目次へ  縦書き

月夜のでんしんばしら

 あるばん恭一きやういちはざうりをはいて、すたすた鉄道てつだう線路せんろよこたひらなところをあるいてりました。

 たしかにこれは罰金ばつきんです。おまけにもし汽車きしやがきて、まどからながぼうなどがてゐたら、一ぺんになぐりころされてしまつたでせう。

 ところがそのばんは、線路せんろまはりの工夫こうふもこず、まどからぼう汽車きしやにもあひませんでした。そのかはり、どうもじつにへんてこなものをたのです。

 九日こゝのかつきがそらにかゝつてゐました。そしてうろこくもそらいつぱいでした。うろこぐもはみんな、もうつきのひかりがはらわたのそこまでもしみとほつてよろよろするといふふうでした。そのくものすきまからときどきつめたいほしがぴつかりぴつかりかほをだしました。

 恭一きやういちはすたすたあるいて、もうむかふに停車場ていしやばのあかりがきれいにえるとこまできました。ぽつんとしたまつなあかりや、硫黄いわうのほのほのやうにぼうとしたむらさきいろのあかりやらで、をほそくしてみると、まるでおほきなおしろがあるやうにおもはれるのでした。

 とつぜん、右手みぎてのシグナルばしらが、がたんとからだをゆすぶつて、うへしろ横木よこぎなゝめにしたはうへぶらさげました。これはべつだん不思議ふしぎでもなんでもありません。

 つまりシグナルがさがつたといふだけのことです。一晩ひとばん十四回じふしくわいもあることなのです。

 ところがそのつぎがたいへんです。

 さつきから線路せんろひだりがはで、ぐわあん、ぐわあんとうなつてゐたでんしんばしらのれつおほ威張ゐばりりでいつぺんにきたのはうへあるきだしました。みんなつの瀬戸せとものゝエボレツトをかざり、てつぺんにはりがねのやりをつけた亜鉛とたんのしやつぽをかぶつて、片脚かたあしでひよいひよいやつてくのです。そしていかにも恭一きやういちをばかにしたやうに、じろじろよこめでみてとほりすぎます。

 うなりもだんだんたかくなつて、いまはいかにもむかしふうの立派りつぱ軍歌ぐんかかはつてしまひました。

   「ドツテテドツテテ、ドツテテド、
    でんしんばしらのぐんたいは
    はやさせかいにたぐひなし
    ドツテテドツテテ、ドツテテド
    でんしんばしらのぐんたいは
    きりつせかいにならびなし。」

 一ぽんのでんしんばしらが、ことにかたをそびやかして、まるでうでもがりがりるくらゐにしてとほりました。

 みるとむかふのはうを、六ぽんうでの二十二の瀬戸せとものゝエボレツトをつけたでんしんばしらのれつが、やはりいつしよに軍歌ぐんかをうたつてすゝんできます。

   「ドツテテドツテテ、ドツテテド
    二ほんうで工兵隊こうへいたい
    六ぽんうで竜騎兵りうきへい
    ドツテテドツテテ、ドツテテド
    いちれつ一まん千人せんにん
    はりがねかたくむすびたり。」

 どういふわけか、二ほんのはしらがうでんで、びつこをいていつしよにやつてきました。そしていかにもつかれたやうにふらふらあたまをふつて、それからくちをまげてふうといきき、よろよろたふれさうになりました。

 するとすぐうしろから元気げんきのいゝはしらがどなりました。

「おい、はやくあるけ。はりがねがたるむぢやないか。」

 ふたりはいかにもつらさうに、いつしよにこたへました。

「もうつかれてあるけない。あしさきがくさしたんだ。長靴ながぐつのタールもなにももうめちやくちやになつてるんだ。」

 うしろのはしらはもどかしさうにさけびました。

「はやくあるけ、あるけ。きさまらのうち、どつちかがまゐつても一まん千人せんにんみんな責任はきにんがあるんだぞ。あるけつたら。」

 二人ふたりはしかたなくよろよろあるきだし、つぎからつぎとはしらがどんどんやつてます。

   「ドツテテドツテテ、ドツテテド
    やりをかざれるとたんばう
    すねははしらのごとくなり。
    ドツテテドツテテ、ドツテテド
    かたにかけたるエボレツト
    おもきつとめをしめすなり。」

