目次へ  縦書き

注文の多い料理店

 二人ふたりわか紳士しんしが、すつかりイギリスの兵隊へいたいのかたちをして、ぴかぴかする鉄砲てつぱうをかついで、白熊しろくまのやうないぬを二ひきつれて、だいぶ山奥やまおくの、のかさかさしたとこを、こんなことをひながら、あるいてをりました。

「ぜんたい、こゝらのやましからんね。とりけものも一ぴきやがらん。なんでもかまはないから、はやくタンタアーンと、やつてたいもんだなあ。」

鹿しかいろなよこぱらなんぞに、二三ぱつ見舞みまひもうしたら、ずゐぶん痛快つうくわいだらうねえ。くるくるまはつて、それからどたつとたふれるだらうねえ。」

 それはだいぶの山奥やまおくでした。案内あんないしてきた専門せんもん鉄砲てつぱうちも、ちよつとまごついて、どこかへつてしまつたくらゐの山奥やまおくでした。

 それに、あんまりやま物凄ものすごいので、その白熊しろくまのやうないぬが、二ひきいつしよにめまひをおこして、しばらくうなつて、それからあわいてんでしまひました。

「じつにぼくは、二せんぴやくゑん損害そんがいだ。」と一人ひとり紳士しんしが、そのいぬぶたを、ちよつとかへしてみてひました。

「ぼくは二せんぴやくゑん損害そんがいだ。」と、もひとりが、くやしさうに、あたまをまげてひました。

 はじめの紳士しんしは、すこしかほいろをわるくして、ぢつと、もひとりの紳士しんしの、かほつきをながらひました。

「ぼくはもうもどらうとおもふ。」

「さあ、ぼくもちようどさむくはなつたしはらいてきたしもどらうとおもふ。」

「そいぢや、これでりあげやう。なあにもどりに、昨日きのふ宿屋やどやで、山鳥やまどり拾円じふゑんつてかへればいゝ。」

うさぎもでてゐたねえ。さうすれば結局けつきよくおんなじこつた。ではかへらうぢやないか。」

 ところがどうもこまつたことは、どつちへけばもどれるのか、いつかう見当けんたうがつかなくなつてゐました。

 かぜがどうといてきて、くさはざわざわ、はかさかさ、はごとんごとんとりました。

「どうもはらいた。さつきからよこぱらいたくてたまらないんだ。」

「ぼくもさうだ。もうあんまりあるきたくないな。」

「あるきたくないよ。あゝこまつたなあ、なにかたべたいなあ。」

べたいもんだなあ。」

 二人ふたり紳士しんしは、ざわざわるすゝきのなかで、こんなことをひました。

 そのときふとうしろをますと、立派りつぱな一けん西洋せいやうつくりのうちがありました。

 そして玄関げんくわんには、


     RESTAURANT
       西洋料理店
    WILDCAT HOUSE
        山猫軒

といふふだがでてゐました。

きみ、ちようどいゝ。こゝはこれでなかなかひらけてるんだ。はいらうぢやないか。」

「おや、こんなとこにおかしいね。しかしとにかくなに食事しよくじができるんだらう」

「もちろんできるさ。看板かんばんにさういてあるぢやないか」

「はいらうぢやないか。ぼくはもうなにべたくてたふれさうなんだ。」

 二人ふたり玄関げんくわんちました。玄関げんくわんしろ瀬戸せと煉瓦れんぐわんで、じつ立派りつぱなもんです。

 そして硝子がらすひらがたつて、そこにきん文字もじでかういてありました。

  「どなたもどうかおはいりください。けつしてご遠慮ゑんりよはありません」

 二人ふたりはそこで、ひどくよろこんでひました。

「こいつはどうだ、やつぱりなかはうまくできてるねえ、けふ一日いちにちなんぎしたけれど、こんどはこんないいこともある。このうちは料理店れうりてんだけれどもたゞでご馳走ちさうするんだぜ。」

