目次へ  縦書き

植物医師

一幕

   時 一九二〇年代
   処 盛岡市郊外
   人物 爾薩侍 正 開業したての植物医師
      ペンキ屋徒弟
      農民 一
      農民 二
      農民 三
      農民 四
      農民 五
      農民 六
幕あく。
粗末なバラック室、卓子二、一は顕微鏡を載せ一は客用、椅子二、爾薩侍正 椅子に座り心配さうに新聞を見てゐる。立ってそわそわそこらを直したりする。

「今日はあ。」

「はぁい。」(爾薩侍忙しく身づくろひする)

(ペンキ屋徒弟登場 看板を携へる)

爾薩侍、「あゝ 君か、出来たね。」

ペンキ屋、(汗を拭きながら渡す)「あの、五円三十銭でございます。」

爾薩侍「あゝ、さうか。ずゐぶん急がして済まなかったね。何せ今日から開業で 新聞にも広告したもんだからね。」

ペンキ屋「はあ、それでようございませうか。」

爾薩侍「あゝ いゝとも、立派にできた。あのね、お金は月末まで待って呉れ給へ。」

ペンキ屋「あのう、実はどちらさまにも現金に願ってございますので。」

爾薩侍「いや、それはさうだらう。けれどもね、ぼくも茲でかうやって医者を開業してみれば別に夜逃げをする訳ではないんだから月末まで待ってくれたまへ。」

ペンキ屋「えゝ、ですけど、さう云ひつかって来たんですから。」

爾薩侍「まあ いゝさ。僕だってとにかくかうやって病院をはじめればまあ院長ぢゃないか。五円いくらぐらゐきっと払ふよ。さうしてくれ給へ。」

ペンキ屋、「だって病院たって人の病院でもないんでせう。」

爾薩侍「勿論さ。植物病院さ。いまはもう外国ならどこの町だって植物病院はあるさ。こゝではぼくがはじめだけれど。」

ペンキ屋「だって現金でないと私帰って叱られますから、そんなら代金引替といふことにねがひます。」(すばやく看板を奪ふ。)

爾薩侍「君 君、さう頑固なこと云ふんぢゃないよ。実は僕も困ってるんだ。先月までぼくは県庁の耕地整理の方へ出てたんだ。ところが部長と喧嘩してね、そいつをぶんなぐってやめてしまったんだ。商売をやるったって金もないしね、やっとその顕微鏡を友だちから借りてこの商売をはじめたんだ。同情してくれ給へ。」

ペンキ屋「だって、そんな先月まで交通整理だかやってゐて俄かに医者なんかできるんですか。」

爾薩侍「交通整理ぢゃないよ。耕地整理だよ。けれどもそれぁ 医者とはちがはぁね。しかしね、百姓のことなんざ何とでもごまかせるもんだよ。ぼくきっとうまくやるからまあ置いとけよ。置いとけよ。」(また取り返す。)

ペンキ屋「さうですか。そいぢゃ月末にはどうか間ちがひなく。困っちまふなあ。」

爾薩侍「大丈夫さ。君を困らしぁしないよ。ありがたう。ぢゃ さよなら。」

ペンキ屋小僧退場

 

  「申し。」

爾薩侍(居座ひを直し身繕ひする)「はあ、」

農民一(登場 枯れた陸稲をもってゐる)「稲の伯楽づのぁ、こっちだべすか。」

爾薩侍「はあ さうです。」

農民一「陸稲のごとでもわがるがべすか。」

爾薩侍「あゝ わかります。私は植物一切の医者ですから。」

  一、「はあ、おりぁの陸稲ぁ、さっぱりおがらなぃです。この位になってだんだん枯れはじめです。なぢゃにしたらいが 教へでくなんせ。」(出す)

爾薩侍(手にとって見る)「ははぁ、あんまり乾き過ぎたな。」

  一、「いゝえ おりゃのあそごぁいでぇ谷地でなんぼ旱でも土ぼさぼさづぐなるづごとのないどごだます。」

爾薩侍「ははあ、あんまり水のはけないためだ。」

  一、(考へる)「すた。去年なもずゐぶん雨降りだたんともずゐぶんゆぐ穫れだます。まんつ、おらあたりでば大谷地中〔うぢ〕でおれのこれぁとったもの無ぃがったます。」

爾薩侍「ははあ、あんまり厚く蒔きすぎたな。」

  一、「厚ぐ蒔ぐて全体陸稲づもな、一反歩さなんぼでりゃ蒔げばいのす。」

爾薩侍「さうですな。品種や土壌によりますがなあ、さうですなあ、陸稲一反歩となるといふと、可成いろいろですがなあ、その塩水撰したやつとしないやつでもちがひますがなあ、」

