目次へ  縦書き

カイロ団長

 あるとき、三十疋のあまがへるが、一諸に面白く仕事をやって居 りました。

 これは主に虫仲間からたのまれて、紫蘇の実やけしの実をひろっ て来て花ばたけをこしらへたり、かたちのいゝ石や苔を集めて来て 立派なお庭をつくったりする職業しゃうばいでした。

 こんなやうにして出来たきれいなお庭を、私どもはたびたび、あ ちこちで見ます。それは畑の豆の木の下や、林の楢の木の根もとや、 又雨垂れの石のかげなどに、それはそれは上手に可愛らしくつくっ てあるのです。

 さて三十疋は、毎日大へん面白くやってゐました。朝は、黄金色 のお日さまの光が、たうもろこしの影法師を二千六百寸も遠くへ投 げ出すころからさっぱりした空気をすぱすぱ吸って働き出し、夕方 は、お日さまの光が木や草の緑を飴色にうきうきさせるまで歌った り笑ったり叫んだりして仕事をしました。殊にあらしの次の日など は、あっちからもこっちからもどうか早く来てお庭をかくしてしま った板を起して下さいとか、うちのすぎごけの木が倒れましたから 大いそぎで五六人来てみて下さいとか、それはそれはいそがしいの でした。いそがしければいそがしいほど、みんなは自分たちが立派 な人になったやうな気がして、もう大よろこびでした。さあ、それ、 しっかりひっぱれ、いゝか、よいとこしょ、おい、ブチュコ、縄が たるむよ、いゝとも、そらひっぱれ、おい、おい、ビキコ、そこを はなせ、縄を結んで呉れ、よういやさ、そらもう一いき、よおいや しゃ、なんてまあこんな工合です。

 ところがある日三十疋のあまがへるが、蟻の公園地をすっかり仕 上げて、みんなよろこんで一まづ本部へ引きあげる途中で、一本の 桃の木の下を通りますと、そこへ新らしい店が一軒出てゐました。 そして看板がかかって、「舶来ウェスキイ 一杯、二厘半。」と書 いてありました。

 あまがへるは珍らしいものですから、ぞろぞろ店の中へはいって 行きました。すると店にはうすぐろいとのさまがへるが、のっそり とすはって退くつさうにひとりでべろべろ舌を出して遊んでゐまし たが、みんなの来たのを見て途方もないいゝ声で云ひました。

「へい、いらっしゃい。みなさん。一寸おやすみなさい。」

「なんですか。舶来のウェクーといふものがあるさうですね。どん なもんですか。ためしに一杯呑ませて下さいませんか。」

「へい、舶来のウェスキイですか。一杯二厘半ですよ。ようござん すか。」

「えゝ、よござんす。」

 とのさまがへるは粟つぶをくり抜いたコップにその強いお酒を汲 んで出しました。

「ウーイ。これはどうもひどいもんだ。腹がやけるやうだ。ウーイ。 おい、みんな、これはきたいなもんだよ。咽喉へはいると急に熱く なるんだ。あゝ、いゝ気分だ。もう一杯下さいませんか。」

「はいはい。こちらが一ぺんすんでからさしあげます。」「こっち へも早く下さい。」「はいはい。お声の順にさしあげます。さあ、 これはあなた。」「いやありがたう、ウーイ。ウフッ、ウウ、どう もうまいもんだ。」「こっちへも早く下さい。」「はい、これはあ なたです。」「ウウイ。」「おいもう一杯お呉れ。」「こっちへ早 くよ。」「もう一杯早く。」「へい、へい。どうぞおきにならな いで下さい。折角、はかったのがこぼれますから。へいと、これは あなた。」「いや、ありがたう、ウーイ、ケホン、ケホン、ウーイ うまいね。どうも。」さてこんな工合で、あまがへるはお代りお代 りで、沢山お酒を呑みましたが、呑めば呑むほどもっと呑みたくな ります。

