目次へ  縦書き

蜘蛛となめくじと狸

 蜘蛛と、銀色のなめくぢとそれから顔を洗ったことのない狸とは みんな立派な選手でした。

 けれども一体何の選手だったのか私はよく知りません。

 山猫が申しましたが三人はそれはそれは実に本気の競争をしてゐ たのださうです。

 一体何の競争をしてゐたのか、私は三人がならんでかける所も見 ませんし学校の試験で一番二番三番ときめられたことも聞きません。

 一体何の競争をしてゐたのでせう、蜘蛛は手も足も赤くて長く、 胸には「ナンペ」と書いた蜘蛛文字のマークをつけてゐましたしな めくぢはいつも銀いろのゴムの靴をはいてゐました。又狸は少しこ はれてはゐましたが運動シャッポをかぶってゐました。

 けれどもとにかく三人とも死にました。

 蜘蛛は蜘蛛暦三千八百年の五月に没くなり銀色のなめくぢがその 次の年、狸が又そのつぎとし にました。 三人さんにん伝記でんき をすこしよく調べてみませう。

一、あか手長てなが蜘蛛くも

 蜘蛛くも伝記でんき のわかってゐるのは、おしまひのいつ年間ねんかんだけです。

 蜘蛛くももり入口いりぐちならに、どこからかあるばん、 ふっとかぜ ばされててひっかゝりました。蜘蛛くも はひもじいのを我慢がまんして、 早速さっそく月様つきさまひかりをさいわひに、あみ をかけはじめました。

 あんまりひもじくておなかのなかにはもう いとがない位でした。けれども 蜘蛛くもは「うんとこせうんとこせ」と云ひながら、 一生いっしやうけんめい いとをたぐり して、それはそれは小さな二銭銅貨にせんどうくわ くらゐあみをかけました。

 あけごろ、とほ くからがくうんとうなってやってあみにつきあたりました。けれどもあんまりひもじいときかけた あみなので、いとすこしもねばりがなくて、 はすぐいとって んでかうとしました。

 蜘蛛くもはまるできちがひのやうに、 のかげからしてむんづとひつきました。

 は「ごめんなさい。ごめんなさい。ごめんなさい。」と あはれなこゑきましたが、蜘蛛くもものはずに あたまからはねからあしまで、みんな ってしまひました。そしてホッと息をついてしばらくそらを いてはらをこすってから、 またすこいとをはきました。そしてあみひとまはり大きくなりました。

 蜘蛛くもはそしてのかげに もどって、むつつの をギラギラひからせてじっと あみをみつめてりました。

「ここはどこでござりまするな。」とひながらめくらのか げらふがつゑをついてやってまゐりました。

「ここは宿屋やどやですよ。」と 蜘蛛くもつの 別々べつべつにパチパチさせて ひました。

 かげらふはやれやれといふやうに、こしをかけました。蜘蛛くもはしってました。そして
「さあ、おちゃをおあがりなさい。」と云ひながらかげらふの 胴中どうなかにむんずとみつきました。

 かげらふはお茶をとらうとしてした そら にあげて、バタバタもがきながら、
「あわれやむすめ、父親ちゝおやが、
たびてたといたなら」と あはれなこゑうたしました。

「えい。やかましい。じたばたするな。」と蜘蛛くもひました。するとかげらふはあはせて
「お慈悲じひでございます。 遺言ゆゐごんのあひだ、ほんのしばらくお ちなされてくだされませ。」とねがひ ました。

 蜘蛛くももすこしあはれになって
「よしはやくやれ。」といってかげらふの あしをつかんでってゐました。 かげらふはほんたうにあはれなほそこゑではじめからうたなおしました。

「あわれやむすめちゝおやが、
 たびではてたといたなら、
 ちさいあの白手甲しろてかう
 いとし巡礼じゅんれあめとかぜ。
 もうしご冥加めうが報謝ほうしゃと、
 かどなみなみにつとても、
 非道ひどう蜘蛛くもあみざしき、
 さわるまいぞや。よるまいぞ。」

しゃくなことを。」と蜘蛛くもはたゞ 一息ひといきに、かげらふをころしてしまひました。そしてしばらくそらを いて、はら をこすってからちょっと眼をぱちぱちさせて「小しゃくなことを言ふまいぞ。」とふざけたやうに歌ひながら またいとをはきました。

 あみまわり おほきくなって、もう立派りっぱ蜘蛛くもです。 蜘蛛くもはすっかり安心あんしんして、 またのかげにかくれました。その ときしたほうでいいこゑうたふのをききました。

