目次へ  縦書き

鹿踊りのはじまり

 そのとき西にしのぎらぎらのちぢれたくものあひだから、夕陽ゆふひあかくなゝめにこけ野原のはらそゝぎ、すすきはみんなしろのやうにゆれてひかりました。わたくしがつかれてそこにねむりますと、ざあざあいてゐたかぜが、だんだんひとのことばにきこえ、やがてそれは、いま北上きたかみやまはうや、野原のはらおこなはれてゐた鹿踊しゝをどりの、ほんたうの精神せいしんかたりました。

 そこらがまだまるつきり、たけたかくさくろはやしのままだつたとき、嘉十かじふはおぢいさんたちと北上川きたかみがはひがしからうつつてきて、ちいさなはたけひらいて、あはひえをつくつてゐました。

 あるとき嘉十かじふは、くりからちて、すこひだりひざわるくしました。そんなときみんなはいつでも、西にしやまなかくとこへつて、小屋こやをかけてとまつてなほすのでした。

 天気てんきのいゝに、嘉十かじふかけてきました。かて味噌みそなべとをしよつて、もうぎんいろのしたすすきの野原のはらをすこしびつこをひきながら、ゆつくりゆつくりあるいてつたのです。

 いくつもの小流こながれや石原いしはらえて、山脈さんみやくのかたちもおほきくはつきりなり、やま一本いつぽん一本いつぽん、すぎごけのやうにわけられるところまでたときは、太陽たいやうはもうよほど西にしれて、十本じつぽんばかりのあをいはんのきの木立こだちうへに、すこあをざめてぎらぎらひかつてかかりました。

 嘉十かじふ芝草しばくさうへに、せなかの荷物にもつをどつかりおろして、とちあはとのだんごをしてべはじめました。すすきはいくむらもいくむらも、はては野原のはらいつぱいのやうに、まつしろひかつてなみをたてました。嘉十かじふはだんごをたべながら、すすきのなかからくろくまつすぐにつてゐる、はんのきのみきをじつにりつぱだとおもひました。

 ところがあんまり一生いつしやうけんめいあるいたあとは、どうもなんだかおなかがいつぱいのやうながするのです。そこで嘉十かじふも、おしまひにとち団子だんごをとちののくらゐのこしました。

「こいづば鹿しかでやべか。それ、鹿しか。」と嘉十かじふはひとりごとのやうにつて、それをうめばちさうのしろはなしたきました。それから荷物にもつをまたしよつて、ゆつくりゆつくりあるきだしました。

 ところがすこつたとき、嘉十かじふはさつきのやすんだところに、手拭てぬぐひわすれてたのにがつきましたので、いそいでまたかへしました。あのはんのきのくろ木立こだちがぢきちかくにえてゐて、そこまでもどるぐらゐ、なんのことでもないやうでした。

 けれども嘉十かじふはぴたりとたちどまつてしまひました。

 それはたしかに鹿しかのけはひがしたのです。

 鹿しかすくなくても五六ぴき湿しめつぽいはなづらをずうつとばして、しづかにあるいてゐるらしいのでした。

 嘉十かじふはすすきにれないやうにけながら、爪立つまだてをして、そつとこけんでそつちのはうきました。

 たしかに鹿しかはさつきのとち団子だんごにやつてきたのでした。

「はあ、鹿しかあ、すぐにたもな。」と嘉十かじふ咽喉のどなかで、わらひながらつぶやきました。そしてからだをかゞめて、そろりそろりと、そつちにちかよつてきました。

 一むらのすすきのかげから、嘉十かじふはちよつとかほをだして、びつくりしてまたひつめました。六ぴきばかりの鹿しかが、さつきの芝原しばはらを、ぐるぐるぐるぐるになつてまはつてゐるのでした。嘉十かじふはすすきの隙間すきまから、いきをこらしてのぞきました。

 太陽たいやうが、ちやうど一本いつぽんのはんのきのいたゞきにかかつてゐましたので、そのこずゑはあやしくあをくひかり、まるで鹿しかむれおろしてぢつとつてゐるあをいいきもののやうにおもはれました。すすきのも、一本いつぽんづつぎんいろにかがやき、鹿しか毛並けなみがことにそのはりつぱでした。

