目次へ  縦書き

とっこべとら子

 おとら狐のはなしは、どなたもよくご存じでせう。おとら狐にも、 いろいろあったのでせうか、私の知ってゐるのは、「とっこべ、と ら。」といふのです。

「とっこべ」といふのは名字でせうか。「とら」といふのは名前で すかね。さうすると、名字がさまざまで、名前がみんな「とら」と 云ふ狐が、あちこちに住んで居たのでせうか。

 さて、むかし、とっこべとら子は大きな川の岸に住んでゐて、夜、 網打ちに行った人から魚を盗ったり、買物をして町から遅く帰る人 から油揚げを取りかへしたり、実に始末に終へないものだったさう です。

 慾ふかのぢいさんが、ある晩ひどく酔っぱらって、町から帰って 来る途中、その川岸を通りますと、ピカピカした金らんの上下の立 派なさむらひに会ひました。ぢいさんは、ていねいにおじぎをして 行き過ぎやうとしましたら、さむらひがピタリととまって、一寸そ らを見上げて、それからあごを引いて、六平を呼び留めました。秋 の十五夜でした。

「あいや、しばらく待て。そちは何と申す。」

「へいへい。私は六平と申します。」

「六平とな。そちは金貸しをわざと致し居るな。」

「へいへい。御意の通りでございます。手元の金子はすべて、只今 ご用立致して居ります。」

「いやいや、拙者が借りやうと申すのではない。どうぢゃ。金貸し は面白からう。」

「へい、御冗談、へいへい。御意の通りで。」

「拙者に少しく不用の金子がある。それに遠国に参る所ぢゃ。預か って置いて貰へまいか。尤も拙者も数々敵を持つ身ぢゃ。万一途中 相果てたなれば、金子はそのまゝそちに遣はす。どうぢゃ。」

「へい。それはきっとお預かりいたしまするでございます。」

「左様か。あいや、金子はこれにぢゃ。そち自ら蓋を開いて一応改 め呉れい。エイヤ。はい。ヤッ。」さむらひはふところから白いた すきを取り出して、たちまち十字にたすきをかけ、ごわりと袴のも ゝ立ちを取り、とんとんとんと土手の方へ走りましたが、一寸かゞ んで土手のかげから、千両ばこを一つを持って参りました。

 ははあ、こいつはきっと泥棒だ、さうでなければにせ金使ひ、し かし何でもかまはない、万一途中相果てたなれば、金はごろりとこ っちのものと、六平はひとりで考へて、それからほくほくするのを 無理にかくして申しました。

「へい。へい。よろしうござります。御意の通り一応お改めいたし ますでござります。」

 蓋を開くと中に小判が一ぱいつまり、月にぎらぎらかゞやきまし た。

 ハイ、ヤッとさむらひは千両凾を又一つ持って参りました。六平 はもつともらしく又あらためました。これも小判が一ぱいで 月にぎらぎらです。ハイ、ヤッ、ハイヤッ、ハイヤッ。千両ばこは みなで十ほどそこに積まれました。

「どうぢゃ。これ丈けをそち一人で持ち参れるのかの。尤もそちの 持てるだけ預けることといたさうぞよ。」どうもさむらひのことば が少し変でしたし、そしてたしかに変ですが、まあ六平にはそんな ことはどうでもよかったのです。

「へい。へい。何の千両ばこの十やそこばこ、きっときっと持ち参 るでござりませう。」

「うむ。左様か。しからば。いざ。いざ、持ち参れい。」

「へいへい。ウントコショ、ウントコショ、ウウントコショ。ウウ ウントコショ。」

「豪儀ぢゃ、豪儀ぢゃ、そちは左程になけれども、そちの身に添ふ 慾心がに大力ぢゃ。大力ぢゃなう。ほめ遺はす。ほめ遺は す。さらばしかと預けたぞよ。」

 さむらひは銀扇をパッと開いて感服しましたが、六平は余りの重 さに返事も何も出来ませんでした。

 さむらひは扇をかざして月に向って、
「それ一芸あるものはすがたみにくし、」と何だか謡曲のやうな変 なものを低くうなりながら向ふへ歩いて行きました。

 六平は十の千両ばこをよろよろしょって、もうお月さまが照って るやら、路がどう曲ってどう上ってるやら、まるで夢中で自分の家 までやってまゐりました。そして荷物をどっかり庭におろして、お かしな声で外から怒鳴りました。

「開けろ開けろ。お帰りだ。大尽さまのお帰りだ。」

 六平の娘が戸をガタッと開けて、
「あれまあ、父さん。そったに砂利しょて何したゞす。」と叫びま した。

 六平もおどろいておろしたばかりの荷物を見ましたら、おやおや、 それはどての普請の十の砂利俵でした。

 六平はクウ、クウ、クウと鳴って、白い泡をはいて気絶しました。 それからもうひどい熱病になって、二ヶ月の間といふもの、
「とっこべとら子に、だまされだ。あゝ欺されだ。」と叫んでゐま した。

 みなさん。こんな話は一体ほんたうでせうか。どうせ昔のことで すから誰もよくわかりませんが多分偽ではないでせうか。

 どうしてって、私はその偽の方の話をも一つちゃんと知ってるん です。それはあんまりちかごろ起ったことでもうそれがうそなこと は疑もなにもありません。実はゆふべ起ったことなのです。

