目次へ  縦書き

〔手紙 二〕

印度のガンヂス河はあるとき、水が増して烈しく流れてゐました。

それを見ている沢山の群集の中に、尊いアシヨウカ大王も立たれました。

大王はけらいに向つて「誰かこの大河の水をさかさまにながれさせることのできるものがあるか」と問はれました。

けらいは皆「陛下よ、それはとても出来ないことでございます。」と答へました。

ところがこの河岸の群の中にビンヅマテイーと云ふ一人のいやしい職業の女が居りました。大王の間をみんなが口々に相伝えて云へてゐるのをきいて「わたくしは自分の肉を売つて生きてゐるいやしい女である。けれども、今、私のやうないやしいものでさへできる、まことのちからの、大きいことを王様にお目にかけやう」と云ひながらまごころこめて河にいのりました。

すると、あゝ、ガンヂス河、幅一里にも近い大きな水の流れは、みんなの目の前で、たちまちたけりくるつてさかさまにながれました。

大王はこの恐ろしくうづを巻き、はげしく鳴る音を聞いて、びつくりしてけらいに申されました。「これ、これ、どうしたのじゃ。大ガンヂスがさかさまにながれるではないか」

人々は次第をくわしく申し上げました。

大王は非常に感動され、すぐにその女の処に歩いて行つて申されました。

「みんなはそちがこれをしたと申してゐるがそれはほんとうか」

女が答へました。

「はい、さやうでございます。陛下よ」

「どうしてそちのやうないやしいものにこんな力があるのか、何の力によるのか」

「陛下よ、私のこの河をさかさまにながれさせたのは、まことの力によるのでございます」

「でもそちのやうに不義で、みだらで、罪深く、ばかものを生けどつてくらしてゐるものに、どうしてまことの力があるのか」

「陛下よ、全くおつしやるとほりでございます。わたくしは畜生同然の身分でございますが、私のやうなものにさへまことの力はこのようにおほきくはたらきます。」

「ではそのまことの力とはどんなものかおれのまへで話して見よ」

「陛下よ。私は私を買つて下さるお方には、おなじくつかへます。武士族の尊いお方をも、いやしい穢多をもひとしくうやまひます。ひとりをたつとびひとりをいやしみません。陛下よ、このまことのこころが今日ガンヂス河をさかさまにながれさせたわけでございます」