ふのであります。こゝに 於て私は敢て高山に遁げません。」

陳氏は嵐のやうな拍手と一諸に 私の処へ帰って来ました。私が陳氏に立って敬意を示してゐる間に 演壇にはもう次の論士が立ってゐました。

「諸君、しづかにし給へ。まだそんなによろこぶには早い。なぜな らビヂテリアン諸君の主張は比較解剖学の見地からして正に根底か ら顛覆するからである。見給へ諸君の歯は何枚あります。三十二枚、 さうです。でその中四枚が門歯四枚が犬歯それから残りが臼歯と智 歯です。でそんなら門歯は何のため、門歯は食物を噛み取る為臼歯 は何のため植物を擦り砕くため、犬歯はそんなら何のためこれは肉 を裂くためです。これでお判りでせう。臼歯は草食動物にあり犬歯 は肉食類にある。人類に混食が一番適当なことはこれで見てもわか るのです。則ち人類は混食してゐるのが一番自然なのです。ですか ら我々は肉食をやめるなんて考へてはいけません。」ずゐぶんみん な堪えたのでしたがあんまりその人の身振りが滑稽でおまけにいか にも小学校の二年生に教へるやうに云ふもんですからたうたうみん などっと吹き出しました。私共の席から一人がすぐ出て行きました。

「只今の比較解剖学からのご説はどうも腑に落ちないのであります。 まづ第一に人類の歯に混食が丁度適当だといふのにいろいろ議論も 起りませうがまあこれは大体その通りとしていかゞです、その次に、 人類に混食が一番自然だから菜食してはいかんといふのは。

 自然だからその通りでいゝといふことはよく云ひますがこれは実 はいゝことも悪いこともあります。たとへば我々は畑をつくります。 そしてある目的の作物を育てるのでありますがこの際一番自然なこ とは畑一杯草が生えて作物が負けてしまふことです。これは一番自 然です。前論士がもし農場を経営なすった際には参観さして戴きた い。又人間には盗むといふやうな考があります。これは極めて自然 のことであります。そんならそのまゝでいゝではないか。と斯うな ります。又異教派の方にも大分諸方から鉄道などでお出でになった 方もあるやうでありますが鉄道で一番自然なこと則ちなるべく人力 を加へないやうにしまするならば衝突や脱線や人を轢いたりするな どがいゝやうであります。そんならそれでいゝではないかポイント マンだのタブレットだの面倒臭いことやめてしまへと斯う云ふこと になりますがどなたもご異議はありませんか。」

斯う云ってその人 はさっさっと席に戻ってしまひました。すると異教席からすぐ又一 人立ちました。

「私は実は宣伝書にも云って置いた通り充分詳しく論じやうと思っ たがさっきからのくしゃくしゃしたつまらない議論で頭が痛くなっ たからほんの一言申し上げる、魚などは諸君が喰べないたって死ぬ、 鰯なら人間に食はれるか鯨に呑まれるかどっちかだ。つぐみなら人 に食べられるか鷹にとられるかどっちかだ。そのときと鰯もつぐみ もまっ黒な鯨やくちばしの尖ったキスも出来ないやうな鷹に食べら れるよりも仁慈あるビヂテリアン諸氏に泪をほろほろそゝがれて喰 べられた方がいゝと云はないだらうか。それから今度は菜食だから って一向安心にならない。農業の方では害虫の学問があって薬をか けたり焼いたり潰したりして虫を殺すことを考へてゐる。百姓はみ んなそれをやる。鯨を食べるならば一疋を一万人でも食べられ、又 その為に百万疋の鰯を助けることになるのだが甘藍を一つたべると その為に青虫を百疋も殺してゐることになる。まるで諸君の考と反 対のことばかり行われてゐるのです。いかがです。」

