目次へ  縦書き

ラジュウムの雁

青ざめた薄明穹の水底に少しばかりの星がまたたき出し 胡桃や桑の木は薄くらがりにそっと手をあげごく曖昧に祈ってゐる。杜の杉にはふくらふの滑らかさ、昆布の黒びかり、しづかにしづかに溶け込んで行く。

どうだ。空一杯の星。けれども西にはまだたそがれが残ってゐてまるで沼の水あかりだ。
「やっぱり袴をはいて行くのかな。」
「袴どころぢゃないさ。紋付を着てキチンとやって出て行くのがあたりまへだ。」
それご覧なさい。かすかな心の安らかさと親しさとが夜の底から昇るでせう。

西の山脈が非常に低く見える。その山脈はしづかな家におもはれる。中へ行って座りたい。
「全体お前さんの借といふのは今どれ位あるんだい。」
「さあ、どれ位になってるかな。高等学校が十円づつか。いまは十五円、それ程でもないな。」
「うん、それ程でもないな。」

この道は昔温泉へ通ったのだ。
いまは何条かの草が生え星あかりの下をしづかに煙草のけむりのやうに流れる。杜が右手の崖の下から立ってゐる。ついかぐるっとまはって来たな。
「うんさうだ。だましてそっと毒を呑ませて女だけ殺したのだ。」

この辺に天神さんの碑があった。あの石の亀が碑の下から顔を出してゐるやつだ。もう通りこしたかもしれない。
ふう、すばるがずうっと西に落ちた。ラジュウムの雁、化石させられた燐光の雁。
停車場の灯が明滅する。ならんで光って何かの寄宿舎の窓のやうだ。あすこの舎監にならうかな。
「あしたの朝は早いだらう。」
「七時だよ。」
まるっきり秋のきもちだ。