目次へ  縦書き

狼森と笊森、盗森

 小岩井農場こいはゐのうぢやうきたに、くろまつもりが四つあります。いちばんみなみ狼森オイノもりで、そのつぎ笊森ざるもり、次は黒坂森くろさかもりきたのはずれは盗森ぬすともりです。

 このもりがいつごろどうしてできたのか、どうしてこんな奇体きたい名前なまえがついたのか、それをいちばんはじめから、すつかりつゐるものは、おれ一人ひとりだと黒坂森くろさかもりのまんなかのおほきないはが、ある威張いばつてこのおはなしをわたくしにかせました。

 ずうつとむかし岩手山いはてさんが、なんべんも噴火ふんくわしました。そのはいでそこらはすつかりうづまりました。このまつくろおほきないはも、やつぱりやまからはねばされて、いまのところにちてたのださうです。

 噴火ふんくわがやつとしづまると、野原のはらおかには、のあるくさのないくさが、みなみはうからだんだんえて、たうたうそこらいつぱいになり、それからかしはまつし、しまひに、いまのつのもりができました。けれどももりにはまだ名前なまへもなく、めいめい勝手かつてに、おれはおれだとおもつてゐるだけでした。するとあるとしあきみづのやうにつめたいすきとほるかぜが、かしはをさらさららし、岩手山いはてさんぎんかんむりには、くもかげがくつきりくろくうつゝてゐるでした。

 四人よにんの、けらを百姓ひやくしやうたちが、山刀なた三本鍬さんぼんぐわ唐鍬たうぐわや、すべてやま野原のはら武器ぶきかたくからだにしばりつけて、ひがしかどばつた燧石ひうちいしやまえて、のつしのつしと、このもりにかこまれたちいさな野原のはらにやつてました。よくみるとみんなおほきなかたなもさしてゐたのです。

 先頭せんとう百姓ひやくしやうが、そこらの幻燈げんとうのやうなけしきを、みんなにあちこちゆびさして、
「どうだ。いゝとこだらう。はたけはすぐおこせるし、もりちかいし、きれいなみづもながれてゐる。それにあたりもいゝ。どうだ、おれはもうはやくから、こゝとめていたんだ。」とひますと、一人ひとり百姓ひやくしやうは、
「しかし地味ちみはどうかな。」とひながら、かゞんで一本いつぽんのすゝきをいて、そのからつちてのひらにふるひおとして、しばらくゆびでこねたり、ちよつとめてみたりしてからひました。

「うん。地味ちみもひどくよくはないが、またひどくわるくもないな。」

「さあ、それではいよいよこゝときめるか。」

 も一人ひとりが、なつかしさうにあたりをまはしながらひました。

「よし、さうめやう。」いまゝでだまつてつてゐた、四人目よにんめ百姓ひやくしやうひました。

 四人よにんはそこでよろこんで、せなかの荷物にもつをどしんとおろして、それからはういて、たかさけびました。

「おゝい、おゝい。こゝだぞ。はやお。はやお。」

 するとむかふのすゝきのなかから、荷物にもつをたくさんしよつて、かほをまつかにしておかみさんたちが三人さんにんました。ると、いつつよりした子供こども九人くにん、わいわいひながらはしつてついてるのでした。

 そこで四人よにんたちは、てんでにすきなはういて、こゑそろへてさけびました。

「こゝへはたけおこしてもいゝかあ。」

「いゝぞお。」もり一斉いつせいにこたへました。

みんなはまたさけびました。

「こゝにいへててもいゝかあ。」

「やうし。」もりいつぺんにこたへました。

みんなはまたこゑをそろへてたづねました。

「こゝでたいてもいいかあ。」

「いゝぞお。」もりいつぺんにこたへました。

みんなはまたさけびました。

「すこしもらつてもいゝかあ。」

「やうし。」もり一斉いつせいにこたへました。

 をとこたちはよろこんでをたたき、さつきから顔色かほいろへて、しんとしてをんなやこどもらは、にわかにはしやぎだして、子供こどもらはうれしまぎれに喧嘩けんくわをしたり、をんなたちはそのをぽかぽかなぐつたりしました。

