目次へ  縦書き

どんぐりと山猫

 おかしなはがきが、ある土曜日どようびゆふがた、一郎いちらうのうちにきました。

 

   かねた一郎さま 九月十九日
   あなたは、ごきげんよろしいほで、けつこです。
   あした、めんどなさいばんしますから、おいで
   んなさい。とびどぐもたないでくなさい。
                   山ねこ 拝

 

 こんなのです。はまるでへたで、すみもがさがさしてゆびにつくくらゐでした。けれども一郎いちらうはうれしくてうれしくてたまりませんでした。はがきをそつと学校がくかうのかばんにしまつて、うちぢうとんだりはねたりしました。

 ねどこにもぐつてからも、山猫やまねこのにやあとしたかほや、そのめんだうだといふ裁判さいばんのけしきなどをかんがへて、おそくまでねむりませんでした。

 けれども、一郎いちらうをさましたときは、もうすつかりあかるくなつてゐました。おもてにでてみると、まはりのやまは、みんなたつたいまできたばかりのやうにうるうるもりあがつて、まつさをなそらのしたにならんでゐました。一郎いちらうはいそいでごはんをたべて、ひとり谷川たにがは沿つたこみちを、かみのはうへのぼつてきました。

 すきとほつたかぜがざあつとふくくと、くりはばらばらとをおとしました。一郎いちらうくりをみあげて、
くりくり、やまねこがここをとほらなかつたかい。」とききました。くりはちょつとしずかになつて、「やまねこなら、けさはやく、馬車ばしやでひがしのはうんできましたよ。」とこたへました。

ひがしならぼくのいくはうだねえ、おかしいな、とにかくもつといつてみやう。くりありがとう。」

 くりはだまつてまたをばらばらとおとしました。

 一郎いちらうがすこしきますと、そこはもうふえふきのたきでした。ふえふきのたきといふのは、まつしろいはがけのなかほどに、ちいさなあながあいてゐて、そこからみづふえのやうにつてび出し、すぐたきになつて、ごうごうたににおちてゐるのをいふのでした。

 一郎いちらうたきいてさけびました。

「おいおい、ふえふき、やまねこがここをとほらなかつたかい。」たきがぴーぴーこたへました。

「やまねこは、さつき、馬車ばしや西にしはうんできましたよ。」

「おかしいな、西にしならぼくのうちのはうだ。けれども、まあもすこつてみやう。ふえふき、ありがたう。」

 たきはまたもとのやうにふえきつゞけました。

 一郎いちらうがまたすこしきますと、一ぽんのぶなののしたに、たくさんのしろいきのこが、どつてこどつてこどつてこと、へん楽隊がくたいをやつてゐました。

 一郎いちらうはからだをかがめて、
「おい、きのこ、やまねこが、こゝをとほらなかつたかい。」とききました。するときのこは、
「やまねこなら、けさはやく、馬車ばしやみなみはうんできましたよ。」とこたへました。一郎いちらうくびをひねりました。

「みなみならあつちのやまのなかだ。おかしいな。まあもすこしつてみやう。きのこ、ありがたう。」

 きのこはみんないそがしさうに、どつてこどつてこと、あのへんな楽隊がくたいをつづけました。

 一郎いちらうはまたすこしきました。すると一ぽんのくるみのこずえを、栗鼠りすがぴよんととんでゐました。一郎いちらうはすぐまねぎしてそれをとめて、
「おい、りす、やまねこがここをとほらなかつたかい。」とたづねました。するとりすは、うへから、ひたひをかざして、一郎いちらうながらこたへました。

「やまねこなら、けさまだくらいうちに馬車ばしやでみなみのはうんできましたよ。」

「みなみへつたなんて、ふたとこでそんなことをふのはおかしいなあ。けれどもまあもすこしつてみやう。りす、ありがたう。」りすはもうませんでした。たゞくるみのいちばんうへえだがゆれ、となりのぶなのがちらつとひかつただけでした。

 一郎いちらうがすこしきましたら、谷川たにがはにそつたみちは、もうほそくなつてえてしまひました。そして谷川たにがはみなみの、まつくろかやもりはうへ、あたらしいちいさなみちがついてゐました。一郎いちらうはそのみちをのぼつてきました。かやえだはまつくろにかさなりあつて、あをぞらはひときれもえず、みちはたいへんきうさかになりました。一郎いちらうかほをまつかにして、あせをぽとぽとおとしながら、そのさかをのぼりますと、にはかにぱつとあかるくなつて、がちくつとしました。そこはうつくしい黄金きんいろの草地くさちで、くさかぜにざわざわり、まはりは立派りつぱなオリーヴいろのかやののもりでかこまれてありました。

