目次へ  縦書き

貝の火

 いまうさぎたちは、みんなみじかい茶色ちやいろ着物きものです。

 野原のはらくさはきらきらひかり、あちこちのかばしろはなをつけました。

 じつ野原のはらはいいにほひ一杯いっぱいです。

 子兎こうさぎのホモイは、よろこんでぴんぴんをどりながらまをしました。

「ふん、いいにほひだなあ。うまいぞ、うまいぞ、鈴蘭すずらんなんかまるでパリパリだ。」

 かぜたので鈴蘭すずらんは、はなたがひにぶっつけて、しゃりんしゃりんと りました。

 ホモイはもううれしくて、いきもつかずにぴょんぴょんくさうへをかけしました。

 それからホモイは一寸ちよつとちどまって、うでんでほくほくしながら、「まるでぼくかはなみうへ芸当げいたうをしてゐるやうだぞ。」とひました。

 本当ほんたうにホモイは、いつかちいさなながれのきしまでりました。

 そこにはつめたいみづがこぼんこぼんとおとをたて、そこすながピカピカひかってゐます。

 ホモイは一寸ちよつとあたまげて、「このかはむかふへえてやらうかな。なあにわけないさ。けれどもかはむかがはは、どうもくさわるいからね。」とひとりごとをひました。

 すると不意ふいながれのかみほうから、「ブルルル、ピイ、ピイ、ピイ、ピイ、ブルルル、ピイ、ピイ、ピイ、ピイ。」とけたゝましいこゑがして、うすくろいもぢゃもぢゃしたとりのやうなかたちのものが、ばたばたばたばたもがきながら、ながれてまゐりました。

 ホモイはいそいできしにかけよって、じっとちかまへました。

 ながされるのは、たしかにせたひばりの子供こどもです。ホモイはいきなりみづなかんで、まへあしでしっかりそれをつかまへました。

 するとそのひばりの子供こどもは、いよいよびっくりして、黄色きいろなくちばしをおほきくあけて、まるでホモイのおみゝもつんぼになるくらゐくのです。

 ホモイはあわてゝ一生いっしゃうけんめい、あとあしでみづをけりました。そして「大丈夫だいじやうぶさ、大丈夫だいじやうぶさ。」とひながら、そのかほますと、ホモイはぎょっとしてあぶなくをはなしさうになりました。それは顔中かほぢうしわだらけで、くちばしがおほきくて、おまけにどこかとかげにているのです。

 けれどもこのつようさぎは、けっしてそのをはなしませんでした。おそろしさにくちをへのにしながらも、それをしっかりおさへて、たかみづうへにさしあげたのです。

 そして二人ふたりは、どんどんながされました。ホモイは二度にどほどなみをかぶったので、みづ余程よほどみました。それでもそのとりははなしませんでした。

 すると丁度ちやうど小流こながれのまがりかどに、一本いつぽんちいさなやなぎえだて、みづをピチャピチャたたいてりました。ホモイはいきなりそのえだに、あをかはえるくらゐふかくかみつきました。そして力一杯ちからいっぱいにひばりのきしやはらかなくさうへげあげて、自分じぶんひととびにはねあがりました。

 ひばりのくさうへたをれて、しろくしてガタガタふるへてゐます。

 ホモイもつかれでよろよろしましたが、無理むりにこらえて、やなぎしろはなをむしってて、ひばりのかぶせてやりました。ひばりのはありがたうとふやうにその鼠色ねずみいろかほをあげました。

 ホモイはそれをるとぞっとして、いきなり退きました。そしてこゑをたてゝげました。

 そのときそらからヒュウとのやうにりてたものがあります。ホモイはちどまって、ふりかへってると、それは母親ははおやのひばりでした。母親ははおやのひばりは、ものへずにぶるぶるふるへながら、子供こどものひばりをつよつよいてやりました。

 ホモイはもう大丈夫だいじやうぶおもったので、一目散いちもくさんにおとうさんのおうちはしってかへりました。

 うさぎのおつかさんは、丁度ちやうど、おうちしろくさたばをそろへてりましたが、ホモイをてびっくりしました。そして「おや、どうかしたのかい。大変たいへん顔色かほいろわるいよ。」とひながらたなからくすりはこをおろしました。

「おっかさん、ぼくね、もぢゃもぢゃのとりをぼれるのをたすけたんです。」とホモイがひました。うさぎのおかあさんははこから万能 散まんのふさん一服ぷくしてホモイにわたして、「もぢゃもぢゃのとりってひばりかい。」とたづねました。

 ホモイはくすりけとって、「多分たぶんひばりでせう。あゝあたまがぐるぐるする。おっかさん。まはりがへんえるよ。」とひながら、そのまゝバッタリたふれてしまひました。ひどい熱病ねつびやうにかかったのです。

