目次へ  縦書き

ひかりの素足

一、山小屋。

 鳥の声があんまりやかましいので一郎は眼をさましました。

 もうすっかり夜があけてゐたのです。

 小屋の隅から三本の青い日光の棒が斜めにまっすぐに兄弟の頭の 上を越して向ふの萱の壁の山刀やはむばきを照らしてゐました。

 土間のまん中では榾が赤く燃えてゐました。日光の棒もそのけむ りのために青く見え、またそのけむりはいろいろなかたちになって ついついとその光の棒の中を通って行くのでした。

「ほう、すっかり夜ぁ明げだ。」一郎はひとりごとを云ひながら弟 の楢夫の方に向き直りました。楢夫の顔はりんごのやうに赤く口を すこしあいてまだすやすや睡って居ました。白い歯が少しばかり見 えてゐましたので一郎はいきなり指でカチンとその歯をはじきまし た。

 楢夫は目をつぶったまゝ一寸顔をしかめましたがまたすうすう息 をしてねむりました。

「起ぎろ、楢夫、夜ぁ明げだ、起ぎろ。」一郎は云ひながら楢夫の 頭をぐらぐらゆすぶりました。

 楢夫はいやさうに顔をしかめて何かぶつぶつ云ってゐましたがた うたううすく眼を開きました。そしていかにもびっくりしたらしく 「ほ、山さ来てらたもな。」とつぶやきました。

昨夜ゆべな、今朝方だたがな、火ぁでらたな、おべだが。」

 一郎が云ひました。

「知らなぃ。」

「寒くてさ。お父さん起ぎて又燃やしたやうだっけぁ。」

 楢夫は返事しないで何かぼんやりほかのことを考へてゐるやうで した。

「お父さんそどで稼ぃでら。さ、起ぎべ。」

「うん。」

 そこで二人は一所にくるまって寝た小さな一枚の布団から起き出 しました。そして火のそばに行きました。楢夫はけむさうにめをこ すり一郎はぢっと火を見てゐたのです。

 外では谷川がごうごうと流れ鳥がツンツン鳴きました。

 その時にはかにまぶしい黄金の日光が一郎の足もとに流れて来ま した。

 顔をあげて見ますと入口がパッとあいて向ふの山の雪がつんつん と白くかゞやきお父さんがまっ黒に見えながら入って来たのでした。

「起ぎだのが。昨夜寒ぐなぃがったが。」

「いゝえ、」

「火ぁ消でらたもな。おれぁ二度起ぎで燃やした。さあ、口漱げ、 飯でげでら、楢夫。」

「うん。」

「家ど山どどっちぁ好い。」

「山の方ぁい、いんとも学校さ行がれなぃもな。」

 するとお父さんが鍋を少しあげながら笑ひました。一郎は立ちあ がって外に出ました。楢夫もつゞいて出ました。

 何といふきれいでせう。空がまるで青びかりでツルツルしてその 光がツンツンと二人の眼にしみ込みまた太陽を見ますとそれは大き な空の宝石のやうに橙や緑やかゞやきの粉をちらしまぶしさに眼を つむりますと今度はその蒼黒いくらやみの中に青あをと光って見え るのです、あたらしく眼をひらいては前の青ぞらに桔梗いろや黄金 やたくさんの太陽のかげぼうしがくらくらとゆれてかゝってゐます。

 一郎はかけひの水を手にうけました。かけひからはつららが太い 柱になって下までとゞき、水はすきとほって日にかゞやきまたゆげ をたてゝいかにも暖かさうに見えるのでしたがまことはつめたく寒 いのでした。一郎はすばやく口をそゝぎそれから顔もあらひました。

 それからあんまり手がつめたいのでお日さまの方へ延ばしました。 それでも暖まりませんでしたからのどにあてました。

 その時楢夫も一郎のとほりまねをしてやってゐましたが、たうた うつめたくてやめてしまひました。まったく楢夫の手は霜やけで赤 くふくれてゐました。一郎はいきなり走って行って
「冷だぁが」と云ひながらそのぬれた小さな赤い手を両手で包んで 暖めてやりました。

 さうして二人は又小屋の中にはいりました。

 お父さんは火を見ながらぢっと何か考へ、鍋はことこと鳴ってゐ ました。

 二人も座りました。

 日はもうよほど高く三本の青い日光の棒もだいぶ急になりました。

 向ふの山の雪は青ぞらにくっきりと浮きあがり見てゐますと何だ かこゝろが遠くの方へ行くやうでした。

 にはかにそのいたゞきにパッとけむりか霧のやうな白いぼんやり したものがあらはれました。

 それからしばらくたってフィーとするどい笛のやうな声が聞えて 来ました。

 すると楢夫がしばらく口をゆがめて変な顔をしてゐましたがたう たうどうしたわけかしくしく泣きはじめました。一郎も変な顔をし て楢夫を見ました。

 お父さんがそこで
「何した、家さ行ぐだぐなったのが、何した。」とたづねましたが 楢夫は両手を顔にあてゝ返事もしないで却ってひどく泣くばかりで した。

「何した、楢夫、腹痛ぃが。」一郎もたづねましたがやっぱり泣く ばかりでした。

 お父さんは立って楢夫の額に手をあてゝ見てそれからしっかり頭 を押へました。

 するとだんだん泣きやんでつひにはたゞしくしく泣きじゃくるだ けになりました。

「何して泣ぃだ。家さ行ぐだぃぐなったべぁな。」お父さんが云ひ ました。

「うんにゃ。」楢夫は泣きじゃくりながら頭をふりました。

「どごが痛くてが。」

「うんにゃ。」

「そだらなして泣ぃだりゃ、男などぁ泣がなぃだな。」

「怖っかなぃ。」まだ泣きながらやっと答へるのでした。

「なして怖っかなぃ。お父さんも居るしあいなも居るし昼ま で明りくて何っても怖っかなぃごとぁ無いぢゃぃ。」

「うんう、怖っかなぃ。」

「何ぁ怖っかなぃ。」

「風の又三郎ぁ云ったか。」

「何て云った。風の又三郎など、怖っかなぐなぃ。何て云った。」

「お父さんおりゃさ新らしきもの着せるって云ったか。」楢夫はま た泣きました。一郎もなぜかぞっとしました。けれどもお父さんは 笑ひました。

「ああははは、風の又三郎ぁ、いゝ事云ったな。四月になったら新 らし着物買ってけらな。一向泣ぐごとぁなぃぢゃぃ。泣ぐな泣ぐな。」 「泣ぐな。」一郎も横からのぞき込んでなぐさめました。

