目次へ  縦書き

おきなぐさ

 うずのしゅげを知ってゐますか。

 うずのしゅげは、植物学ではおきなぐさと呼ばれますがおきなぐ さといふ名は何だかあのやさしい若い花をあらはさないやうにおも ひます。

 そんならうずのしゅげとは何のことかと云はれても私にはわかっ たやうな亦わからないやうな気がします。

 それはたとえば私どもの方でねこやなぎの花芽をべむべろと云ひ ますがそのべむべろが何のことかわかったやうなわからないやうな 気がするのと全くおなじです。とにかくべむべろといふ語のひゞき の中にあの柳の花芽の銀びらうどのこゝろもち、なめらかな春のは じめの光の工合が実にはっきり出てゐるやうに、うずのしゅげとい ふときはあの毛莨科のおきなぐさの黒朱子の花びら、青じろいやは り銀びらうどの刻みのある葉、それから六月のつやつや光る冠毛が みなはっきりと眼にうかびます。

 まっ赤なアネモネの花の従兄、きみかげさうやかたくりの花のと もだち、このうずのしゅげの花をきらひなものはありません。

 ごらんなさい。この花は黒朱子ででもこしらへた変り型のコップ のやうに見えますが、その黒いのはたとへば葡萄酒が黒く見えると 同じです。この花の下を終始往ったり来たりする蟻に私はたづねま す。

「おまえはうずのしゅげはすきかい、きらひかい。」

 蟻は活撥に答へます。

「大すきです。誰だってあの人をきらひなものはありません。」

「けれどもあの花はまっ黒だよ。」

「いゝえ、黒く見えるときもそれはあります。けれどもまるで燃え あがってまっ赤な時もあります。」

「はてな、お前たちの眼にはそんな工合に見えるのかい。」

「いゝえ、お日さまの光の降る時なら誰にだってまっ赤に見えるだ らうと思ひます。」

「さうさう。もうわかったよ。お前たちはいつでも花をすかして見 るのだから。」

「そしてあの葉や茎だって立派でせう。やはらかな銀の糸が植えて あるやうでせう。私たちの仲間では誰かゞ病気にかかったときはあ の糸をほんのすこうし貰って来てしづかにからだをさすってやりま す。」

「さうかい。それで、結局、お前たちはうずのしゅげは大すきなん だらう。」

「さうです。」

「よろしい。さよなら。気をつけておいで。」

 この通りです。

 又向ふの、黒いひのきの森の中のあき地に山男が居ます。山男は お日さまに向いて倒れた木に腰掛けて何か鳥を引き裂いて喰べやう としているらしいのですがなぜあの黝んだ黄金の眼玉を地面にぢっ と向けているのでせう。鳥を喰べることさへ忘れたやうです。

 あれは空地のかれ草の中に一本のうずのしゅげが花をつけ風にか すかにゆれてゐるのを見てゐるからです。

 私は去年の丁度今ごろの風のすきとほったある日のひるまを思ひ 出します。

 それは小岩井農場の南、あのゆるやかな七つ森のいちばん西のは づれの西がはでした。かれ草の中に二本のうずのしゅげがもうその 黒いやはらかな花をつけてゐました。

 まばゆい白い雲が小さな小さなきれになって砕けてみだれて空を いっぱい東の方へどんどんどんどん飛びました。

 お日さまは何べんも雲にかくされて銀の鏡のやうに白く光ったり 又かゞやいて大きな宝石のやうに蒼ぞらの淵にかゝったりしました。

 山脈の雪はまっ白に燃え、眼の前の野原は黄いろや茶の縞になっ てあちこち堀り起された畑は鳶いろの四角なきれをあてたやうに見 えたりしました。

 おきなぐさはその変幻の光の奇術とりっくの中で夢よりもし づかに話しました。

「ねえ、雲が又お日さんにかゝるよ。そら向ふの畑がもう陰になっ た。」

「走って来る、早いねえ、もうから松も暗くなった。もう越えた。」

「来た、来た。おゝくらい。急にあたりが青くしんとなった。」

「うん、だけどもう雲が半分お日さんの下をくぐってしまったよ。 すぐ明るくなるんだよ。」

「もう出る。そら、あゝ明るくなった。」

「だめだい。又来るよ、そら、ね、もう向ふのポプラの木が黒くな ったらう。」

「うん。まるでまはり燈籠のやうだねえ。」

「おい、ごらん。山の雪の上でも雲のかげが滑ってるよ。あすこ。 そら。こゝよりも動きやうが遅いねえ。」

「もう下りて来る。あゝこんどは早い早い、まるで落ちて来るやう だ。もうふもとまで来ちゃった。おや、どこへ行ったんだらう、見 えなくなってしまった。」

「不思議だねえ、雲なんてどこから出て来るんだらう。ねえ、西の そらは青じろくて光ってよく晴れてるだらう。そして風がどんどん 空を吹いてるだらう。それだのにいつまでたっても雲がなくならな いぢゃないか。」

