目次へ  縦書き

烏の北斗七星

 つめたいいぢのわるくもが、べたにすれすれにれましたので、はらはゆきのあかりだか、のあかりだかわからないやうになりました。

 からす義勇艦隊ぎゆうかんたいは、そのくもしつけられて、しかたなくちよつとのあひだ亜鉛とたんいたをひろげたやうなゆき田圃たんぼのうえによこにならんで仮泊かはくといふことをやりました。

 どのふねもすこしもうごきません。

 まつくろくなめらかなからす大尉たいゐわか艦隊長かんたいちやうもしやんとつたまゝうごきません。

 からすの大監督だいかんとくはなほさらうごきもゆらぎもいたしません。からすの大監督だいかんとくは、もうずゐぶんの年老としよりです。はいいろになつてしまつてゐますし、くとまるでわる人形にんぎやうのやうにギイギイひます。

 それですから、からす年齢とし見分みわけるはふらない一人ひとり子供こどもが、いつかつたのでした。

「おい、このまちには咽喉のどのこわれたからすが二ひきゐるんだよ。おい。」これはたしかに間違まちがひで、一ぴきしかおりませんでしたし、それもけつしてのどがこわれたのではなく、あんまりながあひだそら号令がうれいしたために、すつかりこゑびたのです。それですからからす義勇艦隊ぎゆうかんたいは、そのこゑをあらゆるおとなか一等いつとうだとおもつてゐました。

 ゆきのうへに、仮泊かくといふことをやつてゐるからす艦隊かんたいは、いしころのやうです。胡麻ごまつぶのやうです。また望遠鏡ばうえんきやうでよくみると、おほきなのやちいさなのがあつて馬鈴薯ばれいしよのやうです。

 しかしだんだん夕方ゆふがたになりました。

 くもがやつとすこうへはうにのぼりましたので、とにかくからすぶくらゐのすきができました。

 そこで大監督だいかんとくいきらして号令がうれいけます。

演習えんしふはじめいおいつ、出発しゆつぱつ

 艦隊長かんたいちやうからす大尉たいゐが、まつさきにぱつとゆきたゝきつけてびあがりました。からす大尉たいゐ部下ぶかが十八せき順々じゆんじゆんびあがつて大尉たいゐつゞいてきちんと間隔かんかくをとつてすゝみました。

 それから戦闘艦隊せんたうかんたいが三十二せき次々つぎつぎ出発しゆつぱつし、そのつぎ大監督だいかんとく大艦長だいかんちやうおごそかにひあがりました。

 そのときはもうまつさきからす大尉たいゐは、四へんほどそら螺旋うづいてしまつてくもはなぱしまでつて、そこからこんどはまつぐにむかふのもりすゝむところでした。

 二十九せき巡洋艦じゆんやうかん、二十五せき砲艦はうかんが、だんだんだんだんがりました。おしまひの二せきは、いつしよに出発しゆつぱつしました。こゝらがどうもからす軍隊ぐんたい不規律ふきりつなところです。

 からす大尉たいゐは、もりのすぐちかくまでつて、ひだりがりました。

 そのときからす大監督だいかんとくが、「大砲たいはうてつ。」と号令がうれいしました。

 艦隊かんたい一斉つせいに、があがあがあがあ、大砲たいはうをうちました。

 大砲たいはうをうつとき、片脚かたあしをぷんとうしろへげるふねは、このまえのニダナトラの戦役せんえきでの負傷兵ふしやうへいで、おとがまだあし神経しんけいにひびくのです。

 さて、そらおほきくへんまはつたとき、大監督だいかんとくが、「わかれつ、解散かいさん」とひながら、れつをはなれてすぎ大監督だいかんとく官舎くわんしやにおりました。みんなれつをほごしてじぶんの営舎えいしやかへりました。

 からす大尉たいゐは、けれども、すぐに自分じぶん営舎えいしやかへらないで、ひとり、西にしのはうのさいかちのきました。

 くもはうすくろく、たゞ西にしやまのうへだけにごつた水色みづいろてんふちがのぞいて底光そこびかりしてゐます。そこでからす仲間なかまでマシリイとぎんの一つほしがひらめきはじめました。

 からす大尉たいゐは、のやうにさいかちのえだりました。そのえだに、さつきからじつととまつて、ものをあいじてゐるからすがあります。それはいちばんこゑのいゝ砲艦はうかんで、からす大尉たいゐ許嫁いひなづけでした。

「があがあ、をそくなつて失敬しつけい今日けふ演習えんしふつかれないかい。」

「かあお、ずゐぶんおちしたわ。いつかうつかれなくてよ。」

「さうか。それは結構けつこうだ。しかしおれはこんどしばらくおまへとわかれなければなるまいよ。」

「あら、どうして、まあたいへんだわ。」

戦闘艦せんたうかん隊長たいちやうのはなしでは、おれはあした山烏やまがらすひにくのださうだ。」

「まあ、山烏やまがらすつよいのでせう。」

「うん、眼玉めだましやばつて、くちばしほそくて、ちよつと見掛みかけはゑらさうだよ。しかしわけないよ。」

「ほんたう。」

大丈夫だいじやうぶさ。しかしもちろん戦争せんさうのことだから、どういふ張合はりあひでどんなことがあるかもわからない。そのときはおまへはね、おれとの約束やくそくはすつかりえたんだから、ほかつてくれ。」

