目次へ  縦書き

〔蒼冷と純黒〕

〔冒頭欠〕

たいエゴイストだ。たゞ神のみ名によるエゴイストだと、君はもう一遍、云って呉れ。さうでなくてさへ、俺の胸は裂けやうとする。

純黒 俺の胸も裂けやうとする。おゝ。町はづれのたそがれの家で、顔のまっ赤な女が、一人で、せはしく飯をかき込んだ。それから、水色の車の窓の所で、痩せた旅人が、青白い苹果にパクと噛みついた。俺は一人になる。君は此処から行かないで呉れ。

蒼冷 ありがたう。判った。判ってゐるよ。けれども俺は快楽主義者だ。冷たい朝の空気製のビールを考へてゐる。枯草を詰めた木沓きぐつのダンスを懐かしく思ふのだ。

純黒 俺だって、それは、君に劣らない。あの融け残った、霧の中の青い後光を有った栗の木や、明方あけがたの雲に冷たくれた木苺や。それでも それでも。俺は豚の脂を食べやうと思ふ。俺の胸よ。強くなれ。おさとの知れた少しの涙でしめされるな。強くなれ。

蒼冷 俺は強くならうともしない。弱くならうともしない。すべては神のなるが如くになれ。〔以下原稿なし〕

     ※

蒼冷 いや岩手県だ。外山と云ふ高原だ。北上山地のうちだ。俺は只一人で其処に畑を開かうと思ふ。

純黒 彼処は俺は知ってるよ。目に見えるやうだ。そんならもう明日から君はあの湿しめった腐食土や、みゝづや、鷹やらが友達だ。白樺の薄皮が、隣りの牧夫によって戯れに剥がれた時、君はその緑色の冷たい靭皮の上に、繃帯をしてやるだらう。あゝ俺は行きたいんだぞ。君と一諸に行きたいんだぞ。

蒼冷 俺達の心は、一諸に出会はう 俺は畑を耕し終へたとき、疲れた眼を挙げて、遠い南の土耳古玉トウクオイス天末てんまつを望もう。その時は、君の心はあの蒼びかりの空間を、まっしぐらに飛んで来て呉れ。

純黒 行くとも。晴れた日ばかりではない。思いニッケルの雲が、あの高原を、氷河の様に削って進む日、俺の心は、早くも雲や沢山の峯やらを越えて、馬鈴薯を撰り分ける、君の処へ飛んで行く。けれども俺は辛いんだ。若し、僕が、君と同んなじ神を戴くならば、同んなじ見えな〔以下原稿なし〕