目次へ  縦書き

山男の四月

 山男やまをとこは、きんいろのさらのやうにし、せなかをかがめて、にしねやまのひのきばやしのなかを、うさぎをねらつてあるいてゐました。

 ところが、うさぎはとれないで、山鳥やまどりがとれたのです。

 それは山鳥やまどりが、びつくりしてびあがるとこへ、山男やまをとこ両手りやうてをちぢめて、鉄砲てつぱうだまのやうにからだをげつけたものですから、山鳥やまどりははんぶんつぶれてしまひました。

 山男やまをとこかほをまつにし、おほきなくちをにやにやまげてよろこんで、そのぐつたりくびれた山鳥やまどりを、ぶらぶらりまはしながらもりからてきました。

 そしてあたりのいゝみなみきのかれしばうへに、いきなり獲物えものげだして、ばさばさのあか髪毛かみけゆびでかきまはしながら、かたまるくしてごろりところびました。

 どこかで小鳥ことりもチツチツとき、かれくさのところどころにやさしくいたむらさきいろのかたくりのはなもゆれました。

 山男やまをとこ仰向あふむけになつて、あをいああをいそらをながめました。おさまはあか黄金きんでぶちぶちのやまなしのやう、かれくさのいゝにほひがそこらをながれ、すぐうしろの山脈さんみやくでは、ゆきがこんこんとしろ後光ごくわうをだしてゐるのでした。

あめといふものはうまいものだ。天道てんどあめをうんとこさえてゐるが、なかなかおれにはくれない。)

 山男やまをとこがこんなことをぼんやりかんがへてゐますと、そのつたあをいそらをふわふわうるんだくもが、あてもなくひがしはうんできました。そこで山男やまをとこは、のどのとほくのはうを、ごろごろならしながら、またかんがへました。

(ぜんたいくもといふものは、かぜのぐあひで、つたりたりぽかつとくなつてみたり、にはかにまたでてきたりするもんだ。そこで雲助くもすけとかういふのだ。)

 そのとき山男やまをとこは、なんだかむやみにあしとあたまがかるくなつて、さかさまに空気くうきのなかにうかぶやうな、へんなもちになりました。もう山男やまをとここそ雲助くもすけのやうに、かぜにながされるのか、ひとりでにぶのか、どこといふあてもなく、ふらふらあるいてゐたのです。

(ところがここはななもりだ。ちやんとななつつ、もりがある。まつのいつぱいえてるのもある。坊主ばうずいろなのもある。そしてここまでてみると、おれはまもなくまちく。まちへはいつてくとすれば、けないとなぐりころされる。)

 山男やまをとこはひとりでこんなことをひながら、どうやら一人ひとりまへの木樵きこりのかたちにけました。そしたらもうすぐ、そこがまち入口いりぐちだつたのです。山男やまをとこは、まだどうもあたまがあんまりかるくて、からだのつりあひがよくないとおもひながら、のそのそまちにはいりました。

 入口いりぐちにはいつもの魚屋さかなやがあつて、塩鮭しおざけのきたないたわらだの、くしやくしやになつたいわしのつらだのがだいにのり、のきにはあかぐろいゆで章魚だこが、いつつつるしてありました。その章魚たこを、もうつくづくと山男やまをとこはながめたのです。

(あのいぼのあるあかあしのまがりぐあひは、ほんたうにりつぱだ。郡役所ぐんやくしよ技手ぎての、乗馬じやうばずぼんをはいたあしよりまだりつぱだ。かういふものが、うみそこあをいくらいところを、おほきくをあいてはつてゐるのはじつさいえらい。)

 山男やまをとこはおもわずゆびをくわいてちました。するとちやうどそこを、おほきな荷物にもつをしよつた、きたない浅黄服あさぎふく支那人しなじんが、きよろきよろあたりをまはしながら、とほりかゝつて、いきなり山男やまをとこかたをたゝいてひました。

「あなた、支那しな反物たんものよろしいか。六神丸ろくしんぐわんたいさんやすい。」

 山男やまをとこはびつくりしてふりむいて、
「よろしい。」とどなりましたが、あんまりじぶんのこゑがたかゝつたために、まるかぎをもち、かみをわけ下駄げたをはいた魚屋さかなや主人しゆじんや、けらをむらひとたちが、みんなこつちをてゐるのにがついて、すつかりあはてゝいそいでをふりながら、小声こごゑなほしました。

