目次へ  縦書き

〔みんな食事もすんだらしく〕

みんな食事もすんだらしく
また改めてごぼんごぼんとどらをたゝいたり
樹にこだまさせて拍手をうったり
林のなかはにぎやかになった
  ……ひでりや寒さやつぎつぎ襲ふ
    自然の半面とたゝかふほかに
    この人たちはいままで幾百年
    自分と闘ふことを教はり
    克明にそれをやってきた
    いまその第二をしばらくすてゝ
    形一さう瞭らかに
    烈しい威嚇や復讐をする
    新たな敵に進めといふ……
あゝわたくしはこの樹を棄てて壇をのぼり
施無畏の大士遠く去って
うつろな拝殿のうすくらがり
古くからの幡や絵馬の間に
声あげて声あげて慟哭したい
杉の梢を雲がすべり
鳥居はひるの野原にひらく