「もっと云ったか。」楢夫はまるで眼をこすってまっかにして云ひ ました。

「何て云った。」

「それがらお母さん、おりゃのごと湯さ入れで洗ふて云ったか。」

「ああはは、そいづぁ虚ぞ。楢夫などぁいっつも一人して湯さ入る もな。風の又三郎などぁ偽こぎさ。泣ぐな、泣ぐな。」

 お父さんは何だか顔色を青くしてそれに無理に笑ってゐるやうで した。一郎もなぜか胸がつまって笑へませんでした。楢夫はまだ泣 きやみませんでした。

「さあおまま食べし泣ぐな。」楢夫は眼をこすりながら変に 赤く小さくなった眼で一郎を見ながら又言ひました。

「それがらみんなしておりゃのごと送って行ぐて云ったか。」

「みんなして汝のごと送てぐど。そいづぁなぁ、うな立派になって どごさが行ぐ時ぁみんなして送ってぐづごとさ。みんないゝごとば がりだ。泣ぐな。な、泣ぐな。春になったら盛岡祭見さ連でぐはん て泣ぐな。な。」

 一郎はまっ青になってだまって日光に照らされたたき火を見てゐ ましたが、この時やっと云ひました。

「なあに風の又三郎など、怖っかなぐなぃ。いっつも何だりかだり って人だますぢゃぃ。」

 楢夫もやうやく泣きぢゃくるだけになりました。けむりの中で泣 いて眼をこすったもんですから眼のまはりが黒くなってちょっと小 さな狸のやうに見えました。

 お父さんはなんだか少し泣くやうに笑って
「さあもう一がへり面洗なぃやなぃ。」と云ひながら立ちあがりま した。

二、峠。

 ひるすぎになって谷川の音もだいぶかはりました。何だかあたた かくそしてどこかをだやかに聞えるのでした。

 お父さんは小屋の入口で馬を引いて炭をおろしに来た人と話して ゐました。ずゐぶん永いこと話してゐました。それからその人は炭 俵を馬につけはじめました。二人は入口に出て見ました。

 馬はもりもりかいばをたべてそのたてがみは茶色でばさばさしそ の眼は大きくて眼の中にはさまざまのおかしな器械が見えて大へん に気の毒に思はれました。

 お父さんが二人に言ひました。

「そいでぁうなだ、この人さ随ぃで家さ戻れ。この人ぁ楢鼻まで行 がはんて。今度の土曜日に天気ぁ好がったら又おれぁ迎ぃに行がは んてなぃ。」

 あしたは月曜日ですから二人とも学校へ出るために家へ帰らなけ ればならないのでした。

「そだら行がんす。」一郎が云ひました。

「うん、それがら家さ戻ったらお母さんさ、ついでの人さたのんで 大きな方の鋸をよごして呉ろって云へやぃな、いいが。忘れなよ。 家まで丁度一時間半かゞらはんてゆっくり行っても三時半にあ戻れ る。のどぁ乾ぃでも雪たべなやぃ。」

「うん。」楢夫が答へました。楢夫はもうすっかり機嫌を直してピ ョンピョン跳んだりしてゐました。

 馬をひいた人は炭俵をすっかり馬につけてつなを馬のせなかで結 んでから
「さ、そいでぃ、行ぐまちゃ。わらし達ぁ先に立ったら好がべがな。」 と二人のお父さんにたづねました。「なあに随で行ぐごたんす。ど うがお願ぁ申さんすぢゃ。」お父さんは笑っておじぎをしました。

「さ、そいでぁ、まんつ、」その人は牽づなを持ってあるき出し鈴 はツァリンツァリンと鳴り馬は首を垂れてゆっくりあるきました。

 一郎は楢夫をさきに立ててそのあとに跡いて行きました。みちが よくかたまってじっさい気持ちがよく、空はまっ青にはれて、却っ て少しこわいくらゐでした。

「房下ってるぢゃぃ。」にはかに楢夫が叫びました。一郎はうしろ からよく聞えなかったので「何や。」とたづねました。

「あの木さ房下ってるぢゃぃ。」楢夫が又云ひました。見るとすぐ 崖の下から一本の木が立ってゐてその枝には茶いろの実がいっぱい に房になって下って居りました。一郎はしばらくそれを見ました。 それから少し馬におくれたので急いで追ひつきました。馬を引いた 人はこの時ちょっとうしろをふりかへってこっちをすかすやうにし て見ましたがまた黙ってあるきだしました。

 みちの雪はかたまってはゐましたがでこぼこでしたから馬はたび たびつまづくやうにしました。楢夫もあたりを見てあるいてゐまし たのでやはりたびたびつまづきさうにしました。

「下見で歩げ。」と一郎がたびたび云ったのでした。

 みちはいつか谷川からはなれて大きな象のやうな形の丘の中腹を まはりはじめました。栗の木が何本か立って枯れた乾いた葉をいっ ぱい着け、鳥がちょんちょんと鳴いてうしろの方へ飛んで行きまし た。そして日の光がなんだか少しうすくなり雪がいままでより暗く そして却って強く光って来ました。