          ※

          ※

 ホモイがおとうさんやおっかさんや、うさぎのお医者いしやさんのおかげで、すっかりよくなったのは、鈴蘭すゞらんにみんなあをができたころでした。

 ホモイは、くもしづかなばん、はじめてうちから一寸ちよっとました。

 みなみそらを、あかほしがしきりになゝめにはしりました。ホモイはうっとりそれをとれました。すると不意ふいに、そらでブルルッとはねのおとがして、二疋にひき小鳥ことりりてまゐりました。

 おほきいほうは、まるあかひかるものを大事だいじさうにくさにおろして、恭々うやうやしくをついてまをしました。

「ホモイさま。あなたさまはわたくしども親子おやこ大恩人だいおんじんでございます。」

 ホモイは、そのあかいもののひかりで、よくそのかほひました。

「あなたがた先頃せんころのひばりさんですか。」

 母親はゝおやのひばりは、
「さやうでございます。先日せんじつはまことにありがたうございました。せがれのいのちをおたすくださいましてまことにありがたうぞんじます。あなたさまはそのために、ご病気びゃうきにさへおなりになったとのことでございましたが、もうおよろしうございますか。」

 親子おやこのひばりは、沢山たくさんおじぎをして又申またまをしました。

私共わたくしども毎日まいにちこのへんびめぐりまして、あなたさまのそとへおなさいますのをおいたしてりました。これはわたくしどものわうからの贈物おくりものでございます。」とひながら、ひばりはさっきのあかひかるものをホモイのまへして、うすいうすいけむりのやうなはんかちをきました。それはとちのぐらゐあるまんまるのたまで、なかではあかがちらちらえてゐるのです。ひばりの母親はゝおや又申またまをしました。

「これはかいといふ宝珠ほうじゆでございます。わうさまのお言伝ことづてではあなたさまのお手入てい次第しだいで、このたまはどんなにでも立派りつぱになるとまをします。どうかおをさめをねがひます。」

 ホモイはわらってひました。

「ひばりさん。ぼくはこんなものいりませんよ。ってってください。大変たいへんきれいなもんですから、けで沢山たくさんです。たくなったらまたあなたのところきましょう。」

 ひばりがまをしました。

「いゝえ、それはどうかおをさめをねがひます。私共わたくしどもわうからの贈物おくりものでございますから。おおさくださらないと、またわたくしはせがれと二人ふたり切腹せつぷくをしないとなりません。さ、せがれ。おいとまをして。さ。おじぎ。ご免下めんくださいませ。」

 そしてひばりの親子ひばり二三遍にさんべん辞儀じぎをしてあわてゝんでってしまひました。

 ホモイはたまりあげてました。たまあかほのほをあげてせわしくせわしくえてゐるやうにえますが、じつはやはりつめたくうつくしくんでゐるのです。にあてゝそらにすかしてると、もうほのほく、あまがは奇麗きれいにすきとほってゐます。からはなすとまたちらりちらりうつくしいします。

 ホモイはそっとたまさゝげて、おうちへはいりました。そしてすぐおとうさんにせました。するとうさぎのおとうさんがたまにとって、がねをはずしてよく調しらべてからまをしました。

「これは有名いふめいかひといふ宝物たからものだ。これは大変たいへんたまだぞ。これをこのまゝ一生いつしやう満足まんぞくってゐることのできたものはいままでにとり二人ふたりさかな一人ひとりあっただけだといふはなしだ。おまへはよくけてひかりをなくさないやうにするんだぞ。」

 ホモイがまをしました。

「それは大丈夫だいじやうぶですよ。ぼくけつしてなくしませんよ。そんなやうなことはひばりもってゐ ました。ぼく毎日まいにち百遍ひゃっぺんづついきをふきかけて百遍ひゃっぺんづつ紅雀べにすゞめでみがいてやりませう。」

 うさぎのおっかさんも、たまにとってよくよくながめました。そしてひました。

「このたま大変たいへんそんやすいといふ事です。けれども、又亡またなくなったわし大臣だいじんってゐたときは、大噴火だいふんくわがあって大臣だいじんとり避難ひなんために、あちこちさしづをしてあるいてゐるあひだにこのたま山程やまほどあるいしたれたり、まっかな溶岩ようがんながされたりしても、一向いっかうきづもくもりもつかないでかへってまへよりうつくしくなったといふはなしですよ。」

 うさぎのおとうさんがまをしました。

「さうだ。それは名高なだかいはなしだ。おまへもきっとわし大臣だいじんのやうな名高なだかひとになるだらう。よく意地悪いぢわるなんかしないやうにけないといけないぞ。」

 ホモイはつかれてねむくなりました。そして自分じぶんのおとこにコロリとよこになってひました。

大丈夫だいじやうぶだよ。ぼくなんかきっと立派りつぱにやるよ。たまぼくってるんだからください。」

 うさぎのおっかさんはたまわたしました。ホモイはそれをむねにあてゝすぐねむってしまひました。

 そのばんゆめ奇麗きれいなことは、みどりそらえたり、野原のはら一面いちめん黄金きんくさかはったり、沢山たくさんちいさな風車かざぐるまはちのやうにかすかにうなって空中くうちゆうんであるいたり、仁義じんぎをそなへたわし大臣だいじんが、銀色ぎんいろのマントをきらきら波立なみだてゝ野原のはらまはったり、ホモイはうれしさに何遍なんべんも、「ホウ。やってるぞ、やってるぞ。」とこゑをあげたくらゐです。