 その草地くさちのまんなかに、せいのひくいおかしなかたちおとこが、ひざげて革鞭かわむちをもつて、だまつてこつちをみてゐたのです。

 一郎いちらうはだんだんそばへつて、びつくりしてちどまつてしまひました。そのおとこは、片眼かためで、えないはうは、しろくびくびくうごき、上着うはぎのやうな半天はんてんのやうなへんなものをて、だいいちあしが、ひどくまがつて山羊やぎのやう、ことにそのあしさきときたら、ごはんをもるへらのかたちだつたのです。一郎いちらう気味きみわるかつたのですが、なるべくちついてたづねました。

「あなたは山猫やまねこをしりませんか。」

 するとそのおとこは、横眼よこめ一郎いちらうかほて、くちをまげてにやつとわらつてひました。

やまねこさまはいますぐに、こゝにもどつておやるよ。おまへは一郎いちらうさんだな。」

 一郎いちらうはぎょつとして、ひとあしうしろにさがつて、
「え、ぼく一郎いちらうです。けれども、どうしてそれをつてますか。」とひました。するとその奇体きたいおとこはいよいよにやにやしてしまひました。

「そんだら、はがきだべ。」

ました。それでたんです。」

「あのぶんしやうは、ずゐいぶん下手へただべ。」とおとこしたをむいてかなしさうにひました。一郎いちらうはきのどくになつて、
「さあ、なかなか、ぶんしやうがうまいやうでしたよ。」とひますと、おとこはよろこんで、いきをはあはあして、みみのあたりまでまつになり、きものゝえりをひろげて、かぜをからだにれながら、「あのもなかなかうまいか。」ときゝました。一郎いちらうは、おもはずわらひだしながら、へんじしました。

「うまいですね。五年生ごねんせいだつてあのくらゐにはけないでせう。」

 するとおとこは、きうにまたいやなかほをしました。

五年生ごねんせいつていふのは、尋常じんじやう五年生ごねんせいだべ。」そのこゑが、あんまりちからなくあはれにきこえましたので、一郎いちらうはあはてゝひました。

「いゝえ、大学校だいがくかう五年生ごねんせいですよ。」

 すると、おとこはまたよろこんで、まるで、かほぢうくちのやうにして、にたにたにたにたわらつてさけびました。

「あのはがきはわしがいたのだよ。」一郎いちらうはおかしいのをこらえて、
「ぜんたいあなたはなにですか。」とたづねますと、おとこは急にまじめになつて、
「わしはやまねこさまの馬車ばしや別当べつたうだよ。」と言ひました。

 そのとき、かぜがどうといてきて、くさはいちめんなみだち、別当べつたうは、きうにていねいなおぢぎをしました。

 一郎いちらうはおかしいとおもつて、ふりかへつてますと、そこに山猫やまねこが、いろな陣羽織じんばおりのやうなものをて、みどりいろのをまんまるにしてつてゐました。やつぱり山猫やまねこみゝは、つてとがつているなと、一郎いちらうがおもひましたら、やまねこはぴよこつとおぢぎをしました。一郎いちらうもていねいに挨拶あいさつしました。

「いや、こんにちは、きのふははがきをありがたう。」

 山猫やまねこはひげをぴんとひつぱつて、はらをつきしてひました。

「こんにちは、よくいらつしやいました。じつはおとゝひから、めんだうなあらそひがおこつて、ちよつと裁判さいばんにこまりましたので、あなたのおかんがへを、うかがいたひとおもひましたのです。まあ、ゆつくり、おやすみください。ぢき、どんぐりどもがまゐりませう。どうもまいとし、この裁判さいばんでくるしみます。」やまねこは、ふところから、巻煙草まきたばこはこして、じぶんが一本いつぽんくわい、
「いかゞですか。」と一郎いちらうしました。一郎いちらうはびつくりして、
「いゝえ。」とひましたら、山猫やまねこはおほやうにわらつて、「ふゝん、まだおわかいから、」とひながら、マツチをしゆつとつて、わざとかほをしかめて、あをいけむりをふうときました。やまねこの馬車別当ばしやべつたうは、けの姿勢しせいで、しやんとつてゐましたが、いかにも、たばこのほしいのをむりにこらえてゐるらしく、なみだをぼろぼろこぼしました。

