目次へ  縦書き

     大正四年四月(1)

 

かゞやける
かれ草丘のふもとにて
うまやのなかのうすしめりかな。

 

ゆがみうつり
馬のひとみにうるむかも
五月の丘にひらくる戸口

 

ひるま来し
かれ草丘のきれぎれは
まどろみのそらを
ひらめき過ぐる。

 

をちやまに
ゆきかゞやくを 雲脚の
七つ森にはおきな草咲く。

 

雲ちゞれ
つめたくひかるうすれ日を
ちがやすがるゝ
丘にきたりぬ

 

玉髄の
かけらひろへど
山裾の
紺におびえてためらふこゝろ。

 

落ちつかぬ
たそがれのそら
やまやまは生きたるごとく
河原を囲む。

 

しめやかに
木の芽ほごるゝたそがれを
独乙冠詞のうた嘆きくる。

 

まくろなる
石をくだけばなほもさびし
夕日は落ちぬ
山の石原

 

毒ヶ森
南昌山の一つらは
ふとおどりたちてわがぬかに来る。

 

北上の 砂地に粟を間引きゐしに
あやしき笛の
山より鳴り来し。

 

やまはくらし
雪はこめたり谷のきざみ
わが影を引く すそのの夕陽