 もっとも、とのさまがへるのウィスキーは、石油罐に一ぱいあり ましたから、粟つぶをくりぬいたコップで一万べんはかっても、一 分もへりはしませんでした。「おいもう一杯おくれ。」「も一杯お 呉れったらよう。早くよう。」「さあ、早くお呉れよう。」「へい へい。あなたさまはもう三百二杯目でございますがよろしうござい ますか。」「いゝよう。お呉れったらお呉れよう。」「へいへい。 よければさし上げます。さあ、」「ウーイ、うまい。」「おい、早 くこっちへもお呉れ。」

 そのうちにあまがへるは、だんだん酔がまはって来て、あっちで もこっちでも、キーイキーイといびきをかいて寝てしまひました。

 とのさまがへるはそこでにやりと笑って、いそいですっかり店を しめて、お酒の石油罐にはきちんと蓋をしてしまひました。それか ら戸棚からくさりかたびらを出して、頭から顔から足のさきまでち ゃんと着込んでしまひました。

 それからテーブルと椅子をもって来て、きちんとすはり込みまし た。あまがへるはみんな、キーイキーイといびきをかいてゐます。 とのさまがへるはそこで小さなこしかけを一つ持って来て、自分の 椅子の向ふ側に置きました。

 それから棚から鉄の棒をおろして来て椅子へどっかり座って一ば んはじのあまがへるの緑色のあたまをこつんとたゝきました。

「おい。起きな。勘定を払ふんだよ。さあ。」

「キーイ、キーイ、クワァ、あ、痛い、誰だい。ひとの頭を撲るや つは。」

「勘定を払ひな。」

「あっ、さうさう。勘定はいくらになってゐますか。」

「お前のは三百四十二杯で、八十五銭五厘だ。どうだ。払へるか。」

 あまがへるは財布を出して見ましたが、三銭二厘しかありません。

「何だい。おまへは三銭二厘しかないのか。呆れたやつだ。さあど うするんだ。警察へ届けるよ。」

「許して下さい。許して下さい。」

「いゝや、いかん。さあ払へ。」

「ないんですよ。許して下さい。そのかはりあなたのけらひになり ますから。」

「さうか。よからう。それぢゃお前はおれのけらひだぞ。」

「へい。仕方ありません。」

「よし、この中にはいれ。」

 とのさまがへるは次の室の戸を開いてその閉口したあまがへるを 押し込んで、戸をぴたんとしめました。そしてにやりと笑って、又 どっしりと椅子へ座りました。それから例の鉄の棒を持ち直して、 二番目のあま蛙の緑青いろの頭をこつんとたゝいて云ひました。

「おいおい。起きるんだよ。勘定だ勘定だ。」

「キーイ、キーイ、クワァ、ううい。もう一杯お呉れ。」

「何をねぼけてんだよ。起きるんだよ。目をさますんだよ。勘定だ よ。」

「ううい、あああっ。ううい。何だい。なぜひとの頭をたゝくんだ い。」

「いつまでねぼけてんだよ。勘定を払へ。勘定を。」

「あっ、さうさう。さうでしたね。いくらになりますか。」

「お前のは六百杯で、一円五十銭だよ。どうだい、それ位あるかい。」

 あまがへるはすきとおる位青くなって、財布をひっくりかへして 見ましたが、たった一銭二厘しかありませんでした。

「ある位みんな出しますからどうかこれ丈けに負けて下さい。」

「うん、一円二十銭もあるかい。おや、これはたった一銭二厘ぢゃ ないか。あんまり人をばかにするんぢゃないぞ。勘定の百分の一に 負けろとはよくも云へたもんだ。外国のことばで云へば、一パーセ ントに負けて呉れと云ふんだらう。人を馬鹿にするなよ。さあ払へ。 早く払へ。」