 そのとき、一郎いちらうは、あしもとでパチパチしほのはぜるやうな、おとをきゝました。びつくりしてかゞんでますと、くさのなかに、あつちにもこつちにも、黄金きんいろのまるいものが、ぴかぴかひかつてゐるのでした。よくみると、みんなそれはあかいずぼんをはいたどんぐりで、もうそのかずときたら、三びやくでもかないやうでした。わあわあわあわあ、みんななにかつてゐるのです。

「あ、たな。ありのやうにやつてくる。おい、さあ、はやくベルをらせ。今日けふはそこが日当ひあたたりがいゝから、そこのとこのくされ。」やまねこはまきたばこをげすてゝ、おほいそぎで馬車別当ばしやべつたうにいひつけました。馬車別当ばしやべつたうもたいへんあわてゝ、こしからおほきなかまをとりだして、ざつくざつくと、やまねこのまへのとこのくさりました。そこへ四方しはうくさのなかから、どんぐりどもが、ぎらぎらひかつて、して、わあわあわあわあひました。

 馬車別当ばしやべつたうが、こんどはすゞをがらんがらんがらんがらんとりました。おとはかやのもりに、がらんがらんがらんがらんとひゞき、黄金きんのどんぐりどもは、すこししづかになりました。るとやまねこは、もういつか、くろなが繻子しゆすふくて、勿体もつたいらしく、どんぐりどものまへにすわつてゐました。まるで奈良ならのだいぶつさまにさんけいするみんなののやうだと一郎いちらうはおもひました。別当べつたうがこんどは、革鞭かはむちを二三べん、ひゆうぱちつ、ひゆう、ぱちつとらしました。

 そらあをくすみわたり、どんぐりはぴかぴかしてじつにきれいでした。

裁判さいばんももう今日けふ三日目みつかめだぞ、いゝ加減かげんになかなほりをしたらどうだ。」やまねこが、すこし心配しんぱいさうに、それでもむりに威張ゐばつてひますと、どんぐりどもは口々くちぐちさけびました。

「いえいえ、だめです、なんといつたつてあたまのとがつてるのがいちばんえらいんです。そしてわたしがいちばんとがつてゐます。」

「いいえ、ちがひます。まるいのがえらいのです。いちばんまるいのはわたしです。」

おほきなことだよ。おほきなのがいちばんえらいんだよ。わたしがいちばんおほきいからわたしがえらいんだよ。」

「さうでないよ。わたしのはうがよほどおほきいと、きのふも判事はじさんがおつしやつたぢやないか。」

「だめだい、そんなこと。せいのたかいのだよ。せいのたかいことなんだよ。」

しつこのえらいひとだよ。しつこをしてきめるんだよ。」もうみんな、がやがやがやがやつて、なにがなんだか、まるではちをつゝついたやうで、わけがわからなくなりました。そこでやまねこがさけびました。

「やかましい。こゝをなんとこゝろえる。しづまれ、しづまれ。」

 別当べつたうがむちをひゆうぱちつとならしましたのでどんぐりどもは、やつとしづまりました。やまねこは、ぴんとひげをひねつてひました。

裁判さいばんももうけふで三日目みつかめだぞ。いゝ加減かげんなかなほりしたらどうだ。」

 すると、もうどんぐりどもが、くちぐちにひました。

「いえいえ、だめです。なんといつたつて、あたまのとがつてゐるのがいちばんえらいのです。」

「いゝえ、ちがひます。まるいのがえらいのです。」

「さうでないよ。おほきなことだよ。」がやがやがやがや、もうなにがなんだかわからなくなりました。山猫やまねこさけびました。

「だまれ、やかましい。こゝをなんと心得こゝろえる。しづまれしづまれ。」別当べつたうが、むちをひゆうぱちつとらしました。山猫やまねこがひげをぴんとひねつてひました。

裁判さいばんももうけふで三日目みつかめだぞ。いゝ加減かげんになかなほりをしたらどうだ。」

「いえ、いえ、だめです。あたまのとがつたものが……。」がやがやがやがや。

 やまねこがさけびました。

「やかましい。こゝをなんとこゝろえる。しづまれ、しづまれ。」別当べつたうが、むちをひゆうぱちつとらし、どんぐりはみんなしづまりました。山猫やまねこ一郎いちらうにそつとまをしました。