あかいてながのくぅも、
 てんのちかくをはひまわり、
 スルスルひかりのいとをはき、
 きぃらりきぃらりをかける。」

 見るとそれはきれいなをんな蜘蛛くもでした。

「こゝへおいで。」と手長てなが蜘蛛くもって いと一本いっぽん すうっとさげてやりました。

 をんな蜘蛛くも がすぐそれにつかまってのぼってました。 そして二人ふたり夫婦ふうふになりました。 あみには毎日まいにち 沢山たくさん べるものがかゝりましたのでおかみさんの蜘蛛くもは、 それを沢山たくさんたべてみんな子供こども にしてしまひました。そこで子供こども沢山たくさんまれました。 ところがその子供こどもらはあんまり さいさくてまるですきとおほくらゐです。

 子供こどもらはあみうへですべったり、相撲すまふをとったり、 ぶらんこをやったり、それはそれはにぎやかです。おまけにある とんぼが今度こんど蜘蛛くもむしけらくわい相談役さうだんやくにするといふみんなの決議をつたへました。

 ある夫婦ふうふのくもは、 のかげにかくれておちゃ をのんでゐますと、したほう でへらへらしたこゑうたふものがあります。

「あぁかいながのくぅも、
 できたむすこは二百疋にひゃっぴき
 めくそ、はんかけ、のなみだ、
 おほきいところでひえのつぶ。」

 るとそれはおほきな 銀色ぎんいろのなめくぢでした。

 蜘蛛くものおかみさんはくやしがって、まるで がついたやうにきました。

 けれども手長てなが蜘蛛くもは云ひました。

「ふん。あいつはちかごろ、おれをねたんでるんだ。やい、なめくぢ。おれは 今度こんどむしけら くわい相談役さうだんやく になるんだぞ。へっ。くやしいか。へっ。てまえなんかいくらからだばかりふとっても、 こんなことはできまい。へっへっ。」

 なめくぢはあんまりくやしくて、しばらく熱病ねつびゃうになって、
「うう、くもめ、よくもぶじょくしたな。うう。くもめ。」といってゐました。

 あみ時々ときどき かぜにやぶれたりごろつきのかぶとむしにこわされたりしましたけれども くもはすぐすうすういとをはいて 修繕しゅうぜんしました。

 二百疋にひゃっぴき子供こども百九十八疋ひゃくきゅうじゅうはちひきまで ありれて かれたり、行衛不明ゆくゑふめいになったり、 赤痢せきりにかかったりして んでしまひました。

 けれども子供こどもらは、どれもあんまりお たがひにてゐましたので、 おやぐもはすぐわすれてしまひました。

 そしていまはもうあみ はすばらしいものです。むしがどんどんひっかゝります。

 ある夫婦ふうふ蜘蛛くもは、のかげにかくれてお ちゃをのんでゐますと、一疋いっぴきたびがこっちへ んでて、それから あみてあわてゝ もどって きました。

 すると下の方で「ワッハッハ。」わらこゑがしてそれからふとこゑうたふのが こえました。

「あぁかいてながのくうも、
 あんまりあみがまづいので、
 八千二百里はっせんにひゃくりたびも、
 くうんとうなってまわれみぎ。」

 るとそれはかほあらったことのないたぬきでした。 蜘蛛くもはキリキリキリッとはがみをして ひました。

なにを。たぬきめ。 一生いっしゃうのうちにはきっとおれにおじぎをさせて せるぞ。」

 それからは蜘蛛くもは、もう 一生いっしょうけんめいであちこちに とをあみをかけたり、 よるはりをしたりしました。 ところがこまったことは腐敗ふはい したのです。食物しょくもつがずんずんたまって、 腐敗ふはいしたのです。そして蜘蛛くも夫婦ふうふ子供こどもにそれがうつりました。 そこで四人よったりあしのさきからだんだん くされてべとべとになり、あるたうたう雨に ながされてしまひました。

 それは蜘蛛暦くもれき 三千八百年さんぜんはっぴゃくねん五月ごがつことです。

二、銀色ぎんいろのなめくぢ

 丁度ちゃうど蜘蛛くもはやし入口いりぐちならに、 二銭銅貨にせんどうくわくらゐあみをかけた ころ銀色ぎんいろのなめくじの 立派りっぱなおうちへかたつむりがやって まゐりました。

 そのころなめくぢははやしなかでは一番いちばん 親切しんせつだといふ評判ひゃうばんでした。 かたつむりは
「なめくぢさん。今度こんどわたしもすっかり こまってしまひましたよ。まるで べるものはなし、みづはなし、 すこしばかりお前さんのためてあるふきのつゆをれませんか。」と ひました。