「だって無いんだもの。」

「なきゃおれのけらひになれ。」

「仕方ない。そいぢゃさうして下さい。」

「さあ、こっちへ来い。」とのさまがへるはあまがへるを又次の室 に追ひ込みました。それから又どっかりと椅子へかけやうとしまし たが何か考へついたらしく、いきなりキーキーいびきをかいてゐる あまがへるの方へ進んで行って、かたっぱしからみんなの財布を引 っぱり出して中を改めました。どの財布もみんな三銭より下でした。 ただ一つ、いかにも大きくふくれたのがありましたが、開いて見る と、お金が一つぶも入ってゐないで、椿の葉が小さく折って入れて あるだけでした。とのさまがへるは、よろこんで、にこにこにこに こ笑って、棒を取り直し、片っぱしからあまがへるの緑色の頭をポ ンポンポンポンたゝきつけました。さあ、大へん、みんな、「あ痛 っ、あ痛っ。誰だい。」なんて云ひながら目をさまして、しばらく きょろきょろきょろきょろしてゐましたが、いよいよそれが酒屋の おやぢのとのさまがへるの仕業だとわかると、もうみな一ぺんに、 「何だい。おやぢ。よくもひとをなぐったな。」と云ひながら、四 方八方から、飛びかゝりましたが、何分とのさまがへるは三十がへ る力あるのですし、くさりかたびらは着てゐますし、それにあまが へるはみんな舶来ウェスキーでひょろひょろしてますから、片っぱ しからストンストンと投げつけられました。おしまひにはとのさま がへるは、十一疋のあまがへるを、もぢゃもぢゃ堅めて、ぺちゃん と投げつけました。あまがへるはすっかり恐れ入って、ふるえて、 すきとほる位青くなって、その辺に平伏いたしました。そこでとの さまがへるがおごそかに云ひました。

「お前たちはわしの酒を呑んだ。どの勘定も八十銭より下のはない。 ところがお前らは五銭より多く持ってゐるやつは一人もない。どう ぢゃ。誰かあるか。無からう。うん。」あまがへるは一同ふうふう と息をついて顔を見合せるばかりです。とのさまがへるは得意にな って又はじめました。

「どうぢゃ。無からう。あるか。無からう。そこでお前たちの仲間 は、前に二人お金を払ふかはりに、おれのけらひになるといふ約束 をしたがお前たちはどうぢゃ。」この時です、みなさんもご存じの 通り向ふの室の中の二疋が戸のすきまから目だけ出してキーと低く 鳴いたのは。

 みんなは顔を見合せました。

「どうも仕方ない。さうしやうか。」

「さうお願ひしやう。」「どうかさうお願ひいたします。」どうで す。あまがへるなんといふものは人のいゝものですからすぐとのさ まがへるのけらひになりました。そこでとのさまがへるは、うしろ の戸をあけて、前の二人を引っぱり出しました。そして一同へおご そかに云ひました。

「いゝか。この団体はカイロ団といふことにしやう。わしはカイロ 団長ぢゃ。あしたからはみんな、おれの命令にしたがふんだぞ。い ゝか。」「仕方ありません。」とみんなは答へました。すると、と のさまがへるは立ちあがって、家をぐるっと一まはしまはしました。 すると酒屋はたちまちカイロ団長の本宅にかはりました。つまり前 には四角だったのが今度は六角形の家になったのですな。

 さて、その日は暮れて、次の日になりました。お日さまの黄金色 の光は、うしろの桃の木の影法師を三千寸も遠くまで投げ出し、空 はまっ青にひかりましたが、誰もカイロ団に仕事を頼みに来ません でした。そこでとのさまがへるはみんなを集めて云ひました。

「さっぱり誰も仕事を頼みに来んな。どうもかう仕事がなくちゃ、 お前たちを養っておいても仕方ない。俺もたうたう飛んだことにな ったよ。それにつけても仕事のない時に、いそがしい時の仕度をし て置くことが、最必要だ。つまりその仕事の材料を、こんな時に集 めて置かないといかんな。ついてはまづ第一が木だがな。今日はみ んな出て行って立派な木を十本だけ、十本ぢゃすくない、えゝと、 百本、百本でもすくないな、千本だけ集めて来い。もし千本集まら なかったらすぐ警察へ訴へるぞ。貴様らはみんな死刑になるぞ。そ の太い首をスポンと切られるぞ。首が太いからスポンとはいかない、 シュッポォンと切られるぞ。」

 あまがへるどもは緑色の手足をぶるぶるぶるっとけいれんさせま した。そしてこそこそこそこそ、逃げるやうにおもてに出てひとり が三十三本三分三厘強づつといふ見当で、一生けん命いゝ木をさが しましたが、大体もう前々からさがす位さがしてしまってゐたので すから、いくらそこらをみんながひょいひょいかけまはっても、夕 方までにたった九本しか見つかりませんでした。さあ、あまがへる はみんな泣き顔になって、うろうろうろうろやりましたがますます どうもいけません。そこへ丁度一ぴきの蟻が通りかゝりました。そ してみんなが飴色の夕日にまっ青にすきとほって泣いてゐるのを見 て驚いてたづねました。