        ※

        ※

 あくるあさ、ホモイは七時頃しちじころをさまして、まづ第一だいいちたまました。たまうつくしいことは、昨夜ゆふべよりもっとです。ホモイはたまをのぞいて、ひとりごとをひました。

える、える。あそこが噴火口ふんくわこうだ。そらをふいた。ふいたぞ。面白おもしろいな。まるで花火はなびだ。おや、おや、おや、がもくもくいてゐる。二つにわかれた。奇麗きれいだな。火花ひばなだ。火花ひばなだ。まるでいなづまだ。そらながしたぞ。すっかり黄金色きんいろになってしまった。うまいぞうまいぞ。そらまたをふいた。」

 おとうさんはもうそとてゐました。おっかさんがにこにこして、おいしいしろくさあをいばらのってひました。

「さあはやくおかほをあらって、今日けふすこ運動うんどうをするんですよ。どれ一寸ちよつとせ。まあ本当ほんたう奇麗きれいだね。おまへがおかほをあらっているあひだおっかさんはてゐてもいゝかい。」

 ホモイがひました。

「いゝとも。これはうちの宝物たからものなんだから、おっかさんのだよ。」そしてホモイはってうちくち鈴蘭すずらんさきから、大粒おほつぶつゆほどってすっかりおかほあらひました。

 ホモイはごはんがすんでから、たま百遍ひやつぺんいきをふきかけそれから百遍ひやつぺん紅雀べにすゞめでみがきました。そして大切たいせつ紅雀べにすゞめのむなにつゝんで、いままでうさぎとほめがねをれていた瑪瑙めなふはこにしまっておかあさんにあづけました。そしてそとました。

 かぜいてくさつゆがバラバラとこぼれます。つりがねさうがあさかね
「カン、カン、カンカエコ、カンコカンコカン。」
らしてゐます。ホモイはぴょんぴょんんでかばしたきました。

 するとむかふから、としった野馬のうまがやってまゐりました。ホモイはすここわくなってもどらうとしますとうま丁寧ていねいにおじぎをしてひました。

「あなたはホモイさまでござりますか。こんどかひがおまへさまにまゐられましたさうでじつ祝着しうちやくぞんじまする。あのたまがこのまへけものほうまゐりましてからもう千二百年せんにひやくねんたってゐるとまをしまする。いや、じつわたくしめも今朝けさそのおはなしをうけたまはりましてなみだながしてござります。」うまはボロボロきだしました。ホモイはあきれてゐましたが、うまがあんまりくものですから、ついつりこまれて一寸ちよつとはながせらせらしました。うま風呂敷ふろしきぐらゐある浅黄あさぎのはんけちをしてなみだをふいてまをしました。

「あなたさま私共わたくしども恩人おんじんでございます。どうかくれぐれもおからだを大事だいじになされてくだされませ。」そしてうま丁寧ていねいにおじぎをしてむかふへあるいてきました。

 ホモイはなにだかうれしいやうなおかしいやうながしてぼんやりかんがへながら、にはとこのかげきました。するとそこにわか二疋にひき栗鼠りすが、なかよくしろいおもちべてりましたがホモイのたのをると、びっくりしてちあがっていそいできもののえりをなほし、白黒しろくろくしてもちをのみまうとしたりしました。

 ホモイはいつものやうに、
「りすさん。おはやう。」とあいさつをしましたが、りすは二疋共にひきともかたくなってしまって、一向いっかうことばませんでした。ホモイはあわてゝ
「りすさん。今日けふ一諸いっしょにどこかあそびにきませんか。」とひますと、りすはんでもないとふやうにをまんまろにしてかほ見合みあはせて、それからいきなりむかふをいて一生いつしようけんめいげてってしまひました。

 ホモイはあきれてしまひました。そして顔色かほいろへてうちへもどってて「おっかさん。なんだかみんなへん工合ぐあひですよ。りすさんなんか、もうぼく仲間なかまはづれにしましたよ。」とひますとうさぎのおっかさんがわらってこたへました。

「それはさうですよ。おまへはもう立派りっぱひとになったんだから、りすなんかはづかしいのです。ですからよくをつけてあとでわらはれないやうにするんですよ。」

 ホモイがひました。

「おっかさん。それは大丈夫だいじやうぶですよ。そんならぼくはもう大将たいしやうになったんですか。」

 おっかさんもうれしさうに「まあさうです。」とまをしました。

 ホモイがよろこんでをどりあがりました。

「うまいぞ。うまいぞ。もうみんなぼくのてしたなんだ。きつねなんかもうこわくもなんともないや。おっかさん。ぼくね、りすさんを小将しやうしやうにするよ。うまはね、うま大佐たいさにしてやらうとおもふんです。」