 そのとき向ふから一列の馬が鈴をチリンチリンと鳴らしてやって 参りました。

 みちが一むらの赤い実をつけたまゆみの木のそばまで来たとき両 方の人たちは行きあひました。兄弟の先に立った馬は一寸みちをよ けて雪の中に立ちました。兄弟も膝まで雪にはいってみちをよけま した。

「早ぃな。」

「早がったな。」挨拶をしながら向ふの人たちや馬は通り過ぎて行 きました。

 ところが一ばんおしまひの人は挨拶をしたなり立ちどまってしま ひました。馬はひとりで少し歩いて行ってからうしろから「どう。」 と云はれたのでとまりました。兄弟は雪の中からみちにあがり二人 とならんで立ってゐた馬もみちにあがりました。ところが馬を引い た人たちはいろいろ話をはじめました。

 兄弟はしばらくは、立って自分たちの方の馬の歩き出すのを待っ てゐましたがあまり待ち遠しかったのでたうたう少しづつあるき出 しました。あとはもう峠を一つ越えればすぐ家でしたし、一里もな いのでしたからそれに天気も少しは曇ったってみちはまっすぐにつ ゞいてゐるのでしたから何でもないと一郎も思ひました。

 馬をひいた人は兄弟が先に歩いて行くのを一寸よこめで見てゐま したがすぐあとから追ひつくつもりらしくだまって話をつゞけまし た。

 楢夫はもう早くうちへ帰りたいらしくどんどん歩き出し一郎もた びたびうしろをふりかへって見ましたが馬が雪の中で茶いろの首を 垂れ二人の人が話し合って白い大きな手甲がちらっと見えたりする だけでしたからやっぱり歩いて行きました。

 みちはだんだんのぼりになりついにはすっかり坂になりましたの で楢夫はたびたび膝に手をつっぱって「うんうん」とふざけるやう にしながらのぼりました。一郎もそのうしろからはあはあ息をつい て
「よう、坂道、よう、山道」なんて云ひながら進んで行きました。

 けれどもたうたう楢夫は、つかれてくるりとこっちを向いて立ち どまりましたので、一郎はいきなりひどくぶっつかりました。

こわいが。」一郎もはあはあしながら云ひました。来た方 を見ると路は一すじずうっと細くついて人も馬ももう丘のかげにな って見えませんでした。いちめんまっ白な雪、(それは大へんくら く沈んで見えました、空がすっかり白い雲でふさがり太陽も大きな 銀の盤のやうにくもって光ってゐたのです)がなだらかに起伏しそ のところどころに茶いろの栗や柏の木が三本四本づつちらばってゐ るだけじつにしぃんとして何ともいへないさびしいのでした。けれ ども楢夫はその丘の自分たちの頭の上からまっすぐに向ふへかけお りて行く一疋の鷹を見たとき高く叫びました。

「しっ、鳥だ。しゅう。」一郎はだまってゐました。けれどもしば らく考へてから云ひました。

「早ぐ峠越えるべ。雪降って来るぢょ。」

 ところが丁度そのときです。まっしろに光ってゐる白いそらに暗 くゆるやかにつらなってゐた峠の頂の方が少しぼんやり見えて来ま した。そしてまもなく小さな小さな乾いた雪のこなが少しばかりち らっちらっと二人の上から落ちて参りました。

「さあ楢夫、早ぐのぼれ、雪降って来た。上さ行げば平らだはんて。」 一郎が心配さうに云ひました。

 楢夫は兄の少し変った声を聞いてにはかにあわてました。そして まるでせかせかとのぼりました。

「あんまり急ぐな。大丈夫だはんて、なあにあど一里も無ぃも。」 一郎も息をはづませながら云ひました。けれどもじっさい二人とも 急がずに居られなかったのです。めの前もくらむやうに急ぎました。 あんまり急ぎすぎたのでそれはながくつゞきませんでした。雪がま ったくひどくなって来た方も行く方もまるで見えず二人のからだも まっ白になりました。そして楢夫が泣いていきなり一郎にしがみつ きました。

「戻るが、楢夫。戻るが。」一郎も困ってさう云ひながら来た下の 方を一寸見ましたがとてももう戻らうとは思はれませんでした。そ れは来た方がまるで灰いろで穴のやうにくらく見えたのです。それ にくらべては峠の方は白く明るくおまけに坂の頂上だってもうぢき でした。そこまでさへ行けばあとはもう十町もずうっと丘の上で平 らでしたし来るときは山鳥も何べんも飛び立ち灌木の赤や黄いろの 実もあったのです。

「さあもう一あしだ。べ。上まで行げば雪も降ってなぃし みぢも平らになる。歩べ、怖っかなぐなぃはんて歩べ。あどがらあ の人も馬ひで来るしそれ、泣がなぃで、今度ぁゆっくり歩べ。」一 郎は楢夫の顔をのぞき込んで云ひました。楢夫は涙をふいてわらひ ました。楢夫の頬に雪のかけらが白くついてすぐ溶けてなくなった のを一郎はなんだか胸がせまるやうに思ひました。一郎が今度は先 に立ってのぼりました。みちももうそんなにけはしくはありません でしたし雪もすこし薄くなったやうでした。それでも二人の雪沓は 早くも一寸も埋まりました。

 だんだんいたゞきに近くなりますと雪をかぶった黒いゴリゴリの 岩がたびたびみちの両がはに出て来ました。

 二人はだまってなるべく落ち着くやうにして一足づつのぼりまし た。一郎はばたばた毛布をうごかしてからだから雪をはらったりし ました。

 そしていゝことはもうそこが峠のいたゞきでした。

「来た来た。さあ、あどぁ平らだぞ、楢夫。」

 一郎はふりかえって見ました。楢夫は顔をまっかにしてはあはあ しながらやっと安心したやうにわらひました。けれども二人の間に もこまかな雪がいっぱいに降ってゐました。