 するとなめくぢがひました。

「あげますともあげますとも。さあ、おあがりなさい。」

「あゝありがたうございます。たすかります。」と ひながらかたつむりはふきのつゆをどくどくのみました。

「もっとおあがりなさい。あなたとわたくしとは はゞ兄弟きゃうだい。 ハッハハ。さあ、さあ、もすこしおあがりなさい。」となめくぢが ひました。

「そんならもすこしいただきます。あゝありがたうございます。」と ひながらかたつむりはも すこしのみました。

「かたつむりさん。気分きぶんがよくなったら ひと相撲すまふをとりませうか。 ハッハハ。ひさしぶりです。」となめくぢが ひました。

「おなかゞすいてちからがありません。」とかたつむりが ひました。

「そんならたべものをあげませう。さあ、おあがりなさい。」 となめくぢはあざみのやなんか しました。

「ありがたうございます。それではいたゞきます。」といひながら かたつむりはそれをべました。

「さあ、すまふをとりませう。ハッハハ。」となめくぢがもうちあがりました。 かたつむりも仕方しかたなく、
わたしはどうもよわいのですから つよげないで ください。」とひながら< RUBY>ちあがりました。

「よっしょ。そら。ハッハハ。」かたつむりはひどくげつけられました。

「もういつぺんやりませう。ハッハハ。」

「もうつかれてだめです。」

「まあもういつぺんやりませうよ。ハッハハ。よっしょ。 そら。ハッハハ。」かたつむりはひどくげつけられました。

「もういつぺんやりませう。ハッハハ。」

「もうだめです。」

「まあもういつぺんやりませうよ。ハッハハ。よっしょ、 そら。ハッハハ。」かたつむりはひどくげつけられました。

「もういつぺんやりませうよ。ハッハハ。」

「もうだめ。」

「まあもう一ぺんやりませうよ。ハッハハ。よっしょ、そら。ハッ ハハ。」かたつむりはひどくげつけられました。

「もう一ぺんやりませうよ。ハッハハ。」

「もうにます。さよなら。」

「まあもう一ぺんやりませうよ。ハッハハ。さあ。おちな さい。してあげませう。よっしょ。そら。ヘッヘッヘ。」 かたつむりはんでしまひました。そこで銀色ぎんいろ のなめくぢはかたつむりをペロリとべてしまひました。

 それからいつげつばかりたって、とかげがなめく ぢの立派りっぱなおうちへびっこをひいてました。そ して 「なめくぢさん。今日こんにちは。おくすりすこれませんか。」とひました。

「どうしたのです。」となめくぢはわらってきまし た。

「へびにまれたのです。」ととかげがひました。

「そんならわけはありません。わたし一寸ちょっとそ こをめてあげませう。なあにすぐなほりますよ。ハッハハ。」 となめくぢはわらって云ひました。

「どうかおねがまをします。」ととかげはあししました。

「えゝ。よござんすとも。わたくしとあなたとはは ゞ兄弟。ハッハハ。」となめくぢはひました。

 そしてなめくぢはとかげのきづくちをあてました。 「ありがたう。なめくぢさん。」ととかげはひました。

「もすこしよくめないとあとで大変たいへんで すよ。今度こんどまたてももうなほして あげませんよ。ハッハハ。」となめくぢはもがもが返事へんじ をしながらやはりとかげをめつゞけました。

「なめくぢさん。なんだかあしけたやうで すよ。」ととかげはおどろいてひました。

「ハッハハ。なあに。それほどぢゃありません。ハッハハ。」とな めくぢはやはりもがもが答へました。

「なめくぢさん。おなかゞなんだかあつくなりました よ。」ととかげは心配しんぱいしてひました。

「ハッハハ。なあにそれほどぢゃありません。ハッハハ。」となめ くぢはやはりもがもが答へました。

「なめくぢさん。からだが半分はんぶんとけたやうですよ。も うよしてください。」ととかげはごゑしました。

「ハッハハ。なあにそれほどぢゃありません。ほんのもすこ しです。も一分いちぶ五厘ごりんですよ。ハッハハ。」と なめくぢがひました。

 それをいたとき、とかげはやっと安心あんしんしま した。丁度ちゃうど心臓しんぞうがとけたのです。

 そこでなめくぢはペロリととかげをたべました。そして途方と ほうもなくおほきくなりました。

 あんまりおほきくなったのでうれしまぎれについあ の蜘蛛くもをからかったのでした。

 そしてかへって蜘蛛くもからあざけられて、熱病ねつびゃ うおこしたのです。そればかりではなくなめくぢの評判 ひゃうばんはどうもよくなくなりました。

 なめくぢはいつでもハッハハと笑って、そしてヘラヘラした こゑものふけれども、どうもこころが よくなくて蜘蛛くもやなんかよりはかへってわる いやつだといふのでみんながけいべつをはじめました。 ことたぬきはなめくぢのはなしるとい つでもヘンとわらってひました。

