目次へ  縦書き

休息

地べたでは杉と槻の根が、
からみ合ひ奪ひ合って
この痩せ土の草や苔から
恐ろしい静脉のやうに浮きでてゐるし
そらでは雲がしづかに東へ流れてゐて
杉のウラは枯れ
槻のはずゑは何か風からつかんで食って生きてるやう
  ……杉が槻を枯らすこともあれば
    槻が杉を枯らすこともある……
   (米穫って米食って何するだぃ?
    米くって米穫って何するだぃ?)
技手が向ふで呼んでゐる
水はうるうるとはんぶんそらに溶けて見え
またむっとする青い稲だ