 おっかさんがわらひながら、
「さうだね、けれどもあんまりいばるんじゃありませんよ。」とまをしました。ホモイは 「大丈夫だいじやうぶですよ。おっかさん、ぼく一寸ちよつとそとってます。」とったまゝぴょんと野原のはらしました。するとすぐまへ意地悪いぢわるきつねかぜのやうにはしってきます。

 ホモイはぶるぶるふるへながらおもってさけんでました。

て。きつねぼく大将たいしやうだぞ。」

 きつねがびっくりしてふりいて顔色かほいろへてまをしました。

「へい。ぞんじてります。へい、へい。なにかごようでございますか。」

 ホモイができるくらゐ威勢いせいよくひました。

「おまへはずゐぶんぼくをいぢめたな。今度こんどぼくのけらいだぞ。」

 きつね卒倒そつたうしさうになって、あたまをあげてこたへました。「へいおもをけもございません。どうかおゆるしをねがひます。」

 ホモイはうれしさにわくわくしました。

特別とくべつゆるしてやらう。おまへ少尉しやういにする。よくはたらいてれ。」

 きつねよろこんで四遍しへんばかりまはりました。

「へいへい。ありがたうぞんじます。どんなことでもいたします。すこしとうもろこしをぬすんでまゐりませうか。」

 ホモイがまをしました。

「いや、それはわるいことだ。そんなことをしてはならん。」

 きつねあたまいてまをしました。

「へいへい。これからはけつしていたしません。なんでもおいひつけをっていたします。」

 ホモイはひました。

「さうだ。ようがあったらぶからあっちへっておいで。」きつねはくるくるまはっておじぎをしてむかふへってしまひました。

 ホモイはうれしくてたまりません。野原のはらったりたりひとりごとをったり、わらったりさまざまのたのしいことをかんがへてゐるうちに、もうお日様ひさまくだけたかゞみのやうにかばむかふにちましたので、ホ モイもいそいでおうちにかへりました。

 うさぎのおとうさまももうかへっていて、そのばんは様々さまざまのご馳走ちさうがありました。ホモイはそのばんうつくしいゆめました。

        ※

        ※

 つぎホモイは、おかあさんにひつけられてざるって野原のはらて、鈴蘭すゞらんあつめながらひとりごとをひました。

「ふん、大将たいしやう鈴蘭すゞらんあつめるなんておかしいや。だれかにつけられたらきっとわらはれるばかりだ。きつねるといゝがなあ。」

 するとあししたなんだかもくもくしました。るとむぐらがつちをくぐってだんだんむかふへかうとします。ホモイはさけびました。

「むぐら、むぐら、むぐらもち、おまへぼくえらくなったことをってるかい。」

 むぐらがつちなかひました。

「ホモイさんでいらっしゃいますか。よくぞんじてります。」

 ホモイは大威張おほいばりでひました。

「さうか。そんならいゝがね。ぼく、おまへ軍曹ぐんさうにするよ。そのかはすこはたらいてれないかい。」

 むぐらはびくびくしてたづねました。

「へいどんなことでございますか。」

 ホモイがいきなり「鈴蘭すゞらんあつめておくれ。」とひました。

 むぐらはつちなか冷汗ひやあせをたらしてあたまをかきながら、 「さあまことおそりますがわたくしあかるいところ仕事しごと一向いつかう無調法ぶちやうほうでございます。」とひました。

 ホモイはおこってしまって、
「さうかい。そんならいゝよ。たのまないからあとでておいで。ひどいよ。」とさけびました。

 むぐらは「どうかごめんをねがひます。わたくしながくお日様ひさまますとんでしまひますので。」としきりにおわびをします。

 ホモイはあしをばたばたして
「いゝよ。もういゝよ。だまっておいで。」とひました。

 そのときむかふのにはとこのかげからりすが五疋ごひきちょろちょろまゐりました。そしてホモイのまへにぴょこぴょこあたまげてまをしました。

「ホモイさま、どうか私共わたくしども鈴蘭すゞらんをおらせくださいませ。」ホモイが「いゝとも。さあやってれ。おまへたちはみんなぼく少将しやうしやうだよ。」

 りすがきゃっきゃっよろこんで仕事しごとにかかりました。

 このときむかふから仔馬こうま六疋ろつぴきはしっててホモイのまへにとまりました。そのなか一番いちばんおほきなのが「ホモイさま私共わたくしどもにもなにかおいひつけをねがひます。」とまをしました。ホモイはすっかりよろこんで 「いゝとも。おまへたちはみんなぼく大佐たいさにする。ぼくんだら、きっとかけてておくれ。」といひました。仔馬こうまよろこんではねあがりました。

 むぐらがつちなかきながらまをしました。

「ホモイさま、どうかわたくしにもできるやうなことをおいひつけください。きっと立派りっぱにいたしますから。」

 ホモイはまだおこってゐましたので、
「おまへなんかいらないよ。いまきつねたらおまへたちの仲間なかまをみんなひどいにあはしてやるよ。ておいで。」とあしぶみをしてひました。