「馬もきっと坂半分ぐらゐ登ったな。叫んで見べが。」

「うん。」

「いゝが、一二三、ほおお。」

 声がしんと空へ消えてしまひました。返事もなくこだまも来ずか へってそらが暗くなって雪がどんどん舞いおりるばかりです。

「さあ、歩べ。あと三十分で下りるにい。」

 一郎はまたあるきだしました。

 にはかに空の方でヒィウと鳴って風が来ました。雪はまるで粉の やうにけむりのやうに舞ひあがりくるしくて息もつかれずきものの すきまからはひやひやとからだにはいりました。兄弟は両手を顔に あてゝ立ちどまってゐましたがやっと風がすぎたので又あるき出さ うとするときこんどは前より一さうひどく風がやって来ました。そ の音はおそろしい笛のやう、二人のからだも曲げられ足もとをさら さら雪の横にながれるのさえへかりました。

 たうげのいたゞきはまったくさっき考へたのとはちがってゐたの です。楢夫はあんまりこゝろぼそくなって一郎にすがらうとしまし た。またうしろをふりかへっても見ました。けれども一郎は風がや むとすぐ歩き出しましたし、うしろはまるで暗く見えましたから楢 夫はほんたうに声を立てないで泣くばかりよちよち兄に追ひ付いて 進んだのです。

 雪がもう沓のかゝと一杯でした。ところどころには吹き溜りが出 来てやっとあるけるぐらゐでした。それでも一郎はずんずん進みま した。楢夫もそのあしあとを一生けん命ついて行きました。一郎は たびたびうしろをふりかへってはゐましたがそれでも楢夫はおくれ がちでした。風がひゅうと鳴って雪がぱっとつめたいしろけむりを あげますと、一郎は少し立ちどまるやうにし楢夫は小刻みに走って 兄に追ひすがりました。

 けれどもまだその峯みちを半分も来ては居りませんでした。吹き だまりがひどく大きくなってたびたび二人はつまづきました。

 一郎は一つの吹きだまりを越えるとき、思ったより雪が深くてた うたう足をさらわれて倒れました。一郎はからだや手やすっかり雪 になって軋るやうに笑って起きあがりましたが楢夫はうしろに立っ てそれを見てこわさに泣きました。

「大丈夫だ。楢夫、泣ぐな。」一郎は云ひながら又あるきました。 けれどもこんどは楢夫がころびました。そして深く雪の中に手を入 れてしまって急に起きあがりもできずおぢぎのときのやうに頭をさ げてそのまゝ泣いてゐたのです。一郎はすぐ走り戻ってだき起しま した。そしてその手の雪をはらってやりそれから、 「さあも少しだ。歩げるが。」とたづねました。

「うん」と楢夫は云ってゐましたがその眼はなみだで一杯になりじ っと向ふの方を見口はゆがんで居りました。

 雪がどんどん落ちて来ます。それに風が一さうはげしくなりまし た。二人は又走り出しましたけれどももうつまづくばかり一郎がこ ろび楢夫がころびそれにいまはもう二人ともみちをあるいてるのか どうか前無かった黒い大きな岩がいきなり横の方に見えたりしまし た。

 風がまたやって来ました。雪は塵のやう砂のやうけむりのやう楢 夫はひどくせき込んでしまひました。

 そこはもうみちではなかったのです。二人は大きな黒い岩につき あたりました。

 一郎はふりかへって見ました。二人の通って来たあとはまるで雪 の中にほりのやうについてゐました。

「路まちがった。戻らなぃばわがなぃ。」

 一郎は云っていきなり楢夫の手をとって走り出さうとしましたが もうたゞの一足ですぐ雪の中に倒れてしまひました。

 楢夫はひどく泣きだしました。

「泣ぐな。雪はれるうぢ此処に居るべし泣ぐな。」一郎はしっかり と楢夫を抱いて岩の下に立って云ひました。

 風がもうまるできちがひのやうに吹いて来ました。いきもつけず 二人はどんどん雪をかぶりました。

「わがなぃ。わがなぃ。」楢夫が泣いて云ひました。その声もまる でちぎるやうに風が持って行ってしまひました。一郎は毛布をひろ げてマントのまゝ楢夫を抱きしめました。

 一郎はこのときはもうほんたうに二人とも雪と風で死んでしまふ のだと考えてしまひました。いろいろなことがまるでまはり燈籠の やうに見えて来ました。正月に二人は本家に呼ばれて行ってみんな がみかんをたべたとき楢夫がすばやく一つたべてしまっても一つを 取ったので一郎はいけないといふやうにひどく目で叱ったのでした、 そのときの楢夫の霜やけの小さな赤い手などがはっきり一郎に見え て来ました。いきが苦しくてまるでえらえらする毒をのんでいるや うでした。一郎はいつか雪の中に座ってしまってゐました。そして 一さう強く楢夫を抱きしめました。

三、うすあかりの国

 けれどもけれどもそんなことはまるでまるで夢のやうでした。い つかつめたい針のやうな雪のこなもなんだかなまぬるくなり楢夫も そばに居なくなって一郎はたゞひとりぼんやりくらい藪のやうなと ころをあるいて居りました。

 そこは黄色にぼやけて夜だか昼だか夕方かもわからずよもぎのや うなものがいっぱいに生えあちこちには黒いやぶらしいものがまる でいきもののやうにいきをしてゐるやうに思はれました。

 一郎は自分のからだを見ました。そんなことが前からあったのか、 いつかからだには鼠いろのきれが一枚まきついてあるばかりおどろ いて足を見ますと足ははだしになってゐて今までもよほど歩いて来 たらしく深い傷がついて血がだらだら流れて居りました。それに胸 や腹がひどく疲れて今にもからだが二つに折れさうに思はれました。 一郎はにはかにこわくなって大声に泣きました。

