目次へ  縦書き

〔手紙 四〕

 わたくしはあるひとからひつけられて、この手紙てがみ印刷いんさつしてあなたがたにおわたしします。どなたか、ポーセがほんたうにどうなつたか、知つてゐるかたはありませんか。チユンセがさつぱりごはんもたべないで毎日まいにちかんがへてばかりゐるのです。

 ポーセはチユンセのちいさないもうとですが、チユンセはいつもいぢわるばかりしました。ポーセがせつかくゑて、みづをかけたちいさなももになめくぢをたけていたり、ポーセのくつ甲虫かぶとむしつて、二月ふたつきもそれをかくしていたりしました。あるなどはチユンセがくるみのにのぼってあをおとしてゐましたら、ポーセがちいさな卵形たまごがたのあたまをぬれたハンカチでつゝんで、「にいさん、くるみちやうだい。」なんてひながらたいへんよろこんでましたのに、チユンセは、「そら、とつてごらん。」とまるでおこつたやうなこゑつてわざとあたまげつけるやうにしてかせてかへしました。

 ところがポーセは、十一がつころ、にはかに病気びやうきになつたのです。おつかさんもひどく心配しんぱいさうでした。チユンセがってますと、ポーセのちいさなくちびるはなんだかあをくなつて、ばかりおほきくあいて、いつぱいになみだをためてゐました。チユンセはこゑないのを無理むりにこらえてひました。「おいら、なんでもれてやるぜ。あのどう歯車はぐるまだつてしけややるよ。」けれどもポーセはだまつてあたまをふりました。いきばかりすうすうきこえました。

 チユンセはこまつてしばらくもぢもぢしてゐましたがおもつてもう一ぺんひました。「雨雪あめゆきとつててやろか。」「うん。」ポーセがやつとこたへました。チユンセはまるで鉄砲丸てつぱうだまのやうにおもてにしました。おもてはうすくらくてみぞれがびちよびちよつてゐました。チユンセはまつえだから雨雪あめゆき両手りやうてにいつぱいとつてました。それからポーセのまくらもとにつてさらにそれをき、さじでポーセにたべさせました。ポーセはおいしさうにさじばかりべましたらきふにぐたつとなつていきをつかなくなりました。おつかさんがおどろいていてポーセのびながら一生いつしやうけんめいゆすぶりましたけれども、ポーセのあせでしめつたあたまはたゞゆすぶられたとほりうごくだけでした。チユンセはげんこをにあてて、とら子供こどものやうなこゑきました。

 それからはるになつてチユンセは学校がくかう六年ろくねんでさがつてしまひました。チユンセはもうはたらいてゐるのです。はるに、くるみのがみんなあをふさのやうなものをげてゐるでせう。そのしたにしやがんで、チユンセはキヤベヂのとこをつくつてゐました。そしたらつちなかからいつぴきのうすいみどりいろのちいさなかへるがよろよろとつてました。

「かえるなんざ、つぶれちまへ。」チユンセはおほきな稜石かどいしでいきなりそれをたゝきました。

 それからひるすぎ、くさなかでチユンセがとろとろやすんでゐましたら、いつかチユンセはぼおつといろな野原のはらのやうなところをあるいてくやうにおもひました。するとむかふにポーセがしもやけのあるちいさなをこすりながらつてゐてぼんやりチユンセにひました。

にいさんなぜあたいのあをいおべべいたの。」
チユンセはびつくりしてはねきて一生いつしやうけんめいそこらをさがしたりかんがへたりしてみましたがなんにもわからないのです。どなたかポーセをってゐるかたはないでせうか。けれどもわたくしにこの手紙てがみひつけたひとがつてゐました「チユンセはポーセをたづねることはむだだ。なぜならどんなこどもでも、また、はたけではたらいてゐるひとでも、汽車きしやなか苹果りんごをたべてゐるひとでも、またうたとりうたはないとりあをくろやのあらゆるさかな、あらゆるけものも、あらゆるむしも、みんな、みんな、むかしからのおたがひのきやうだいなのだから。チユンセがもしもポーセをほんたうにかあいさうにおもふならおほきな勇気ゆうきしてすべてのいきもののほんたうの幸福こうふくをさがさなければいけない。それはナムサダルマプフンダリカサスートラといふものである。チユンセがもし勇気ゆうきのあるほんたうのをとこならなぜまつしぐらにそれにむかつてすゝまないか。」それからこのひとはまたひました。「チユンセはいいこどもだ、さアおまへはチユンセやポーセやみんなのために、ポーセをたづねる手紙てがみすがいい。」そこでわたくしはいまこれをあなたにおくるのです。