「どうもさうらしい。けつしてご遠慮ゑんりよはありませんといふのはその意味いみだ。」

 二人ふたりして、なかへはいりました。そこはすぐ廊下らうかになつてゐました。その硝子がらす裏側うらがはには、きん文字もじでかうなつてゐました。

  「ことにふとつたおかたわかいおかたは、大歓迎だいくわんげいいたします」

 二人ふたり大歓迎だいくわんげいといふので、もうおほよろこびです。

きみ、ぼくらは大歓迎だいくわんげいにあたつてゐるのだ。」

「ぼくらは両方りようはうねてるから。」

 ずんずん廊下らうかすゝんできますと、こんどはみづいろのペンキりのがありました。

「どうもへんうちだ。どうしてこんなにたくさんがあるのだらう。」

「これはロシアしきだ。さむいとこややまなかはみんなかうさ。」

 そして二人ふたりはそのをあけやうとしますと、うへいろなでかういてありました。

  「当軒たうけん注文ちうもんおほ料理店れうりてんですからどうかそこはご承知しやうちください」

「なかなかはやつてるんだ。こんなやまなかで。」

「それあさうだ。たまへ、東京とうきやうおほきな料理屋れうりやだつて大通おほどほりにはすくないだらう。」

 二人ふたりひながら、そのをあけました。するとその裏側うらがはに、

  「注文ちうもんはずゐぶんおほいでせうがどうか一々こらえてください。」

「これはぜんたいどういふんだ。」ひとりの紳士しんしかほをしかめました。

「うん、これはきつと注文ちうもんがあまりおほくて支度したく手間取てまどるけれどもごめんくださいとういふことだ。」

「さうだらう。はやくどこかへやなかにはいりたいもんだな。」

「そしてテーブルにすわりたいもんだな。」

 ところがどうもうるさいことは、またひとつありました。そしてそのわきにかゞみがかゝつて、その下にはながのついたブラシがいてあつたのです。

 にはあかで、

  「おきやくさまがた、こゝでかみをきちんとして、それからはきもの
   ゝどろおとしてください。」といてありました。

「これはどうももつともだ。ぼくもさつき玄関げんくわんで、やまのなかだとおもつてくびつたんだよ」

作法さはふきびしいうちだ。きつとよほどえらひとたちが、たびたびるんだ。」

 そこで二人ふたりは、きれいにかみをけづつて、くつどろおとしました。

 そしたら、どうです。ブラシをいたうへくやいなや、そいつがぼうつとかすんでくなつて、かぜがどうつとへやなかはいつてきました。

 二人ふたりはびつくりして、たがひによりそつて、をがたんとけて、つぎへやへはいつてきました。はやなにあたゝかいものでもたべて、元気げんきをつけてかないと、もう途方とはうもないことになつてしまふと、二人ふたりともおもつたのでした。

