目次へ  縦書き

〔朝日が青く〕

朝日が青く
ひかりはひどい銅なので
この尾根みちの樹の影は
みんな右手の谷の
寒天質
アガーチナス
なよどみのなかに
おぼろに黒く射込まれる
  ……その灰いろの霧の底で
    鳥がたくさんないてゐる……
まっ赤なあざみの花がある
樹をもるわづかなひかりに咲いて
巨きなカカリヤの花とも見える
そんなに赤いあざみの花
  ……この尾根みちにのぼってから
    まだ十分にもならないのに
    靴もづぼんも露でいっぱい
    流れを渉ったやうになった……
軍馬補充部の六原支部が
来年度から廃止になれば
〔約4字空白〕産馬組合が
払ひ下げるか借りるかして
それを継承するのだけれども
組合長の高清は
きれいに分けた白髪を
片手でそっとなでながら
ひとつ無償でねがひたい
われわれ産馬家といふものは
政策上から奨励されて
間にも合はないこの事業を
三十年もやってきた
さうしてそれをやったものは
みんな貧乏してゐると
さういふことを陳情する
  ……また山鳥のプロペラー……
もういまごろはちゃんと起きて
こっちが面白はんぶんに
山に調べに出ることを
手にとるやうに見すごしながら
何十年の借金で
根こそげすっかり洗ひつくし
教会のホールのやうになった
がらんと巨きな室の中で
しづかにお茶をのんでゐる
  ……谷にゐるのは山鳥でない
    かなり大きな鳥だけれども
    行ったりきたりしてゐるところ
    それが到底山鳥でない……
はげしい栗の花のにほひ
送って来たのは西の風だ
谷の霧からまっ青なそらへ
岬のやうに泛んでゐる
向ふの尾根のところどころ
月光いろの梢がそれだ
そのいちいちの栗のやうな花から
風にとかされ無数の紐や波になって
ここらの尾根を通るのだらうう
  ……この谷そこの霧のなかに
    三軒かある小さな部落……
東は青い山地の縞が
しづかに風を醸造する