 嘉十かじふはよろこんで、そつと片膝かたひざをついてそれにとれました。

 鹿しかおほきなをつくつて、ぐるくるぐるくるまはつてゐましたが、よくるとどの鹿しかのまんなかのはうがとられてゐるやうでした。その証拠しようこには、あたまみゝもみんなそつちへいて、おまけにたびたび、いかにもつぱられるやうに、よろよろと二足ふたあし三足みあしからはなれてそつちへつてきさうにするのでした。

 もちろん、そののまんなかには、さつきの嘉十かじふとち団子だんごがひとかけいてあつたのでしたが、鹿しかどものしきりににかけてゐるのはけつして団子だんごではなくて、そのとなりのくさうへにくのになつてちてゐる、嘉十かじふしろ手拭てぬぐひらしいのでした。嘉十かじふいたあしをそつとげて、こけうへにきちんとすはりました。

 鹿しかのめぐりはだんだんゆるやかになり、みんなはかはがはる、前肢まへあし一本いつぽんなかはうして、いまにもかけしてきさうにしては、びつくりしたやうにまためて、とつとつとつとつしづかにはしるのでした。その足音あしおともちよく野原のはら黒土くろつちそこはうまでひゞきました。それから鹿しかどもはまはるのをやめてみんな手拭てぬぐひのこちらのはうちました。

 嘉十かじふはにはかにみゝがきいんとりました。そしてがたがたふるえました。鹿しかどものかぜにゆれる草穂くさぼのやうなもちが、なみになつてつたはつてたのでした。

 嘉十かじふはほんたうにじぶんのみゝうたがひました。それは鹿しかのことばがきこえてきたからです。

「ぢや、おれつてべが。」

「うんにや、あぶないじや、もすこでべ。」

こんなことばもきこえました。

何時いつだがのきつねみだいに口発破くちはつぱなどさかゝつてあ、つまらないもな、たかとち団子だんごなどでよ。」

「そだそだ、まつだぐだ。」

こんなことばもきました。

ぎものだがもれないじやい。」

「うん。ぎものらしどごもあるな。」

こんなことばもえました。そのうちにたうたう一ぴきが、いかにも決心けつしんしたらしく、せなかをまつすぐにしてからはなれて、まんなかのはうすゝました。

 みんなはとまつてそれをてゐます。

 すゝんでつた鹿しかは、くびをあらんかぎりばし、四本しほんあしきしめきしめそろりそろりと手拭てぬぐひちかづいてきましたが、にはかにひどくびあがつて、一目散もくさんもどつてきました。まはりの五ひきも一ぺんにぱつと四方しはうへちらけやうとしましたが、はじめの鹿しかが、ぴたりととまりましたのでやつと安心あんしんして、のそのそもどつてその鹿しかまへあつまりました。

「なぢよだた。なにだた、あのしろながいやづあ。」

たてしはつたもんだけあな。」

「そだらぎものだないがべ、やつぱりきのこなどだべが。毒蕈ぶすきのこだべ。」

「うんにや、きのごだない。やつぱりぎものらし。」

「さうが。ぎものでしわうんとつてらば、年老としよりだな。」

「うん年老としよりの番兵ばんぺいだ。ううはははは。」

「ふふふ青白あをじろ番兵ばんぺいだ。」

「ううははは、あをじろ番兵ばんぺいだ。」

「こんどおれつてべが。」

つてみろ、大丈夫だいじやうぶだ。」

つつがないが。」

「うんにや、大丈夫だいじやうぶだ。」

 そこでまた一ぴきが、そろりそろりとすゝんできました。五ひきはこちらで、ことりことりとあたまをつてそれをてゐました。

 すゝんでつた一ぴきは、たびたびもうこわくて、たまらないといふやうに、四ほんあしあつめてせなかをまろくしたりそつとまたのばしたりして、そろりそろりとすゝみました。

 そしてたうたう手拭てぬぐひのひとあしこつちまでつて、あらんかぎりくびばしてふんふんいでゐましたが、にはかにはねあがつてげてきました。みんなもびくつとして一ぺんにげださうとしましたが、その一ぴきがぴたりとまりましたのでやつと安心あんしんして五つのあたまをその一つのあたまあつめました。

