目次へ  縦書き

 わたしたちは、氷砂糖こほりざとうをほしいくらゐもたないでも、きれいにすきとほつたかぜをたべ、もゝいろのうつくしいあさ日光につくわうをのむことができます。

 またわたくしは、はたけやもりなかで、ひどいぼろぼろのきものが、いちばんすばらしいびらうどや羅紗らしやや、宝石はうせきいりのきものに、かはってゐるのをたびたびました。

 わたくしは、さういふきれいなたべものやきものをすきです。

 これらのわたくしのおはなしは、みんなはやしはらや鉄道線路てつだうせんろやらで、にぢつきあかりからもらつてきたのです。

 ほんたうに、かしはばやしのあを夕方ゆふがたを、ひとりでとほりかかつたり、十一月の山の風のなかに、ふるえながらつたりしますと、もうどうしてもこんながしてしかたないのです。ほんたうにもう、どうしてもこんなことがあるやうでしかたないといふことを、わたくしはそのとほりいたまでです。

 ですから、これらのなかには、あなたのためになるところもあるでせうし、ただそれつきりのところもあるでせうが、わたくしには、そのみわけがよくつきません。なんのことだか、わけのわからないところもあるでせうが、そんなところは、わたくしにもまた、わけがわからないのです。

 けれども、わたくしは、これらのちいさなものがたりのいくきれかが、おしまひ、あなたのすきとほつたほんたうのたべものになることを、どんなにねがふかわかりません。

大正十二年十二月二十日

宮澤賢治