 けれどもそこはどこの国だったのでせう。ひっそりとして返事も なく空さへもなんだかがらんとして見れば見るほど変なおそろしい 気がするのでした。それににはかに足が灼くやうに傷んで来ました。

「楢夫は。」ふっと一郎は思ひ出しました。

「楢夫ぉ。」一郎はくらい黄色なそらに向って泣きながら叫びまし た。

 しいんとして何の返事もありませんでした。一郎はたまらなくな ってもう足の痛いのも忘れてはしり出しました。すると俄かに風が 起って一郎のからだについてゐた布はまっすぐにうしろの方へなび き、一郎はその自分の泣きながらはだしで走って行ってぼろぼろの 布が風でうしろへなびいてゐる景色を頭の中に考へて一さう恐ろし くかなしくてたまらなくなりました。

「楢夫ぉ。」一郎は又叫びました。

「兄な。」かすかなかすかな声が遠くの遠くから聞えました。一郎 はそっちへかけ出しました。そして泣きながら何べんも「楢夫ぉ、 楢夫ぉ。」と叫びました。返事はかすかに聞えたり又返事したのか どうか聞えなかったりしました。

 一郎の足はまるでまっ赤になってしまひました。そしてもう痛い かどうかもわからず血は気味悪く青く光ったのです。

 一郎ははしってはしって走りました。

 そして向ふに一人の子供が丁度風で消えやうとする蝋燭の火のや うに光ったり又消えたりぺかぺかしてゐるのを見ました。

 それが顔に両手をあてゝ泣いてゐる楢夫でした。一郎はそばへか けよりました。そしてにはかに足がぐらぐらして倒れました。それ から力いっぱい起きあがって楢夫を抱かうとしました。楢夫は消え たりともったりしきりにしてゐましたがだんだんそれが早くなりた うたうその変りもわからないやうになって一郎はしっかりと楢夫を 抱いてゐました。

「楢夫、僕たちどこへ来たらうね。」一郎はまるで夢の中のやうに 泣いて楢夫の頭をなでてやりながら云ひました。その声も自分が云 ってゐるのか誰かの声を夢で聞いてゐるのかわからないやうでした。

「死んだんだ。」と楢夫は云ってまたはげしく泣きました。

 一郎は楢夫の足を見ました。やっぱりはだしでひどく傷がついて 居りました。

「泣かなくってもいゝんだよ。」一郎は云ひながらあたりを見まし た。ずうっと向ふにぼんやりした白びかりが見えるばかりしいんと してなんにも聞えませんでした。

「あすこの明るいところまで行って見やう。きっとうちがあるから、 お前あるけるかい。」

 一郎が云ひました。

「うん。おっかさんがそこに居るだらうか。」

「居るとも。きっと居る。行かう。」

 一郎はさきになってあるきました。そらが黄いろでぼんやりくら くていまにもそこから長い手が出て来さうでした。

 足がたまらなく痛みました。

「早くあすこまで行かう。あすこまでさへ行けばいゝんだから。」 一郎は自分の足があんまり痛くてバリバリ白く燃えてるやうなのを こらへて云ひました。けれども楢夫はもうとてもたまらないらしく 泣いて地面に倒れてしまひました。

「さあ、兄さんにしっかりつかまるんだよ。走って行くから。」一 郎は歯を喰ひしばって痛みをこらへながら楢夫を肩にかけました。 そして向ふのぼんやりした白光をめがけてまるでからだもちぎれる ばかり痛いのを堪えて走りました。それでももうとてもたまらなく なって何べんも倒れました。倒れてもまた一生懸命に起きあがりま した。

 ふと振りかへって見ますと来た方はいつかぼんやり灰色の霧のや うなものにかくれてその向ふを何かうす赤いやうなものがひらひら しながら一目散に走って行くらしいのです。

 一郎はあんまりの怖さに息もつまるやうにおもひました。それで もこらえてむりに立ちあがってまた楢夫を肩にかけました。楢夫は ぐったりとして気を失ってゐるやうでした。一郎は泣きながらその 耳もとで
「楢夫、しっかりおし、楢夫、兄さんがわからないかい。楢夫。」 と一生けん命呼びました。

 楢夫はかすかにかすかに眼をひらくやうにはしましたけれどもそ の眼には黒い色も見えなかったのです。一郎はもうあらんかぎりの 力を出してそこら中いちめんちらちらちらちら白い火になって燃え るやうに思ひながら楢夫を肩にしてさっきめざした方へ走りました。 足がうごいてゐるかどうかもわからずからだは何か重い巌に砕かれ て青びかりの粉になってちらけるやう何べんも何べんも倒れては又 楢夫を抱き起して泣きながらしっかりとかゝへ夢のやうに又走り出 したのでした。それでもいつか一郎ははじめにめざしたうすあかる い処に来ては居ました。けれどもそこは決していゝ処ではありませ んでした。却って一郎はからだ中凍ったやうに立ちすくんでしまひ ました。すぐ眼の前は谷のやうになった窪地でしたがその中を左か ら右の方へ何ともいへずいたましいなりをした子供らがぞろぞろ追 はれて行くのでした。わづかばかりの灰いろのきれをからだにつけ た子もあれば小さなマントばかりはだかに着た子もありました。瘠 せて青ざめて眼ばかり大きな子、髪の赭い小さな子、骨の立った小 さな膝を曲げるやうにして走って行く子、みんなからだを前にまげ ておどおど何かを恐れ横を見るひまもなくたゞふかくふかくため息 をついたり声を立てないで泣いたり、ぞろぞろ追はれるやうに走っ て行くのでした。みんな一郎のやうに足が傷いてゐたのです。そし て本たうに恐ろしいことはその子供らの間を顔のまっ赤な大きな人 のかたちのものが灰いろの棘のぎざぎざ生えた鎧を着て、髪などは まるで火が燃えてゐるやう、たゞれたやうな赤い眼をして太い鞭を 振りながら歩いて行くのでした。その足が地面にあたるときは地面 はがりがり鳴りました。一郎はもう恐ろしさに声も出ませんでした。

