目次へ  縦書き

ひのきとひなげし(初期形)

 ひなげしはみんなまっかにえあがり、ゆらいでみだれてひらめいて、まるであらしのうみなか沢山たくさんあか帆船ほぶねのやうです。

 そのむかふに一本いっぽんくろいひのきがちました。

 夕日ゆうひはひのきのこずえで、みがきたてのあかがねのたてのようにひかってゐます。それもあかがねのいきもののやうです。そしてもうサッサッとさわやかな呼吸こきゅう五六ごろつぺんして、すうと西にしの山にちてきました。

 みなみのうすあをそらから、風がザアッといてて、ひのきになにかさゝやきました。

 ひのきはたゞ一言いちごん、「はらぎゃあてい。」とこたへました。

 それからかぜがひなげしへて、何かさゝやいたとき、ひなげしの群はまるで狂乱きやうらんのやうに、はげしくゆらぎました。

 そしてみんな熱病ねつびやうのうはごとのやうに、かぜなにひました。かぜ相手あいてにもしないで、むかふへってしまひました。

 ひなげしは仕方しかたなくすこししづまり、ひがしにはおほきな立派りつぱくもみねよつちました。

 ちいさいひなげしのはなが、さびしくえながらひとりごとをひました。

「わたしなんか、まるでつまらないわね、うつくしくさへなれたら、もうあしたのばんんだっていいんだけれど。」

 となりの花がひました。

「わたしだってさうよ。だって美しいことのほかに、わたしらのいのちなんてないんでせう。」

「あら、あなたのくらゐ立派りつぱだったら沢山たくさんだわ。あなた、本当ほんたうにお立派りつぱよ。まるでおさまのやうよ、あなたのくらゐになれたら、あたし悪魔あくまのうちへだって下女げじょ奉公ぼうこうにでもなんでもくわ。」

「うそよ。わたしなんか本当ほんとうにつまらないのよ。そりゃあなたよりいくらかうつくしいわね。わたしもさうおもってよ。けれどテクラさんなんかには、まるでおよびもつかないわ。ほんたうにわたしかなしくなってしまうわ。」

 テクラとばれたひなげしは、このひとむらのなかでは、いちばんかゞやいて一番いちばんおほきく、そしていちばんかしこかったのです。テクラにくらべては、ひなげしのどのはなもまるでくらいやうにえました。あゝ、けれどもそのすぐれたはなとても、たゞそのはなだけのうつくしさ、そのはなだけのかしこさは、一体いつたいどれほどのものだったでせう。

 悪魔あくまちいさなかへるにばけて、まるで新月しんげつのやうにけだかいばらのむすめ仕立したてた自分じぶん弟子でしいて、大変たいへんあわてたふうをしてやってまゐりました。

「や、みちをまちがへたかな。これはいかん。失敗しつぱい失敗しつぱい。はてな、一寸ちよつといてやう。もしもし、ひなげしさん、変容術へんやうじゆつのうちはどっちでしたかね。」

 ひなげしはあんまり立派りつぱなばらのむすめまた変容術へんやうじゆついたので、みんなドキッとしましたが、だれもはづかしがって返事へんじをしませんでした。悪魔あくまかへるむすめのばらにひました。

「ははあ、このへんのひなげしはみんなつんぼだな。それで変容術へんやうじゆつのこともらないのだな。どうせそんなもんだらう。どれもこれも、まづいつらだ。」ばらのむすめにばけた悪魔あくま弟子でしはいかにもすなほにうなづきました。

 ひなげしのテクラが、こらえかねてひました。「もしもし、なにかおたづねでいらっしゃいますか。」

「あ、これは。失礼しつれい。えゝ、一寸ちよつとおたづねいたしますが変容術へんやうじゆつのうちはどうまゐったらよろしうございませうか。」

「さあ、あひにくぞんじませんでございますが一体いつたいそんなうちがこの近所きんじよにございますかしら。」

「ありますとも。わたしのむすめなんか、まへはまるで三角さんかくなへんな子供こどもでしたがね。たゞいまはまああなたがたともご交際こうさいねがへるやうになりました。もうさんべんかよへば、もう卒業そつぎやうなさうですがそしたらさあどれ位のものになりますかしらん。いや失礼しつれい。ごめんなさい。」

