目次へ  縦書き

     大正六年七月より(3)

 

雲よどむ
白き岩礁
砂の原
はるかに敷ける褐のびらうど。

 

寂光の
浜のましろき巌にして
ひとりひとでを見つめたるひと。

 

べられし昆布の中に
大なる釜らしきもの
月にひかれり。

 

青山の
肩をすべりて夕草の
谷にそゝぎぬ
青き日光。

 

つかれゆゑ
青く縞立つ光ぞと
あきらめ行けば萱草咲けり。

 

山峡の
青きひかりのそが中に
章魚の足喰みて行ける旅人。

 

夕つつも
あはあはひかりそめにけり
あした越ゆべき
峠のほとり。

 

あかつきの
峠の霧にほそぼそと
青きトマトのにほひながれぬ。

 

青山の
融け残りたる霧かげに
くらく熟れたる
毒うつぎあり。

 

たけにぐさ
むらだつ原を越え行けば
木々の後光に
鳥しば啼けり。