「あまがへるさん。昨日はどうもありがたう。一体どうしたのです か。」

「今日は木を千本、とのさまがへるに持っていかないといけないの です。まだ九本しか見つかりません。」蟻はこれを聞いて「ケッケ ッケッケ」と大笑ひに笑ひはじめました。それから申しました。

「千本持って来いといふのなら、千本持って行ったらいゝぢゃあり ませんか。そら、そこにあるそのけむりのやうなかびの木などは、 一つかみ五百本にもなるぢゃありませんか。」

 なるほどとみんなはよろこんでそのけむりのやうなかびの木を一 人が三十三本三分三厘づつ取って、蟻にお礼を云って、カイロ団長 のところへ帰って来ました。すると団長は大機嫌です。

「ふんふん。よし、よし。さあ、みんな舶来ウィスキーを一杯づつ 飲んでやすむんだよ。」

 そこでみんなは粟つぶのコップで舶来ウィスキーを一杯づつ呑ん で、くらくら、キーイキーイと、ねむってしまひました。

 次の朝またお日さまがおのぼりになりますと、とのさまがへるは 云ひました。

「おい、みんな。集れ。今日もどこからも仕事をたのみに来ない。 いゝか、今日はな、あちこち花畑へ出て行って花の種をひろって来 るんだ。一人が百つぶづゝ、いや百つぶではすくない。千つぶづゝ、 いや、千つぶもこんな日の長い時にあんまり少い。万粒づゝがいゝ かな。万粒づつひろって来い。いゝか、もし、来なかったらすぐお 前らを巡査に渡すぞ。巡査は首をシュッポンと切るぞ。」

 あまがへるどもはみんな、お日さまにまっさをにすきとほりなが ら、花畑の方へ参りました。ところが丁度幸に花のたねは雨のやう にこぼれてゐましたし蜂もぶんぶん鳴いてゐましたのであまがへる はみんなしゃがんで一生けん命ひろひました。ひろひながらこんな ことを云ってゐました。

「おい、ビチュコ。一万つぶひろへさうかい。」

「いそがないとだめさうだよ、まだ三百つぶにしかならないんだも の。」

「さっき団長が百粒ってはじめに云ったねい。百つぶならよかった ねい。」

「うん。その次に千つぶって云ったねい。せんつぶでもよか ったねい。」

「ほんたうにねい。おいら、お酒をなぜあんなにのんだらうなあ。」

「おいらもそいつを考へてゐるんだよ。どうも一ぱい目と二杯目、 二杯目と三杯目、みんな順ぐりに糸か何かついてゐたよ。三百五十 杯つながって居たとおいら今考へてるんだ。」

「全くだよ。おっと、急がないと大へんだ。」

「さうさう。」

 さて、みんなはひろってひろってひろって、夕方までにやっと一 万つぶづつあつめて、カイロ団長のところへ帰って来ました。

 するととのさまがへるのカイロ団長はよろこんで、
「うん。よし。さあ、みんな舶来ウェスキーを一杯づつのんで寝る んだよ。」と云ひました。

 あまがへるどもも大よろこびでみんな粟のこっぷで舶来ウィスキ イを一杯づつ呑んで、キーイキーイと寝てしまひました。

 次の朝あまがへるどもは眼をさまして見ますと、もう一ぴきのと のさまがへるが来てゐて、団長とこんなはなしをしてゐました。

「とにかく大いに盛んにやらないといかんね。さうでないと笑ひも のになってしまふだけだ。」

「全くだよ。どうだらう、一人前九十円づつといふことにしたら。」

「うん。それ位ならまあよからうかな。」

「よからうよ。おや、みんな起きたね、今日は何の仕事をさせやう かな。どうも毎日仕事がなくて困るんだよ。」

「うん。それは大いに同情するね。」

「今日は石を運ばせてやらうか。おい。みんな今日は石を一人で九 十匁づつ運んで来い。いや、九十匁ぢゃあまり少いかな。」

「うん。九百貫といふ方が口調がいゝね。」

「さうだ、さうだ。どれだけいゝか知れないね。おい、みんな。今 日は石を一人につき九百貫づつ運んで来い。もし来なかったら早速 警察へ貴様らを引き渡すぞ。こゝには裁判のほうのお方もお 出でになるのだ。首をシュッポオンと切ってしまふ位、実にわけな いはなしだ。」