「いや、さうだない。ふ、ふ。」

 すると支那人しなじんは、
はない、それかまはない、ちよつとるだけよろしい。」
ひながら、背中せなか荷物にもつをみちのまんなかにおろしました。山男やまをとこはどうもその支那人しなじんのぐちやぐちやしたあかが、とかげのやうでへんにこわくてしかたありませんでした。

 そのうちに支那人しなじんは、ばやく荷物にもつへかけたいろの真田紐さなだひもをといてふろしきをひらき、行李かうりふたをとつて反物たんもののいちばんうへにたくさんならんだ紙箱かみばこあひだから、ちいさなあか薬瓶くすりびんのやうなものをつかみだしました。

(おやおや、あのゆびはずゐぶんほそいぞ。つめもあんまりとがつてゐるしいよいよこわい。)山男やまをとこはそつとかうおもひました。

 支那人しなじんはそのうちに、まるで小指こゆびぐらゐあるガラスのコップをふたして、ひとつを山男やまをとこわたしました。

「あなた、このくすりのむよろしい。どくない。てつしてどくない。のむよろしい。わたしさきのむ。心配しんぱいない。わたしビールのむ、おちやのむ、どくのまない。これながいきのくすりある。のむよろしい。」支那人しなじんはもうひとりでかぷつとんでしまひました。

 山男やまをとこはほんとうにんでいゝのだらうかとあたりをますと、じぶんはいつかまちなかでなく、そらのやうにあをいひろい野原のはらのまんなかに、のふちのあか支那人しなじんとたつた二人ふたり荷物にもつあひだいてむかひあつてつてゐるのでした。二人ふたりのかげがまつくろくさちました。

「さあ、のむよろしい。ながいきのくすりある。のむよろしい。」支那人しなじんとがつたゆびをつきして、しきりにすすめるのでした。山男やまをとこはあんまりこまつてしまつて、もうんでげてしまはうとおもつて、いきなりぷいつとそのくすりをのみました。するとふしぎなことには、山男やまをとこはだんだんからだのでこぼこがなくなつて、ちぢまつてたひらになつてちいさくなつて、よくしらべてみると、どうもいつかちいさなはこのやうなものにかはつてくさうへちてゐるらしいのでした。

(やられた、畜生ちくしやう、たうたうやられた、さつきからあんまりつめとがつてあやしいとおもつてゐた。畜生ちくしやう、すつかりうまくだまされた。)山男やまをとこ口惜くやしがつてばたばたしやうとしましたが、もうたゞ一箱ひとはこちいさな六神丸ろくしんぐわんですからどうにもしかたありませんでした。

 ところが支那人しなじんのはうはおほよろこびです。ひよいひよいと両脚りやうあしをかはるがはるあげてとびあがり、ぽんぽんとあしのうらをたたきました。そのおとはつづみのやうに、野原のはらとほくのはうまでひびきました。

 それから支那人しなじんおほきなが、いきなり山男やまをとこまへにでてきたとおもふと、山男やまをとこはふらふらとたかいところにのぼり、まもなく荷物にもつのあの紙箱かみばこあひだにおろされました。

 おやおやとおもつてゐるうちにうへからばたつと行李かうりふたちてきました。それでも日光につくわう行李かうりからうつくしくすきとほつてえました。

(たうたうろうにおれははいつた。それでもやつぱり、おさまはそとつてゐる。)山男やまをとこはひとりでこんなことをつぶやいて無理むりにかなしいのをごまかさうとしました。するとこんどは、きふにもつとくらくなりました。

(ははあ、風呂敷ふろしきをかけたな。いよいよなさけないことになつた。これからくらたびになる。)山男やまをとこはなるべくいてかうひました。

 するとおどろいたことは山男やまをとこのすぐよこでものをふやつがあるのです。

「おまへさんはどこからなすつたね。」

 山男やまをとこははじめぎくつとしましたが、すぐ、
(ははあ、六神丸ろくしんぐわんといふものは、みんなおれのやうなぐあひに人間にんげんくすり改良かいやうされたもんだな。よしよし、)とかんがへて、 「おれは魚屋さかなやまへからた。」とはらちかられてこたへました。するとそとから支那人しなじんみつくやうにどなりました。