 楢夫ぐらゐの髪のちゞれた子が列の中に居ましたがあんまり足が 痛むと見えてたうたうよろよろつまづきました。そして倒れさうに なって思はず泣いて
「痛いよう。おっかさん。」と叫んだやうでした。するとすぐ前を 歩いて行ったあの恐ろしいものは立ちどまってこっちを振り向きま した。その子はよろよろして恐ろしさに手をあげながらうしろへ遁 げやうとしましたら忽ちその恐ろしいものの口がぴくっとうごきば っと鞭が鳴ってその子は声もなく倒れてもだえました。あとから来 た子供らはそれを見てもたゞふらふらと避けて行くだけ一語も云ふ ものがありませんでした。倒れた子はしばらくもだえてゐましたが それでもいつかさっきの足の痛みなどは忘れたやうに又よろよろと 立ちあがるのでした。

 一郎はもう行くにも戻るにも立ちすくんでしまひました。俄かに 楢夫が眼を開いて「お父さん。」と高く叫んで泣き出しました。す ると丁度下を通りかかった一人のその恐ろしいものはそのゆがんだ 赤い眼をこっちに向けました。一郎は息もつまるやうに思ひました。 恐ろしいものはむちをあげて下から叫びました。
「そこらで何をしてるんだ。下りて来い。」

 一郎はまるでその赤い眼に吸ひ込まれるやうな気がしてよろよろ 二三歩そっちへ行きましたがやっとふみとまってしっかり楢夫を抱 きました。その恐ろしいものは頬をぴくぴく動かし歯をむき出して 咆えるやうに叫んで一郎の方に登って来ました。そしていつか一郎 と楢夫とはつかまれて列の中に入ってゐたのです。ことに一郎のか なしかったことはどうしたのか楢夫が歩けるやうになってはだしで その痛い地面をふんで一郎の前をよろよろ歩いてゐることでした。 一郎はみんなと一諸に追はれてあるきながら何べんも楢夫の名を低 く呼びました。けれども楢夫はもう一郎のことなどは忘れたやうで した。たゞたびたびおびえるやうにうしろに手をあげながら足の痛 さによろめきながら一生けん命歩いてゐるのでした。一郎はこの時 はじめて自分たちを追ってゐるものは鬼といふものなこと、又楢夫 などに何の悪いことがあってこんなつらい目にあふのかといふこと を考へました。そのとき楢夫がたうたう一つの赤い稜のある石につ まづいて倒れました。鬼のむちがその小さなからだを切るやうに落 ちました。一郎はぐるぐるしながらその鬼の手にすがりました。

「私を代りに打って下さい。楢夫はなんにも悪いことがないのです。」

 鬼はぎょっとしたやうに一郎を見てそれから口がしばらくぴくぴ くしてゐましたが大きな声で斯う云ひました。その歯がギラギラ光 ったのです。

「罪はこんどばかりではないぞ。歩け。」一郎はせなかがシィンと してまはりがくるくる青く見えました。それからからだ中からつめ たい汗が湧きました。

 こんなにして兄弟は追はれて行きました。けれどもだんだんなれ て来たと見えて二人ともなんだか少し楽になったやうにも思ひまし た。ほかの人たちの傷ついた足や倒れるからだを夢のやうに横の方 に見たのです。にはかにあたりがぼんやりくらくなりました。それ から黒くなりました。追はれて行く子供らの青じろい列ばかりその 中に浮いて見えました。

 だんだん眼が闇になれて来た時一郎はその中のひろい野原にたく さんの黒いものがぢっと座ってゐるのを見ました。微かな青びかり もありました。それらはみなからだ中黒い長い髪の毛で一杯に覆は れてまっ白な手足が少し見えるばかりでした。その中の一つがどう いふわけか一寸動いたと思ひますと俄かにからだもちぎれるやうな 叫び声をあげてもだえまはりました。そしてまもなくその声もなく なって一かけの泥のかたまりのやうになってころがるのを見ました。 そしてだんだん眼がなれて来たときその闇の中のいきものは刀の刃 のやうに鋭い髪の毛でからだを覆われてゐること一寸でも動けばす ぐからだを切ることがわかりました。

 その中をしばらくしばらく行ってからまたあたりが少し明るくな りました。そして地面はまっ赤でした。前の方の子供らが突然烈し く泣いて叫びました。列もとまりました。鞭の音や鬼の怒り声が雹 や雷のやうに聞えて来ました。一郎のすぐ前を楢夫がよろよろして ゐるのです。まったく野原のその辺は小さな瑪瑙のかけらのやうな ものでできてゐて行くものの足を切るのでした。

 鬼は大きな鉄の沓をはいてゐました。その歩くたびに瑪瑙はガリ ガリ砕けたのです。一郎のまはりからも叫び声が沢山起りました。 楢夫も泣きました。

「私たちはどこへ行くんですか。どうしてこんなつらい目にあふん ですか。」楢夫はとなりの子にたづねました。「あたしは知らない。 痛い。痛いなぁ。おっかさん。」その子はぐらぐら頭をふって泣き 出しました。

「何を云ってるんだ。みんなきさまたちの出かしたこった。どこへ 行くあてもあるもんか。」

 うしろで鬼が咆えて又鞭をならしました。

 野はらの草はだんだん荒くだんだん鋭くなりました。前の方の子 供らは何べんも倒れては又力なく起きあがり足もからだも傷つき、 叫び声や鞭の音はもうそれだけでも倒れさうだったのです。