 さあ、ご覧なさい。やはりあの大きな川の岸で、狐の住んでゐた 処から半町ばかり離れた所に平右衛門と云ふ人の家があります。

 平右衛門は今年の春村会議員になりました。それですから今夜は そのお祝ひで親類はみな呼ばれました。

 もうみんな大よろこび、ワッハハ、アッハハ、よう、おらおとゝ ひ町さ行ったら魚屋の店で章魚といかとが立ちあがって喧嘩した、 ワッハハ、アッハハ、それはほんとか、それがらどうした、うん、 かつをぶしが仲裁に入った、ワッハハ、アッハハ、それからどうし た、ウン、するとかつをぶしがウウゥイ、ころは元禄十四年んん、 おいおい、それは何だい、うん、なにさ、かつをぶしだもふしばが り、ワッハハアッハハ、まあのめ、さあ一杯、なんて大さわぎでし た。ところがその中に一人一向笑はない男がありました。それは小 吉といふ青い小さな意地悪の百姓でした。

 小吉はさっきから怒ってばかり居たのです。(第一おら、下座だ ちう筈ぁあんまい、ふん、お椀のふぢぁ欠げでる、油煙はばやばや、 さがなの眼玉は白くてぎろぎろ、誰っても盃よごさないえい糞面白 ぐもなぃ。)たうたう小吉がぷっと座を立ちました。

 平右衛門が「待て、待て、小吉。もう一杯やれ、待てったら。」 と云ってゐましたが小吉はぷいっと下駄をはいて表に出てしまひま した。

 空がよく晴れて十三日の月がその天辺にかかりました。小吉が門 を出やうとしてふと足もとを見ますと門の横の田の畔に疫病除けの 「源の大将」が立って居ました。

 それは竹へ半紙を一枚はりつけて大きな顔を書いたものです。

 その「源の大将」が青い月のあかりの中でこと更顔を横にまげ眼 を瞋らせて小吉をにらんだやうに見えました。小吉も怒ってすぐそ れを引っこ抜いて田の中に投げてしまはうとしましたが俄かに何を 考えたのかにやりと笑ってそれを路のまん中に立て直しました。

 そして又ひとりでぷんぷんぷんぷん云ひながら二つの低い丘を越 えて自分の家に帰り、おみやげを待ってゐた子供を叱りつけてだま って床にもぐり込んでしまひました。

 丁度その頃平右衛門の家ではもう酒盛りが済みましたので、お客 様はみんなご馳走の残りを藁のつとに入れて、ぶらりぶらりと提げ ながら、三人づゝぶっつかったり、四人づゝぶっつかり合ったりし て、門の処迄出て参りました。

 縁側に出てそれを見送った平右衛門は、みんなにわかれの挨拶を しました。

「それではお気をつけて。おみやげをとっこべとらこに取られなぃ やうにアッハッハッハ。」

 お客様の中の一人がだらりと振り向いて返事しました。

「ハッハッハ。とっこべとらこだらおれの方で取って食ってやるべ。」

 その語がまだ終らないうちに、神出鬼没のとっこべとらこが、門 の向ふの道のまん中にまっ白な毛をさか立てゝ、こっちをにらんで 立ちました。

「わあ、出た出た。逃げろ。逃げろ。」

 もう大へんなさわぎです。みんな泥足でヘタヘタ座敷へ逃げ込み ました。

 平右衛門は手早くなげしから薙刀をおろし、さやを払ひ物凄い抜 身をふり廻しましたので一人のお客さまはあぶなく赤いはなを切ら れやうとしました。

 平右衛門はひらりと縁側から飛び下りて、はだしで門前の白狐に 向って進みます。

 みんなもこれに力を得てかさかさしたときの声をあげて景気をつ け、ぞろぞろ随いて行きました。

 さて平右衛門もあまりと云へばありありとしたその白狐の姿を見 ては怖さが咽喉までこみあげましたが、みんなの手前もありますの で、やっと一声切り込んで行きました。

 たしかに手ごたいがあって、白いものは薙刀の下で、プルプル動 いてゐます。

「仕留めたぞ。仕留めたぞ。みんな来い。」と平右衛門は叫びまし た。

「さすがは畜生の悲しさ、もろいもんだ。」とみんなは悦び勇んで 狐の死骸を囲みました。

 ところがどうです。今度はみんなは却ってぎっくりしてしまひま した。さうでせう。

 その古い狐は、もう身代りに疫病よけの「源の大将」などを置い て、どこかへ逃げてゐるのです。

 みんなは口口に云ひました。

「やっぱり古い狐だな。まるで眼玉は火のやうだったぞ。」

「おまけに毛といったら銀の針だ。」

「全く争はれないもんだ。口が耳まで裂けてゐたからな。崇られま ぃが。」

「心配するな。あしたはみんなで川岸に油揚を持って行って置いて 来るとしやう。」

 みんなは帰る元気もなくなって、平右衛門の所に泊りました。

「源の大将。」はお顔を半分切られて月光にキリキリ歯を喰いしば ってゐるやうに見えました。

 夜中になってから「とっこべ、とら子」とその沢山の可愛らしい 部下とが又出て来て、庭に抛り出されたあのおみやげの藁の苞を、 かさかさ引いた、たしかにその音がしたとみんながさっきも話して ゐました。