「いゝや、あすこから雲が湧いて来るんだよ。そら、あすこに小さ な小さな雲きれが出たらう。きっと大きくなるよ。」

「あゝ、ほんたうにさうだね、大きくなったねえ。もう兎ぐらゐあ る。」

「どんどんかけて来る。早い早い、大きくなった、白熊のやうだ。」

「又お日さんへかゝる。暗くなるぜ、奇麗だねえ。あゝ奇麗。雲の へりがまるで虹で飾ったやうだ。」

 西の方の遠くの空でさっきまで一生けん命啼いてゐたひばりがこ の時風に流されて羽を変にかしげながら二人のそばに降りて来たの でした。

「今日は、風があっていけませんね。」

「おや、ひばりさん、いらっしゃい。今日なんか高いとこは風が強 いでしょうね。」

「えゝ、ひどい風ですよ。大きく口をあくと風が僕のからだをまる で麦酒瓶のやうにボウと鳴らして行く位ですからね。わめくも歌ふ も容易のこっちゃありませんよ。」

「さうでしょうね。だけどここから見てゐるとほんたうに風はおも しろさうですよ。僕たちも一ぺん飛んで見たいなあ。」

「飛べるどこぢゃない。もう二ヶ月お待ちなさい。いやでも飛ばな くちゃなりません。」

 それから二ヶ月めでした。私は御明神へ行く途中もう一ぺんそこ へ寄ったのでした。

 丘はすっかり緑でほたるかづらの花が子供の青い瞳のやう、小岩 井の野原には牧草や燕麦がきんきん光って居りました。風はもう南 から吹いて居ました。

 春の二つのうずのしゅげの花はすっかりふさふさした銀毛の房に かはってゐました。野原のポプラの錫いろの葉をちらちらひるがへ しふもとの草が青い黄金のかゞやきをあげますとその二つのうずの しゅげの銀毛の房はぷるぷるふるへて今にも飛び立ちさうでした。

 そしてひばりがひくく丘の上を飛んでやって来たのでした。

「今日は。いゝお天気です。どうです。もう飛ぶばかりでせう。」

「えゝ、もう僕たち遠いとこへ行きますよ。どの風が僕たちを連れ て行くかさっきから見てゐるんです。」

「どうです。飛んで行くのはいやですか。」

「なんともありません。僕たちの仕事はもう済んだんです。」

「恐かありませんか。」

「いゝえ、飛んだってどこへ行ったって野はらはお日さんのひかり で一杯ですよ。僕たちばらばらにならうたってどこかのたまり水の 上に落ちやうたってお日さんちゃんと見ていらっしゃるんですよ。」

「さうです、さうです。なんにもこわいことはありません。僕だっ てもういつまでこの野原に居るかわかりません。もし来年も居るや うだったら来年は僕はこゝへ巣をつくりますよ。」

「えゝ、ありがたう。あゝ、僕まるで息がせいせいする。きっと今 度の風だ。ひばりさん、さよなら。」

「僕も、ひばりさん、さよなら。」

「ぢゃ、さよなら、お大事においでなさい。」

 奇麗なすきとほった風がやって参りました。まず向ふのポプラを ひるがへし、青の燕麦オートに波をたてそれから丘にのぼって 来ました。

 うずのしゅげは光ってまるで踊るやうにふらうらして叫びました。

「さよなら、ひばりさん、さよなら、みなさん。お日さん、ありが たうございました。」

 そして丁度星が砕けて散るときのやうにからだがばらばらになっ て一本づつの銀毛はまっしろに光り、羽虫のやうに北の方へ飛んで 行きました。そしてひばりは鉄砲玉のやうに空へとびあがって鋭い みぢかい歌をほんの一寸歌ったのでした。

 私は考へます。なぜひばりはうずのしゅげの銀毛の飛んで行った 北の方へ飛ばなかったか、まっすぐに空の方へ飛んだか。

 それはたしかに二つのうずのしゅげのたましひが天の方へ行った からです。そしてもう追ひつけなくなったときひばりはあのみぢか い別れの歌を贈ったのだらうと思ひます。そんなら天上へ行った二 つの小さなたましひはどうなったか、私はそれは二つの小さな変光 星になったと思ひます。なぜなら変光星はあるときは黒くて天文台 からも見えずあるときは蟻が云ったやうに赤く光って見えるからで す。