目次へ  縦書き

いてふの実

 そらのてっぺんなんかつめたくてつめたくてまるでカチカチのきをかけたはがねです。

 そしてほし一杯いつぱいです。けれどもひがしそらはもうやさしい桔梗ききやうはなびらのやうにあやしいびかりをはじめました。

 そのがたそらした、ひるのとりでもかないたかところするどしものかけらがかぜながされてサラサラサラサラみなみほうんできました。

 じつにそのかすかなおとおかうへ一本いつぽんいてふのきこえるくらゐったがたです。

 いてふのはみんな一度いちどをさましました。そしてドキッとしたのです。今日けふこそはたしかに旅立たびだちのでした。みんなもまへからさうおもってゐましたし、昨日きのふ夕方ゆふがたやって二羽にはからすもさうひました。

ぼくなんかちる途中とちうがまはらないだらうか。」ひとつのひました。

「よくをつぶってけばいいさ。」もひとつがこたへました。

「さうだ。わすれてゐた。ぼく水筒すゐとうみづをつめてくんだった。」

ぼくはね、水筒すゐとうほか薄荷水はつかすゐ用意よういしたよ。すこしやらうか。たびてあんまり心持こゝろもちのわるとき一寸ちよつとむといゝっておっかさんがったぜ。」

「なぜおっかさんはぼくへはれないんだらう。」

「だから、ぼくあげるよ。おつかさんをわるおもっちゃすまないよ。」

 そうです。この銀杏いてふはおかあさんでした。

 今年ことし千人せんにん黄金色きんいろ子供こどもうまれたのです。

 そして今日けふこそ子供こどもらがみんな一諸いつしよたびつのです。おかあさんはそれをあんまりかなしんで扇形あふぎかた黄金きんかみ昨日きのふまでにみんなおとしてしまひました。

「ね、あたしどんなとこくのかしら。」一人ひとりのいてふのおんなそらあげてつぶややくやうにひました。

「あたしだってわからないわ、どこへもきたくないわね。」も一人ひとりひました。

「あたしどんなめにあってもいゝからおつかさんとこたいわ。」

「だっていけないんですって。かぜ毎日まいにちさうったわ。」

「いやだわね。」

「そしてあたしたちもみんなばらばらにわかれてしまふんでせう。」

「ええ、さうよ。もうあたしなんにもいらないわ。」

「あたしもよ。いままでいろいろわがまゝばっかしってゆるして下さいね。」

「あら、あたしこそ。あたしこそだわ。ゆるして頂戴ちやうだい。」

 ひがしそら桔梗ききやうはなびらはもういつかしぼんだやうにちからなくなり、あさ白光しろびかりがあらはれはじめました。ほしひとつづつえてきます。

 一番いちばん一番いちばんたかところ二人ふたりのいてふのおとこひました。

「そら、もうあかるくなったぞ。うれしいなあ。ぼくはきっと黄金色きんいろのおほしさまになるんだよ。」

ぼくもなるよ。きっとこゝからちればすぐ北風きたかぜそられてってれるだらうね。」

ぼく北風きたかぜぢゃないとおもふんだよ。北風きたかぜ親切しんせつぢゃないんだよ。ぼくはきっとからすさんだらうとおもふね。」

「さうだ。きっとからすさんだ。からすさんはえらいんだよ。こゝからとほくてまるでえなくなるまで一息ひといきんでくんだからね。たのんだらぼく二人ふたりぐらゐきっと一遍いつぺんあをぞらまでれてってれるぜ。」

たのんでやうか。はやるといゝな。」

 そのすこしたでもう二人ふたりひました。

ぼく一番いちばんはじめにあんず王様わうさまのおしろをたづねるよ。そしてお姫様ひめさまをさらってったばけもの退治たいぢするんだ。そんなばけものがきっとどこかにあるね。」

「うん。あるだらう。けれどもあぶないじゃないか。ばけものおほきいんだよ。ぼくたちなんかはなでふっとばされちまうよ。」

ぼくね、いゝものってるんだよ。だから大丈夫だいじやうぶさ。せやうか。そら、ね。」

「これおつかさんのかみでこさえたあみぢゃないの。」

「さうだよ。おつかさんがくだすったんだよ。なにおそろしいことのあったときはなかにかくれるんだって。ぼくね、このあみをふところにれてばけものってね。もしもし。今日は、ぼくめますかめないでせう。とかうふんだよ。ばけものおこってすぐむだらう。ぼくはそのときばけもの胃袋ゐぶくろなかでこのあみしてね、すっかりかぶっちまふんだ。それからおなかちうをめっちゃめちゃにこわしちまふんだよ。そら、ばけものはチブスになってぬだらう。そこでぼくあんずのお姫様ひめさまれておしろかへるんだ。そしてお姫様ひめさまもらふんだよ。」

本統ほんたうにいゝね、そんならそのときぼくはお客様きやくさまになってってもいゝだらう。」

「いゝともさ。ぼくくに半分はんぶんわけてあげるよ。それからおつかさんへは毎日まいにち菓子くわしやなんか沢山たくさんあげるんだ。」

 ほしがすっかりえました。ひがしのそらはしろえてゐるやうです。にわかにざわざわしました。もう出発しゆつぱつもないのです。

ぼくくつちいさいや。面倒めんだうくさい。はだしでかう。」

「そんならぼくのとへやう。ぼくのはすこおほきいんだよ。」

へやう。あ、丁度ちようどいゝぜ。ありがたう。」

「わたしこまってしまうわ、おっかさんにもらったあたらしい外套がいたうえないんですもの。」

はやくおさがしなさいよ。どのえだいたの。」

わすれてしまったわ。」

こまったわね。これから非常ひじやうさむいんでせう。どうしても見附みつけないといけなくってよ。」

「そら、ね。いゝぱんだらう。ほし葡萄ぶだう一寸ちよつとかほしてるだらう。はやくかばんへたまへ。もうおさまがおましになるよ。」

「ありがたう。ぢゃもらふよ。ありがたう。一諸いつしよかうね。」

こまったわ、わたし、どうしてもないわ。ほんとうにわたしどうしませう。」

「わたしと二人ふたりきませうよ。わたしのを時々ときどきしてあげるわ。こゞえたら一諸いつしよにませうよ。」

 ひがしそらしろえ、ユラリユラリとれはじめました。おっかさんのはまるでんだやうになってじっとっています。

 突然とつぜんひかりたば黄金きんのやうに一度いちどんでました。子供こどもらはまるでびあがるくらゐかがやきました。

 きたからこほりのやうにつめたいきとほったかぜがゴーッといてました。

「さよなら、おっかさん。」「さよなら、おっかさん。」子供こどもらはみんな一度いちどあめのやうにえだからりました。

 北風きたかぜわらって、
今年ことしもこれでまづさよならさよならってふわけだ。」とひながらつめたいガラスのマントをひらめかしてむかふへってしまひました。

 お日様ひさまえる宝石ほうせきのやうにひがしそらにかかり、あらんかぎりのかゞやきをかなしむ母親はゝおやたび子供こどもらとにげておやりなさいました。