  一、「はあ、その塩水撰したのです。」

爾薩侍「ははあ、塩水撰した陸稲の種子と、土壌や肥料にもよりますがなあ。」

  一、「まんつあたり前のどこで、あだり前の肥料してす。」

爾薩侍「さうですなあ、それは、えゝと、あなたのあたりではなんぼぐらゐ播きます?」

  一、「まづ一反歩四升だなす。おらもその位に播ぃだんす。」

爾薩侍「ははあ、一反歩四升と、少し厚いやうですなあ、三升八合ぐらゐでせうな。然し あなたのとこのは厚播のためでもないですなあ、さうすると、やっぱり肥料ですな。肥料があんまり少かったのでせう。」

  一、「はあ、まぁんつ、人並よりはやったます。百刈でばまづあらあだり一反四畝なんだ、その百刈さ 馬肥 十五段 豆粕一俵、硫安十貫目もやったります。」

爾薩侍「あ、その硫安だ。硫安を濃くして掛けたでせう。」

  一、「はあ、別段濃いど思なぃがったが、全体なんぼ位に薄めだらいがべす。」

爾薩侍「さうですな。硫安の薄め方となるとずゐぶん色々ですがなあ、天気にもよりますしね。」

  一、「曇ってまづ土のさっと湿けだづぎならばなんぼこりゃにすたらいがべす。」

爾薩侍「さうですな。またあんまり薄くてもいかんですな。あなたの処ではどれ位にします。」

  一、「まづ肥桶一杯の水さこの位までて云ふます。」

爾薩侍「えゝ、まあさうですね。けれどもこれ位では少し多いかも知れませんね。まあこんなもんでせうな。」(掌を少し小さくする)

  一、「はあ、ぜどなおれぁもっと入れだます。」

爾薩侍「さうですか。さうすればまあ病気ですな。」

  一、「何病だべす。」

爾薩侍(勿体らしく顕微鏡にかける)「ははあ、立枯病ですな。立枯病です。ちゃんと見えてゐます。立枯病です。」

  一、「はでな、病気よりも何が虫だなぃがべすか。」

爾薩侍「虫もゐますか。葉にですか。」

  一、「いゝえ、根にす。小ぁ虫こぁ居るようだます。」

爾薩侍「あゝなるほど虫だ。ちゃんと根を食ったあとがある。これは病気と虫と両方です。主に虫の方です。」

  一、「はあ、私もさうだど思ってあんすた。」

爾薩侍(汗を拭いてやっと安心といふ風)「えゝ、さうですとも、これはもう明らかに虫です。しかも根切虫だといふことは極めて明白です。つまりこの稲は根切虫の害によって枯れたのですな。」

  一、「はあ、それで、その根切虫 無ぐするになぢょにすたらいがべす。」

爾薩侍「さうですなあ、虫を殺すとすればやっぱり亜砒酸などが一番いいですな。」

  一、「はあ、どごで売ってるべす。」

爾薩侍「いや、それは私のとこが病院ですからな。私のとこにあります。いま上げます。」

  一、「はあ。」

爾薩侍(立って薬瓶をとる。)「何反といひましたですか。」

  一、「五畝歩でごぁんす。」

爾薩侍「五畝歩とするとどれ位でいゝかなあ。(しばらく考へてなあにくそといふ風)これ位でいゝな。」(瓶のまゝ渡す。)

  一、「あの虫の居なぃどごさも掛げるのすか。」

爾薩侍(あわてる)「いや、それは居たとこへだけかけるのです。」

  一、「枯れたどごぁ半分ごりゃだんす。」

爾薩侍「あゝ、丁度その位へかけるだけです。」

  一、「水さなんぼごりゃ入れるのす。」

爾薩侍「肥桶一つへまづこれ位ですなあ。」

  一、「はあ、さうせば、よっぽど叮ねいに掛げなぃやなぃな。まんつお有難うごあんすた。すぐ行って掛げで見らんす。なんぼ上げだらいがべす。」

爾薩侍「さうですな。診察料一円に薬価一円と、二円いたゞきます。」

  一、「はあ、」(財布から二円出す。)

爾薩侍(受取る)「やあ、ありがたう。」

  一、「どうもお有り難うごあんした。これがらもどうがよろしぐお願ひいだしあんす。」

爾薩侍「いや、さよなら。」(農民一退場)

爾薩侍(ほくほくして室の中を往来する)「ふん、亜砒酸は五十銭で一円五十銭もうけだ。これなら一向訳ないな。向ふから聞いた上でこっちは解決をつけてやる丈だから。」(硫安を入れるときの手付をする)