 二人ふたりかげももうずうつととほくの緑青ろくせういろのはやしはうつてしまひ、つきがうろこぐもからぱつとて、あたりはにはかにあかるくなりました。

 でんしんばしらはもうみんな、非常ひあやうなご機嫌きげんです。恭一きやういちまへると、わざとかたをそびやかしたり、よこめでわらつたりしてぎるのでした。

 ところがおどろいたことは、六ぽんうでのまたむかふに、三ぽんうでのまつなエボレツトをつけた兵隊へいたいがあるいてゐることです。その軍歌ぐんかはどうも、ふしもうたもこつちのはうとちがふやうでしたが、こつちのこゑがあまりたかいために、なにをうたつてゐるのかきとることができませんでした。こつちはあひかはらずどんどんやつてきます。

   「ドツテテドツテテ、ドツテテド、
    さむさはだえをつんざくも
    などて腕木うでぎをおろすべき
    ドツテテドツテテ、ドツテテド
    あつ硫黄いわうをとかすとも
    いかでおとさんエボレツト。」

 どんどんどんどんやつてき、恭一きやういちてゐるのさえすこしつかれてぼんやりなりました。

 でんしんばしらは、まるでかはみづのやうに、つぎからつぎとやつてます。みんな恭一きやういちのことをくのですけれども、恭一きやういちはもうあたまいたくなつてだまつてしたてゐました。

 にはかにとほくから軍歌ぐんかこゑにまぢつて、
「お一二、お一二、」といふしわがれたこゑがきこえてきました。恭一きやういちはびつくりしてまたかほをあげてみますと、れつのよこをせいのひくかほいろなぢいさんがまるでぼろぼろのねづみいろの外套ぐわいたふて、でんしんばしらのれつまはしながら
「お一二、お一二、」と号令がうれいをかけてやつてくるのでした。

 ぢいさんにられたはしらは、まるでのやうにかたくなつて、あしをしやちほこばらせて、わきめもふらずすすんでき、そのへんなぢいさんは、もう恭一きやういちのすぐまへまでやつてきました。そしてよこめでしばらく恭一きやういちてから、でんしんばしらのはういて「なみあしい。おいつ。」と号令がうれいをかけました。

 そこででんしんばしらはすこ歩調ほてうくづして、やつぱり軍歌ぐんかうたつてきました。

   「ドツテテドツテテ、ドツテテド、
    みぎとひだりのサアベルは
    たぐひもあらぬ細身ほそみなり。」

 ぢいさんは恭一きやういちまへにとまつて、からだをすこしかゞめました。

今晩こんばんは、おまへはさつきから行軍かうぐんてゐたのかい。」

「えゝ、てました。」

「さうか、ぢや仕方しかたない。ともだちにならう、さあ、握手あくしゆしやう。」

 ぢいさんはぼろぼろの外套ぐわいたふそでをはらつて、おほきないろなをだしました。恭一きやういちもしかたなくしました。ぢいさんが「やつ、」とつてそのをつかみました。

 するとぢいさんのだまから、とらのやうにあを火花ひばながぱちぱちつとでたとおもうと、恭一きやういちはからだがびりりつとしてあぶなくうしろへたふれさうになりました。

「ははあ、だいぶひびいたね、これでごくよわいはうだよ。わしともすこつよ握手あくしゆすればまあ黒焦くろこげだね。」

 兵隊へいたいはやはりずんずんあるいてきます。

   「ドツテテドツテテ、ドツテテド、
    タールをれるながくつ
    はばは三びやく十尺じうしやく。」

 恭一きやういちはすつかりこわくなつて、ががちがちりました。ぢいさんはしばらくつきくも工合ぐあひをながめてゐましたが、あまり恭一きやういちあをくなつてがたがたふるえてゐるのをて、どくになつたらしく、すこししづかにひました。

「おれは電気でんき総長そうちやうだよ。」

 恭一きやういちすこ安心あんしんして、
電気でんき総長そうちやうといふのは、やはり電気でんき一種いつしゆですか。」ときゝました。するとぢいさんはまたむつとしてしまひました。

「わからん子供こどもだな。ただの電気でんきではないさ。つまり、電気でんきのすべてのちやうちやうといふのはかしらとよむ。とりもなほさず電気でんき大将たいしやうといふことだ。」