 その晩方ばんがたまでには、もうかやをかぶせたちいさな丸太まるた小屋こや出来できてゐました。子供こどもたちは、よろこんでそのまわりをんだりはねたりしました。つぎから、もりはそのひとたちのきちがひのやうになつて、はたらいてゐるのをました。をとこはみんなくわをピカリピカリさせて、野原のはらくさおこしました。をんなたちは、まだ栗鼠りす野鼠のねずみつてかれないくりあつめたり、まつつてたきぎをつくつたりしました。そしてまもなく、いちめんのゆきたのです。

 そのひとたちのために、もりふゆのあいだ、一生懸命いつしやうけんめいきたからのかぜふせいでやりました。それでも、ちいさなこどもらはさむがつて、あかくはれたちいさなを、自分じぶん咽喉のどにあてながら、「つめたい、つめたい。」とつてよくきました。

 はるになつて、小屋こやふたつになりました。

 そして蕎麦そばひえとがかれたやうでした。そばにはしろはなき、ひえくろしました。そのとしあき穀物こくもつがとにかくみのり、あたらしいはたけがふえ、小屋こやつになつたとき、みんなはあまりうれしくて大人おとなまでがはねあるきました。ところが、つちかたこほつたあさでした。九人くにんのこどもらのなかの、ちいさな四人よにんがどうしたのかよるあいだえなくなつてゐたのです。

 みんなはまるで、気違きちがひのやうになつて、そのへんをあちこちさがしましたが、こどもらのかげえませんでした。

 そこでみんなは、てんでにすきなはういて、一諸いつしよさけびました。

「たれかわらしやどらないか。」

「しらない。」ともり一斉いつせいにこたへました。

「そんだらさがしにくぞお。」とみんなはまたさけびました。

お。」ともり一斉いつせいにこたへました。

 そこでみんなは色々いろいろ農具のうぐをもつて、まづ一番いちばんちかい狼森オイノもりきました。もりはいりますと、すぐしめつたつめたいかぜ朽葉くちばにほひとが、すつとみんなをおそひました。

 みんなはどんどんみこんできました。

 するともりおくはうなにかパチパチおとがしました。

 いそいでそつちへつてますと、すきとほつたばらいろがどんどんえてゐて、オイノ九疋くひき、くるくるくる、のまはりをおどつてかけあるいてゐるのでした。

 だんだんちかくへつてるとなくなつた子供こどもらは四人共よにんとも、そのいていたくり初茸はつたけなどをたべてゐました。

 オイノはみんなうたうたつて、なつのまはり燈籠とうろうのやうに、のまはりをはしつてゐました。

 「狼森オイノもりのまんなかで、
     はどろどろぱちぱち
     はどろどろぱちぱち、
     くりはころころぱちぱち、
     くりはころころぱちぱち。

 みんなはそこで、こゑをそろへてさけびました。

オイノどのオイノどの、わらししゃどかへしてろ。」

 オイノはみんなびつくりして、いつぺんにうたをやめてくちをまげて、みんなのはうをふりきました。

 するときふえて、そこらはにわかにあをくしいんとなつてしまつたのでのそばのこどもらはわあとしました。

 オイノは、どうしたらいゝかこまつたといふやうにしばらくきよろきよろしてゐましたが、たうたうみんないちどにもりのもつとおくはうげてきました。

 そこでみんなは、子供こどもらのを引いて、もりやうとしました。するともりおくはうオイノどもが、
おもわないでろ。くりだのきのこだの、うんとご馳走ちさうしたぞ。」とさけぶのがきこえました。みんなはうちにかへつてから粟餅あわもちをこしらへておれい狼森オイノもりいてました。

 はるになりました。そして子供こどもが十一にんになりました。うまが二ひきました。はたけには、くさくさつたが、うまこえ一諸いつしよはいりましたので、あわひかはまつさをにびました。