すぐ又一人立 ちました。

「私はたゞ一分でお答へする。第一に魚がどんなに死ぬからってそ れが私たちの必ずそれを喰べる理由にはならない。又私たちが魚を たべたからって魚が喜ぶかどうかそんなこともわからない。どうせ 何かに殺されるだらうからってこっちが殺してやらうと云ふ訳には 参りません。人間が魚をとらなければ海が魚で埋まってしまふとい ふ勘定さへあるがそんなめのこ勘定で往くもんぢゃない。結局こん な間接のことまで論じてゐたんぢゃきりがない、たゞわれわれはま っすぐにどうもいけないと思ふことをしないだけだ。野菜も又犠牲 を払ふといふがそれはわれわれはよく知ってゐる。だから物を浪費 しないことは大切なことなのだ。但し穀作や何かならばそんなにひ どく虫を殺したりもしないのだ。極端な例でだけ比較をすればいく らでもこんな変な議論は立つのです。結局我々はどうしても正しい と思ふことをするだけなのだ。」

 拍手が起りました。その人は壇を下りました。

 異教徒席の中から赭い髪を立てた肥った丈の高い人が東洋風に形 容しましたら正に怒髪天を衝くといふ風で大股に祭壇に上って行き ました。私たちは寛大に拍手しました。

 祭司が一人出てその人と並んで招介しました。

「このお方は神学博士ヘルシウス、マットン博士でありましてカナ ダ大学の教授であります。此の度はシカゴ畜産組合の顧問として本 大祭に御出席を得只今より我々の主張の不備の点を御指摘下さる次 第であります。一寸招介申しあげます。」とかう云ふのでありまし た。私たちは寛大に拍手しました。

 マットン博士はしづかにフラスコから水を呑み肩をぶるぶるっと ゆすり腹を抱へそれから極めて徐ろに述べ始めました。

「ビヂテリアン同情派諸君。本日はこの光彩ある大祭に出席の栄を 得ましたことは私の真実光栄とする処であります。

 就てはこれより約五分間私の奉ずる神学の立場より諸氏の信条を 厳正に批判して見たいと思ふのであります。然るに私の奉ずる神学 とは然く狭隘なるものではない。私の奉ずる神学はたゞ二言にして 尽す。たゞ一なるまことの神はゐまし給ふ、それから神の摂理はは かるべからずと斯うである。これに賛せざる諸君よ、諸君は尚かの 中世の煩瑣はんさ哲学の残骸を以てこの明るく楽しく流動止ま ざる一千九百二十年代の人心に臨まんとするのであるか。今日宗教 の最大要件は簡潔である。吾人の哲学はこの二語を以て既に千六百 万人の世界各地に散在する信徒を得た。否 凡そ神を信ずる者にし てこの二語を奉ぜざるものありや、細部の諍論は暫らく措け 凡そ 何人か神を信ずるものにしてこの二語を否定するものありや。」

咆哮し終ってマットン博士は卓を打ち式場を見廻しました。満場森と して声もなかったのです。博士は続けました。

「讃ふべきかな神よ。神はまことにして変り給はない、神はすべて を創り給ふた。美しき自然よ。風は不断のオルガンを弾じ雲はトマ トの如く又馬齢薯の如くである。路のかたはらなる草花は或は赤く 或は白い。金剛石は硬く滑石は軟らかである、牧場は緑に海は青い。 その牧場にはうるはしき牛佇立し羊群馳ける。その海には青く装へ る鰯も泳ぎ大なる鯨も浮ぶ。いみじくも造られたる天地よ、自然よ。 どうです諸君ご異議がありますか。」

 式場はしいんとして返事がありませんでした。博士は実に得意に なってかゝとで一つのびあがり手で円くぐるっと環を描きました。

「その中の出来事はみな神の摂理である。総ては総てはみこゝろで ある。誠に畏き極みである。主の恵み讃ふべく主のみこゝろは測る べからざる哉。われらこの美しき世界の中にパンを食み羊毛と麻と 木綿とを着、セルリイと蕪菁ターニップとを食み又豚と鮭とを たべる。すべてこれ摂理である。み恵みである。善である。どうで す諸君。ご異議がありますか。」

