目次へ  縦書き

水仙月すゐせんづき四日よつか

 雪婆ゆきばんごは、とほくへかけてりました。

 ねこのやうなみゝをもち、ぼやぼやしたはいいろのかみをした雪婆ゆきばんごは、西にう山脈さんみやくの、ちぢれたぎらぎらのくもえて、とほくへでかけてゐたのです。

 ひとりの子供こどもが、あか毛布けつとにくるまつて、しきりにカリメラのことをかんがへながら、おほきなざうあたまのかたちをした、雪丘ゆきをかすそを、せかせかうちのはういそいでりました。

(そら、新聞紙しんぶんがみとがつたかたちにいて、ふうふうとくと、すみからまるで青火あをびえる。ぼくはカリメラなべ赤砂糖あかさとうひとつまみれて、それからザラメをひとつまみれる。みづをたして、あとはくつくつくつとるんだ。)ほんたうにもう一しやうけんめい、こどもはカリメラのことをかんがへながらうちのはういそいでゐました。

 おさまは、そらのずうつととほくのすきとほつたつめたいとこで、まばゆいしろを、どしどしおきなさいます。

 そのひかりはまつすぐに四方しはう発射はつしやし、したはうちてては、ひつそりした台地だいちゆきを、いちめんまばゆい雪花石膏せつくわせつかういたにしました。

 二ひき雪狼ゆきおいのが、べろべろまつしたきながら、れうあたまのかたちをした、雪丘ゆきをかうへはうをあるいてゐました。こいつらはひとにはえないのですが、いつぺんかぜくるすと、台地だいちのはずれのゆきうへから、すぐぼやぼやの雪雲ゆきぐもをふんで、そらをかけまはりもするのです。

「しゆ、あんまりつていけないつたら。」雪狼ゆきおいののうしろから白熊しろくま毛皮けがは三角帽子さんかくぼうしをあみだにかぶり、かほ苹果りんごのやうにかがやかしながら、雪童子ゆきわらすがゆつくりあるいてました。

 雪狼ゆきおいのどもはあたまをふつてくるりとまはり、またまつしたいてはしりました。

「カシオピイア、
 もう水仙すゐせんすぞ
 おまへのガラスの水車みづぐるま
 きつきとまはせ。」雪童子ゆきわらすはまつあをなそらをあげてえないほしさけびました。そのそらからはあをびかりがなみになつてわくわくとり、雪狼ゆきおいのどもは、ずうつととほくでほのほのやうにあかしたをべろべろいてゐます。

「しゆ、もどれつたら、しゆ、」雪童子ゆきわらすがはねあがるやうにしてしかりましたら、いままでゆきにくつきりちてゐた雪童子ゆきわらす影法師かげぼうしは、ぎらつとしろいひかりにかはり、おいのどもはみゝをたてゝ一さんにもどつてきました。

「アンドロメダ、
 あぜみのはながもうくぞ、
 おまへのラムプのアルコホル、
 しゆうしゆとかせ、」

 雪童子ゆきわらすは、かぜのやうにざうかたちをかにのぼりました。ゆきにはかぜ介殻かいがらのやうなかたがつき、そのいたゞきには、一ぽんおほきなくりが、うつくしい黄金きんいろのやどりぎのまりをつけてつてゐました。

「とつといで。」雪童子ゆきわらすをかをのぼりながらひますと、一ぴき雪狼ゆきおいのは、主人しゆじんちいさなのちらつとひかるのをるや、ごむまりのやうにいきなりにはねあがつて、そのあかのついたちいさなえだを、がちがちぢりました。うへでしきりにくびをまげてゐる雪狼ゆきおいの影法師かげぼうしは、おほきくながをかゆきち、えだはたうたうあをかはと、いろのしんとをちぎられて、いまのぼつてきたばかりの雪童子ゆきわらすあしもとにちました。

「ありがたう。」雪童子ゆきわらすはそれをひろいながら、しろあゐいろのはらにたつてゐる、うつくしいまちをはるかにながめました。かはがきらきらひかつて、停車場ていしやばからはしろけむりもあがつてゐました。雪童子ゆきわらすをかのふもとにおとしました。その山裾やますそほそゆきみちを、さつきの赤毛布あかけつと子供こどもが、一しんにやまのうちのはういそいでゐるのでした。