「あら、どうしませう。まあ、たいへんだわ。あんまりひどいわ、あんまりひどいわ。それではあたし、あんまりひどいわ、かあお、かあお、かあお、かあお」

くな、みつともない。そら、たれかた。」

 からす大尉たいゐ部下ぶかからす兵曹長へいさうちやういそいでやつてきて、くびをちよつとよこにかしげてれいをしてひました。

「があ、艦長殿かんちやうどの点呼てんこ時間じかんでございます。一同いちどう整列せいれつしてります。」

「よろしい。本艦ほんかん即刻そつこく帰隊きたいする。おまへはさきかへつてよろしい。」

承知しやうちいたしました。」兵曹長へいさうちやうんできます。

「さあ、くな。あした、も一度いちどれつなかへるだらう。丈夫じやうぶでゐるんだぞ、おい、おまへももう点呼てんこだらう、すぐかへらなくてはいかん。せ。」

 二ひきはしつかりにぎりました。大尉たいゐはそれからえだをけつて、いそいでじぶんのたいかへりました。むすめからすは、もうえだこほいたやうに、じつとしてうごきません。

 よるになりました。

 それから夜中よなかになりました。

 くもがすつかりえて、あたらしくかれたはがねそらに、つめたいつめたいひかりがみなぎり、ちいさなほしがいくつか聯合れんがふして爆発ばくはつをやり、水車すゐしや心棒しんばうがキイキイひます。

 たうたううすはがねそらに、ピチリと裂罅ひゞがはいつて、まつぷたつにひらき、そのから、あやしいながうでがたくさんぶらさがつて、からすつかんでそら天井てんじやうむかがはつてかうとします。からす義勇艦隊ぎゆうかんたいはもう総掛そうがゝりです。みんないそいでくろ股引もゝひきをはいて一生いつしやうけんめいちうをかけめぐります。兄貴あにきからすおとうとをかばふひまがなく、恋人同志こひびとどうしもたびたびひどくぶつつかりひます。

 いや、ちがひました。

 さうぢやありません。

 つきたのです。あをいひしげた二十日はつかつきが、ひがしやまからいてのぼつてきたのです。そこでからす軍隊ぐんたいはもうすつかり安心あんしんしてしまひました。

 たちまちもりはしづかになつて、たゞおびへてあしをふみはずしたわか水兵すゐへいが、びつくりしてをさまして、があと一発いつぱつ、ねぼけこゑ大砲たいはうつだけでした。

 ところがからす大尉たいゐは、えてねむれませんでした。

「おれはあした戦死せんしするのだ。」大尉たいゐつぶやきながら、許嫁いひなづけのゐるもりはうにあたまをげました。

 その昆布こんぶのやうなくろいなめらかなこづゑなかでは、あのわかこゑのいゝ砲艦はうかんが、つぎからつぎといろいろなゆめてゐるのでした。

 からす大尉たいゐとたゞ二人ふたり、ばたばたはねをならし、たびたびかほ見合みあはせながら、青黒あをぐろよるそらを、どこまでもどこまでものぼつてきました。もうマヂエルさまからす北斗七星ほくとしちせいが、おほきくちかくなつて、そのひとつのほしのなかにえてゐるあをじろい苹果りんごさへ、ありありとえるころ、どうしたわけか二人ふたりとも、きふにはねがいしのやうにこわばつて、まつさかさまにちかゝりました。マヂエルさまさけびながらおどろいてをさましますと、ほんたうにからだがえだからちかゝつてゐます。いそいではねをひろげ姿勢しせいなほし、大尉たいゐはうましたが、またいつかうとうとしますと、こんどは山烏やまがらす鼻眼鏡はなめがねなどをかけてふたりのまへにやつてて、大尉たいゐ握手あくしゆしやうとします。大尉たいゐが、いかんいかん、とつてをふりますと、山烏やまがらすはピカピカする拳銃ピストルしていきなりずどんと大尉たいゐ射殺いころし、大尉たいゐはなめらかなくろむねつてたふれかかります。マヂエルさまさけびながらまたおどいてをさますといふあんばいでした。

 からす大尉たいゐはこちらで、その姿勢しせいなほすはねのおとから、そらのマヂエルをいのこゑまですつかりいてりました。

 じぶんもまたためいきをついて、そのうつくしいなゝつのマヂエルのほしあふぎながら、あゝ、あしたのたゝかひでわたくしがつことがいゝのか、山烏やまがらすがかつのがいゝのか、それはわたくしにわかりません、たゞあなたのおかんがへのとほりです、わたくしはわたくしにきまつたやうにちからいつぱいたゝかひます、みんなみんなあなたのおかんがへのとほりですとしづかにいのつてりました。そしてひがしのそらにははやくもすこしのぎんひかりいたのです。

