目次へ  縦書き

〔倒れかかった稲のあひだで〕

倒れかかった稲のあひだで
ある眼は白く忿ってゐたし
ある眼はさびしく正視を避けた
  ……そして結局たづねるさきは
    地べたについたそのまっ黒な雲のなか……
あゝむらさきのいなづまが
みちの粘土をかすめれば
一すじかすかなせゝらぎは
わだちのあとをはしってゐる
それもたちまち風が吹いて
稲がいちめんまたしんしんとくらくなって
あっちもこっちも
ごろごろまはるからの水車だ
  ……幾重の松の林のはてで
    うづまく黒い雲のなか
    そこの小さな石に座って
    もう村村も町々も、
    衰へるだけ衰へつくし、
    うごくも云ふもできなくなる
    たゞそのことを考へやう……
百万遍の石塚に
巫戯化た柳が一本立つ