 博士は今度は少し心配さうに顔色を悪くしてそっと式場を見まは しました。それから まるで脱兎のやうな勢で結論にはいりました。

「私はシカゴ畜産組合の顧問でも何でもない。たゞ神の正義を伝へ んが為に茲に来た。諸君、諸君は神を信ずる。何が故に神に従はな いか。何故に神の恩恵を拒むのであるか。速にこれを悔悟して従順 なる神の僕となれ。」

 博士は最后に大咆哮を一つやって電光のやうに自分の席に戻りそ こから横目でぢっと式場を見まはしました。拍手が起りましたが同 時に大笑ひも起りました。といふのは私たちは式場の神聖を乱すま いと思ってできる丈けこらえてゐたのでしたがあんまり博士の議論 が面白いのでしまひにはたうたうこらえ切れなくなったのでした。 一番前列に居た小さな信者が立ちあがって祭司次長に何か云ひまし た。次長は大きくうなづきました。

 その人はこの村の小学校の先生なやうでした。落ちついて祭壇に 立ってそれから叮寧にさっきのマットン博士に会釈しました。博士 はたしかに青くなってぶるぶる顫えてゐました。その信者は次に式 場全体に挨拶しました。拍手は強く起りました。その人は少しニュ ウファウンドのなまりを入れて演説をはじめました。

「異教論難に対し私はプログラムに許されてある通り宗教演説を以 て答へやうと思ふのであります。

 ヘルシウムマットン博士の御所説は実に三段論法の典型でありま す。まづ博士の神学を挙げて二度之を満場に承認せしめこれを以て 大前提とし次にビヂテリアンが之に背くことを述べて小前提とし最 后にビヂテリアンが故に神に背くことを断定し菜食なる小善の故に 神に背くの大罪を犯すことを暗示致されました。実に簡潔明瞭なる 所論であります。

 然るにこの典型的論理に私が多少疑問あることは最遺憾に存ずる 次第であります。

 第一に博士の一九二〇年代に適するやうにクリスト教旧神学中よ り抽出されました簡潔の神学はたゞこの語だけで見ますればこれい かにも適当であります。今日此処に集まりました人人はあながちク リスト教徒ばかりではありません、されどいづれの宗教に於てもこ れを云はんと欲するものであります。但しこれ敢て博士の神学でも ありません。これ最普通のことであります。

 第二にその神学の解釈に至っては私の最疑義を有する所でありま す。殊にも摂理の解釈に至っては到底博士は信者とは云はれませぬ。 摂理なる観念は敢てキリスト教に限らずこれ一般宗教通有のもので ありますがその解釈を誤ること我が神学博士のごときもの孰れの宗 教に於ても又実に多々あるのであります。今一度博士の所説を繰り 返すならば私は筆記して置きましたが、読んで見ます、その中の出 来事はみな神の摂理である。総ては総てはみこゝろである。誠に畏 き極みである。主の恵み讃ふべく主のみこゝろは測るべからざる哉、 すべてこれ摂理である。み恵みである 善である。と斯うです。こ れを更に約言するとき之を更に約言するときは斯うなります。現象 は総て神の摂理中なるが故に善なりと、まあよろしいやうでありま すが又ごくあぶないのであります。ここの善といふのは神より見た る善であります。絶対善であります。それをもし私たちから見た善 と解釈するとき始めて先刻のマットン博士の所説を生じます。現象 はみな善である、私が牛を食ふ、摂理で善である、私が怒ってマッ トン博士をなぐる、摂理で善である、なぜならこれは現象で摂理の 中のでき事で神のみ旨は測るべからざる哉と、斯うなる、私が諸君 にピストルを向けて諸君の帰国の旅費をみんな巻きあげる、大へん よろしい、私が誰かにをどされて旅費を巻きあげ損ねさうになる、 一発やる、その人が死ぬ、摂理で善である。もっと面白いのはここ にビヂテリアンといふ一類が動物をたべないと云ってゐる。神の摂 理である善である然るに何故にマットン博士は東洋流に形容するな らば怒髪天を衝いてこれを駁撃するか。こゝに至って畢竟マットン 博士の所説は自家撞着に終るものなることを示す。この結論は実に いゝ語であります。これ然しながら不肖私の語ではない、実にシカ ゴ畜産組合の肉食宣伝のパンフレット中に今朝拝見したものである。 終に臨んで勇敢なるマットン博士に深甚なる敬意を寄せます。」