「あ、一寸ちよつと一寸ちよつとくださいませ。その変容術へんやうじゆつ先生せんせいはご出張しゆつちやうなさいますかしら。」

「しますとも。なにかごようですか。」

「それではまことまをねますが、おついでのせつ私共わたくしどもところへもお立ちりをねがへませうか。」

「さう。私はあの先生せんせい書生しょせいではありませんから、どうもそこらはよくわかりません。が、なによろしうございます。さうまをしあげませう。いや、さよなら。」

 悪魔あくまはばらのむすめをひいて、むかふのどてのかげにってひました。

「おまへもうかへれ。おれは今度こんど医者いしやだ。」といひながらすっかりちいさなしろひげ医者いしやにばけました。

 ひがしくものみねはだんだんたかく、だんだんしろくなって、いまはそら頂上ちやうじやうまでとどくほどです。

 悪魔あくまいそいでひなげしのところへやってまゐりました。

「えゝと、このへんぢゃとはれたが、どうももん標札ひやうさつしてないといふうやうなあんばいだ。一寸ちよつとたづねますが、ひなげしさんたちのおすまひはどのへんですかな。」

 かしこいテクラがドキドキしながらひました。

「あの、ひなげしは手前てまへどもでございます。どなたでいらっしゃいますか。」

「ははあ、なるほど。これは大変たいへん変容へんやう必要ひつようがある。いや。わしはさっきお言伝ことづてにあづかった医者いしやですがね。」

「まあ、それは失礼しつれいいたしました。どうぞこちらへ。そして私共わたしども立派りつぱになれませうか。」

「それはなります。くすり一服いつぷく新月しんげつくらゐ二服にふく十五日じふごにちつきのくらゐ、三服で夕日ゆふひのくらゐ、四服しふく卒業そつげふですが、まひるの太陽たいやうのくらゐといふわけでな。しかし仲々なかなかくすりたかいから。」

 ひなげしはみんな顔色かほいろへてためいきをつきました。テクラがたづねました。

一体いつたいどれくらゐでございませう。」

左様さやう。お一人ひとり二百万両にひやくまんりやうです。」

 ひなげしはしいんとしてしまひました。お医者いしや悪魔あくまもあごのひげをひねったまゝそらをみあげてゐます。くものみねはあは黄金色きんいろにかゞやき、しづかにしづかに、きたはうながれます。

 そのとき一番いちばんちいさいひなげしが、おもったやうにひました。

「お医者いしやさん。わたくしはたった二日ふつかほどおさまのやうにうつくしくなれば沢山たくさんでございます。そのあとは何百万年なんびやくまんねんでもおやしきでご奉公ほうこういたしますから、どうかおくすりをいたゞけませんでせうか。」

「ふん。あんまりはないがこれも慈善じぜんのためぢゃ。よからう。いかにも承知しやうちした。証文しやうもんきなさい。」するとみんながほとんどいつぺんにひました。

わたしもどうかさうおねがひいたします。どうかわたしもさうおねがいたします。」

 お医者いしやはまるでこまったやうにひたひしわをよせてかんがへてゐましたが、
「えい,仕方しかたない。みんなよからう。承知しやうちした。証文しやうもんきなさい。これも慈善じぜんのためぢゃ。」