こゑあまりたかい。しづかにするよろしい。」

 山男やまをとこはさつきから、支那人しなじんがむやみにしやくにさわつてゐましたので、このときはもういつぺんにかつとしてしまひました。

なんだと。なにをぬかしやがるんだ。どろぼうめ。きさまがまちへはいつたら、おれはすぐ、この支那人しなじんはあやしいやつだとどなつてやる。さあどうだ。」

 支那人しなじんは、そとでしんとしてしまひました。じつにしばらくのあひだ、しいんとしてゐました。山男やまをとこはこれは支那人しなじんが、両手りやうてむねかさねていてゐるのかなともおもひました。さうしてみると、いままでとうげはやしのなかで、荷物にもつをおろしてなにかひどくかんがんでいたやうな支那人しなじんは、みんなこんなことをたれかにはれたのだなとかんがへました。山男やまをとこはもうすつかりかあいさうになつて、いまのはうそだよとはうとしてゐましたら、そと支那人しなじんがあわれなしわがれたこゑひました。

「それ、あまり同情どうじやうない。わたし商売しやうばいたたない。わたしおまんまたべない。わたし往生わうじやうする、それ、あまり同情どうじやうない。」山男やまをとこはもう支那人しなじんが、あんまりどくになつてしまつて、おれのからだなどは、支那人しなじんが六十せんもうけて宿屋ぶどやつて、いわしあたまじるをたべるかはりにくれてやらうとおもひながらこたへました。

支那人しなじんさん、もういゝよ。そんなにかなくてもいゝよ。おれはまちにはいつたら、あまりこゑさないやうにしやう。安心あんしんしな。」するとそと支那人しなじんは、やつとむねをなでおろしたらしく、ほおといふいきこゑも、ぽんぽんとあしたゝいてゐるおときこえました。それから支那人しなじんは、荷物にもつをしよつたらしく、くすり紙箱かみばこは、たがひにがたがたぶつつかりました。

「おい、たれだい。さつきおれにものをひかけたのは。」

 山男やまをとこひましたら、すぐとなりから返事へんじがきました。

「わしだよ。そこでさつきのはなしのつゞきだがね、おまへは魚屋さかなやまへからきたとすると、いますゞき一匹いつぴきいくらするか、またほしたふかのひれが、十両ジツテール何片なんぎんくるかつてるだらうな。」

「さあ、そんなものは、あの魚屋さかなやにはなかつたやうだぜ。もつとも章魚たこはあつたがなあ。あの章魚たこあしつきはよかつたなあ。」

「へい。そんないい章魚たこかい。わしも章魚たこだいすきでな。」

「うん、たれだつて章魚たこのきらいなひとはない。あれをきらひなくらゐなら、どうせろくなやつぢやないぜ。」

「まつたくさうだ。章魚たこぐらゐりつぱなものは、まあ世界中せかいじうにないな。」

「さうさ。おまへはいつたいどこからきた。」

「おれかい。上海しやんはいだよ。」

「おまへはするとやつぱり支那人しなじんだらう。支那人しなじんといふものはくすりにされたり、くすりにしてそれをつてあるいたりどくなもんだな。」

「さうでない。ここらをあるいてるものは、みんなちんのやうないやしいやつばかりだが、ほんたうの支那人しなじんなら、いくらでもえらいりつぱなひとがある。われわれはみな孔子こうし聖人せいじんすゑなのだ。」