 拍手は天幕をひるがへしさうでありました。

「大分露骨ですね、あんまり教育家らしくもないビヂテリアンです ね。」と陳さんが大笑ひをしながら申しました。

 処がその拍手のまだ鳴りやまないふちにもう異教徒席の中から瘠 せぎすの神経質らしい人が祭壇にかけ上りました。その人は手をぶ るぶる顫わせ眼もひきつってゐるやうに見えました。それでもコッ プの水を呑んで少し落ち着いたらしく一足進んで演説をはじめまし た。

「マットン博士の神学はクリスト教神学である。且つその摂理の解 釈に於て少しく遺憾の点のあったことは全く前論士の如くである。 然しながら茲に集られたビヂテリアン諸氏中約一割の仏教徒のある ことを私は知ってゐる。私も又実は仏教徒である。クリスト教国に 生れて仏教を信ずる所以はどうしても仏教が深遠だからである。自 分は阿弥陀仏の化身親鸞僧正によって啓示されたる本願寺派の信徒 である。則ち私は一仏教徒として我が同朋たるビヂテリアンの仏教 徒諸氏に一語を寄せたい。この世界は苦である、この世界に行はる るものにして一として苦ならざるものない、ここはこれみな矛盾で ある。みな罪悪である。吾等の心象中微塵ばかりも善の痕跡を発見 することができない。この世界に行はるゝ吾等の善なるものは畢竟 根のない木である。吾等の感ずる正義なるものは結局自分に気持が いゝといふ丈の事である。これは斯うでなければいけないとかこれ は斯うなればよろしいとかみんなそんなものは何にもならない。動 物がかあいさうだから喰べないなんといふことは吾等には云へたこ とではない。実にそれどころではないのである。たゞ遥かにかの西 方の覚者救済者阿弥陀仏に帰してこの矛盾の世界を離るべきである。 それ然る后に於て菜食主義もよろしいのである。この事柄は敢て議 論ではない、吾等の大教師にして仏の化身たる親鸞僧正がまのあた り肉食を行ひ爾来わが本願寺は代々これを行ってゐる。日本信者の 形容を以てすれば一つの壺の水を他の一つの壺に移すが如くに肉食 を継承してゐるのである。次にまた仏教の創設者釈迦牟尼を見よ。 釈迦は出離の道を求めんが為に壇特山となづくる林中に於て 六年精進苦行した。一日米の実一粒亜麻の実一粒を食したのである。 されども遂にその苦行の無益を悟り山を下りて川に身を洗ひ村女の 捧げたるクリームをとりて食し遂に法悦エクスタシーを得たの である。今日牛乳や鶏卵チーズバターをさへとらざるビヂテリアン がある。これらは若し仏教徒ならば論を俟たず、仏教徒ならざるも 又大に参考に資すべきである。更に釈迦は集り来れる多数の信者に 対して決して肉食を禁じなかった。五種浄肉となづけてあまり残忍 なる行為によらずして得たる動物の肉は之を食することを許したの である。今日のビヂテリアンは実に印度の古の聖者たちよりも食物 のある点に就て厳格である。されどこれ畢竟不具である畸形である、 食物のみ厳格なるも釈迦の制定したる他の律法に一も従っていない。 特にビヂテリアン諸氏よくこれを銘記せよ。釈迦はその晩年 その 思想いよいよ円熟するに従て全く菜食主義者ではなかったやうであ る。見よ、釈迦は最后に鍛工チェンダといふものの捧げたる食物を 受けた。その食物は豚肉を主としてゐる、釈迦はこの豚肉の為に予 め害したる胃腸を全く救ふべからざるものにしたらしい。その為に たうたう八十一歳にしてクシナガラといふ処に寂滅したのである。 仏教徒諸君、釈迦を見ならへ、釈迦の行為を模範とせよ。釈迦の相 似形となれ、釈迦の諸徳をみなその二万分一、五万分一、或は二十 万分一の縮尺スケールに於てこれを習修せよ。然る后に菜食主 義もよろしからう。諸君の如き畸形の信者は恐らく地下の釈迦も迷 惑であらう。」