 楢夫がいきなり思ひ出したやうに一郎にすがりついて泣きました。

「歩け。」鬼が叫びました。鞭が楢夫を抱いた一郎の腕をうちまし た。一郎の腕はしびれてわからなくなってただびくびくうごきまし た。楢夫がまだすがりついてゐたので鬼が又鞭をあげました。

「楢夫は許して下さい、楢夫は許して下さい。」一郎は泣いて叫び ました。

「歩け。」鞭が又鳴りましたので一郎は両腕であらん限り楢夫をか ばひました。かばひながら一郎はどこからか
「にょらいじゅりゃうぼん第十六。」といふやうな語がかすかな風 のやうに又匂のやうに一郎に感じました。すると何だかまはりがほ っと楽になったやうに思って
「にょらいじゅりゃうぼん。」と繰り返してつぶやいてみました。 すると前の方を行く鬼が立ちどまって不思議さうに一郎をふりかへ って見ました。列もとまりました。どう云ふわけか鞭の音も叫び声 もやみました。しぃんとなってしまったのです。気がついて見ると そのうすくらい赤い瑪瑙の野原のはづれがぼうっと黄金いろになっ てその中を立派な大きな人がまっすぐにこっちへ歩いて来るのでし た。どう云ふわけかみんなはほっとしたやうに思ったのです。

四、光のすあし。

 その人の足は白く光って見えました。実にはやく実にまっすぐに こっちへ歩いて来るのでした。まっ白な足さきが二度ばかり光りも うその人は一郎の近くへ来てゐました。

 一郎はまぶしいやうな気がして顔をあげられませんでした。その 人ははだしでした。まるで貝殻のやうに白くひかる大きなすあしで した。くびすのところの肉はかゞやいて地面まで垂れてゐました。 大きなまっ白なすあしだったのです。けれどもその柔らかなすあし は鋭い鋭い瑪瑙のかけらをふみ燃えあがる赤い火をふんで少しも傷 つかず又灼けませんでした。地面の棘さえ又折れませんでした。

「こわいことはないぞ。」微かに微かにわらひながらその人はみん なに云ひました。その大きな瞳は青い蓮のはなびらのやうにりんと みんなを見ました。みんなはどう云ふわけともなく一度に手を合せ ました。

「こわいことはない。おまへたちの罪はこの世界を包む大きな徳の 力にくらべれば太陽の光とあざみの棘のさきの小さな露のやうなも んだ。なんにもこわいことはない。」

 いつの間にかみんなはその人のまはりに環になって集って居りま した。さっきまであんなに恐ろしく見えた鬼どもがいまはみなすな ほにその大きな手を合せ首を低く垂れてみんなのうしろに立ってゐ たのです。

 その人はしづかにみんなを見まはしました。

「みんなひどく傷を受けてゐる。それはおまへたちが自分で自分を 傷つけたのだぞ。けれどもそれも何でもない、」その人は大きなま っ白な手で楢夫の頭をなでました。楢夫も一郎もその手のかすかに ほうの花のにおひのするのを聞きました。そしてみんなのからだの 傷はすっかり癒ってゐたのです。

 一人の鬼はいきなり泣いてその人の前にひざまづきました。それ から頭をけはしい瑪瑙の地面に垂れその光る足を一寸手でいたゞき ました。

 その人は又微かに笑ひました。すると大きな黄金いろの光が円い 輪になってその人の頭のまはりにかゝりました。その人は云ひまし た。

「こゝは地面が剣でできてゐる。お前たちはそれで足やからだをや ぶる。さうお前たちは思ってゐる、けれどもこの地面はまるっきり 平らなのだ、さあご覧。」

 その人は少しかゞんでそのまっ白な手で地面に一つ輪をかきまし た。みんなは眼を擦ったのです。又耳を疑がったのです。今までの 赤い瑪瑙の棘ででき暗い火の舌を吐いてゐたかなしい地面が今は平 らな平らな波一つ立たないまっ青な湖水の面に変りその湖水はどこ までつづくのかはては孔雀石の色に何条もの美しい縞になり その 上には蜃気楼のやうにそしてもっとはっきりと沢山の立派な木や建 物がぢっと浮んでゐたのです。それらの建物はずうっと遠くにあっ たのですけれども見上げるばかりに高く青や白びかりの屋根を持っ たり虹のやうないろの幡が垂れたり、一つの建物から一つの建物へ 空中に真珠のやうに光る欄干のついた橋廊がかかったり高い塔はた くさんの鈴や飾り網を掛けそのさきの棒はまっすぐに高くそらに立 ちました。それらの建物はしんとして音なくそびえその影は実には っきりと水面に落ちたのです。

 またたくさんの樹が立ってゐました。それは全く宝石細工としか 思はれませんでした。はんの木のやうなかたちでまっ青な樹もあり ました。楊に似た木で白金のやうな小さな実になってゐるのもあり ました。みんなその葉がチラチラ光ってゆすれ互にぶっつかり合っ て微妙な音をたてるのでした。

 それから空の方からはいろいろな楽器の音がさまざまのいろの光 のこなと一所に微かに降って来るのでした。もっともっと愕いたこ とはあんまり立派な人たちのそこにもこゝにも一杯なことでした。 ある人人は鳥のやうに空中を翔けてゐましたがその銀いろの飾りの ひもはまっすぐにうしろに引いて波一つたたないのでした。すべて 夏の明方のやうないゝ匂で一杯でした。ところが一郎は俄かに自分 たちも又そのまっ青な平らな平らな湖水の上に立ってゐることに気 がつきました。けれどもそれは湖水だったでせうか。いゝえ、水ぢ ゃなかったのです。硬かったのです。冷たかったのです、なめらか だったのです。それは実に青い宝石の板でした。板ぢゃない、やっ ぱり地面でした。あんまりそれがなめらかで光ってゐたので湖水の やうに見えたのです。