「なめくぢなんてまづいもんさ。ぶま加減かげんら れたもんぢゃない。」

 なめくぢはこれをいておこってまた病気 びゃうきになりました。そのうちに蜘蛛くも腐敗ふはい してあめながれてしまひましたので、なめくぢも少 しせいせいしました。

 つぎとしある雨蛙あまがへるがなめ くぢの立派りっぱなおうちへやってまゐりました。

 そして、 「なめくぢさん。こんにちは。すこみづ ませませんか。」とひました。

 なめくぢはこの雨蛙あまがへるもペロリとやりたかったので、おもっていゝこゑまをしました。

かへるさん。これはいらっしゃい。みづなんかいく らでもあげますよ。ちかごろはひでりですけれどもなあに はゞあなたとわたくし兄弟きゃうだい。ハッハハ。」 そしてみづがめのところれてきま した。

 かへるはどくどくどくどくみづんでから とぼけたやうな顔をしてしばらくなめくぢを見てから云ひました。

「なめくぢさん。ひとつすまふをとりませうか。」なめくぢはうま いと、よろこびました。自分が云はうと思ってゐたのを蛙の方が云 ったのです。こんな弱ったやつならば五へん投げつければ大ていペ ロリとやれる。

「とりませう。よっしょ。そら。ハッハハ。」かへるはひどくげつけられました。

「もういつぺんやりませう。ハッハハ。よっしょ。そら。ハ ッハハ。」かへるはまたげつけられました。すると かへるは大へんあわてゝふところからしほのふくろを してひました。

土俵どへうしほをまかなくちゃだめだ。そら。シュ ウ。」しほがまかれました。

 なめくぢがひました。 「かえるさん。こんどはきっとわたくしなんかまけますね。 あなたはつよいんだもの。ハッハハ。よっしょ。そら。ハッ ハハ。」かへるはひどくげつけられました。

 そして手足てあしをひろげて青じろい腹を空に向けて んだやうになってしまひました。銀色ぎんいろのなめくぢは、 すぐペロリとやろうと、そっちへすすみましたがどうしたの かあしがうごきません。るともうあし半分 はんぶんとけてゐます。

「あ、やられた。しほだ。畜生ちくしゃう。」となめく ぢがひました。

 かへるはそれをくと、むっくりきあがっ てあぐらをかいて、かばんのようなおほきなくちいつぱいにあけてわらひました。そしてなめくぢにおじ ぎをしてひました。

「いや、さよなら。なめくぢさん。とんだことになりましたね。」

 なめくぢがきそうになって、

かへるさん。さよ………。」とったときもう したがとけました。雨蛙あまがへるはひどくわらひな がら 「さよならと云いたかったのでせう。本当ほんたうにさよなら さよなら。くら細路ほそみちとほってむ かふへったらわたし胃袋ゐぶくろにどうか よろしくってくださいな。」とひながら銀 色ぎんいろのなめくぢをペロリとやりました

 三、かほあらはないたぬき

 たぬきかほあらひませんでした。

 それもわざとあらはなかったのです。

 たぬき丁度ちゃうど蜘蛛くもはやし 入口いりぐちならに、二銭銅貨位にせん どうくわぐらゐをかけたとき、すっかりお なかいて一本いっぽんまつに よりかかってをつぶってゐました。するとうさぎが やってまゐりました。