 内側うちがはに、またへんなことがいてありました。

  「鉄砲てつぱう弾丸たまをこゝへいてください。」

 るとすぐよこくろだいがありました。

「なるほど、鉄砲てつぱうつてものをふといふはふはない。」

「いや、よほどゑらいひとが始終しじうてゐるんだ。」

 二人ふたり鉄砲てつぱうをはづし、帯皮おびかはいて、それをだいうへきました。

 またくろがありました。

  「どうか帽子ぼうし外套ぐわいたふくつをおとりください。」

「どうだ、とるか。」

仕方しかたない、とらう。たしかによつぽどえらいひとなんだ。おくてゐるのは。」

 二人ふたり帽子ぼうしとオーバーコートをくぎにかけ、くつをぬいでぺたぺたあるいてなかにはいりました。

 裏側うらがはには、

  「ネクタイピン、カフスボタン、眼鏡めがね財布さいふ、その金物類かなものるゐ
   ことにとがつたものは、みんなこゝにいてください。」

いてありました。のすぐよこには黒塗くろぬりの立派りつぱ金庫きんこも、ちやんとくちけていてありました。かぎまでへてあつたのです。

「はゝあ、なにかの料理れうり電気でんきをつかふとえるね。金気かなけのものはあぶない。ことにとがつたものはあぶないとふんだらう。」

「さうだらう。してると勘定かんじやうかへりにこゝではらふのだろか。」

「どうもさうらしい。」

「さうだ。きつと。」

 二人ふたりはめがねをはづしたり、カフスボタンをとつたり、みんな金庫きんこの中に入れて、ぱちんとぢやうをかけました。

 すこしきますとまたがあつて、そのまへ硝子がらすつぼひとつありました。にはいてありました。

  「つぼのなかのクリームをかほ手足てあしにすつかりつてください。」

 みるとたしかにつぼのなかのものは牛乳ぎうにうのクリームでした。

「クリームをぬれといふのはどういふんだ。」

「これはね、そとがひじやうにさむいだらう。へやのなかがあんまりあたゝかいとひびがきれるから、その豫防よぼうなんだ。どうもおくには、よほどえらいひとがきてゐる。こんなとこで、案外あんぐわいぼくらは、貴族きぞくとちかづきになるかもれないよ。」

 二人ふたりつぼのクリームを、かほつてつてそれから靴下くつしたをぬいであしりました。それでもまだのこつてゐましたから、それは二人ふたりともめいめいこつそりかほるふりをしながらべました。

 それから大急おほいそぎでをあけますと、その裏側うらがはには、

  「クリームをよくりましたか、みゝにもよくりましたか、」

 といてあつて、ちいさなクリームのつぼがこゝにもいてありました。

「さうさう、ぼくはみゝにはらなかつた。あぶなくみゝにひゞをらすとこだつた。こゝの主人しゆじんはじつに用意周到よういしうたうだね。」

「あゝ、こまかいとこまでよくがつくよ。ところでぼくははやなにべたいんだが、どうもうどこまでも廊下らうかぢや仕方しかたないね。」

 するとすぐそのまへつぎがありました。

  「料理れうりはもうすぐできます。
   十五じふごふんとおたせはいたしません。
   すぐたべられます。
   はやくあなたのあたまびんなか香水かうすゐをよくりかけてください。」

 そしてまへにはきんピカの香水かうすゐびんいてありました。

 二人ふたりはその香水かうすゐを、あたまへぱちやぱちやりかけました。

 ところがその香水かうすゐは、どうものやうなにほひがするのでした。

「この香水かうすゐはへんにくさい。どうしたんだらう。」

「まちがへたんだ。下女げぢよ風邪かぜでもいてまちがへてれたんだ。」

 二人ふたりをあけてなかにはいりました。

 裏側うらがはには、おほきないてありました。

  「いろいろ注文ちうもんおほくてうるさかつたでせう。おどくでした。
   もうこれだけです。どうかからだぢゆうに、つぼなかしほをたくさ
   んよくもみんでください。」

 なるほど立派りつぱあを瀬戸せとしほつぼいてありましたが、こんどといふこんどは二人ふたりともぎよつとしておたがひにクリームをたくさんつたかほ見合みあはせました。

「どうもおかしいぜ。」

「ぼくもおかしいとおもふ。」

沢山たくさん注文ちゆうもんといふのは、むかふがこつちへ注文ちゆうもんしてるんだよ。」

「だからさ、西洋料理店せいやうれうりてんといふのは、ぼくのかんがへるところでは、西洋料理せいやうれうりを、ひとにたべさせるのではなくて、ひと西洋料理せいやうれうりにして、べてやるうちとかういふことなんだ。これは、その、つ、つ、つ、つまり、ぼ、ぼ、ぼくらが……。」がたがたがたがた、ふるえだしてもうものがへませんでした。