 つちなかではひっそりとしてこゑもなくなりました。

 それからりすは、夕方ゆふがたまで鈴蘭すゞらん沢山たくさんあつめて、大騒おほさわぎをしてホモイのうちへはこびました。

 おっかさんが、そのさわぎにびっくりしてひました。

「おや、どうしたの、りすさん。」

 ホモイがよこからくちして
「おっかさん。ぼく腕前うでまへをごらん。まだまだぼくはどんなことでもできるんですよ。」とひました。うさぎのおかあさんは返事へんじもなくだまってかんがへてりました。

 すると丁度ちやうどうさぎのおとうさんがもどっててその景色けしきをじっとてからまをしました。

「ホモイ、おまへすこねつがありはしないか。むぐらを大変たいへんおどしたさうだな。むぐらのうちではもうみんなきちがひのやうになっていてるよ。それにこんなに沢山たくさん全体ぜんたいだれがたべるのだ。」

 ホモイはきだしました。りすはしばらくどくさうにってりましたがとうとうこそこそみんなげてしまひました。

 うさぎのおとうさんがまたまをしました。

「おまへはもうだめだ。かひてごらん。きっとくもってしまってゐるから。」

 うさぎのおっかさんまでがいて、まへかけでなみだをそっとぬぐひながらあのうつくしいたまのはいった瑪瑙めなふはこ戸棚とだなからしました。

 うさぎのおとうさんははこけとってふたをひらいておどろきました。

 たま一昨日おとゝひばんよりももっともっとあかくもっともっとはやえてゐるのです。

 みんなはうっとりみとれてしまひました。うさぎのおとうさんはだまってたまをホモイにわたしてごはんべはじめました。ホモイもいつかなみだかはきみんなはまた気持きもちよくわら一諸いつしよにごはんをたべてやすみました。

          ※

          ※

 つぎあさはやくホモイはまた野原のはらました。

 今日けふもよいお天気てんきです。けれどもをとられた鈴蘭すゞらんは、もうまへのやうにしゃりんしゃりんとらしませんでした。

 むかうのむかうのあを野原のはらのはづれから、きつね一生いつしやうけんめいはしってて、ホモイのまへにとまって、
「ホモイさん。昨日きのふりすに鈴蘭すゞらんあつめさせたさうですね。どうです。今日けふわたしがいゝものを見附みつけててあげませう。それは黄色きいろでね、もくもくしてね、失敬しつけいですが、ホモイさん、あなたなんかまだたこともないやつですぜ。それから、昨日きのふむぐらにばつをかけるとっしゃったさうですね。あいつは元来ぐわんらい横着わうちやくだから、かはなかへでもひこんでやりませう。」とひました。

 ホモイは
「むぐらはゆるしておやりよ。ぼくもう今朝けさゆるしたよ。けれどそのおいしいたべものはすこしばかりっててごらん。」とひました。

合点がつてん合点がつてん十分間じつぷんかんだけおちなさい。十分間じつぷんかんですぜ。」と云ってきつねはまるでかぜのやうにはしってきました。

 ホモイはそこでたかさけびました。

「むぐら、むぐら、むぐらもち。もうおまへゆるしてあげるよ。かなくてもいゝよ。」つちなかはしんとしてりました。

 きつねまたむかうからはしってました。そして 「さあおあがりなさい。これは天国てんごくてんぷらというもんですぜ。最上等さいじやうとうところです。」とひながらぬすんでかくパンをしました。

 ホモイは一寸ちよつとたべてたら、じつにどうもうまいのです。そこできつね
「こんなものどの出来できるのだい。」とたづねますときつねよこいてひとつ「ヘン」とわらってからまをしました。

台所だいどころといふですよ。ダアイドコロといふね。おいしかったら毎日まいにちっててあげませう。」

 ホモイがまをしました。「それではね毎日まいにちきっとみつつづつってておくれ。ね。」

 きつねがいかにもよくのみこんだといふやうにをパチパチさせてひました。

「へい。よろしうございます。そのかはわたしとりをとるのを、あなたがとめてはいけませんよ。」

「いゝとも」とホモイがまをしました。

 するときつね
「それでは今日けふの分、もうふたってませう。」とひながらまたかぜのやうにはしってきました。

 ホモイはそれをおうちにってっておとうさんやおかあさんにあげるときことかんがへてました。おとうさんだって、こんな美味おいしいものはらないだらう。僕はほんたうに孝行かうこうだなあ。

 きつねかくパンをふたつくわいててホモイのまへいて、いそいで「さよなら」とひながらもうはしっていってしまひました。ホモイは
きつね一体いつたい毎日まいにちなにをしているんだらう。」とつぶやきながらおうちにかへりました。