「なぢよだた、なしてげでた。」

ぢるべとしたやうだたもさ。」

「ぜんたいなにだけあ。」

「わがらないな。とにかくしろどそれがらあをど、両方りやうはうのぶぢだ。」

にほひあなぢよだ。にほひあ。」

やなぎみだいなにほひだな。」

「はでな、いぎでるが、いぎ。」

「さあ、そでば、気付きつけないがた。」

「こんどあ、おれあつてべが。」

つてみろ」

 三番目ばんめ鹿しかがまたそろりそろりとすゝみました。そのときちよつとかぜいて手拭てぬぐひがちらつとうごきましたので、そのすゝんでつた鹿しかはびつくりしてちどまつてしまひ、こつちのみんなもびくつとしました。けれども鹿しかはやつとまたちつけたらしく、またそろりそろりとすゝんで、たうたう手拭てぬぐひまではなさきをばした。

 こつちでは五ひきがみんなことりことりとおたがひにうなづきつてりました。そのときにはかにすゝんでつた鹿しか竿立さをだちになつてをどりあがつてげてきました。

してげできた。」

気味きびわりぐなてよ。」

いぎでるが。」

「さあ、いぎおどないがけあな。くぢいやうだけあな。」

「あだまあるが。」

「あだまもゆぐわがらないがつたな。」

「そだらこんだおれつてべが。」

 四番目よばんめ鹿しかきました。これもやつぱりびくびくものです。それでもすつかり手拭てぬぐひまへまでつて、いかにもおもつたらしく、ちよつとはな手拭てぬぐひしつけて、それからいそいでめて、一目いちもくさんにかへつてきました。

「おう、つけもんだぞ。」

どろのやうにが。」

「うんにや。」

くさのやうにが。」

「うんにや。」

「ごまざいののやうにが。」

「うん、あれよりあ、もすここわぱしな。」

「なにだべ。」

「とにかぐぎもんだ。」

「やつぱりさうだが。」

「うん、汗臭あせくさいも。」

「おれも一遍ひとがへりつてみべが。」

 五番目ばんめ鹿しかがまたそろりそろりとすゝんできました。この鹿しかはよほどおどけもののやうでした。手拭てぬぐひうへにすつかりあたまをさげて、それからいかにも不審ふしんだといふやうに、あたまをかくつとうごかしましたので、こつちの五ひきがはねあがつてわらひました。

 むかふの一ぴきはそこで得意とくいになつて、したして手拭てぬぐひを一つべろりとめましたが、にはかにこはくなつたとみえて、おほきくくちをあけてしたをぶらさげて、まるでかぜのやうにんでかへつてきました。みんなもひどくおどろきました。

「ぢや、ぢや、じらへだが、いたぐしたが。」

「プルルルルルル。」

したがれだが。」

「プルルルルルル。」

「なにした、なにした。なにした。ぢや。」

「ふう、あゝ、したちゞまつてしまつたたよ。」

「なじよなあじだた。」

あじいがたな。」

ぎもんだべが。」

「なじよだがわからない。こんどあうなつてみろ。」

「お。」

 おしまひの一ひきがまたそろそろきました。みんながおもしろさうに、ことことあたまつててゐますと、すゝんでつた一ぴきは、しばらくくびをさげて手拭てぬぐひいでゐましたが、もう心配しんぱいもなにもないといふふうで、いきなりそれをくわいてもどつてきました。そこで鹿しかはみなぴよんぴよんびあがりました。

「おう、うまい、うまい、そいづさいつてしめば、あどはなんつてもつかなぐない。」

「きつともて、こいづあ大きな蝸牛てめくづらからびだのだな。」

「さあ、いゝが、おれうだうだうはんてみんなれ。」

 その鹿しかはみんなのなかにはいつてうたひだし、みんなはぐるぐるぐるぐる手拭てぬぐひをまはりはじめました。

「のはらのまんなかの めつけもの
 すつこんすつこの とちだんご
 とちのだんごは   結構けつこうだが
 となりにいからだ ふんながす
 あをじろ番兵ばんぺは   にかがる。
  あをじろ番兵ばんぺは   ふんにやふにや
 えるもさないば ぐもさない
 せでながくて   ぶぢぶぢで
 どごがくぢだが   あだまだが
 ひでりあがりの  なめぐぢら。」

 はしりながらまはりながらをどりながら、鹿しかはたびたびかぜのやうにすゝんで、手拭てぬぐひつのでついたりあしでふんだりしました。嘉十かじふ手拭てぬぐひはかあいさうにどろがついてところどころあなさへあきました。

