目次へ  縦書き

よだかの星

 よだかは、実にみにくい鳥です。

 顔は、ところどころ、味噌をつけたやうにまだらで、くちばしは、 ひらたくて、耳までさけてゐます。

 足は、まるでよぼよぼで、一間とも歩けません。

 ほかの鳥は、もう、よだかの顔を見たゞけでも、いやになってし まふといふ工合でした。

 たとへば、ひばりも、あまり美しい鳥ではありませんが、よだか よりは、ずっと上だと思ってゐましたので、夕方など、よだかにあ ふと、さもさもいやさうに、しんねりと目をつぶりながら、首をそ っ方へ向けるのでした。もっとちいさなおしゃべりの鳥などは、い つでもよだかのまっかうから悪口をしました。

「ヘン。又出て来たね。まあ、あのざまをごらん。ほんたうに、鳥 の仲間のつらよごしだよ。」

「ね、まあ、あのくちの大きいことさ。きっと、かへるの親類か何 かなんだよ。」

 こんな調子です。おゝ、よだかでないたゞのたかならば、こんな 生はんかのちいさい鳥は、もう名前を聞いたゞけでも、ぶるぶるふ るえて、顔色を変へて、からだをちゞめて、木の葉のかげにでもか くれたでせう。ところが夜だかは、ほんたうは鷹の兄弟でも親類で もありませんでした。かへって、よだかは、あの美しいかはせみや、 鳥の中の宝石のやうな蜂すゞめの兄さんでした。蜂すゞめは花の蜜 をたべ、かはせみはお魚を食べ、夜だかは羽虫をとってたべるので した。それによだかには、するどい爪もするどいくちばしもありま せんでしたから、どんなに弱い鳥でも、よだかをこわがる筈はなか ったのです。

 それなら、たかといふ名のついたことは不思議なやうですが、こ れは、一つはよだかのはねが無暗に強くて、風を切って翔けるとき などは、まるで鷹のやうに見えたことと、も一つはなきごゑがする どくて、やはりどこか鷹に似てゐた為です。もちろん、鷹は、これ をひじゃうに気にかけて、いやがってゐました。それですから、よ だかの顔さへ見ると、肩をいからせて、早く名前をあらためろ、名 前をあらためろと、いふのでした。

 ある夕方、たうたう、鷹がよだかのうちへやって参りました。

「おい。居るかい。まだお前は名前をかへないのか。ずゐぶんお前 も恥知らずだな。お前とおれでは、よっぽど人格がちがふんだよ。 たとへばおれは、青いそらをどこまででも飛んで行く。おまへは、 曇ってうすぐらい日か、夜でなくちゃ、出て来ない。それから、お れのくちばしやつめを見ろ。そして、よくお前のとくらべて見るが いゝ。」

「鷹さん。それはあんまり無理です。私の名前は私が勝手につけた のではありません。神さまから下さったのです。」

「いゝや。おれの名なら、神さまから貰ったのだと云ってもよから うが、お前のは、云はゞ、おれとよると、両方から借りてあ るんだ。さあ返せ。」

「鷹さん。それは無理です。」

「無理ぢゃない。おれがいゝ名を教へてやらう。市蔵といふんだ。 市蔵とな。いゝ名だらう。そこで、名前を変へるには、改名の披露 といふものをしないといけない。いゝか。それはな、首へ市蔵と書 いたふだをぶらさげて、私は以来市蔵と申しますと、口上を云って、 みんなの所をおじぎしてまはるのだ。」

「そんなことはとても出来ません。」

「いゝや。出来る。さうしろ。もしあさっての朝までに、お前がさ うしなかったら、もうすぐ、つかみ殺すぞ。つかみ殺してしまふか ら、さう思へ。おれはあさっての朝早く、鳥のうちを一軒づゝまは って、お前が来たかどうかを聞いてあるく。一軒でも来なかったと いふ家があったら、もう貴様もその時がおしまひだぞ。」

「だってそれはあんまり無理ぢゃありませんか。そんなことをする 位なら、私はもう死んだ方がましです。今すぐ殺して下さい。」

「まあ、よく、あとで考へてごらん。市蔵なんてそんなにわるい名 ぢゃないよ。」鷹は大きなはねを一杯にひろげて、自分の巣の方へ 飛んで帰って行きました。

 よだかは、じっと目をつぶって考へました。

(一たい僕は、なぜかうみんなにいやがられるのだらう。僕の顔は、 味噌をつけたやうで、口は裂けてるからなあ。それだって、僕は今 まで、なんにも悪いことをしたことがない。赤ん坊のめじろが巣か ら落ちてゐたときは、助けて巣へ連れて行ってやった。そしたらめ じろは、赤ん坊をまるでぬす人からでもとりかへすやうに僕からひ きはなしたんだなあ。それからひどく僕を笑ったっけ。それにあゝ、 今度は市蔵だなんて、首へふだをかけるなんて、つらいはなしだな あ。)