「あいつは昨日きのふ木炭すみのそりをしてつた。砂糖さとうつて、じぶんだけかへつてきたな。」雪童子ゆきわらすはわらひながら、にもつてゐたやどりぎのえだを、ぷいつとこどもになげつけました。えだはまるで弾丸たまのやうにまつすぐにんでつて、たしかに子供こどもまへちました。

 子供こどもはびつくりしてえだをひろつて、きよろきよろあちこちをまはしてゐます。雪童子ゆきわらすはわらつてかはむちを一つひゆうとらしました。

 すると、くももなくみがきあげられたやうな群青ぐんぜうそらから、まつしろゆきが、さぎののやうに、いちめんにちてきました。それはした平原へいげんゆきや、ビールいろ日光につくわうちやいろのひのきでできあがつた、しづかな奇麗きれい日曜日にちようびを、一さううつくしくしたのです。

 どもは、やどりぎのえだをもつて、一しやうけんめいにあるきだしました。

 けれども、その立派りつぱゆきつてしまつたころから、おさまはなんだかそらとほくのはうへおうつりになつて、そこのお旅屋たびやで、あのまばゆいしろを、あたらしくおきなされてゐるやうでした。

 そして西北にしきたはうからは、すこかぜいてきました。

 もうよほど、そらもつめたくなつてきたのです。ひがしとほくのうみはうでは、そら仕掛しかけをはづしたやうな、ちいさなカタツといふおときこえ、いつかまつしろなかゞみかはつてしまつたおさまのめんを、なにかちいさなものがどんどんよこつていくやうです。

 雪童子ゆきわらすかはむちをわきのしたにはさみ、かたうでみ、くちびるむすんで、そのかぜいてはうをぢつとてゐました。おいのどもも、まつすぐにくびをのばして、しきりにそつちをのぞみました。

 かぜはだんだんつよくなり、あしもとのゆきは、さらさらさらさらうしろへながれ、もなくむかふの山脈さんみやくいたゞきに、ぱつとしろいけむりのやうなものがつたとおもふと、もう西にしはうは、すつかりはいいろにくらくなりました。

 雪童子ゆきわらすは、するどえるやうにひかりました。そらはすつかりしろくなり、かぜはまるでくやう、はやくもかはいたこまかなゆきがやつてました。そこらはまるではいいろのゆきでいつぱいです。ゆきだかくもだかもわからないのです。

 をかかどは、もうあつちもこつちも、みんな一度いちどに、きしるやうにるやうにしました。地平線ちへいせんまちも、みんなくらけむりむかふになつてしまひ、雪童子ゆきわらすしろかげばかり、ぼんやりまつすぐにつてゐます。

 そのくやうなえるやうなかぜおとなかから、「ひゆう、なにをぐづぐづしてゐるの。さあらすんだよ。らすんだよ。ひゆうひゆうひゆう、ひゆひゆう、らすんだよ、ばすんだよ、なにをぐづぐづしてゐるの。こんなにいそがしいのにさ。ひゆう、ひゆう、むかふからさへわざと三人連さんにんつれてきたぢやないか。さあ、らすんだよ。ひゆう。」あやしいこゑがきこえてきました。

 雪童子ゆきわらすはまるで電気でんきにかかつたやうにびたちました。雪婆ゆきばんごがやつてきたのです。

 ぱちつ、雪童子ゆきわらすかはむちがりました。おいのどもは一ぺんにはねあがりました。ゆきわらすはかほいろもあをざめ、くちびるむすばれ、帽子ばうしんでしまひました。

 「ひゆう、ひゆう、さあしつかりやるんだよ。なまけちやいけないよ。ひゆう、ひゆう。さあしつかりやつておれ。今日けふはここらは水仙月すゐせんづき四日よつかだよ。さあしつかりさ。ひゆう。」

 雪婆ゆきばんごの、ぼやぼやつめたい白髪しらがは、ゆきかぜとのなかでうづになりました。どんどんかける黒雲くろくもあひだから、そのとがつたみゝと、ぎらぎらひか黄金きんえます。