 あまがへるはみなすきとおってまっ青になってしまひました。そ れはその筈です。一人九百貫の石なんて、人間でさへ出来るもんぢ ゃありません。ところがあまがへるの目方が何匁あるかと云ったら、 たかゞ八匁か九匁でせう。それが一日に一人で九百貫の石を運ぶな どはもうみんな考へただけでめまひを起してクゥウ、クゥウと鳴っ てばたりばたり倒れてしまったことは全く無理もありません。

 とのさまがへるは早速例の鉄の棒を持ち出してあまがへるの頭を コツンコツンと叩いてまはりました。あまがへるはまはりが青くく るくるするやうに思ひながら仕事に出て行きました。お日さまさへ、 ずうっと遠くの天の隅のあたりで、三角になってくるりくるりとう ごいてゐるやうに見えたのです。

 みんなは石のある所に来ました。そしててんでに百匁ばかりの石 につなをつけて、エンヤラヤア、ホイ、エンヤラヤアホイ。とひっ ぱりはじめました。みんなあんまり一生けん命だったので、汗がか らだ中チクチクチクチク出て、からだはまるでへたへた風のやうに なり、世界はほとんどまっくらに見えました。とにかくそれでも三 十疋が首尾よくめいめいの石をカイロ団長の家まで運んだときはも うおひるになってゐました。それにみんなはつかれてふらふらして、 目をあいてゐることも立ってゐることもできませんでした。あーあ、 ところが、これから晩までにもう八百九十九貫九百匁運ばないと首 をシュッポオンと切られるのです。

 カイロ団長は丁度この時うちの中でいびきをかいて寝て居りまし たがやっと目をさまして、ゆっくりと外へ出て見ました。あまがへ るどもは、はこんで来た石にこしかけてため息をついたり、土の上 に大の字になって寝たりしてゐます。その影法師は青く日がすきと ほって地面に美しく落ちてゐました。団長は怒って急いで鉄の棒を 取りに家の中にはいりますと、その間に、目をさましてゐたあまが へるは、寝てゐたものをゆり起して、団長が又出て来たときは、も うみんなちゃんと立ってゐました。カイロ団長が申しました。

「何だ。のろまども。今までかかってたったこれだけしか運ばない のか。何という貴様らは意久地なしだ。おれなどは石の九百貫やそ こら、三十分で運んで見せるぞ。」

「とても私らにはできません。私らはもう死にさうなんです。」

「えい、意久地なしめ。早く運べ。晩までに出来なかったら、みん な警察へやってしまふぞ。警察ではシュッポンと首を切るぞ。ばか め。」

 あまがへるはみんなやけ糞になって叫びました。

「どうか早く警察へやって下さい。シュッポン、シュッポンと聞い てゐると何だか面白いやうな気がします。」

 カイロ団長は怒って叫び出しました。

「えい、馬鹿者め意久地なしめ。
 えい、ガーアアアアアアアアア。」カイロ団長は何だか変な顔を して口をパタンと閉ぢました。ところが「ガーアアアアアアア」と 云ふ音はまだつゞいてゐます。それは全くカイロ団長の咽喉から出 たのではありませんでした。かの青空高くひゞきわたるかたつむり のメガホーンの声でした。王さまの新らしい命令のさきぶれでした。

「そら、あたらしいご命令だ。」と、あまがへるもとのさまがへる も、急いでしゃんと立ちました。かたつむりの吹くメガホーンの声 はいともほがらかにひゞきわたりました。