 あたりは、もううすくらくなってゐました。夜だかは巣から飛び 出しました。雲が意地悪く光って、低くたれてゐます。夜だかはま るで雲とすれすれになって、音なく空を飛びまはりました。

 それからにわかによだかは口を大きくひらいて、はねをまっすぐ に張って、まるで矢のやうにそらをよこぎりました。小さな羽虫が 幾匹も幾匹もその咽喉にはいりました。

 からだがつちにつくかつかないうちに、よだかはひらりとまたそ らへはねあがりました。もう雲は鼠色になり、向ふの山には山焼け の火がまっ赤です。

 夜だかが思ひ切って飛ぶときは、そらがまるで二つに切れたやう に思はれます。一疋の甲虫が、夜だかの咽喉にはいって、ひどくも がきました。よだかはすぐそれを呑みこみましたが、その時何だか せなかがぞっとしたやうに思ひました。

 雲はもうまっくろく、東の方だけ山やけの火が赤くうつって、恐 ろしいやうです。よだかはむねがつかえたやうに思ひながら、又そ らへのぼりました。

 また一疋の甲虫が、夜だかののどに、はいりました。そしてまる でよだかの咽喉をひっかいてばたばたしました。よだかはそれを無 理にのみこんでしまひましたが、その時、急に胸がどきっとして、 夜だかは大声をあげて泣き出しました。泣きながらぐるぐるぐるぐ る空をめぐったのです。

(ああ、かぶとむしや、たくさんの羽虫が、毎晩僕に殺される。そ してそのたゞ一つの僕がこんどは鷹に殺される。それがこんなにつ らいのだ。あゝ、つらい、つらい。僕はもう虫をたべないで餓えて 死なう。いやその前にもう鷹が僕を殺すだらう。いや、その前に、 僕は遠くの遠くの空の向ふに行ってしまはう。)

 山焼けの火は、だんだん水のやうに流れてひろがり、雲も赤く燃 えてゐるやうです。

 よだかはまっすぐに、弟の川せみの所へ飛んで行きました。きれ いな川せみも、丁度起きて遠くの山火事を見てゐた所でした。そし てよだかの降りて来たのを見て云ひました。

「兄さん。今晩は。何か急のご用ですか。」

「いいや、僕は今度遠い所へ行くからね、その前一寸お前に遭ひに 来たよ。」

「兄さん。行っちゃいけませんよ。蜂雀もあんな遠くにゐるんです し、僕ひとりぼっちになってしまふぢゃありませんか。」

「それはね。どうも仕方ないのだ。もう今日は何も云はないで呉れ。 そしてお前もね、どうしてもとらなければならない時のほかはいた づらにお魚を取ったりしないやうにして呉れ。ね。さよなら。」

「兄さん。どうしたんです。まあもう一寸お待ちなさい。」

「いや、いつまで居てもおんなじだ。はちすゞめへ、あとでよろし く云ってやって呉れ。さよなら。もうあはないよ。さよなら。」

 よだかは泣きながら自分のお家へ帰って参りました。みぢかい夏 の夜はもうあけかかってゐました。

 羊歯の葉は、よあけの霧を吸って、青くつめたくゆれました。よ だかは高くきしきしきしと鳴きました。そして巣の中をきちんとか たづけ、きれいにからだ中のはねや毛をそろへて、また巣から飛び 出しました。

 霧がはれて、お日さまが丁度東からのぼりました。夜だかはぐら ぐらするほどまぶしいのをこらえて、矢のやうに、そっちへ飛んで 行きました。

「お日さん、お日さん。どうぞ私をあなたの所へ連れてって下さい。 灼けて死んでもかまひません。私のやうなみにくいからだでも灼け るときには小さなひかりを出すでせう。どうか私を連れてって下さ い。」

 行っても行っても、お日さまは近くなりませんでした。かへって だんだん小さく遠くなりながらお日さまが云ひました。

「お前はよだかだな。なるほど、ずゐぶんつらからう。今夜そらを 飛んで、星にさうたのんでごらん。お前はひるの鳥ではないのだか らな。」

 夜だかはおじぎを一つしたと思ひましたが、急にぐらぐらしてた うたう野原の草の上に落ちてしまひました。そしてまるで夢を見て ゐるやうでした。からだがずうっと赤や黄の星のあひだをのぼって 行ったり、どこまでも風に飛ばされたり、又鷹が来てからだをつか んだりしたやうでした。