大将たいしやうならずゐぶんおもしろいでせう。」恭一きやういちがぼんやりたづねますと、ぢいさんはかほをまるでめちやくちやにしてよろこびました。

「はつはつは、面白おもしろいさ。それ、その工兵こうへいも、その竜騎兵りうきへいも、むかふのてきだんへいも、みんなおれの兵隊へいたいだからな。」

 ぢいさんはぷつとすまして、かたぱうほほをふくらせてそらをあふぎました。それからちやうどまへとほつてく一ぽんのでんしんばしらに、
「こらこら、なぜわきをするか。」とどなりました。するとそのはしらはまるでびあがるぐらゐびつくりして、あしがぐにやんとまがりあわてゝまつすぐをいてあるいてきました。つぎからつぎとどしどしはしらはやつてます。

有名いうめいなはなしをおまへはつてるだらう。そら、むすこが、エングランド、ロンドンにゐて、おやじがスコツトランド、カルクシヤイヤにゐた。むすこがおやじに電報でんぱうをかけた、おれはちやんと手帳てちやういておいたがね、」

 ぢいさんは手帳てちやうして、それからおほきなめがねをしてもつともらしくけてから、またひました。

「おまへは英語えいごはわかるかい、ね、センド、マイブーツ、インスタンテウリイすぐ長靴ながぐつおくれとかうだらう、するとカルクシヤイヤのおやじめ、あわてくさつておれのでんしんのはりがねに長靴ながぐつをぶらさげたよ。はつはつは、いや迷惑めいわくしたよ。それから英国えいこくばかりぢやない、十二ぐわつころ兵営へいえいつてみると、おい、あかりをけしてこいと上等兵じやうとうへい殿どのはれて新兵しんぺい電燈でんたうをふつふつといてさうとしてゐるのが毎年まいねんにんや六にんはある。おれの兵隊へいたいにはそんなものは一人ひとりもないからな。おまへのまちだつてさうだ、はじめて電燈でんたうがついたころはみんながよく、電気でんき会社くわいしやではつき百石ひやくこくぐらゐあぶらをつかふだらうかなんてつたもんだ。はつはつは、どうだ、もつともそれはおれのやうに勢力せいりよく不滅ふめつ法則はふそく熱力学ねつりきがく第二則だいにそくがわかるとあんまりおかしくもないがね、どうだ、ぼくの軍隊ぐんたい規律きりつがいゝだらう。軍歌ぐんかにもちやんとさうつてあるんだ。」

 でんしんばしらは、みんなまつすぐをいて、すましんでとほぎながらひときわこゑをはりあげて、

   「ドツテテドツテテ、ドツテテド
    でんしんばしらのぐんたいの
    そのせかいにとゞろけり。」

さけびました。

 そのとき、線路せんろとほくに、ちいさなあかふたつのえました。するとぢいさんはまるであわてゝしまひました。

「あ、いかん、汽車きしやがきた。たれかにかつたらたいへんだ。もう進軍しんぐんをやめなくちやいかん。」

 ぢいさんは片手かたてたかくあげて、でんしんばしらのれつはういてさけびました。

全軍ぜんぐん、かたまれい、おいつ。」

 でんしんばしらはみんな、ぴつたりとまつて、すつかりふだんのとほりになりました。軍歌ぐんかはただのぐわあんぐわあんといふうなりにかはつてしまひました。

 汽車きしやがごうとやつてきました。汽罐車きくわんしや石炭せきたんはまつえて、そのまへで火夫くわふあしをふんばつて、まつくろつてゐました。

 ところが客車きやくしやまどがみんなまつくらでした。するとぢいさんがいきなり、
「おや、電燈でんたうえてるな。こいつはしまつた。けしからん。」とひながらまるでうさぎのやうにせなかをまんまるにしてはしつてゐる列車れつしやしたへもぐりみました。

「あぶない。」と恭一きやういちがとめやうとしたとき、客車きやくしやまどがぱつとあかるくなつて、一人ひとりちいさなをあげて、
「あかるくなつた、わあい。」とさけんできました。

 でんしんばしらはしづかにうなり、シグナルはがたりとあがつて、つきはまたうろこくものなかにはいりました。

 そして汽車きしやは、もう停車場ていしやばいたやうでした。