 一郎はさっきの人を見ました。その人はさっきとは又まるで見ち がへるやうでした。立派な瓔珞をかけ黄金の円光を冠りかすかに笑 ってみんなのうしろに立ってゐました。そこに見えるどの人よりも 立派でした。金と紅宝石を組んだやうな美しい花皿を捧げて天人た ちが一郎たちの頭の上をすぎ大きな碧や黄金のはなびらを落して行 きました。

 そのはなびらはしづかにしづかにそらを沈んでまゐりました。

 さっきのうすくらい野原で一諸だった人たちはいまみな立派に変 ってゐました。一郎は楢夫を見ました。楢夫がやはり黄金いろのき ものを着瓔珞も着けてゐたのです。それから自分を見ました。一郎 の足の傷や何かはすっかりなほっていまはまっ白に光りその手はま ばゆくいゝ匂だったのです。

 みんなはしばらくたゞよろこびの声をあげるばかりでしたがその うちに一人の子が云ひました。

「此処はまるでいゝんだなあ、向ふにあるのは博物館かしら。」

 その巨きな光る人が微笑って答へました。

「うむ。博物館もあるぞ。あらゆる世界のできごとがみんな集まっ てゐる。」

 そこで子供らは俄かにいろいろなことを尋ね出しました。一人が 云ひました。

「こゝには図書館もあるの。僕アンデルゼンのおはなしやなんかも っと読みたいなあ。」

 一人が云ひました。

「こゝの運動場なら何でも出来るなあ、ボールだって投げたってき っとどこまでも行くんだ。」

 非常に小さな子は云ひました。

「僕はチョコレートがほしいなあ。」

 その巨きな人はしづかに答へました。

「本はこゝにはいくらでもある。一冊の本の中に小さな本がたくさ んはいってゐるやうなのもある。小さな小さな形の本にあらゆる本 のみな入ってゐるやうな本もある、お前たちはよく読むがいゝ。運 動場もある、そこでかけることを習ふものは火の中でも行くことが できる。チョコレートもある。こゝのチョコレートは大へんにいゝ のだ。あげやう。」その大きな人は一寸空の方を見ました。一人の 天人が黄いろな三角を組みたてた模様のついた立派な鉢を捧げてま っすぐに下りて参りました。そして青い地面に降りて虔しくその大 きな人の前にひざまづき鉢を捧げました。

「さあたべてごらん。」その大きな人は一つを楢夫にやりながらみ んなに云ひました。みんなはいつか一つづつその立派な菓子を持っ てゐたのです。それは一寸嘗めたときからだ中すうっと涼しくなり ました。舌のさきで青い螢のやうな色や橙いろの火やらきれいな花 の図案になってチラチラ見えるのでした。たべてしまったときから だがピンとなりました。しばらくたってからだ中から何とも云へな いいゝ匂がぼうっと立つのでした。

「僕たちのお母さんはどっちに居るだらう。」楢夫が俄かに思ひだ したやうに一郎にたづねました。

 するとその大きな人がこっちを振り向いてやさしく楢夫の頭をな でながら云ひました。

「今にお前の前のお母さんを見せてあげやう。お前はもうこゝで学 校に入らなければならない。それからお前はしばらく兄さんと別れ なければならない。兄さんはもう一度お母さんの所へ帰るんだから。」

 その人は一郎に云ひました。

「お前はも一度あのもとの世界に帰るのだ。お前はすなほないゝ子 供だ。よくあの棘の野原で弟を棄てなかった。あの時やぶれたお前 の足はいまはもうはだしで悪い剣の林を行くことができるぞ。今の 心持を決して離れるな。お前の国にはこゝから沢山の人たちが行っ てゐる。よく探してほんたうの道を習へ。」その人は一郎の頭を撫 でました。一郎はたゞ手を合せ眼を伏せて立ってゐたのです。それ から一郎は空の方で力一杯に歌ってゐるいゝ声の歌を聞きました。 その歌の声はだんだん変りすべての景色はぼうっと霧の中のやうに 遠くなりました。たゞその霧の向ふに一本の木が白くかゞやいて立 ち楢夫がまるで光って立派になって立ちながら何か云ひたさうにか すかにわらってこっちへ一寸手を延ばしたのでした。

五、峠

「楢夫」と一郎は叫んだと思ひましたら俄かに新らしいまっ白なも のを見ました。それは雪でした。それからそれから青空がまばゆく 一郎の上にかかってゐるのを見ました。

「息吐だぞ。眼開ぃだぞ。」一郎のとなりの家の赤髯の人がすぐ一 郎の頭のとこに曲んでゐてしきりに一郎を起さうとしてゐたのです。 そして一郎ははっきり眼を開きました。楢夫を堅く抱いて雪に埋ま ってゐたのです。まばゆい青ぞらに村の人たちの顔や赤い毛布や黒 の外套がくっきりと浮かんで一郎を見下してゐるのでした。

「弟ぁなぢょだ。弟ぁ。」犬の毛皮を着た猟師が高く叫びました。 となりの人は楢夫の腕をつかんで見ました。一郎も見ました。

「弟ぁわがなぃよだ。早ぐ火焚げ」となりの人が叫びました。

「火焚ぃでわがなぃ。雪さ寝せろ。寝せろ。」

 猟師が叫びました。一郎は扶けられて起されながらも一度楢夫の 顔を見ました。その顔は苹果のやうに赤くその唇はさっき光の国で 一郎と別れたときのまゝ、かすかに笑ってゐたのです。けれどもそ の眼はとぢその息は絶えそしてその手や胸は氷のやうに冷えてしま ってゐたのです。