   「もうし。」

爾薩侍「はい。」(農民二登場)

  二、「植物医者づのあお前さんだべすか。」

爾薩侍「えゝ さうです。」

  二、「陸稲のごとでもわがるべすか。」

爾薩侍「あゝわかります。私は植物一切の医者ですから。」

  二、「はあ、おりゃの陸稲ぁ さっぱりおがらなぃです。この位になってだんだに枯れはじめです。」

爾薩侍「あゝ さうですか。まあお掛けなさい。えゝと、陸稲が枯れるんですか。」

  二、「はあ,斯う云ふにならんす。」(出す。)

爾薩侍「あゝ なるほど、これはね、こいつはね、あんまり乾き過ぎたといふ訳でもない、また水はけの悪いためでもない。」

  二、「はあ、全ぐその通りだんす。」

爾薩侍「さうでせう。またあんまり厚く蒔き過ぎたといふのでもない。まあ一反歩四升位蒔いたでせう。」

  二、「さうでごあんす。さうでごあんす。丁度それ位蒔ぎあんすた。」

爾薩侍「さうでせう。また肥料があんまり少いのでもない。また硫安を追肥するに濃過ぎたのでもない。まあ肥桶一つにこれ位入れたでせう。」

  二、「はあゝさうでごあんす。さうでごあんす。」

爾薩侍「さうでせう。またこれは病気でもない。ぼく考へるにどうです。これ位ぐらゐのこんな虫が根についてちゃ居ませんか。」

  二、「はあ、居りあんす、居りあんす。」

爾薩侍「なるほど、さうでせう。そいつがいかんのです。」

  二、「なぢょにすたらいがべす。」

爾薩侍「それはね、亜砒酸といふ薬をかけるんです。」

  二、「どこで売ってべす。」

爾薩侍「いや、勿論私のとこにあるのですがね、いまちょっと切れてゐますから証明を書いて上げます。(書く)これを持って町の薬屋から買っておいでなさい。硫安と同じ位に薄めて使ふんです。」

  二、「はあ、こいづ持ってて薬買って薄めで掛げるのだなす。」

爾薩侍「さうです。」

  二、「なんぼお礼上げだらいがべす。」

爾薩侍「診察料は一円です。それから証明書代が五十銭です。」

  二、「一円五十銭だなす。(金を出す)さあ、どうもおありがどごあんすた。」

爾薩侍「いや、ありがたう。さよなら。」

      農民二 退場

 

     農民三 登場

  三、「今朝新聞さ広告出はてら植物医者づのぁ お前さんだべすか。」

爾薩侍「あゝ さうです。何かご用ですか。」

  三、「おれの陸稲ぁさっぱりおがらなぃです。」

爾薩侍「えゝえゝ、それはね、疾うから私は気が付いてゐましたがね、針金虫の害です。」

  三、「なぢょにすたらいがべす。」

爾薩侍「それはね、亜砒酸をかけるんです。いま私が証明書を書いてあげますから、これを持って薬店へ行って亜砒酸を買って肥桶一つにこれ位ぐらゐ入れて稲にかけるんです。」

(証明書を書く、渡す)

  三、「はあ、さうすか。おありがどごあんす。なんぼ上げ申したらいがべす。」

爾薩侍「一円五十銭です。」

(金を出す)

  三、「どうもおありがどごあんすた。」

爾薩侍「いや、ありがたう、さよなら。」

   農民四五登場

爾薩侍「いや今日は、私は植物医師 爾薩侍です。あなた方は陸稲の枯れたことに就て相談においでになったのでせう。それは針金虫の害です。亜砒酸をおかけなさい。いま証明書を書いてあげます。」

(書く)

 四五、(驚嘆す)「この人を医者ばかりだなぃ八けも置ぐやうだぢゃ。」

爾薩侍「こゝに証明書がありますからね、こいつをもって薬屋へ行って亜砒酸を買って 水へとかして稲に掛けるんです。えゝとお二人で三円下さい。」

 四五、「どうもおありがどごあんすた。」

爾薩侍「えゝ、さよなら。」

   六、登場

爾薩侍「あゝ (証明書を書く)この証明書を持って薬屋へ行って亜砒酸を買って水へとかしてあなたの陸稲へおかけなさい。すっかり直りますから。その代り一円五十銭置いてって下さい。」

  六、(おじぎ、金を渡す、去る)

爾薩侍(独語)「どうだ開業早々からかううまく行くとは思はなかったなあ。半日で十円になる。看板代などはなんでもない。もう七人目のやつが来さうなもんだがなあ。」

   「今日は。」

   「はい。」 (農民一 登場)