 西にしはう野原のはらかられてられた三人さんにん雪童子ゆきわらすも、みんなかほいろにもなく、きちつとくちびるんで、おたがひ挨拶あひさつさへもはさずに、もうつづけざませわしくかはむちをらしつたりたりしました。もうどこがをかだかゆきけむりだかそらだかさへもわからなかつたのです。きこえるものは雪婆ゆきばんごのあちこちつたりたりしてさけこゑ、おたがひ革鞭かはむちおと、それからいまはゆきなかをかけあるく九疋くひき雪狼ゆきおいのどものいきおとばかり、そのなかから雪童子ゆきわらすはふと、かぜにけされていてゐるさつきの子供こどもこゑをききました。

 雪童子ゆきわらすひとみはちよつとおかしくえました。しばらくたちどまつてかんがへてゐましたがいきなりはげしくむちをふつてそつちへはしつたのです。

 けれどもそれは方角はうがくがちがつてゐたらしく雪童子ゆきわらすはずうつとみなみはうくろ松山まつやまにぶつつかりました。雪童子ゆきわらすかはむちをわきにはさんでみゝをすましました。

「ひゆう、ひゆう、なまけちや承知しやうちしないよ。らすんだよ、らすんだよ。さあ、ひゆう。今日けふ水仙月すゐせんづき四日よつかだよ。ひゆう、ひゆう、ひゆう、ひゆうひゆう。」

 そんなはげしいかぜゆきこゑあひだからすきとほるやうな泣声なきごゑがちらつとまたきこえてきました。雪童子ゆきわらすはまつすぐにそつちへかけてきました。雪婆ゆきばんごのふりみだしたかみが、そのかほみわるくさわりました。たうげゆきなかに、あか毛布けつとをかぶつたさつきのが、かぜにかこまれて、もうあしゆきからけなくなつてよろよろたふれ、ゆきをついて、きあがらうとしていてゐたのです。

毛布けつとをかぶつて、うつけになつておいで。毛布けつとをかぶつて、うつむけになつておいで。ひゆう。」雪童子ゆきわらすはしりながらさけびました。けれどもそれはどもにはただかぜこゑときこえ、そのかたちはえなかつたのです。

「うつむけにたふれておいで。ひゆう。うごいちやいけない。ぢきやむからけつとをかぶつてたふれておいで。」ゆきわらすはかけもどりながらまたさけびました。どもはやつぱりきあがらうとしてもがいてゐました。

たふれておいで、ひゆう、だまつてうつむけにたふれておいで、今日けふはそんなにさむくないんだからこゞやしない。」

 雪童子ゆきわらすは、も一どはしけながらさけびました。子供こどもくちをびくびくまげてきながらまたきあがらうとしました。

たふれてゐるんだよ。だめだねえ。」雪童子ゆきわらすむかふからわざとひどくつきあたつてどもをたふしました。

「ひゆう、もつとしつかりやつておくれ、なまけちやいけない。さあ、ひゆう。」

 雪婆ゆきばんごがやつてきました。そのけたやうにむらさきくちとがつたもぼんやりえました。

「おや、おかしながゐるね、さうさう、こつちへとつておしまひ。水仙月すゐせんづき四日よつかだもの、一人ひとり二人ふたりとつたつていゝんだよ。」

「ええ、さうです。さあ、んでしまへ。」雪童子ゆきわらすはわざとひどくぶつつかりながらまたそつとひました。

たふれてゐるんだよ。うごいちやいけない。うごいちやいけないつたら。」

 おいのどもがちがひのやうにかけめぐり、くろあし雪雲ゆきくもあひだからちらちらしました。

「さうさう、それでいゝよ。さあ、らしておくれ。なまけちや承知しやうちしないよ。ひゆうひゆうひゆう、ひゆひゆう。」雪婆ゆきばんごは、またむかふへんできました。

 子供こどもはまたきあがらうとしました。雪童子ゆきわらすわらひながら、も一度いちどひどくつきあたりました。もうそのころは、ぼんやりくらくなつて、まだ三にもならないに、れるやうにおもはれたのです。こどもはちからもつきて、もうきあがらうとしませんでした。雪童子ゆきわらすわらひながら、をのばして、そのあか毛布けつとうへからすつかりかけてやりました。

「さうしてねむつておいで。布団ふとんをたくさんかけてあげるから。さうすればこゞえないんだよ。あしたのあさまでカリメラのゆめておいで。」

 ゆきわらすはおなじとこをなんべんもかけて、ゆきをたくさんこどものうへにかぶせました。まもなくあか毛布けつとえなくなり、あたりとのたかさもおなじになつてしまひました。