 拍手はテントもひるがへるばかりでした。

 私はこの時 あんまりひどい今の語に頭がフラッとしました。そ してまるでよろよろ出て行きました。

 何を云ふんだったと思ったときはもう演壇に立ってみんなを見下 してゐました。

 陳氏が一番向ふでしきりに拍手してゐました。みんなはまるで野 原の花のやうに見えたのです。私は云ひました。

「前論士は仏教徒として菜食主義を否定し肉食論を唱へたのであり ますが遺憾乍ら私は又敬虔なる釈尊の弟子として前論士の所説の誤 謬を指摘せざるを得ないのであります。先ず豫め茲で述べなければ ならないことは前論士は要するに仏教特に腐敗せる日本教権に対し て一種骨董的好奇心を有するだけで決して仏弟子でもなく仏教徒で もないといふことであります。これその演説中数多如来正遍知に対 してあるべからざる言辞を弄したるによって明らかである。特にそ の最后の言を見よ 地下の釈迦も定めし迷惑であらうと これ何た る言であるか 何人か如来を信ずるものにしてこれを地下にありと いふものありや 我等は決して斯の如き仏弟子の外皮を被り貢高邪 曲の内心を有する悪魔の使徒を許すことはできないのである。見よ、 彼は自らの芥子の種子ほどの智識を以てかの無上土を測らうとする、 その論を更に今私は繰り返すだも恥づる処であるが実証の為にこれ を指摘するならば彼は斯う云ってゐる。クリスト教国に生れて仏教 を信ずる所以はどうしても仏教が深遠だからであると。クリスト教 信者諸氏、処を換へて次の如き命題を諸氏は許容するか、仏教国に 生れてクリスト教を信ずる所以はどうしてもクリスト教が深遠だか らであると。諸君はその軽薄に不快を禁じ得ないだらう。私から云 ふならば前論士の如きにいづれの教理が深遠なるや見当も何もつく ものではないのである。次に前論士は吾等の世界に於ける善につい て述べられた。この世界に行はるゝ吾等の善なるものは畢竟根のな い木であると、これは恐らくは如来のみ力を受けずして善はあるこ とないといふ意味であらう私もさう信ずる。その次にこれは斯うな ればよろしいとかこれはかうでなければいけないとかそんなものは 何にもならない、とこれも私は如来のみ旨によらずして我等のみの 計らひにてはさうであると思ふ。前論士も又その意味で云はれたや うである。但したゞ速かにかの西方の覚者に帰せよと、これは仏教 の中に於て色々諍論のある処である。今はこれを避ける。たゞ我等 仏教徒はまづ釈尊の所説の記録仏経に従ふといふことだけを覚悟し やう。仏経に従ふならば五種浄肉は修業未熟のものにのみ許された こと枴迦経に明かである。これとても最后涅槃経中には今より以後 汝等仏弟子の肉を食ふことを許さずとされてゐる。その五種浄肉と ても前論士の云はれた如き余り残忍なる行為によらずしてといふご とき簡単なるものではない。仏教中の様々の食制に関する考は他に 誰か述べられる予定があったやうであるから茲には之を略する。但 し最后に前論士は釈尊の終りに受けられた供養が豚肉であるといふ、 何といふ間違ひであるか豚肉ではない蕈の一種である。サンスクリ ットの両音相類似する所から軽卒にもあのやうな誤りを見たのであ る。茲に於てか私は前論士の結論を以て前論士に酬へる。仏教徒諸 君 釈迦を見ならへ 釈迦の相似形となれ 釈迦の諸徳をみなその 二万分一 五万分一 或は二十万分一の縮尺に於て 之を習修せよ。 あゝこの語気の軽薄なることよ。私は之を自ら言ひて更にそを口に した事を恥じる。