「このとほりです。どうしたらいゝでせう。」一郎いちらうはわらつてこたへました。

「そんなら、こうひわたしたらいゝでせう。このなかでいちばんばかで、めちやくちやで、まるでなつてゐないやうなのが、いちばんえらいとね。ぼくお説教せつけうできいたんです。」山猫やまねこはなるほどといふふうにうなづいて、それからいかにも気取きどつて、繻子しゆすのきものゝむねひらいて、いろの陣羽織じんばをりをちよつとして、どんぐりどもにまうしわたしました。

「よろしい。しづかにしろ。まうしわたしだ。このなかで、いちばんえらくなくて、ばかで、めちやくちやで、てんでなつてゐなくて、あたまのつぶれたやうなやつが、いちばんえらいのだ。」

 どんぐりは、しいんとしてしまひました。それはそれはしいんとして、かたまつてしまひました。

 そこで山猫やまねこは、くろ繻子しゆすふくをぬいで、ひたひあせをぬぐひながら、一郎いちらうの手をとりました。別当べつたうおほよろこびで、五六ぺん、むちをひゆうぱちつ、ひゆうぱちつ、ひゆうひゆうぱちつとらしました。やまねこがひました。

「どうもありがたうございました。これほどのひどい裁判さいばんを、まるで一分半ぷんはんでかたづけてくださいました。どうかこれからわたしの裁判所さいばんじよの、名誉判事めいよはんじになつてください。これからも、葉書はがきつたら、どうかてくださいませんか。そのたびにおれいはいたします。」

承知しようちしました。おれいなんかいりませんよ。」

「いゝえ、おれいはどうかとつてください。わたしのじんかくにかゝはりますから。そしてこれからは、葉書はがきにかねた一郎いちらうどのといて、こちらを裁判所さいばんしよとしますが、ようございますか。」

 一郎いちらうが「えゝ、かまひません。」とまうしますと、山猫やまねこはまだなにかひたさうに、しばらくひげをひねつて、をぱちぱちさせてゐましたが、たうたう決心けつしんしたらしくしました。

「それから、はがきの文句もんくですが、これからは、用事ようじこれありに付き、明日めうにち出頭しゆつとうすべしといてどうでせう。」

 一郎いちらうはわらつてひました。

「さあ、なんだかへんですね。そいつだけはやめたはうがいゝでせう。」

 山猫やまねこは、どうもひやうがまづかつた、いかにも残念ざんねんだといふふうに、しばらくひげをひねつたまゝ、したいてゐましたが、やつとあきらめてひました。

「それでは、文句もんくはいまゝでのとほりにしませう。そこで今日けふのおれいですが、あなたは黄金きんのどんぐり一しやうと、塩鮭しほざけのあたまと、どつちをおすきですか。」

黄金きんのどんぐりがすきです。」

 山猫やまねこは、しやけあたまでなくて、まあよかつたといふやうに、口早くちばや馬車別当ばしやべつたうひました。

「どんぐりを一しやう早くもつてこい。一しやうにたりなかつたら、めつきのどんぐりもまぜてこい。はやく。」

 別当べつたうは、さつきのどんぐりをますにれて、はかつてさけびました。

「ちようど一しやうあります。」やまねこの陣羽織じんばをりかぜにばたばたりました。そこでやまねこは、おほきくびあがつて、めをつぶつて、半分はんぶんあくびをしながらひました。

「よし、はやく馬車ばしやのしたくをしろ。」しろのほきなきのこでこしらえた馬車ばしやが、ひつぱりだされました。そしてなんだかねずみいろの、おかしなかたちうまがついてゐます。

「さあ、おうちへお送りいたしませう。」山猫やまねこひました。二人ふたり馬車ばしやにのり別当べつたうは、どんぐりのますを馬車ばしやのなかにれました。

 ひゆう、ぱちつ。

 馬車ばしや草地くさをはなれました。やぶがけむりのやうにぐらぐらゆれました。一郎いちらう黄金きんのどんぐりを、やまねこはとぼけたかほつきで、とほくをてゐました。

 馬車ばしやすゝむにしたがつて、どんぐりはだんだんひかりがうすくなつて、まもなく馬車ばしやがとまつたときは、あたりまへのちやいろのどんぐりにかはつてゐました。そして、やまねこのいろな陣羽織じんばをりも、別当べつたうも、きのこの馬車ばしやも、一えなくなつて、一郎いちらうはじぶんのうちのまへに、どんぐりをれたますをつてつてゐました。

 それからあと、やまねこはいといふはがきは、もうきませんでした。やつぱり、出頭しゆつとうすべしといてもいゝとへばよかつたと、一郎いちらうはときどきおもふのです。