たぬきさま。かうひもじくてはまった仕方しか たございません。もうぬだけでございます。」

 たぬきがきもののえりをあはせて ひました。

「さうぢゃ。みんな往生わうじゃうぢゃ。山猫大明神やまね こだいめうじんさまのおぼしめしどほりぢゃ。な。なまねこ。な まねこ。」

 うさぎ一諸いっしょ念猫ねんねこをとなへは じめました。

「なまねこ、なまねこ、なまねこ、なまねこ。」

 たぬきうさぎをとってもっと自分じ ぶんほうきよせました。

「なまねこ、なまねこ、みんな山猫やまねこさまのおぼしめし どほり、なまねこ。なまねこ。」とひながらうさぎみゝをかぢりました。うさぎはびっくりしてさ けびました。

「あいたっ。たぬきさん。ひどいぢゃありませんか。」

 たぬきはむにゃむにゃうさぎみゝをかみな がら、

「なまねこ、なまねこ、みんな山猫やまねこさまのおぼしめし どほり。なまねこ。」とひながら とうとううさぎ両方りゃうほうみゝをたべてしまひました。

 うさぎもさうきいてゐると、たいへんうれしくてボロボロなみだをこぼしてひました。

「なまねこ、なまねこ。あゝありがたい、山猫やまねこさま。わたしのやうなわるいものでもたすかりますな らみゝふたつやそこらなんでもございませぬ。なま ねこ。」

 たぬきもそらなみだをボロボロこぼして

「なまねこ、なまねこ、わたくしのやうなあさましいもので もたすかりますならでもあしでもさしあげま する。あゝありがたい山猫やまねこさま。みんなおぼしめしの まゝ。」とひながらうさぎの手をむにゃむにゃべました。

 うさぎはますますよろこんで、
「あゝありがたや、山猫やまねこさま。わたくしのやう ないくぢないものでもたすかりますなら二本に ほんやそこらはいとひませぬ。なまねこ、なまねこ。」

 たぬきはもうなみだで身体からだもふやけさうにいたふりをしました。

「なまねこ、なまねこ。わたくしのやうなとてもかなはぬあ さましいものでも、おやくにたてゝくだされますか。 あゝありがたや。なまねこなまねこ。おぼしめしのとほり。むにゃ むにゃ。」

 うさぎはすっかりなくなってしまひました。

 そこでたぬきのおなかのなかひました。

「すっかりだまされた。おまへはらなかは まっくろだ。あゝくやしい。」

 たぬきおこってひました。

「やかましい。はやく消化しゃうくわしろ。」

 そしてたぬきはポンポコポンポンとはたつゞみをうちまし た。

 それから丁度ちゃうどげつたちました。あ るたぬき自分じぶんうちで、 れいのとほりありがたいごきたうをしてゐますと、おほかみ がおこめ三升さんじゃうさげてて、どうかお 説教せっきゃうをねがひますとひました。

 そこでたぬきひました。

「みんなやまねこさまのおぼしめしぢゃ。おまへがおこめ三升さんじゃうもってたのも、わしがおまへ説教せっきゃうするのもぢゃ。やまねこさ まはありがたいおかたぢゃ。うさぎはおそばにま ゐって、大臣だいじんになられたげな。おまへももの のいのちをとったことは、五百ごひゃくせんで はくまいに、はやうざんげさっしゃれ。でないとやまねこさまにえらい責苦せめくにあはされやすぞい。お ゝおそろしや。なまねこ。なまねこ。」

 おほかみはおびえあがって、きょろきょろしながらたづね ました。

「そんならどうしたらたすかりますかな。」

 たぬきひました。

「わしはやまねこさまのお身代みがはりぢゃで、わしのふとほりさっしゃれ。なまねこ。なまねこ。」

「どうしたらようございませう。」とおほかみがあわててき きました。たぬきひました。

「それはな。ぢっとしてゐさしゃれ。な。わしはおまへのき ばをぬくぢゃ。な。おまへをつぶすぢゃ。な。そ れから。なまねこ、なまねこ、なまねこ。おまへのみゝを一 寸ちょっとかぢるぢゃ。なまねこ。なまねこ。こらえなされ。 おまへのあたまをかぢるぢゃ。むにゃ、むにゃ。なまねこ。 堪忍かんにん大事だいじぢゃぞえ。なま……。むにゃむ にゃ。おまへのあしをたべるぢゃ。うまい。なまねこ。むに ゃ。むにゃ。おまえのせなかをふぢゃ。うまい。むにゃむ にゃむにゃ。」

 おほかみは狸のはらのなかひました。

「こゝはまっくらだ。あゝ、ここにうさぎほねがあ る。だれころしたらう。ころしたやつは たぬきさまにあとでかぢられるだろうに。」

 たぬき無理むりに「ヘン。」とわらってゐま した。

 さて蜘蛛くもはとけてながれ、なめくじはペロリとや られ、そしてたぬき病気びゃうきにかゝりました。

 それはからだのなかどろみづがたまって、 無暗むやみにふくれる病気びゃうきで、しまひにはな か野原のはらやまができてたぬきのからだ は地球儀ちきうぎのやうにまんまるになりました。

 そしてまっくろになって、ねつにうかされて、 「うう、こわいこわい。おれは地獄行ぢごくゆきのマラソンを やったのだ。うう、せつない。」といひながらたうたうげてんでしまひました。

          ※

 なるほどさうしてみると三人とも地獄行きのマラソン競争をして ゐたのです。