 今日けふはおとうさんとおかあさんとが、おうちまへ鈴蘭すゞらん天日てんびにほしてりました。

 ホモイが
「おとうさん。いいものをってましたよ。あげませうか。まあ一寸ちよつとたべてごらんなさい。」とひながらかくパンをしました。

 うさぎのおとうさんはそれをけとって眼鏡めがねはづして、よくよく調しらべてからひました。

「おまへはこんなものをきつねにもらったな。これはぬすんでたもんだ。こんなものをおれはべない。」そしておとうさんはもひとつホモイのおかあさんにあげやうとっていたぶんも、いきなりりかへして自分じぶんのと一諸いつしよつちげつけてむちゃくちゃにふみにじってしまひました。

 ホモイはわっときだしました。うさぎのおかあさんも一諸いつしよきました。

 おとうさんがあちこちあるきながら、
「ホモイ、おまへはもう駄目だめだ。たまてごらん。もうきっとくだけてゐるから。」とひました。

 おかあさんがきながらはこしました。たまはおさまのひかりけてまるで天上てんじやうのぼってきさうにうつくしくえました。

 おとうさんはたまをホモイにわたしてだまってしまひました。ホモイもたまていつかなみだわすれてしまひました。

          ※

          ※

 つぎの日ホモイはまた野原のはらました。

 きつねはしっててすぐかくパンをみつわたしました。ホモイはそれをいそいで台所だいどころたなうへせてまた野原のはらますときつねがまだってひました。

「ホモイさん。なに面白おもしろいことをしやうぢゃありませんか。」ホモイが「どんなこと?」ときゝますときつねひました。

「むぐらをばつにするのはどうです。あいつはじつにこの野原のはらどくむしですぜ。そしてなまけものですぜ。あなたが一遍いつぺんゆるすってったのなら今日けふわたしだけでひとつむぐらをいぢめますからあなたはだまってておいでなさい。いゝでせう。」

 ホモイは「うん。どくむしならすこしいぢめてもよかろう。」とひました。

 きつねは、しばらくあちこち地面ぢめんいだり、とんとんふんでみたりしてゐましたが、とうとうひとつのおおきないしおこしました。するとそのしたにむぐらの親子おやこ八疋はつぴきかたまってぶるぶるふるえてりました。きつね
「さあ、はしれ、はしらないと ころすぞ。」といってあしをどんどんしました。 むぐらの親子おやこは 「ごめんください、ごめんください。」とひながらげやうとするのですがみんなえないうへあしかないものですからたゞくさくだけです。

 一番いちばんちいさなはもう仰向あをむけになって気絶きぜつしたやうです。きつねははがみをしました。ホモイもおもわず「シッシッ」とってあしらしました。そのとき、「こらっなにをする。」とおほきなこゑがして、きつねがくるくると四遍しへんばかりまはってやがて一目散いちもくさんげました。

 るとホモイのおとうさんがてゐるのです。

 おとうさんは、いそいでむぐらをみんなあなれてやって、うへへもとのやうにいしをのせて、それからホモイのくびすぢをつかんで、ぐんぐんおうちへいてきました。

 おっかさんがいておとうさんにすがりました。おとうさんがひました。

「ホモイ。おまへはもう駄目だめだぞ。今日けふこそかひくだけたぞ。してろ。」

 おかあさんがなみだをふきながらはこしてました。おとうさんははこふたひらいてました。

 するとおとうさんはびっくりしてしまひました。かひ今日けふぐらゐうつくしいことはまだありませんでした。それはまるであかみどりあを様々さまざまはげしく戦争せんそうをして、地雷火ぢらいくわをかけたり、のろしをげたり、またいなづまがひらめいたり、ひかりながれたり、さうかとおもふと水色みづいろほのほたま全体ぜんたいをパッと占領せんりやうして、今度こんどはひなげしのはなや、黄色きいろのチュウリップ、薔薇ばらやほたるかづらなどが、一面いちめんかぜにゆらいだりしてゐるやうにえるのです。

 うさぎのおとうさんはだまってたまをホモイにわたしました。ホモイはもなくなみだわすれてかひながめてよろこびました。

 おっかさんもやっと安心あんしんして、おひるの支度したくをしました。

 みんなはすはってかくパンをべました。

 おとうさんがひました。

「ホモイ。きつねにはをつけないといけないぞ。」

 ホモイがまをしました。

「おとうさん。大丈夫ですよ。きつねなんかなんでもありませんよ。ぼくにはかひがあるのですもの。あのたまくだけたりくもったりするもんですか。」

 おかあさんがまをしました。

本当ほんたうにね、いゝ宝石いしだね。」

 ホモイは得意とくいになってひました。

「おかあさん。ぼくはね、うまれつきあのかひはなれないやうになってるんですよ。たとへぼくがどんなことをしたってあのかひがどこかへんでくなんてそんなことがあるもんですか。それにぼく毎日まいにちひゃくづついきをかけてみがくんですもの。」