 そこで鹿しかのめぐりはだんだんゆるやかになりました。

「おう、こんだ団子だんごばがりだぢよ。」

「おう、団子だんごだぢよ。」

「おう、まんまるけぢよ。」

「おう、はんぐはぐ。」

「おう、すつこんすつこ。」

「おう、けつこ。」

 鹿しかはそれからみんなばらばらになつて、四方しはうからとちのだんごをかこんであつまりました。

 そしていちばんはじめに手拭てぬぐひすゝんだ鹿しかから、一口ひとくちずつ団子だんごをたべました。六ぴきめの鹿しかは、やつと豆粒まめつぶのくらゐをたべただけです。

 鹿しかはそれからまたになつて、ぐるぐるぐるぐるめぐりあるきました。

 嘉十かじふはもうあんまりよく鹿しかましたので、じぶんまでが鹿しかのやうながして、いまにもとびさうとしましたが、じぶんのおほきながすぐにはいりましたので、やつぱりだめだとおもひながらまたいきをこらしました。

 太陽たいやうはこのとき、ちやうどはんのきのこずゑなかほどにかかつて、すこいろにかゞやいてりました。鹿しかのめぐりはまただんだんゆるやかになつて、たがひにせわしくうなづきい、やがて一れつ太陽たいやういて、それをおがむやうにしてまつすぐにつたのでした。嘉十かじふはもうほんたうにゆめのやうにそれにとれてゐたのです。

 一ばんみぎはじにたつた鹿しかほそこゑでうたひました。

 「はんの
  みどりみぢんのもご
  ぢやらんぢやららんの
  おさんがる。」

 その水晶すゐしやうふえのやうなこゑに、嘉十かじふをつぶつてふるえあがりました。みぎから二ばん鹿しかが、にはかにびあがつて、それからからだをなみのやうにうねらせながら、みんなのあひだつてはせまわり、たびたび太陽たいやうはうにあたまをさげました。それからじぶんのところにもどるやぴたりととまつてうたひました。

 「おさんを
  せながさしよへば、はんの
  くだげでひか
  てつのかんがみ。」

 はあと嘉十かじふもこつちでその立派りつぱ太陽たいやうとはんのきをおがみました。みぎから三ばん鹿しかくびをせはしくあげたりげたりしてうたひました。

 「おさんは
  はんのもごさ、りでても
  すすぎ、ぎんがぎが
  まぶしまんぶし。」

 ほんたうにすすきはみんな、まつしろのやうにえたのです。

 「ぎんがぎがの
  すすぎのなかぢあがる
  はんののすねの
  んがい、かげぼうし。」

番目ばんめ鹿しかがひくくくびれて、もうつぶやくやうにうたひだしてゐました。

 「ぎんがぎがの
  すすぎのそこ日暮ひぐれかだ
  こけはらを
  ありこもがず。」

 このとき鹿しかはみなくびれてゐましたが、六番目ばんめがにはかにくびをりんとあげてうたひました。

 「ぎんがぎがの
  すすぎのそこでそつこりと
  ぐうめばぢの
  どしおえどし。」

 鹿しかはそれからみんな、みじかくふえのやうにいてはねあがり、はげしくはげしくまはりました。

 きたからつめたいかぜて、ひゆうとり、はんのはほんたうにくだけたてつかゞみのやうにかゞやき、かちんかちんとがすれあつておとをたてたやうにさへおもはれ、すすきのまでが鹿しかにまぢつて一しよにぐるぐるめぐつてゐるやうにえました。

 嘉十かじふはもうまつたくじぶんと鹿しかとのちがひをわすれて、
「ホウ、やれ、やれい。」とさけびながらすすきのかげからしました。

 鹿しかはおどろいて一度いちど竿さをのやうにちあがり、それからはやてにかれたのやうに、からだをなゝめにしてしました。ぎんのすすきのなみをわけ、かゞやく夕陽ゆふひながれをみだしてはるかにはるかにげてき、そのとほつたあとのすすきはしづかなみづうみ水脈みをのやうにいつまでもぎらぎらひかつてりました。

 そこで嘉十かじふはちよつとにがわらひをしながら、どろのついてあなのあいた手拭てぬぐひをひろつてじぶんもまた西にしはうあるきはじめたのです。

 それから、さうさう、こけ野原のはら夕陽ゆふひなかで、わたくしはこのはなしをすきとほつたあきかぜからいたのです。