 そしてもよくとれたのです。あきすえのみんなのよろこびやうといつたらありませんでした。

 ところが、ある霜柱しもばしらのたつたつめたいあさでした。

 みんなは、今年ことし野原のはらおこして、はたけをひろげてゐましたので、そのあさ仕事しごとやうとして農具のうぐをさがしますと、どこのいえにも山刀なたも三本鍬ぼんぐわ唐鍬たうくわひとつもありませんでした。

 みんなは一生懸命いつしやうけんめいそこらをさがしましたが、どうしても見附みつかりませんでした。それで仕方うかたなく、めいめいすきなはういて、いつしよにたかくさけびました。

「おらの道具だうぐらないかあ。」

らないぞお。」ともりは一ぺんにこたへました。

「さがしにくぞお。」とみんなはさけびました。

お。」ともり一斉いつせいこたえました。

 みんなは、こんどはなんにももたないで、ぞろぞろもりはうきました。はじめはまづ一番いちばんちか狼森オイノもりきました。

 すると、すぐオイノ九疋くひきて、みんなまじめなかほをして、をせわしくふつてひました。

い、い、けつしてい、い。ほかをさがしてかつたら、もういつぺんおいで。」

 みんなは、もつともだとおもつて、それから西にしはう笊森ざるもりきました。そしてだんだんもりおくへはいつてきますと、一本いつぽんふるかしはしたに、えだであんだおほきなざるせてありました。

「こいつはどうもあやしいぞ。笊森ざるもりざるはもつともだが、なかにはなにがあるかわからない。ひとつあけてやう。」とひながらそれをあけてますと、なかにはくなつた農具のうぐこゝのつとも、ちやんとはいつてゐました。

 それどころではなく、まんなかには、黄金キンいろをした、かほのまつかな山男やまをとこが、あぐらをかいてすわつてゐました。そしてみんなをると、おほきなくちをあけてバアとひました。

 子供こどもらはさけんでさうとしましたが、大人をとなはびくともしないで、こゑをそろえてひました。

山男やまをとこ、これからいたづらめてろよ。くれぐれたのむぞ、これからいたずらめでろよ。」

 山男やまをとこは、たいへん恐縮きやうしゆくしたやうに、あたまをかいてつてりました。みんなはてんでに、自分じぶん農具のうぐつて、もりかうとしました。

 するともりの中で、さつきの山男やまをとこが、
「おらさも粟餅あわもちつてろよ。」とさけんでくるりとむかふをいて、あたまをかくして、もりのもつとおくはしつてきました。

 みんなはあつはあつはとわらつて、うちへかへりました。そしてまた粟餅あはもちをこしらえて、狼森オイノもり笊森ざるもりつてつていてきました。

 つぎとしなつになりました。たいらなところはもうみんなはたけです。うちには木小屋きごやがついたり、おほきな納屋なや出来できたりしました。

 それからうま三疋さんびきになりました。そのあきのとりいれのみんなのよろびは、とてもたいへんなものでした。

 今年ことしこそは、どんなおほきな粟餅あわもちをこさえても、大丈夫だいじやうぶだとおもつたのです。

 そこで、やつぱり不思議ふしぎなことがおこりました。

 あるしも一面いちめんいたあさ納屋なやのなかのあはが、みんなくなつてゐました。みんなはまるででなく、一生いつしやうけんめい、そのへんをかけまわりましたが、どこにもあはは、一粒ひとつぶもこぼれてゐませんでした。