実際じつさいさうだといゝがな。」とおとうさんがまをしました。

 そのばんホモイはゆめました。たかたかきりのやうなやま頂上ちやうじやう片脚かたあしってゐるのです。

 ホモイはびっくりしていてをさましました。

             ※

             ※

 つぎあさホモイはまたました。

 今日けふ陰気いんききりがジメジメ降ってゐます。くさもぢっとだまみました。ぶなのさへをちらっともうごかしません。

 たゞあのつりがねさうのあさかねだけはたかたかそらにひゞきました。

「カンカンカンカエコカンコカンコカン。」

 おしまいのおとがカアンとむかふからもどってました。

 そしてきつねかくパンをみつってはんズボンをはいてやってました。

きつね。おはやう。」とホモイがひました。

 きつねはいやなわらひやうをしながら
「いや、昨日きのふはびっくりしましたぜ。ホモイさんのおとうさんも随分ずゐぶん頑固がんこですな。しかしどうです。すぐご機嫌きげんなほったでせう。今日けふひとつうんと面白おもしろいことをやりませう。動物園どうぶつゑんをあなたはきらひですか。」とひました。

 ホモイが
「うん。きらひではない。」とまをしました。

 きつねふところからちいさなあみしました。そして
「そら、こいつをかけてくととんぼでもはちでもすゞめでもかけすでも、もっとおほきなやつでもひっかかりますぜ。それをあつめてひと動物園どうぶつゑんをやらうぢゃありませんか。」とひました。

 ホモイは一寸ちよつとその動物園どうぶつゑん景色けしきかんがへててたまらなく面白おもしろくなりました。そこで「やらう。けれども、大丈夫だいじやうぶそのあみでとれるかい。」とひました。

 きつねがいかにもおかしさうにして「大丈夫だいじやうぶですとも。あなたははやくパンをいておいでなさい。そのうちにわたくしはもう百位ひやくぐらいゐあつめてきますから。」とひました。

 ホモイは、いそいでかくパンをっておうちかへって、台所だいどころたなうへせて、またいそいでかへってました。

 るともうきつねきりなかかばに、すっかりあみをかけて、くちおほきくあけてわらってゐました。

「はははは、ごらんなさい。もう四疋しひきつかまりましたよ。」

 きつねはどこからってたかおほきな硝子箱がらすばこゆびさしてひました。

 本統ほんたうにそのなかにはかけすとうぐひす紅雀べにすゞめとひわと四疋しひきはいってばたばたしてりました。

 けれどもホモイのかほると、みんなきう安心あんしんしたやうにしづまりました。

 うぐひす硝子越がらすごしにまをしました。

「ホモイさん。どうかあなたのおちからたすけてやってください。わたしらはきつねにつかまったのです。あしたはきっとはれます。おねがひでございます。ホモイさん。」ホモイはすぐはこひらかうとしました。

 すると、きつねひたひくろしわをよせて、りあげてどなりました。

「ホモイ。をつけろ。そのはこでもかけてろ。ころすぞ。泥棒どろぼうめ。」

 まるでくちよこけさうです。

 ホモイはこわくなってしまって、一目散いちもくさんにおうちへかへりました。今日けふはおっかさんも野原のはらて、うちにませんでした。

 ホモイはあまりむねがどきどきするのであのかひやうとはこしてふたひらきました。

 それはやはりのやうにえてりました。

 けれどものせいか、一所ひとところちいさなちいさなはりでついたくらゐしろくもりがえるのです。

 ホモイはどうもそれがになって仕方しかたありませんでした。そこでいつものやうに、フッフッといきをかけて、紅雀べにすゞめ胸毛むなげうへかろくこすりました。

 けれども、どうもそれがとれないのです。そのとき、おとうさんがかへってました。そしてホモイの顔色かほいろかわっているのをひました。

「ホモイ。かひくもったのか。大変たいへんまへ顔色かほいろわるいよ。どれおせ。」そしてたまをすかしてわらってひました。

「なあに、すぐれるよ。黄色きいろなんかかへって今迄いままでより余計よけいえてゐるくらゐだ。どれ。紅雀べにすゞめすこしおれ。」そしておとうさんは熱心ねつしんにみがきはじめました。けれどもどうもくもりがとれるどころか段々だんだんおほきくなるらしいのです。

 おかあさんがかへってまゐりました。そしてだまっておとうさんからかひってすかしててためいきをついて今度こんど自分じぶんいきをかけてみがきました。

 じつにみんな、だまってためいきばかりつきながら、かはがは一生いつしやうけんめいみがいたのです。

 もう夕方ゆふがたになりました。お父さとうんはにわかにがついたやうにちあがって、「まあごはんべやう。今夜こんや一晩ひとばんあぶらけていてろ。それが一番いちばんいゝといふはなしだ。」といひました。