 私は次に宗教の精神より肉食しないことの当然を論じやうと思ふ。 キリスト教の精神は一言にして云はゞ神の愛であらう。神天地をつ くり給ふたとのつくるといふやうな語は要するにわれわれに対する 一つの譬諭である、表現である。マットン博士のやうに誤った摂理 論を出さなくてもよろしい。畢竟は愛である。あらゆる生物に対す る愛である。どうしてそれを殺して食べることが当然のことであら う。

 仏教の精神によるならば慈悲である、如来の慈悲である完全なる 智慧を具へたる愛である 仏教の出発点は一切の生物がこのやうに 苦しくこのやうにかなしい我等とこれら一切の生物と諸共にこの苦 の状態を離れたいと斯う云ふのである。その生物とは何であるか、 そのことあまりに深刻にして諸氏の胸を傷つけるであらうがこれ真 理であるから避け得ない、率直に述べやうと思ふ。総ての生物はみ な無量のカルバの昔から流転に流転を重ねて来た。流転の階 段は大きく分けて九つある。われらはまのあたりその二つを見る。 一つのたましひはある時は人を感ずる。ある時は畜生、則ち我等が 呼ぶ所の動物中に生れる。ある時は天上にも生れる。その間にはい ろいろの他のたましひと近づいたり離れたりする。則ち友人や恋人 や兄弟や親子やである。それらが互にはなれ又生を隔ててはもうお 互に見知らない。無限の間には無限の組合せが可能である。だから 我々のまはりの生物はみな永い間の親子兄弟である。異教の諸氏は この考をあまり真剣で恐ろしいと思ふだらう。恐ろしいまでこの世 界は真剣な世界なのだ。私はこれだけを述べやうと思ったのである。」

 私は会釈して壇を下り拍手もかなり起りました。異教徒席の神学 博士たちももうこれ以上論じたいやうな景色も見えませんでした。 けれども異教徒席の中にだってみんな神学博士ばかりではありませ んでした。丁度ヘッケルのやうな風をした眉間に大きな傷あとのあ る人が俄かに椅子を立ちました。私は今朝のパンフレットから考へ てきっとあれは動物学者だらうと考へたのです。

 その人はまるで顔をまっ赤にしてせかせかと祭壇にのぼりました。 我々は寛大に拍手しました。その人はぶるぶるふるえる手でコップ に水をついでのみました。コップの外へも水がすこしこぼれました。 そのふるえやうがあんまりひどいので私は少し神経病の疑さへもも ちました。ところが水をのむとその人は俄かにピタッと落ち着きま した。それからごくしづかに何か云ひさうに口をしましたがその語 はなかなか出て来ませんでした。みんなはしんとなりました。その 人は突然爆発するやうに叫びました。二三度どもりました。

「な、な、な何が故に、何が故に、君たちはど、ど、動物を食はな いと云ひながら、ひ、ひ、ひ、羊、羊の毛のシャッポをかぶるか。」 その人は興奮の為にガタガタふるえてそれからやけに水をのみまし た。さあ大へんです。テントの中は割けるばかりの笑ひ声です。

 陳氏ももう手を叩いてころげまはってから云ひました。

「まるでジョン、ヒルガードそっくりだ。」

「ジョンヒルガードって何です。」私は訊ねました。

「喜劇役者ですよ。ニュウヨーク座の。けれどもヒルガードには眉 間にあんな傷痕がありません。」

「なるほど。」

 そのあとはもう異教徒席も異派席もしいんとしてしまって誰も演 壇に立つものがありませんでした。祭司次長がしばらく式場を見ま はして今のざわめきが静まってから落ちついて異教徒席へ行きまし た。ほかにお立ちの方はありませんかとでも云ったやうでしたが誰 もしんとして答へるものがありませんでしたので次長は一寸礼をし て引き下がりました。