「なんだかわからないが、おもてにゐるやつはちんといふのか。」

「さうだ。あああつい、ふたをとるといゝなあ。」

「うん。よし。おい、ちんさん。どうもむしあつくていかんね。すこしかぜれてもらひたいな。」

「もすこしつよろしい。」ちんそとひました。

はやかぜれないと、おれたちはみんなれてしまふ。おまへそんになるよ。」

 するとちんそとでおろおろこゑしました。

「それ、もともこまる、がまんしてくれるよろしい。」

「がまんもなにもないよ、おれたちがすきでむれるんぢやないんだ。ひとりでにむれてしまふさ。はやふたをあけろ。」

「も二十分じつぷんまつよろしい。」

「えい、仕方しかたない。そんならもすこいそいであるきな。仕方しかたないな。ここにるのはおまへだけかい。」

「いゝや、まだたくさんゐる。みんないてばかりゐる。」

「そいつはかあいさうだ。ちんはわるいやつだ。なんとかおれたちは、もいちどもとのかたちにならないだらうか。」

「それはできる。おまへはまだ、ほねまで六神丸ろくしんぐわんになつてゐないから、丸薬ぐわんやくさへのめばもとへもどる。おまへのすぐよこに、そのくろ丸薬ぐわんやくびんがある。」

「さうか。そいつはいゝ、それではすぐまう。しかし、おまへさんたちはのんでもだめか。」

「だめだ。けれどもおまへがんでもとのとほりになつてから、おれたちをみんなみづけて、よくもんでもらひたい。それから丸薬ぐわんやくをのめばきつとみんなもとへもどる。」

「さうか。よし、けた。おれはきつとおまへたちをみんなもとのやうにしてやるからな。丸薬ぐわんやくといふのはこれだな。そしてこつちのびん人間にんげん六神丸ろくしんぐわんになるはうか。ちんもさつきおれといつしよにこの水薬みづぐすりをのんだがね、どうして六神丸ろくしんぐわんにならなかつたらう。」

「それはいつしよに丸薬ぐわんやくんだからだ。」

「ああ、さうか。もしちんがこの丸薬ぐわんやくだけのんだらどうなるだらう。かはらない人間にんげんがまたもとの人間にんげんかはるとどうもへんだな。」

 そのときおもてでちんが、
支那しなたものよろしいか。あなた、支那しなたものふよろしい。」
こゑがしました。

「ははあ、はじめたね。」山男やまをとこはそつとかうつておもしろがつてゐましたら、にはかにふたがあいたので、もうまぶしくてたまりませんでした。それでもむりやりそつちをますと、ひとりのおかつぱの子供こどもが、ぽかんとちんまへつてゐました。

 ちんはもう丸薬ぐわんやくひとつぶつまんで、くちのそばへつてきながら、水薬みづぐすりとコップをして、
「さあ、むよろしい。これながいきのくすりある。さあむよろしい。」
とやつてゐます。

「はじめた、はじめた。いよいよはじめた。」行李かうりのなかでたれかがひました。

「わたしビールむ、おちやのむ、どくのまない。さあ、むよろしい。わたしのむ。」

 そのとき山男やまをとこは、丸薬ぐわんやくを一つぶそつとのみました。すると、めりめりめりめりつ。

 山男やまをとこはすつかりもとのやうな、赤髪あかがみのりつぱなからだになりました。ちんはちようど丸薬ぐわんやく水薬みづぐすりといつしよにのむところでしたが、あまりびつくりして、水薬みづぐすりはこぼして丸薬ぐわんやくだけのみました。さあ、たいへん、みるみるちんのあたまがめらあつとびて、いままでのばいになり、せいがめきめきたかくなりました。そして「わあ。」とひながら山男やまをとこにつかみかかりました。山男やまをとこはまんまるになつて一しやうけんめいげました。ところがいくらはしらうとしても、あしがからはしりといふことをしてゐるらしいのです。たうたうせなかをつかまれてしまひました。

たすけてくれ、わあ、」と山男やまをとこさけびました。そしてをひらきました。みんなゆめだつたのです。

 くもはひかつてそらをかけ、かれくさはかんばしくあたたかです。

 山男やまをとこはしばらくぼんやりして、してある山鳥やまどりのきらきらするはねをみたり、六神丸ろくしんぐわん紙箱かみばこみづにつけてもむことなどをかんがへてゐましたがいきなりおほきなあくびをひとつしてひました。

「えゝ、畜生ちくしやうゆめのなかのこつた。ちん六神丸ろくしんぐわんもどうにでもなれ。」

 それからあくびをもひとつしました。