目次へ  縦書き

青じろい天椀のこっちに
まっしろに雪をかぶって
早池峰山がたってゐる
白くうるんだ二すじの雲が
そのいたゞきを擦めてゐる
雲はぼんやりふしぎなものをうつしてゐる
誰かサラーに属するひと
いまあの雲を見てゐるのだ
それは北西の野原のなかのひとところから
信仰と譎詐とのふしぎなモザイクになって
白くその雲にうつってゐる
 (いましがわれをみるごとく
  そのひといましわれをみる
  みなるまことはさとれども
  みのたくらみはしりがたし)
  ……さう
    信仰と譎詐との混合体が
    時に白玉を擬ひ得る
    その混合体はたゞ
    よりよい生活くらしを考へる……
信仰とさへ想はねばならぬ
よりよい生のこのねがひを
どうしてひとは悟らないかと
をはりにぼんやりうらみながら
雲のおもひは消えうせる
うすくにごった葱いろの水が
けむりのなかをながれてゐる