 みんなはがつかりして、てんでにすきなはういてさけびました。

「おらのあはらないかあ。」

らないぞお。」もりは一ぺんにこたへました。

「さがしにくぞ。」とみんなはさけびました。

お。」ともり一斉いつせいにこたへました。

 みんなは、てんでにすきなえものつて、まづ手近てぢか狼森オイノもりきました。

 オイノ供は九ひきとももうつてゐました。そしてみんなをて、フツとわらつてひました。

今日けふ粟餅あはもちだ。ここにはあはなんかい、い、けつしてい。ほかをさがしてもなかつたらまたこゝへおいで。」

 みんなはもつともとおもつて、そこをきあげて、今度こんど笊森ざるもりきました。

 すると赤つらの山男やまをとこは、もうもり入口いりぐちてゐて、にやにやわらつてひました。

「あわもちだ。あわもちだ。おらはなつてもらないよ。あはをさがすなら、もつときたつてたらよかべ。」

 そこでみんなは、もつともだとおもつて、こんどはきた黒坂森くろさかもり、すなはちこのはなしをわたくしかせたもりの、入口いりぐちに来てひました。

あはかへしてろ。あはかへしてろ。」

 黒坂森くろさかもりかたちさないで、こゑだけでこたへました。

「おれはあけがた、まつくろおほきなあしが、そらきたへとんでくのをた。もう少しきたはうつてろ。」そして粟餅あはもちのことなどは、一言ひとことはなかつたさうです。そしてまつたくそのとほりだつたらうとわたくしおもひます。なぜなら、このもりわたくしへこのはなしをしたあとで、わたくし財布さいふからありつきりの銅貨どうくわ七銭しちせんして、おれいにやつたのでしたが、このもり仲々なかなかりませんでした、このくらゐ気性きしやうがさつぱりとしてゐますから。

 さてみんなは黒坂森くろさかもりふことがもつともだとおもつて、もうすこきたきました。

 それこそは、まつのまつくろ盗森ヌストもりでした。ですからみんなも、
からしてぬすとくさい。」とひながら、もりはいつてつて、「さああはかへせ。あはかへせ。」とどなりました。

 するともりおくから、まつくろなながおほきなおほきなをとこて、まるでさけるやうなこゑひました。

なんだと、おれをぬすとだと。さふふやつは、みんなたゝきつぶしてやるぞ。ぜんたいなに証拠しやうこがあるんだ。」

証人しやうにんがある。証人しやうにんがある。」とみんなはこたへました。

たれだ。畜生ちくしやう、そんなことふやつはたれだ。」と盗森ヌストもりえました。

黒坂森くろさかもりだ。」と、みんなもけずにさけびました。

「あいつのふことはてんであてにならん。ならん。ならん。ならんぞ。畜生ちくしやう。」と盗森ヌストもりはどなりました。

 みんなももつともだとおもつたり、おそろしくなつたりしておたがひかほ見合みあはせてさうとしました。

 するとにはかあたまうへで、
「いやいや、それはならん。」といふはつきりしたおごそかなこゑがしました。

 るとそれは、ぎんかんむりをかぶつた岩手山いはてさんでした。盗森ヌストもりくろをとこは、あたまをかゝへてたほれました。

 岩手山いはてさんはしづかにひました。

「ぬすとはたしかに盗森ヌストもり相違さうゐない。おれはあけがた、ひがしそらのひかりと、西にしつきのあかりとで、たしかにそれを見届みとゞけた。しかしみんなももうかへつてよからう。あははきつとかへさせやう。だからわるおもはんでけ。一体いつたい盗森ヌストもりは、じぶんで粟餅あはもちをこさえてたくてたまらなかつたのだ。それであはぬすんでたのだ。はつはつは。」

 そして岩手山いはてさんは、またすましてそらをきました。をとこはもうそのへんえませんでした。

 みんなはあつけにとられてがやがやうちかへつてみましたら、あははちゃんと納屋なやもどつてゐました。そこでみんなは、わらつてあはもちをこしらえて、つのもりつてきました。

 なかでもぬすともりには、いちばんたくさんつてきました。そのかはすこすてがはいつてゐたさうですが、それはどうも仕方しかたなかつたことでせう。

 さてそれからもりもすつかりみんなのともだちでした。そして毎年まいねんふゆのはじめにはきつと粟餅あはもちもらひました。

 しかしその粟餅あはもちも、時節じせつがら、ずゐぶんちいさくなつたが、これもどうも仕方しかたがないと、黒坂森くろさかもりのまんなかのまつくろなおほきないはがおしまひにつてゐました。