 ふととほつめたいきたはうで、なにかかぎでもれあつたやうなかすかなこゑがしました。からす大尉たいゐ夜間双眼鏡ナイトグラス手早てばやつて、きつとそつちをました。ほしあかりのこちらのぼんやりしろとふげうへに、一ぽんくりえました。そのこずゑにとまつてそらあげてゐるものは、たしかにてき山烏やまがらすです。大尉たいゐむねいさましくおどりました。

「があ、非常召集ひじやうせうしふ、があ、非常召集ひじやうせうしふ

 大尉たいゐ部下ぶかはたちまちえだをけたてゝびあがり大尉たいゐのまはりをかけめぐります。

突貫とつくわん。」からす大尉たいゐ先登せんたうになつてまつしぐらにきたすすみました。

 もうひがしそらはあたらしくいだはがねのやうな白光しろびかりです。

 山烏やまがらすはあわてゝえだをけてました。そしておほきくはねをひろげてきたはうさうとしましたが、もうそのときは駆逐艦くちくかんたちはまはりをすつかりかこんでゐました。

「があ、があ、があ、があ、があ」大砲たいはうおとみゝもつんぼになりさうです。山烏やまがらす仕方しかたなくあしをぐらぐらしながらうへはうびあがりました。大尉たいゐはたちまちそれにいて、そのまつくろなあたまするど一突ひとつらはせました。山烏やまがらすはよろよろつとなつて地面ぢめんちかゝりました。そこを兵曹長へいさうちやうよこからもう一突ひとつきやりました。山烏やまがらすはいいろのまぶたをとぢ、あけがたとうげゆきうへにつめたくよこたはりました。

「があ、兵曹長へいさうちやう。その死骸しがい営舎えいしやまでもつてかへるやうに。があ。げつ。」

「かしこまりました。」つよ兵曹長へいさうちやうはその死骸しがいげ、からす大尉たいゐはじぶんのもりはうびはじめ十八せきはしたがひました。

 もりかへつてからす駆逐艦くちくかんは、みなほうほうしろいきをはきました。

「けがはいか。たれかけがしたものはいか。」からす大尉たいゐはみんなをいたはつてあるきました。

 がすつかりけました。

 もゝ果汁しるのやうなひかりは、まづやまゆきにいつぱいにそゝぎ、それからだんだんしたながれて、つひにはそこらいちめん、ゆきのなかに白百合しろゆりはなかせました。

 ぎらぎらの太陽たいやうが、かなしいくらゐひかつて、ひがしゆきおかうへかゝりました。

観兵式くわんぺいしき用意よういつ、あつまれい。」大監督だいかんとくさけびました。

観兵式くわんぺいしき用意よういつ、あつまれい。」かく艦隊長かんたいちやうさけびました。

 みんなすつかりゆきのたんぼにならびました。

 からす大尉たいゐれつからはなれて、ぴかぴかするゆきうへを、あしをすくすくばしてまつすぐにはしつて大監督だいかんとくまへきました。

報告はうこく、けふあけがた、セピラのとうげうへ敵艦てきかん碇泊ていはくみとめましたので、本艦隊ほんかんたいたゞちに出動しゆつどう撃沈げきちんいたしました。わがぐん死者ししやなし。報告はうこくをはりつ。」

 駆逐艦隊くちくかんたいはもうあんまりうれしくて、あつなみだをぼろぼろゆきうへにこぼしました。

 からす大監督だいかんとくも、はいいろのからなみだをながしてひました。

「ギイギイ、ご苦労くらうだつた。ご苦労くらうだつた。よくやつた。もうおまへは少佐せうさになつてもいゝだらう。おまへの部下ぶか叙勲じよくんはおまへにまかせる。」

 からすあたしい少佐せうさは、おなかいてやまからて、十九せきかこまれてころされた、あの山烏やまがらすおもして、あたらしいなみだをこぼしました。

「ありがたうございます。ついてはてき死骸しがいほうむりたいとおもひますが、おゆるくださいませうか。」

「よろしい。あつほうむつてやれ。」

 からすあたらしい少佐せうされいをして大監督だいかんとくまへをさがり、れつもどつて、いまマヂエルのほしるあたりのあをぞらをあふぎました。(ああ、マヂエルさま、どうかにくむことのできないてきころさないでいゝやうにはやくこの世界せかいがなりますやうに、そのためならば、わたくしのからだなどは、なんべんかれてもかまひません。)マヂエルのほしが、ちやうどてゐるあたりのあをぞらから、あをいひかりがうらうらときました。

 うつしくまつくろ砲艦はうかんからすは、そのあひだぢう、みんなといつしよに、不動ふどう姿勢しせいをとつてならびながら、始終しじうきらきらきらきらなみだをこぼしました。砲艦長はうかんちやうはそれをないふりしてゐました。あしたから、また許嫁いひなづけといつしよに、演習がんしふができるのです。あんまりうれしいので、たびたびくちばしおほきくあけて、まつ日光につくわうかせましたが、それも砲艦長はうかんちやうよこいて見逃みのがしてゐました。