「王さまの新らしいご命令。王さまの新らしいご命令。一個条。ひ とに物を云ひつける方法。ひとに物を云ひつける方法。第一、ひと にものを云ひつけるときはそのいひつけられるものの目方で自分の からだの目方を割って答を見つける。第二、云ひつける仕事にその 答をかける。第三、その仕事を一ぺん自分で二日間やって見る。以 上。その通りやらないものは鳥の国へ引き渡す。」

 さああまがへるどもはよろこんだのなんのって、チェッコといふ 算術のうまいかへるなどは、もうすぐ暗算をはじめました。云ひつ けられるわれわれの目方は拾匁、云ひつける団長のめがたは百匁、 百匁割る十匁、答十。仕事は九百貫目、九百貫目掛ける十、答九千 貫目。「九千貫だよ。おい。みんな。」

「団長さん。さあこれから晩までに四千五百貫目、石をひっぱって 下さい。」

「さあ王様の命令です。引っぱって下さい。」

 今度は、とのさまがへるは、だんだん色がさめて、飴色にすきと ほって、そしてブルブルふるえて参りました。

 あまがへるはみんなでとのさまがへるを囲んで、石のある処へ連 れて行きました。そして一貫目ばかりある石へ、綱を結びつけて 「さあ、これを晩までに四千五百運べばいゝのです。」と云ひなが らカイロ団長の肩に綱のさきを引っかけてやりました。団長もやっ と覚悟がきまったと見えて、持ってゐた鉄の棒を投げすてゝ、眼を ちゃんときめて、石を運んで行く方角を見定めましたがまだどうも 本統に引っぱる気にはなりませんでした。そこであまがへるは声を そろえてはやしてやりました。

「ヨウイト、ヨウイト、ヨウイト、ヨウイトショ。」

 カイロ団長は、はやしにつりこまれて、五へんばかり足をテクテ クふんばってつなを引っ張りましたが、石はびくとも動きません。

 とのさまがへるはチクチク汗を流して、口をあらんかぎりあけて、 フウフウといきをしました。全くあたりがみんなくらくらして、茶 色に見えてしまったのです。

「ヨウイト、ヨウイト、ヨウイト、ヨウイトショ。」

 とのさまがへるは又四へんばかり足をふんばりましたが、おしま ひの時は足がキクッと鳴ってくにゃりと曲ってしまひました。あま がへるは思わずどっと笑ひ出しました。がどう云ふわけかそれから 急にしいんとなってしまひました。それはそれはしいんとしてしま ひました。みなさん、この時のさびしいことと云ったら私はとても 口で云へません。みなさんはおわかりですか。ドッと一諸に人をあ ざけり笑ってそれから俄かにしいんとなった時のこのさびしいこと です。

 ところが丁度その時、又もや青ぞら高く、かたつむりのメガホー ンの声がひゞきわたりました。

「王様の新らしいご命令。王様の新らしいご命令。すべてあらゆる いきものはみんな気のいゝ、かあいさうなものである。けっして憎 んではならん。以上。」それから声が又向ふの方へ行って「王様の 新らしいご命令。」とひゞきわたって居ります。

 そこであまがへるは、みんな走り寄って、とのさまがへるに水を やったり、曲った足をなほしてやったり、とんとんせなかをたゝい たりいたしました。

 とのさまがへるはホロホロ悔悟のなみだをこぼして、
「あゝ、みなさん、私がわるかったのです。私はもうあなた方の団 長でもなんでもありません。私はやっぱりたゞの蛙です。あしたか ら仕立屋をやります。」

 あまがへるは、みんなよろこんで、手をパチパチたゝきました。

 次の日から、あまがへるはもとのやうに愉快にやりはじめました。

 みなさん。あまあがりや、風の次の日、さうでなくてもお天気の いゝ日に、畑の中や花壇のかげでこんなやうなさらさらさらさら云 ふ声を聞きませんか。

「おい。ベッコ。そこん処をも少しよくならして呉れ。いゝともさ。 おいおい。こゝへ植えるのはすずめのかたびらぢゃない、すゞめの てっぽうだよ。さうさう。どっちもすゞめなもんだからつい間違へ てね。ハッハッハ。よう。ビチュコ。おい。ビチュコ、そこの穴う めて呉れ。いゝかい。そら、投げるよ。ようし来た。あゝ、しまっ た。さあひっぱって呉れ。よいしょ。」