 つめたいものがにはかに顔に落ちました。よだかは眼をひらきま した。一本の若いすゝきの葉から露がしたたったのでした。もうす っかり夜になって、空は青ぐろく、一面の星がまたゝいてゐました。 よだかはそらへ飛びあがりました。今夜も山やけの火はまっかです。 よだかはその火のかすかな照りと、つめたいほしあかりの中をとび めぐりました。それからもう一ぺん飛びめぐりました。そして思ひ 切って西のそらのあの美しいオリオンの星の方に、まっすぐに飛び ながら叫びました。

「お星さん。西の青じろいお星さん。どうか私をあなたのところへ 連れてって下さい。灼けて死んでもかまひません。」

 オリオンは勇ましい歌をつゞけながらよだかなどはてんで相手に しませんでした。よだかは泣きさうになって、よろよろと落ちて、 それからやっとふみとまって、もう一ぺんとびめぐりました。それ から、南の大犬座の方へまっすぐに飛びながら叫びました。

「お星さん。南の青いお星さん。どうか私をあなたの所へつれてっ て下さい。やけて死んでもかまひません。」

 大犬は青や紫や黄やうつくしくせわしくまたゝきながら云ひまし た。「馬鹿を云ふな。おまへなんか一体どんなものだい。たかゞ鳥 ぢゃないか。おまへのはねでこゝまで来るには、億年兆年億兆年だ。」 そしてまた別の方を向きました。

 よだかはがっかりして、よろよろ落ちて、それから又二へん飛び めぐりました。それから又思ひ切って北の大熊星の方へまっすぐに 飛びながら叫びました。

「北の青いお星さま、あなたの所へどうか私を連れてって下さい。」

 大熊星はしづかに云ひました。

「余計なことを考へるものではない。少し頭をひやして来なさい。 さう云ふときは、氷山の浮いてゐる海の中へ飛び込むか、近くに海 がなかったら、氷をうかべたコップの水の中へ飛び込むのが一等だ。」

 よだかはがっかりして、よろよろ落ちて、それから又、四へんそ らをめぐりました。そしてもう一度、東から今のぼった天の川の向 ふ岸の鷲の星に叫びました。

「東の白いお星さま、どうか私をあなたの所へ連れてって下さい。 やけて死んでもかまひません。」鷲は大風に云ふました。 「いいや、とてもとても、話にも何にもならん。星になるには、そ れ相応の身分でなくちゃいかん。又よほど金もいるのだ。」

 よだかはもうすっかり力を落してしまって、はねを閉ぢて、地に 落ちて行きました。そしてもう一尺で地面にその弱い足がつくとい ふとき、よだかは俄かにのろしのやうにそらへとびあがりました。 そらのなかほどへ来て、よだかはまるで鷲が熊を襲ふときするやう に、ぶるっとからだをゆすって毛をさかだてました。

 それからキシキシキシキシキシッと高く高く叫びました。その声 はまるで鷹でした。野原や林にねむってゐたほかのとりは、みんな 目をさまして、ぶるぶるふるへながら、いぶかしさうにほしぞらを 見あげました。

 夜だかは、どこまでも、どこまでも、まっすぐに空へのぼって行 きました。もう山焼けの火はたばこの吸殻のくらゐにしか見えませ ん。よだかはのぼってのぼって行きました。

 寒さにいきはむねに白く凍りました。空気がうすくなった為に、 はねをそれはそれはせわしくうごかさなければなりませんでした。

 それだのに、ほしの大きさは、さっきと少しも変りません。つく いきはふいごのやうです。寒さや霜がまるで剣のやうによだかを刺 しました。よだかははねがすっかりしびれてしまひました。そして なみだぐんだ目をあげてもう一ぺんそらを見ました。さうです。こ れがよだかの最后でした。もうよだかは落ちてゐるのか、のぼって ゐるのか、さかさになってゐるのか、上を向いてゐるのかも、わか りませんでした。たゞこゝろもちはやすらかに、その血のついた大 きなくちばしは、横にまがっては居ましたが、たしかに少しわらっ て居りました。

 それからしばらくたってよだかははっきりまなこをひらきました。 そして自分のからだがいま燐の火のやうな青い美しい光になって、 しづかに燃えてゐるのを見ました。

 すぐとなりは、カシオピア座でした。天の川の青じろいひかりが、 すぐうしろになってゐました。

 そしてよだかの星は燃えつゞけました。いつまでもいつまでも燃 えつゞけました。

 今でもまだ燃えてゐます。