「あのこどもは、ぼくのやつたやどりぎをもつてゐた。」雪童子ゆきわらすはつぶやいて、ちよつとくやうにしました。

「さあ、しつかり、今日けふよる二時にじまでやすみなしだよ。ここらは水仙月すゐせんづき四日よつかなんだから、やすんぢやいけない。さあ、らしておくれ。ひゆう、ひゆうひゆう、ひゆひゆう。」

 雪婆ゆきばんごはまたとほくのかぜの中でさけびました。

 そして、かぜゆきと、ぼさぼさのはいのやうなくものなかで、ほんたうにゆきよるぢうつてつてつたのです。やつと夜明よあけにちかいころ、雪婆ゆきばんごはも一度いちどみなみからきたへまつすぐにせながらひました。

「さあ、もうそろそろやすんでいゝよ。あたしはこれからまたうみはうくからね、だれもついてないでいいよ。ゆつくりやすんでこのつぎ仕度したくをしていておくれ。ああまあいいあんばいだつた。水仙月すゐせんづき四日よつかがうまくんで。」

 そのやみのなかでおかしくあをひかり、ばさばさのかみ渦巻うづまかせくちをびくびくしながら、ひがしはうへかけてきました。

 はらもをかもほつとしたやうになつて、ゆきあをじろくひかりました。そらもいつかすつかりれて、桔梗ききやういろの天球てんきうには、いちめんの星座せいざがまたたきました。

 雪童子ゆきわらすらは、めいめい自分じぶんおいのをつれて、はじめておたがひ挨拶あひさつしました。

「ずゐぶんひどかつたね。」

「ああ、」

「こんどはいつふだらう。」

「いつだらうねえ、しかし今年中ことしぢうに、もう二へんぐらゐのもんだらう。」

はやくいつしよにきたかへりたいね。」

「ああ。」

「さつきこどもがひとりんだな。」

大丈夫だいじやうぶだよ。ねむつてるんだ。あしたあすこへぼくしるしをつけておくから。」

「ああ、もうかへらう。夜明よあけまでにむかふへかなくちや。」

「まあいゝだらう。ぼくね、どうしてもわからない。あいつはカシオペーアのぼしだらう。みんなあをなんだらう。それなのに、どうしてがよくえれば、ゆきをよこすんだらう。」

「それはね、電気菓子でんきがしとおなじだよ。そら、ぐるぐるぐるまはつてゐるだらう。ザラメがみんな、ふわふわのお菓子かしになるねえ、だからがよくえればいゝんだよ。」

「ああ。」

「ぢや、さよなら。」

「さよなら。」

 三にん雪童子ゆきわらすは、九ひき雪狼ゆきおいのをつれて、西にしはうかへつてきました。

 まもなくひがしのそらがばらのやうにひかり、琥珀こはくいろにかゞやき、黄金きんえだしました。をか野原のはらもあたらしいゆきでいつぱいです。

 雪狼ゆきおいのどもはつかれてぐつたりすわつてゐます。雪童子ゆきわらすゆきすわつてわらひました。そのほゝ林檎りんごのやう、そのいき百合ゆりのやうにかほりました。

 ギラギラのおさまがおのぽりになりました。今朝けさ青味あをみがかつていつさう立派りつぱです。日光につくわうももいろにいつぱいにながれました。雪狼ゆきおいのきあがつておほきくくちをあき、そのくちからはあをほのほがゆらゆらとえました。

「さあ、おまへたちはぼくについておいで。があけたから、あのどもをこさなけあいけない。」

 雪童子ゆきわらすはしつて、あの昨日きのふ子供こどもうづまつてゐるとこへきました。

「さあ、ここらのゆきをちらしておくれ。」

 雪狼ゆきおいのどもは、たちまち後足あとあしで、そこらのゆきをけたてました。かぜがそれをけむりのやうにばしました。

 かんぢきをはき毛皮けがはひとが、むらはうからいそいでやつてきました。

「もういゝよ。」雪童子ゆきわらす子供こどもあか毛布けつとのはじが、ちらつとゆきから出たのをみてさけびました。

「おとうさんがたよ。もうをおさまし。」ゆきわらすはうしろのをかにかけあがつて一ぽんゆきけむりをたてながらさけびました。どもはちらつとうごいたやうでした。そして毛皮けがはひとは一しやうけんめいはしつてきました。