 そのときかぜがザァッとやってまゐりました。

 ひのきは高く
「はらぎゃあてい。」とさけびました。

 すると医者いしやはたいへんあわてゝ、きうちあがって、途方とほうなくおほきくくろくなって、途方とほうもないほうんでってしまひました。

 ひなげしはみんなわっとなきしました。するとひのきがしづかにひました。

「みなさんはあぶないところでした。みなさんはもうすこしで、永久えいきうにつちぐりのやうなはなにされるところでした。みなさんはそれでもいゝとおもってゐます。けれどもげんにみなさんは、むかしあるとき太陽たいやうのやうにかゞやいたときもあったのです。どなたかそれをおぼえてゐますか。そしていま幸福かうふくですか。こゝろをしづめてほんのしばらくわたくしのことばをおきなさい。

 わたくし沢山たくさんうつくしかったひとたちをってゐます。あの去年きよねんあかつき』とづけられ、もろもろのはななかわうとたゝへられ、欧字あうじ新聞しんぶん雑誌ざつしにまでその肖像しやうぞうをかゝげられた黄薔薇きばらのことをみなさんはおきでせう。わたくしはあのはながどうしてあんなに立派りつぱになったかをこゝでちゃんとてゐました。あのはなたましひが、まだ、ばらにならなかったまへは、それはそれはあはれなちいさなげんのしゃうこだったのです。けれどもそのちいさなしろはなは、けつしてほかのはなをそねんだことがありませんでした。十五日じふごにちほどのみぢかな一生いつしやうを、ほかのおほきなはなのかげでしづかにつゝましくおくったのです。そのしづけさつゝましさ、やすらかさけだかさこそはあのうつくしいばらにいたのです。どんなあらしもあのはなきづつけることはできなかったでせう。たとへ主人しゆじんがあんなに大切たいせつにしなくても、あのはなにはなかでしほれないほどのとくがあったのです。又私わたくし名高なだか印度いんどのカニシカわうつのうみみづきん浄瓶じやうへいからかうべそゝがれるわうによってづから善逝スガタたてまつられた二茎ふたくき青蓮華しやうれんげのことをいてゐます。このけだかい二人ふたりは、まへうみむかふのあを野原のはらのまんなか沢山たくさん沢山たくさん仲間なかま一所いつしよいたふたつのつめくさのはなでした。ある、そらがくろく、地面ぢめんくろく、剽悍ひやうかん旅人たびびとみちうしなひ、野牛やぎうさびしさにくるふとき、ちいさな二人ふたりはあらんかぎりのちからして、かすかな青白あをじろはなともしびをともしたのでした。あゝそれこそは、瓔珞やうらくをかざりしものうすものをつけたあのくに貴人きじんたちに、うらやまれたつとばれた二茎ふたくき青蓮華しやうれんげになったのでした。

 これらのはなはみな幸福かうふくでした。そんなにたつとばれても、そのうつくしさをほこることをしませんでした。いまおそらくみなかゞやく天上てんじやうはなでせう。

 けれどもわたくしまたうつくしいはなのあわれな物語ものがたりってゐます。

 あるはなうつくしいといふことが、何か自分にくっついて、いつまでもはなれないもののやうにかんがへました。あるはなうつくしいといふことがすなはち自分じぶんなのだとおもったりしました。

 これらのはなは、もうそのときから、うつくしさのちいさないづみをからしてゐたのです。

 おろかなものは、それをうつくしいとたゝへましたが、賢人けんじんたちはそのうつくしさのすぐ裏側うらがは に、縦横じゆうわうきざまれたわるしわや、あやしいねたみのしろびかりを見るにたえずまなこをそむけてゐたのです。

 あゝ、すべてうつくしといふことは善逝スガタに至り善逝からだけ来ます。善逝に叶ひ善逝に至るについてへうつくしさはこるのです。」

 ひなげては、みな、しいんとしてりました。

 ひのきは、まただまって、たそがれのそらをあふぎました。

 西にしのそらはいまはかゞやきををさめ、ひがしくもみねはだんだんくづれて、そこから波羅蜜はらみつと云ふぎんひとぼしがまたゝきしました。