「すっかり参ったやうですね。」陳氏が私に云ひました。私も実際 嬉しかったのです。あんなに頑強に見えたシカゴ軍があんまりもろ く粉砕されたからです。斯う云ってはなんだか野球のやうですが全 くさうでした。そこで電鈴がずゐぶん永く鳴りました。そのすきと ほった音に私の興奮した心はもう一ぺん透明なニュウファウンドラ ンドの九月といふやうな気分に戻りました。みんなもさうらしかっ たのです。陳氏は
「私はもう一発やって来ますから。」と云ひながら立ちあがって出 て行きました。

 その時です。神学博士がまたしほしほと壇に立ちました。そして しょんぼりと礼をして云ったのです。

「諸君、今日私は神の思召のいよいよ大きく深いことを知りました。 はじめ私は混食のキリスト信者としてこの式場に臨んだのでありま したが今や神は私に敬虔なるビヂテリアンの信者たることを命じた まひました。ねがはくは先輩諸氏愚昧小生の如きをも清き諸氏の集 会の中に諸氏の同朋として許したまへ。」

 そして壇を下って頭を垂れて立ちました。

 祭司次長がすぐ進んで握手しました。みんなは歓呼の声をあげ熱 心に拍手してこの新らしい信者を迎へたのです。

 すると異教席はもうめちゃめちゃでした。まっ黒になって一ぺん に立ちあがり一ぺんに壇にのぼって
「悔ひ改めます。許して下さい。私どももみんなビヂテリアンにな ります。」と声をそろえて云ったのです。

 祭司次長がすぐ進んで一人づつ握手しました。そして一人づつ壇 を下ってこっちの椅子に座りました。歓呼と拍手とで一杯でした。 椅子が丁度うまい工合にあったのです。何だかあんまりみんなうま い工合でした。そのとき外ではどうんと又一発陳氏ののろしがあが りました。その陳氏がもう入って来て私に軽く会釈してまだ立ちな がら向ふを見て云ひました。

「おやおやみんな改宗しましたね、あんまりあっけない、おや椅子 も丁度いゝ、はてな一つあいてる、さうだ、さっきのヒルガアドに 似た人だけまだ頑張ってる。」なるほどさっきのおしまひの喜劇役 者に肖た人はたった一人異教徒席に座って腕を組んだり髪を掻きむ しったりいかにも仰山なのでみんなはたうたうひどく笑ひました。

「あの男の煩悶なら一体何だかわからないですな。」陳氏が云ひま した。

 ところがたうたうその人は立ちあがりました。そして壇にのぼり ました。

「諸君、私は誤ってゐた。私は迷ってゐたのです。私は今日からビ ヂテリアンになります。いや私は前からビヂテリアンだったやうな 気がします。どうもさっきまちがへて異教徒席に座りそのためにあ んな反対演説をしたらしいのです。諸君許したまへ。且つ私考へる に本日異教徒席に座った方はみんな私のやうに席をちがへたのだら うと思ふ。どうもさうらしい。その証拠には今はみんな信者席に座 ってゐる。どうです、前異教徒諸氏さうでせう。」

 私の愕いたことは神学博士をはじめみんな一ぺんに立ちあがって 「さうです。」と答へたことです。

「さうでせう。して見ると私はいよいよ本心に立ち帰らなければな らない。私は或はご承知でせう、ニュウヨウク座のヒルガアドです。 今日は私はこのお祭を賑やかにする為に祭司次長から頼まれて一つ しばゐをやったのです。このわれわれのやった大しばゐについて不 愉快なお方はどうか祭司次長にその攻撃の矢を向けて下さい。私は ごく気の弱い一信者ですから。」

 ヒルガアドは一礼して脱兎のやうに壇を下りたゞ一つあいた席に ぴたっと座ってしまひました。

「やられたな、すっかりやられた。」陳氏は笑ひころげ哄笑歓呼拍 手は祭場も破れるばかりでした。けれども私はあんまりこのあっけ なさにぼんやりしてしまひました。あんまりぼんやりしましたので 愉快なビヂテリアン大祭の幻想はもうこわれました。どうかあとの 所はみなさんで活動写真のおしまゐのありふれた舞踏か何かを使っ てご勝手にご完成をねがふしだいであります。