「その、ぼ、ぼくらが、……うわあ。」がたがたがたがたふるえだして、もうものがへませんでした。

げ……。」がたがたしながら一人とり紳士しんしはうしろのさうとしましたが、どうです、はもう一分いちぶうごきませんでした。

 おくはうにはまだ一枚いちまいがあつて、おほきなかぎあなが二つつき、ぎんいろのホークとナイフのかたちりだしてあつて、

  「いや、わざわざご苦労くらうです。
   たいへん結構けつこうにできました。
   さあさあおなかにおはいりください。」

いてありました。おまけにかぎあなからはきよろきよろふたつのあを眼玉めだまがこつちをのぞいてゐます。

「うわあ。」がたがたがたがた。

「うわあ。」がたがたがたがた。

 ふたりはしました。

 するとなかでは、こそこそこんなことをつてゐます。

「だめだよ。もうがついたよ。しほをもみこまないやうだよ。」

「あたりまえさ。親分おやぶんきやうがまづいんだ。あすこへ、いろいろ注文ちゆうもんおほくてうるさかつたでせう、おどくでしたなんて、間抜まぬけたことをいたもんだ。」

「どつちでもいゝよ。どうせぼくらには、ほねけてれやしないんだ。」

「それはさうだ。けれどももしこゝへあいつらがはいつてなかつたら、それはぼくらの責任せきにんだぜ。」

ばうか、ばう。おい、おきやくさんがたはやくいらつしやい。いらつしやい。いらつしやい。おさらあらつてありますし、ももうよくしほでもんできました。あとはあなたがたと、をうまくとりあわせて、まつしろなおさらにのせるけです。はやくいらつしやい。」

「へい、いらつしやい、いらつしやい。それともサラドはおきらひですか。そんならこれからおこしてフライにしてあげませうか。とにかくはやくいらつしやい。」

 二人ふたりはあんまりこゝろいためたために、かほがまるでくしやくしやの紙屑かみくづのやうになり、おたがひにそのかほ見合みあはせ、ぶるぶるふるえ、こゑもなくきました。

 なかではふつふつとわらつてまたさけんでゐます。

「いらつしやい、いらつしやい。そんなにいては折角せつかくのクリームがながれるぢやありませんか。へい、たゞいま。ぢきもつてまゐります。さあ、はやくいらつしやい。」

はやくいらつしやい。親方おやかたがもうナフキンをかけて、ナイフをもつて、したなめずりして、おきやくさまがたつてゐられます。」

 二人ふたりいていていていてきました。

 そのときうしろからいきなり、
「わん、わん、ぐわあ。」といふこゑがして、あの白熊しろくまのやうないぬが二ひきをつきやぶつてへやなかんできました。鍵穴かぎあな眼玉めだまはたちまちなくなり、いぬどもはううとうなつてしばらくへやなかをくるくるまはつてゐましたが、また一こゑ
「わん。」とたかえて、いきなりつぎびつきました。はがたりとひらき、いぬどもはまれるやうにんできました。

 そのむかふのまつくらやみのなかで、
「にやあお、くわあ、ごろごろ。」といふこゑがして、それからがさがさりました。

 室へやはけむりのやうにえ、二人ふたりさむさにぶるぶるふるえて、くさなかつてゐました。

 ると、上着うはぎくつ財布さいふやネクタイピンは、あつちのえだにぶらさがつたり、こつちのもとにちらばつたりしてゐます。かぜがどうといてきて、くさはざわざわ、はかさかさ、はごとんごとんとりました。

 いぬがふうとうなつてもどつてきました。

 そしてうしろからは、
旦那だんなあ、旦那だんなあ、」とさけぶものがあります。

 二人ふたりにはかに元気げんきがついて
「おゝい、おゝい、こゝだぞ、はやい。」とさけびました。

 みの帽子ぼうしをかぶつた専門せんもん猟師れうしが、くさをざわざわけてやつてきました。

 そこで二人ふたりはやつと安心あんしんしました。

 そして猟師れうしのもつてきた団子だんごをたべ、途中とちうで十ゑんだけ山鳥やまどりつて東京とうきやうかへりました。

 しかし、さつき一ぺんかみくづのやうになつた二人ふたりかほだけは、東京とうきやうかへつても、おにはいつても、もうもとのとほりになほりませんでした。