目次へ  縦書き

冗語

また降ってくる
コキヤや羽衣甘藍ケール
植えるのはあとだ
堆肥を埋めてしまってくれ
 
啼いてる啼いてる
水禽園で、
頭の上に雲の来るのが嬉しいらしい
孔雀もまじって鳴いてゐる
北緯三十九度六月十日の孔雀だな
 
ははは 羆熊の堆肥
かういふものをこさえたのは
恐らく日本できみ一人
どういふカンナが咲くかなあ
 
何だあ 雨が来るでもないぞ
羽山で降って
滝から奥へれたのか
電車が着いて
イムパネスだの
ぞろぞろあるく
光の加減で
みんなずゐぶん人相がわるい
 
さあこんどこそいよいよくるぞ
南がまるでまっ白だ
胆沢の方の地平線が
西はんぶんを消されてゐる
おゝい堆肥をはやく、
ぬれてしまふととても始末が悪いから
 
栗の林がざあざあ鳴る
風だけでない
東をまはって降ってきた