かあさんはびっくりして
「まあ、ごはん支度したくわすれてゐた。なんにもこさえてない。一昨日おととひのすゞらんの今朝けさかくパンだけをべませうか。」とひました。

「うんそれでいゝさ」とおとうさんがひました。ホモイはためいきをついてたまはこれてじっとそれを見詰みつめました。

 みんなはだまってごはんをすましました。

 おとうさんは
「どれあぶらしてやるかな」とひながらたなからかやのあぶらびんをおろしました。

 ホモイはそれをけとってかひれたはこそゝぎました。そしてあかりをけしてみんなはやくからねてしまひました。

           ※

           ※

 夜中よなかにホモイはをさましました。

 そしてこわごわきあがってそっとまくらもとのかひました。かひは、あぶらなかさかな眼玉めだまのやうに銀色ぎんいろひかってゐます。もうあかえてゐませんでした。

 ホモイは大声おほごゑしました。

 うさぎのおとうさんやおかあさんがびっくりしてきてあかりをつけました。

 かひはまるでなまりたまのやうになってゐます。ホモイはきながらきつねあみのはなしをおとうさんにしました。

 おとうさんは大変たいへんあわてゝいそいで着物きものをきかへながらひました。

「ホモイ。おまへ馬鹿ばかだぞ。おれ馬鹿ばかだった。おまへはひばりの子供こどもい のちたすけてあのたまもらったのぢゃないか。それをおまへ一昨日おとゝひなんかうまれつきだなんてってゐた。さあ野原のはらかう。きつねがまだあみってるかもしれない。おまへはいのちがけできつねとたゝたかふんだぞ。勿論もちろんおれも手伝てつだふ。」

 ホモイはいてちあがりました。うさぎのおかあさんもいて二人ふたりあとひました。

 きりがポシャポシャって、もうがあけかかってゐます。

 きつねはまだあみをかけて、かばしたました。そして三人さんにんくちげて大声おほごゑでわらひました。ホモイのおとうさんがさけびました。

きつね。おまへはよくもホモイをだましたな。さあ決闘けつたうをしろ。」

 きつねじつ悪党あくたうらしいかほをしてひました。

「へん。貴様きさま三疋さんびきばかりころしてやってもいゝが、おれもけがでもするとつまらないや。おれはもっといゝべものがあるんだ。」

 そしてはこをかついでさうとしました。

てこら。」とホモイのおとうさんがガラスのはこおさへたのできつねはよろよろしてとうとうはこいたまゝげてってしまひました。

 るとはこなかとり百疋ひやつぴきばかり、みんないてゐました。すゞめやかけすやうぐひすは勿論もちろんおほきなおほきなふくらふや、それにひばりの親子おやこまでがはいってゐるのです。

 ホモイのおとうさんはふたをあけました。

 とりがみんなして地面ぢめんをついてこゑをそろへてひました。

「ありがたうございます。ほんとうに度々たびたびおかげさまでございます。」するとホモイのおとうさんがまをしました。

「どういたしまして、私共わたしども面目次第めんぼくしだいもございません。あなたがたわうさまからいたゞいたたまをとうとうくもらしてしまったのです。」

 とり一遍いつぺんひました。

「まあどうしたのでせう。どうか一寸ちよつと拝見はいけんいたしたいものです。」

「さあどうぞ」とひながらホモイのおとうさんはみんなをおうちのほう案内あんないしました。とりはぞろぞろついてきました。ホモイはみんなのあとをきながらしょんぼりついてきました。ふくらふ大股おほまたにのっそのっそとあるきながら時々ときどきこわいをしてホモイをふりかえってました。

 みんなはおうちにはいりました。

 とりは、ゆかやたなつくえやうちぢうのあらゆる場所ばしよをふさぎました。ふくらふ目玉めだま途方とほうもないほうけながら、しきりに「オホン、オホン」とせきばらひをします。

 ホモイのおとうさんがたゞのしろいしになってしまったかひりあげて、 「もうこんな工合ぐあひです。どうか沢山たくさんわらってやってください。」と云ふとたん、かひするどくカチッとってふたつにれました。

 とおもふと、パチパチパチッとはげしいおとがしてるまるでけむりのやうにくだけました。

 ホモイが入口いりくちでアッとってたをれました。にそのこなはいったのです。みんなはおどろいてそっちへかうとしますと今度こんどはそこらにピチピチピチとおとがしてけむりがだんだんあつまり、やがて立派りつぱないくつかのかけらになり、おしまいにカタッとふたつかけらがって、すっかりむかしかひになりました。たまはまるで噴火ふんくわのやうにえ、夕日ゆふひのやうにかゞやき、ヒューとおとてゝまどからそとほうんできました。

 とりはみなきやうをさまして、一人ひとり二人ふたりいまはふくらふだけになりました。ふくらふはじろじろへやなかまはしながら
「たった六日むいかだったな。ホッホ
 たった六日むいかだったな。ホッホ。」とあざわらってかたをゆすぶって大股おほまたきました。

 それにホモイのは、もうさっきのたまのやうにしろにごってしまって、まったくものえなくなったのです。

 はじめからおしまいまでおかあさんはいてばかりました。おとうさんがうでんでじっとかんがへてゐましたがやがてホモイのせなかをしづかにたゝいてひました。

くな。こんなことはどこにもあるのだ。それをよくわかったおまへは、一番いちばんさいはひなのだ。はきっとまたよくなる。おとうさんがよくしてやるから。な。くな。」

 まどそとではきりれて鈴蘭すゞらんがきらきらひかり、つりがねさうは「カン、カン、カンカエコカンコカンコカン。」とあさかねたからしました。