目次へ  縦書き

〔滝は黄に変って〕

滝は黄に変って
りうりうと弧度を増してゐるし
雲はむじな色で
いたやの脚を上から順に消しながら
谷を滑っておりてくる
それがこゝだけ
ちゃうど直径一米
雲を堀り下げた石油井戸ともいふ風に
ひどく明るくて玲瓏として
雫にぬれたしらふねあふひやぜんまいや
いろいろの葉が青びかりして
風にぶるぶるふるえてゐる
早くもびしゃっと稲光り
雲から雲への大静脉
早く走って下りないと
下流でわたって行けなくなる
もう鳴りだした
岩がぴりぴりふるひだす
それをよくまあ
谷いっぱいのいたやの木が
ぽたりと雫をおとしたり
じっと立ったりしてゐるもんだ
もっともさういふいたやの下は
みな黒緑の犬榧で
それに渓中申し分ないいゝ石ばかり
何たる巧者な文人画的裝景だらう
もっとこゝらでかんかんとして
山気なり嵐気なり吸ってゐたいのであるが
またもやこんなに
うすむらさきにべにいろなのを
まっかうから叩きつけて
ぼくを追ひだすわけなのだ