爾薩侍「いや、今日は、私は植物医師の爾薩侍です。あなたの陸稲はすっかり枯れたでせう。」

  一、「はあ。」

爾薩侍「それはね、あんまり乾き過ぎたためでもない。あんまり湿り過ぎたためでもない。厚く蒔き過ぎたのでもない。まあ一反歩四升ぐらゐ蒔いたのでせう。」

  一、「はあ。」

爾薩侍「それでいゝのです。また肥料のあんまり少いのでもない。硫安を濃くしてかけたのでもない。肥桶一つへこれ位入れたでせう。」

  一、「はあ。」

爾薩侍「そこでね、それは針金虫といふものの害なのです。それをなくするには亜砒酸を水にとかしてかけるのです。」

  一、「はあ、私さうしあんした。」

爾薩侍(顔を見て愕く)「おや、あなたはさっきの方ですね。こいつは失敬しました。どうでした。」

  一、「どうもゆぐなぃよだんすぢゃ。かげだれば稲見でるうぢに赤ぐなってしまたもす。」

爾薩侍(あわてる)「いや、そんな筈はありません。それは掛けやうが悪いのです。」

農 一、「掛げやう悪たてお前さんの云ふやうにすたます。」

爾薩侍「いや、さうでないです。第一日中に掛けるといふことがありますか。」

  一、「はでな、そいづお前さん云はなぃんだもな。」

爾薩侍「云はないたって知れてるぢゃありませんか。いやになっちまふな。」

   「申し」(農民二登場)

「陸稲さっぱり枯れでしまったます。」

爾薩侍「だからね、今も云ってるんだ。こんな天気のまっ盛りに肥料にしろ薬剤にしろかけるといふ筈はないんだ。」

  二、「何したどす。お前さん今行ってすぐ掛げろって云ったけぁか。」

爾薩侍「それは云った。云ったけれども君たちのやったやうでなく噴霧器を使はないといけないんだ。」

  一、「虫も死ぬ位だから陸稲さも悪いのでぁあるまいか。」

  二、「どうもさうだやうだます。」

爾薩侍「いや、そんなことはない。ちゃんと処法通りやればうまく行ったんだ。」

   「今日は、」(農民三、登場)

「先生、あの薬わがなぃ。さっぱり稲枯れるもの。」

爾薩侍「いや、それはね、今も云ってたんだが、噴霧器を使はずにこの日中やったのがいけなかったのだ。」

  三、「ははでな、お前さま、おれさ叮ねいにひ杓でかげろて云ったゞなぃすか。」

爾薩侍「いやいや、それはね、……」

  二、「なあに、この人まるでさっきたがらいゝこりゃ加減だもさ。」

  一、「あんまり出来さなぃよだな。」

         (医師しをれる)

農民 四五六登場

  四、「じゃ、この野郎山師たがりだぢゃい。まるきり稲枯れでしまたな。」

  五、「ひでえやつだぢゃ。春がら汗水たらすてやうやぐ物にすたの二百刈づもの、まるっきり枯らしてしまたな。」

  六、「ほんとにひで野郎だ。」

  二、「全体はじめの話がらひょんただたもな。ぢゃ、うな医者だなんて人がら銭まで取ってで人の稲枯らして済むもんだが。」

爾薩侍(うなだれる)

(農民ら黙然)

  二、(やゝあって)「いまもぐり歯医者でも懲役になるもの、人欺してこったなごとをしてそれで通るづ筈なぃがべぢゃ。」

爾薩侍(いよいよしょげる)

  二、「六人さまるっきり同じごと云って偽こぃでそしてゞ威張って診察料よごせだ全体 何の話だりゃ。」

爾薩侍(いよいよしをれる)

  一,(気の毒になる)「ぢゃ、あんまりさう云ふなぢゃ。人の医者だて治るごともあれば療治后れれば死ぬごともあるだ、あんまりさう云ふなぢゃ。」

  三、「まぁんつ 運悪がたとあぎらめなぃやなぃな。ひでりさ一年かゞたど思たらいがべ。」

  四、「全体みんな同じ陸稲だったがら悪がったもな。ほがのものもあれば治る人もあったんだんとも、あっはっは。」

  五、「さあ、あべぢゃ。医者さんもあんまりがをれなぃで折角みっしりやったらいがべ。」

  六、「ようし、仕方なぃがべ。さあ、さっぱりどあぎらめべ。ぢぇ、医者さん、まだ頼む人もあるだあんまりがをれないでおでぁれ。」

  二、「さあ、行ぐべ。どうもおありがどごあんすた。」  一同退場 医師これを見送る

(幕)