目次へ  縦書き

〔熊はしきりにもどかしがって〕

熊はしきりにもどかしがって
権治と馬を待ってゐる
麻もも引のすねを二とこ藁でくくって
小束な苗をにぎりながら
里道のへりにつっ立って
ほとんどはぎしりしないばかり、
水のなかではみんなが苗をぐんぐん植える
権治が苗つけ馬をひいて
だんだんゆらゆら近づいたので
隈はすばやく眼をそらし
じっと向ふのお城の上のそらを見る
そのあしもとのすぎなの上に
けらが四五枚ひろげられ
上には赤い飯びつや椀
二三歩向ふへふみだして、
大きな朱塗の盃をさゝげ
権治をまって立ってゐるのは隈のお袋
半分白髪で腰もまがり
泥まで膝までぬれてゐる
権治がすっかり前へくると
もううやうやしくそれを出す
権治はたづなをわきにはさみ
両手でとって拝むやうにしてのんでゐる
隈はもどかしいのをじっとこらえ、
ふし眼にブリキの水を見る
城あとのまっ黒なほこ杉の上には
雲の白髪がはげしく立って
燕もとび
ブリキいろの水にごみもうかぶ
田植の朝にすっかりなった